2018年04月18日

塗るだけで水虫が治る

水虫専科では、水虫を治す効力を持つ処理液を探求しています。
そして、皮膚や爪の水虫を効果的に治す水虫特効薬として、「アルテン液」を開発しました。

水虫の患部では、
1、爪や皮膚の中に菌(カビ)が住み着いている。
2、爪や皮膚の組織が重度に侵蝕されていて、巨大な組織の損傷が起きている。
という特徴があります。
この水虫を治すためには、1)患部の菌(菌糸(親)とタネ(胞子))を殺して、さらに、2)侵蝕された組織を除去して新しい健康な組織を再生させることが必要です。

アルテン液は、患部の最外層の菌(菌糸とタネ)を殺し、その菌を殺した部分の爪や皮膚の組織を正常化させて組織の新陳代謝を促進し、健康な組織を再生させます。
重度の水虫患部では組織損傷も重大で、組織を正常化させるためにはある程度の処理期間が必要になりますが、アルテン液を使って処理を続ければ水虫を治すことができます。

アルテン液は、ネットショップ・アルテンで販売しています。
商品は、40ml入り(送料込み価格2600円)、100ml入り(送料込み価格4100円)、250ml入り(送料込み価格8600円)の3種類があり、スプレーボトル(50ml容器)を使用します。

IMG_4106.JPG

アルテン液


アルテン液の使い方
アルテン液は、1日2回、水虫患部に対して十分な量を噴霧し、乾燥します。アルテン液の成分は水溶性ですので、入浴後に処理します。皮膚の水虫では、皮膚症状のある部分が徐々に小さくなり、やがて消失して健康な皮膚を回復します。
爪水虫の患部では、爪根元から新しい爪が伸びてきて、侵蝕された爪患部が爪先へと排出されていきます。そして、爪患部を爪先で切取れば爪水虫完治です。爪の伸びはもともと遅いので、この間は処理をしながら待つしかありません。爪全体が生え変わるためには、手の爪で3ヶ月、足の爪で1年前後かかります。

アルテン液は水虫にとても良く効きますので、一度お試しください。
爪水虫の症例(1)、 (2)
小水疱型水虫の治し方

アルテン
posted by 水虫博士 at 17:45| Comment(0) | 水虫薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

オニコマイコーシス

「オニコマイコーシス」という表題の記事がありましたので、ご紹介します。
オニコマイコーシス!?
これは何でしょうか。

記事抜粋
「オニコマイコーシスとは、カビの仲間である真菌の感染によって、爪(つめ)に炎症が生じる疾患。爪(そう)真菌症とも呼ばれます。
真菌は、カビ、酵母(イースト)、キノコなどからなる微生物の総称であり、菌類に含まれる一部門で、細菌と変形菌を除くものに相当します。
これらの真菌が、爪の甲や、爪の基底部である爪床に感染して、オニコマイコーシスを引き起こします。
オニコマイコーシスのうち最も多くみられる疾患は、皮膚糸状菌、特にトリコフィトンールブルムなどの白癬(はくせん)菌と呼ばれる一群の真菌の感染により生じる爪白癬で、オニコマイコーシスの60〜80パーセントを占めるといわれています。
残りのオニコマイコーシスの多くは、皮膚糸状菌に属さないアスペルギルス、スコプラリオプシス、フサリウム、カンジダなどの真菌で生じます。
最近の統計によると、足白癬を持つ人の半分が爪白癬も持っていることがわかりました。
日本国内に500万〜1000万人の発症者がいるという統計も報告され、60歳以上の人の4割が発症しているとも推計されていますが、治療されずに放置されたままのケースがほとんどです。
皮膚科、皮膚泌尿器科の医師による治療は、オニコマイコーシスは完治が難しいため、症状の重症度と本人が感じる不快さの程度に基づいて行われます。」
オニコマイコーシス

オニコマイコーシス(onychomycosis)とは、わかりやすく言えば爪水虫のことです。
爪水虫に関する最近の話題としては、「爪水虫が転倒の原因になる」というものがありました。
足の爪がボロボロになると足先に力をかけづらくなり、踏ん張れずによろけてしまう、ということです。
高齢の方は要注意ですね。
興味のある方は原文をご覧ください。
水虫で転倒しやすく?


posted by 水虫博士 at 18:27| Comment(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

爪水虫を治療中!

爪水虫を治療中の方が、その経過を記事にしています。
爪は治りそうでしょうか!?

記事全文
「皮膚科に行って薬を貰ってもう4ヶ月になる。

img_0_m.jpg

処理前


img_1_m.jpg

4ヶ月後

爪水虫は爪の伸びが極端に遅いらしく何年も変化がなかったが4ヶ月で変化が表れている。
爪に黒く見えるものが大分爪の先まで来ている、
これは相当に早い!
爪水虫のその後

処理を始める前には爪根元部にあった黒い部分が、4ヶ月後には爪先へと移動しています。
確かにこの爪の伸びは相当に速い!と言えるのですが、爪水虫を治す初期の頃はこのように爪が異常に速く伸びます。
そして、爪の伸びは速いのですが、爪の根元部分を見るとまだ健康なピンク色の爪にはなっていません。
つまり爪全体にまだ菌が生きている状態です。
そして、爪根元部分の皮膚の下にはまだ菌が生きているのです。

残念ながら、この爪は治らないですね。
なお、この人が使っている水虫薬が経口剤なのか、あるいは塗り薬なのかも記載されていません。
いずれにしても、この薬剤は菌(カビ)を殺す効力が弱いですね。


posted by 水虫博士 at 14:13| Comment(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

爪水虫は大変!

爪水虫治療の体験記がありましたので、ご紹介します。
記事は2つあります(3月21日と、1月6日、写真で比較します)。

3月21日付記事、抜粋
爪の水虫に治療を始めて1年が過ぎました。
ほぼ綺麗になりましたが、写真で見ると少し残っている様です。

img_0_m.jpeg

一年前に投稿したとき、「自分も同じ薬で治療して1年になるが良くならない」、とコメントが入ったのです。
私の場合は薬が効いたようで良かったです。
完全に治ったと思っても、薬はしばらくは続けるように言われました。
もう少しの辛抱です。
爪と薄毛の治療

1月6日付記事、抜粋
もう10年以上付き合っている爪水虫。
痛くも痒くもないのでほったらかしでいましたが、つま先で立つ時に痛みを感じる事があったので、昨年の3月から薬を塗り始めました。
一年の長丁場の治療を覚悟で始め、9か月経過しました。
塗り始めて数ヶ月は変化なし。
6ヶ月経った頃、突然患部が黒く血豆の様になってからは、少しずつ患部が小さくなってきました。

img_1_m.jpg

当初は爪の8割が白く濁っていました。
完全に消えたらまたご報告いたします。
爪水虫治療中

この作者は、「爪がほぼきれいになった」、と判断しています。
しかし、写真で見る限りではあまり改善していないように見えますね。
つま先部にできていた黒い着色は消えていますが、これは血液凝固物ですから入浴時に消えていきます。
基本的に、爪を治すのはとても大変です。
特に足の爪は伸びが遅くて、爪全体の再生には1年以上もかかります。
爪が治ると信じなければ、1年前後も水虫薬を塗ることもできませんね(笑)。


posted by 水虫博士 at 11:59| Comment(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

ガサガサかかと

気温が低い時期には足裏のかかとも水分不足になり、皮膚が荒れてガサガサになりやすいですね。
また、水虫(角質増殖型水虫)が原因でかかとがガサガサになる場合もあります。
「ふくろう医者」さんがガサガサかかとを防ぐ方法を解説しています。

記事抜粋
「踵(かかと)の角質が厚くなり、ガサガサしたり、ひび割れたり、といったことを経験することは多い。
原因は乾燥といわれるが、姿勢や歩き方なども大きく影響する。
(略)
 踵の皮膚が角化すると、ひび割れたり、亀裂が生じたりする。
ひどくなると出血や痛みを伴うこともある。
まずは足裏の皮膚を清潔に保ち、保湿することが大切だ。
 入浴時にせっけんをよく泡立て、手で足全体を優しく洗う。
踵を軽石などでこするのは厳禁。
刺激に対する防御反応で角質層が厚くなる。
角質や汚れがたまりやすい爪と指の間、指と指の間も1本ずつ丁寧に洗う。
角質を好む細菌が繁殖すると、臭いの原因になる。
 入浴後は水分をよく拭き取り、角質軟化作用のある尿素入りクリームなどで保湿する。
ひび割れがひどく尿素がしみる場合は、保湿保護作用のあるワセリンを塗る。
べとつきが気になる人は、就寝まで靴下を履いておくといい。
踵の角化には根気強いケアが必要だが、保湿を1カ月続けても改善しないなら「角質増殖型の足白癬(水虫)」の可能性もあるので皮膚科を受診する。
 根本的な改善には、姿勢や歩き方の見直しが必要だ。
踵が角化している人は、踵に体重がかかり過ぎて、足指が地面につかない浮き指になっていることが多い。立つ時は踵と、親指の付け根、小指の付け根の3点にバランスよく体重がかかり、その中央に重心がくるようにする。
(略)」
「ガサガサかかとを防ぐ、足裏全体を使う歩き方に」

記事の中に重要な注意事項が書かれています。
「かかとを軽石などでこするのは厳禁。防御反応で角質が暑くなる。」
かかとを軽石や角質けずり器で削る行為は厳禁なのです、覚えておきましょう!
「踵の角化には根気強いケアが必要だが、保湿を1カ月続けても改善しないなら「角質増殖型の足白癬(水虫)」の可能性もある」
かかとが分厚くなる現象には加齢も影響しますが、個人差もあります。
また、角質増殖型水虫もかかとの皮膚を分厚くしますが、この場合には目で見ただけでは判別不可能です。
皮膚科へ行くしかないですね。
ただし、皮膚科で内服療法を受けてもこれは治りにくいのですが・・・。


posted by 水虫博士 at 10:43| Comment(0) | 皮膚科医の水虫論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

猫や犬から感染する水虫

猫や犬を飼う人が増えています。
これらのペットは、水虫を持っている場合があります。
水虫は人獣共通感染症ですので、ペットの水虫は人へうつり、人の水虫はペットへと感染します。

記事抜粋
「犬や猫などペットの室内飼いをする人が増えるとともに、ペットから人へうつる病気も増加しています。
そのうちの1つ、小胞子菌の寄生による皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)について解説します。

8.jpg


ペットを介してうつる病気のひとつ皮膚糸状菌症は、皮膚真菌症、白癬ともいわれます。
犬や猫に発症するのは、白癬(はくせん)菌の一種イヌ小胞子菌(ミクロスポルム カニス)の寄生による疾患です。
人にうつると顔・腕・頬などに、かゆみを伴った1cmくらいの赤く丸い発疹、または貨幣くらいの発疹ができます。」
犬や猫から人に感染する皮膚炎とは?

猫や犬を抱いたりすると、それらの爪や皮膚炎患部が人の皮膚と接触して水虫がうつる場合があります。
動物からうつる水虫は、丸く鮮やかな赤色の皮膚炎が多数できることが特徴です。

i12168.jpg

首筋にできた水虫


水虫は、感染初期であれば集中的に水虫薬を塗ることで完治させることができます。
皮膚科を受診すると水虫薬を安く入手できますので、治してしまいましょう。
感染後に何年も経つと、水虫は治らなくなります。


posted by 水虫博士 at 22:26| Comment(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ブーツが臭い

足に水虫があると臭いがする、と思う人が多いようです。
しかし、水虫菌(カビ)は皮膚の中に住み着いていますので、水虫菌そのものが臭うわけではありません。
足のニオイの原因は、別のところにあります。

記事抜粋
「なぜ足は臭うのだろうか? 
足のニオイの3大元凶<角質、雑菌、汗のムレ!
まず、足の角質は厚いため、大量の垢に変化しやすい。足の皮膚に棲む大量の雑菌(常在菌)が垢を分解すると、イソ吉草酸(きっそうさん)などの脂肪酸を生成するので、あの「すえたニオイ」が発生する。
また、足は体の中で最も汗腺が密集しているが、足に靴下やストッキングを重ね、さらに靴やブーツを履くと、足は高温多湿の「ムレ状態」となるため、雑菌がますます繁殖し、足のニオイの原因になる。
つまり、足のニオイの3大原因は、角質、雑菌、汗のムレだ。

足のニオイ対策を考えよう――。
まず、ニオイをつくる雑菌対策から。ニオイをつくる元凶は雑菌だが、すべての雑菌を死滅させる必要はない。入浴時に足をう前に、酢や薄めた木酢液(もくさくえき)などの酸性液に足を10分ほど浸したり、水にクエン酸を溶かしたクエン酸ローションで足を軽く叩くだけでも効果がある。
次に、角質対策。角質ケアは、お風呂で軽石や糸瓜(へちま)を使って、やさしくこすり落す。強くこすりすぎれば、角質が厚くなり、逆効果なので注意しよう。
最後は、雑菌の繁殖環境となる汗のムレ対策。発汗は、自然な生理現象だ。汗を抑えようと意識しすぎればするほど発汗しやすい人の体質は、なかなか変えにくい。
足のニオイは、汗だけでなく、靴下や靴の条件と合体して発生する。靴下は、抗菌防臭や吸湿速乾性のある機能性靴下を使おう。また、靴は、2、3日続けて履くと汗を吸い、湿気を帯びるため、細菌が繁殖しやすい。1日履いたら風通しのいい場所で陰干しする。靴箱に入れる時は、靴の下に新聞紙を敷いておく。特に女性のブーツは、通気性が悪くムレやすい。
ブーツは<使い捨てカイロ><お菓子の乾燥剤>で陰干し
陰干しする時に、使い捨てのカイロやお菓子の乾燥剤を入れておくと効果的。」
「ブーツが臭い」問題

足のニオイの3大元凶は、「角質」、「雑菌」、「汗のムレ」、であるとのことです。
毎日の生活の中で、こまめに気を配ることが必要ですね。



posted by 水虫博士 at 22:17| Comment(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

酸ヶ湯(すかゆ)温泉

今年は寒くて、雪が多かったですね。
青森県の酸ヶ湯は豪雪で有名ですが、酸性が強い温泉もあるそうです。
「酸ヶ湯」という名前そのものが、酸性が強い温泉から来ているのでしょう。
酸性が強い温泉・・・といえば水虫も治りそうです。

記事抜粋
「千人風呂とも言われる酸ヶ湯の入り口は男女別ですが湯船は混浴です。
お湯は白濁した硫黄温泉で強い酸性なので、顔でも洗うものなら眼にしみて大変です。
お湯に浸したタオルで顔を拭いても眼にしみます。
湯冷めせずいいお湯で水虫などは一度入れば治りそうです。

5333aea3-4c2c-43ec-997b-47113b6a0da0.jpg


酸ヶ湯はいいと〜

記事中にも記載があるように、酸性の温泉に入ると水虫が改善される、と言われています。
酸性の温泉に入るとなぜ水虫が良くなるのでしょうか?

水虫菌(カビ)は皮膚の角層(角質層)に存在している皮膚バリア(角層バリア)を破壊します。
それで、水虫菌が寄生している部分の皮膚だけが皮膚バリアがなくなっているのです。
より具体的には、皮膚バリアを構築しているケラチン(タンパク質の一種)が菌に食われて微小な穴が空いているのです。
この微小な穴から酸性の湯が皮膚角層内へと流れ込んで、角層内にいる菌を殺します。
お湯の酸が菌を殺すわけです。
ですから、酸性が強いお湯ほど水虫菌を殺す効果も大きいはずです。

この殺菌効果は、水虫患部に酢酸を塗った場合と同一であるでしょう。
近くに酸性の温泉がある方は、水虫治療をかねてお湯に入るのも良いでしょう。



posted by 水虫博士 at 17:57| Comment(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

爪水虫の必殺技!

爪水虫を治すための必殺技を公開している方がいます。
爪水虫の必殺技?
一体どんなすごい技なんでしょうか。

記事全文
「足に水虫があったんです。
アトピーかと思ってたら水虫だった(´・ω・`)
それが爪水虫になった。。
これがなおりにくい❗
5年くらい薬塗っても治らなかった爪水虫がなおったので必殺技教えます。

1、限界まで切る
痛くないところまで切っておしまいっ(°∀°)
2、限界まで削る
少々痛くても削っておしまい(°∀°)
3、薬を塗る
テレビナフィン配合の水虫薬を惜しげもなく塗る‼塗っておしまい(°∀°)
4、イボ治療用のテープをはる
名前忘れたけどサリチル酸の皮膚やらかくするイボ用のテープみたいなのを爪を限界まで薄くしたところにはる。はぁーっておしまい(°∀°)そして一日おく
5、ほじる
テープをはがしてやらかく白くなった所をピンセットでほじる。ぶっちゃけ痛いし出血する。爪って言うより、皮膚をむく感じ。超痛いけど、おらぁマゾなんで平気。終わったらテレビナフィン塗ってバンドエイドでも張っとけ。。
これを二回くらい繰り返したらきれいな爪が生えてきた。治るときは古い爪が浮いてぐらついてくるのでピンセットでとっておしまい(°∀°)

さあ、あなたも
やっておしまいっ(°∀°)」
爪水虫

何ともすごい爪水虫の治し方ですね。
水虫菌が住み着いている一番奥の、爪と皮膚との境目をピンセットで無理やり「ほじる」とは!
「超痛い」、ってそれは当たり前、痛いはずです。
こんな処理法は普通の神経の持ち主にはできないですねえ。
この記事にもし処理中の写真がついていたら、気の弱い人は貧血を起こしそうです。

でもこの方の処理法は、「爪の一番奥にいる水虫菌(カビ)を殺せば爪水虫が治る」、という原理原則を達成しています。
これこそが爪水虫の治し方なのです。
あなたは偉い!
しかし・・・・・私には実行不可能な方法ですね!
どなたか、勇気ある方は試してみてください(笑)。


posted by 水虫博士 at 21:38| Comment(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

高齢者の水虫予防を!

「高齢者の二人に一人は水虫の可能性がある
 QOLに直結 足のケアで高齢者の水虫予防を」
文京学院大学の藤谷克己教授は高齢者の水虫対策が必要であると発表しています。
注、QOLとは:Quality of Life(生活の質)の略。

日本では、水虫の原因となる白癬菌はTrichophyton rubrum(下図左側) とTrichophyton mentagrophytes(下図右側)の2種が9割以上を占めます。

図1.png


関東圏に在住する高齢者を対象にして水虫菌の保菌率を調べたところ、65歳以上の高齢者では保菌率は55%であったそうです。

図2.png


高齢者の水虫では爪水虫へと進行する場合も多く、爪が損傷すると歩行にも支障をきたすことになり、体を動かすことが億劫になって生活圏が狭まり、QOLの低下にもなる、とのことです。
文京学院大学オピニオンレター

高齢者には水虫が多く、特に爪水虫になって爪が欠けるとQOLが低下して日常生活にも支障をきたすようになる、ということで、水虫対策が重要であるという意見です。
そう言われてみると、足の爪が欠けると歩きにくいのかな、という気もしますね。
基本的な水虫対策についても書かれていますので、興味のある方は原文をご覧ください。



posted by 水虫博士 at 14:11| Comment(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする