2009年04月30日

水虫おもしろ話 3、ナポレオンと田虫(タムシ)

ナポレオンが水虫に悩んでいた?、という話はよく知られています。
この話は、本当であったのでしょうか。

ナポレオンの秘密
              ナポレオン.bmp

「ところで、ナポレオンの肖像画に、しばしば腹部に手を差し入れたポーズを見かけますが、あれはへその周りに繁殖した「水虫」を掻いているという噂があります。
イタリアでの戦争の際、目の前で敵に撃たれて倒れた部下の兵士の鉄砲を取り応戦したナポレオンでしたが、その鉄砲から疥癬がうつったと言われています。
この「水虫」(正式にはタムシでしょうか?)も若い花嫁との結婚生活には、大きな引け目だったことでしょう。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kiitirousong/9971876.html

ナポレオンの水虫
「どうでもいいウンチクですが、ナポレオンが水虫だったかも、という説はかなり有名ですね。この場合は正確に言うと水虫ではなく「タムシ」ですが、ナポレオンが手を懐に入れているお決まりのポーズ、実はお腹がかゆくてたまらないのでポリポリ掻いているのだ、という鋭い分析です。
この説は横光利一の短編小説『ナポレオンと田虫』で一気に知られるようになってしまいました。かゆくてイライラ。そのイライラを解消するために精力的な征服戦争を起こしたという解釈です。欧州各国をまきこんだ戦争の原動力はタムシだった‥。
しかし本当はタムシではなく疥癬(カイセン)だと主張する人もいます。疥癬はヒゼンダニが原因なので水虫とは無縁。で、真実はどうだったのか。それは歴史の深い闇の中につつまれています。」
http://www.okhelth.com/mizumushi/002_4/post_20.html

欧州各国を巻き込んだ戦争の原因がタムシ(水虫)であった、という話には驚きますね。
ナポレオンの時代には有効な水虫薬はありませんでしたので、タムシになっていれば我慢できないほどのかゆみがあったことでしょう。
この話の真偽のほどは不明ですが、水虫が世界の情勢を左右した、とは壮大な話ですね(笑)。
posted by 水虫博士 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫面白話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

水虫おもしろ話 2、手塚治虫も水虫だった

漫画・鉄腕アトムで知られる手塚治虫さんは、実はひどい水虫になったことがあるそうです。

ブラック・ジャック
「手塚治虫のブラックジャック。
又、読みたくなって全巻セットを買いました。
あの漫画が大好きで、高校生くらいの時に一度集めたのですが、どこかに行ってしまってました。
皆さんもご存知だと思いますが、
ブラックジャックは金持ちの足元を見て、大金の報酬を得るのですが、オチを言うとあのお金は全額寄付しているのです。
仕事は超一流、
強きもの(金持ち)に強く、弱きもの(貧乏)に優しく。
本当にかっこいいもんです。
ピノ子との親子愛(?)もいいんですよね〜。
手塚治虫は医師免許も持っている名漫画家。
医師免許をとるきっかけになったのは、実は水虫なんです。
自身の水虫がひどくで、両足切断寸前まで行った所を、病院で治療してもらい、それに感激して医師を目指すようになったとか。
手塚治虫が水虫で無かったらブラックジャックも生まれてなかったかもしれませんね。」
http://blog.livedoor.jp/tarumiya/archives/51162387.html

水虫が原因となって、両足がはれあがることがあります。
これは、皮下の蜂窩織(ほうかしき)という部位で細菌(水虫菌あるいは雑菌)が急速に異常繁殖する蜂窩織炎という症状で、重症の場合には足を切断することもあります。
蜂窩織炎と水虫http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/22529993.html

名作「ブラック・ジャック」も水虫が縁で生まれた、というのも面白い逸話ですね。
水虫は人に厄災をもたらすのですが、その厄災をバネにして新しい仕事を展開することができるのも、人間の素晴らしいところです!
posted by 水虫博士 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫面白話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

水虫おもしろ話 1、日本人初の水虫は誰?

水虫専科では、これまでに千を越える記事をご紹介してきました。
それらの記事の中から、面白そうな話題を抜粋してご紹介していこうと思います。
記念すべき第一回目は、「日本人初の水虫は誰?」です。

ニッポン人が好きな偉人
「見た人もいると思いますが、「1億3000万人が選ぶニッポン人が好きな偉人ベスト100発表」という番組をやってました。
1位は間違いなく龍馬だろうと思いながら見てたけど、惜しくも第2位。
2位でもさすが。土佐の誇りですね。
お札の肖像にしたい人物でも、いつも上位に入ってきますもんね。
龍馬はいつもブーツを履いていたため、
「水虫になった初めての日本人」と言われているというのは初めて知りました。
何ごとも人の一歩先をいってたんですね。」

               a0053772_2219438.jpg
http://tosa4351.exblog.jp/3579132

龍馬はいつもブーツをはいていた、という話に目をつけて、ブーツ→水虫へと話を飛躍させた無責任な人がいるんですね。
この話はよくできていますが、全くの嘘です(笑)。

これとよく似た話もあります。
「水虫菌は、アメリカ大陸が原産地である。
日本人として初めてアメリカへ渡ったジョン・万次郎が日本人水虫患者の第一号である。」
この話も、作り話ですね。

動物は死ぬと土の上に横たわり、その死骸は鳥獣に食われたり、土壌由来の微生物によって分解されたりします。
それらの微生物の中には、死骸の皮膚・皮を分解する役割を担っていたものも存在するわけで、この皮・皮膚を分解する微生物が生きている動物にも寄生するように進化したのが現在の水虫菌なのです。
水虫菌は、人類が誕生するよりもはるかに昔から、動物のお友達であったわけです。
おそらくは、恐竜にも水虫はあったのでしょうね。
人類初の水虫、というのも、残念ながら?ない話です(笑)
posted by 水虫博士 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫面白話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

水虫対策に五本指ソックス

五本指ソックスは、水虫の症状緩和に効果があると言われています。
さて、どんな効能があるのでしょうか。

水虫対策に五本指ソックス
「暖かくなって、水虫がまたうずきだした。
去年の春から夏にかけて、20数年ぶりに水虫にやられたのだが、どうやらスポーツクラブのせいらしい。
毎日のようにプールやシャワーを利用していて、濡れたタイルの床はさぞ水虫菌の温床だろうなと、この20年間ずっと思っていたのだが、
不思議と水虫は発症しなかった。
それが去年、突然やられた。
なぜだろう?
「歳をとって抵抗力がなくなったからでは?」と知り合いに言われた。
そんなものかもしれない。
皮膚科医でもらったクリームを夏から塗り始め、秋にはおさまったのだが、
医者には「おさまってからもしばらく塗り続けた方がいいですよ」と言われたので、そのまま毎日塗り続けてきた。
それでも最近、ちょっと疲れたときに、左の薬指と小指のあいだがむずむずする。
20数年前の水虫は足の裏前半分全体をやられたのだが、今回のはなぜか指のあいだだけだ。
クリームを塗っていてもむずむずするのは、やはり暖かくなって水虫菌が元気になってきたからだろうか?
それとも最近、ちょっとこっちが疲れ気味だからだろうか?
そこで知り合いに勧められて五本指ソックスを買ってきた。
ユニクロのドライ&消臭素材製で二足750円ちょっと。
彼もスポーツクラブで水虫にかかり、なんとか治療したのだが、足指のあいだをドライに保つために、五本指ソックスを愛用しているという。
五本指ソックスは、マラソンランナーに愛用者が多い。
走っていると足、特に指のあいだが蒸れるかららしい。
ぼくは走り始めて18年になるが、
もともと足が蒸れない体質なので、必要を感じなかった。
以前、トライアスロン雑誌のインプレッション企画で試したことがあるが、たしかに足指のあいだがドライに保たれていいなとは感じるものの、
はいたり脱いだりがけっこう面倒なので、ずっと愛用する気にはなれなかった。
しかし、水虫の予防になるなら話は違う。
4日間はいてみた印象は悪くない。
暖かくなってから感じていたむずむず感が消えた。
むずむずしたということは、まだ水虫菌がわずかながら健在だということだろうから、
五本指ソックスだけに頼って、塗り薬をやめるわけにはいかないが、
これまで水虫菌の温床だったじめじめの足指をドライに保てば、今年はかゆみに悩まされなくてすむかもしれない。」
http://blogs.yahoo.co.jp/shuji_hara/57211681.html

五本指ソックスは足指の間に布が入って指が密着するのを妨げて、指の間の湿気を発散させて乾燥を促進します。
指の間の皮膚が乾燥すれば、水虫菌の活動が抑えられるわけですね。
湿気の多い夏の間だけでも五本指ソックスを使えば、水虫の悩みも少しは楽になるでしょう。
posted by 水虫博士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

幼児の水虫

水虫は、老若男女を問わず、誰でも感染します。
幼児の水虫もありますよ。

病院をハシゴ…
「海太郎の足に、なにやら丸い皮のめくれが………
まさか………
まさか…………
先生「水虫です」(アッサリ)
ひぇ〜〜〜〜〜!
まだ四歳なんですケド!!
感染源は、間違いなく奴です(−_−メ)
ラミシールを処方してもらい、帰宅。
(略)」
http://blogs.yahoo.co.jp/handicrafterika23/25992600.html

日本では、畳の上で素足で過ごすという習慣がありますので、家庭内での水虫感染が多いとされています。
この4歳児も、家庭内で水虫に感染した可能性が高いようです。
幼児の水虫は治り良いとされていますので、親の責任で水虫を治してあげましょう。
とりあえずは、皮膚科医の意見を聞きながら水虫治療に励みましょう。

水虫の感染源としては「奴(夫?)」が疑われていますね(笑)。
このように水虫持ちだと何かにつけて嫌われますので、水虫のある方は治すための努力をするべきですね。
大切な家族に水虫をうつすと大変ですし、うつされた方もつらい思いを強いられます。
水虫持ちの方は、今からでも水虫の治療を始めましょう!
posted by 水虫博士 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) |   家族の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

水虫ごときに

水虫以外の目的で皮膚科へ行ったところ、水虫を指摘されるケースは結構あるようです。

低温やけど(つまらない記事)
「10年ほど前に電気カーペットにあぐらをかいて長時間作業をしていて右足の踝の外側の出っ張った部分が低温やけどみたいになって褐色の瘡蓋みたいになっていた。
これまで時々擦って瘡蓋を剥がしていて別に気にもならなかったが最近瘡蓋を取ろうとすると痛くて剥がせない。
カミさんに見せたら大騒ぎして足首を切断することになるかも知れないから病院に行って診てもらうようにと命令があったので皮膚科に行って来た。
マスクと手袋で完全武装した若い女医さんは大したことはないが削り取ってやると云う。
小生は痛くされるのは嫌だと云ったら、塗り薬を1週間塗って柔らかくしてから削り取れば痛くないからと塗り薬の処方箋を書いた。
小生の足を診ていた女医さんは、水虫がひどいと云って細胞検査をした。
その結果、飲む水虫の薬を3か月飲むようにと云われた。
この飲む水虫薬は肝臓に副作用があるとかで血液検査を毎月しなければならないから採血すると云う。
小生は水虫如きに貴重な血まで抜かれるのは嫌だと云ったが看護婦3人に取り囲まれて説得されて止む無く血を抜かれた。
薬局に薬をもらいに行ったら、2種類の薬が全く違う症状のもので不思議に思われたのか薬剤師がどういう症状かと聞くので血を抜かれたことを云いつけたら、薬剤師も医者の云うことは素直に聞くようにと云われてしまった。
迂闊に病院に行くものではない。」
http://blogs.yahoo.co.jp/muchiya1943/47758599.html

この方は、水虫にはあまり関心がないようにふるまっていますね(笑)。
それでも3ヶ月間も内服薬を飲み、毎月皮膚科で採血することに同意しているわけですから、結局は水虫を治そうとしているのでしょう。

この皮膚科では、内服薬の副作用の有無を確認するために採血するという手順を踏んでいます。
その点では信頼できる皮膚科医院ですので、この際水虫を治してしまうのが賢明です。
水虫はとんでもない強敵ですので、「水虫如きに・・」などと言っていると水虫に勝つことはできませんよ(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

爪水虫と飲み合わせ

爪水虫の治療には、内服用の抗真菌剤を使います。
ところが、この内服薬には飲み合わせが多くあり、内蔵系の薬物治療を行っている場合などでは内服用抗真菌剤を使えないこともあります。

良くはなったが?
「(略)
それから半年!降圧剤で心臓の負担を減らし、利尿剤で水分を体内から出す治療を続けていましたが、
今日の検査で大きさは健常者と変わらない大きさに戻り、パワーも8割にまで回復しました。
良かったです。
まだ、しばらくは投薬治療が続きますが、ひとまず安心できます。
メンタルの方も2ヶ月に一度の通院になり、心臓の方も同じ2ヶ月に一度になりました。
しかし、思わぬ伏兵が出てきました。
お恥ずかしい話ですが、爪水虫に感染しました。
今は薬を服用すれば短期間で治るのですが、心臓の薬との相性が悪くて塗り薬で治療するしかないそうです。
心臓が良くなったと思えば水虫かー!
事の大きさから言えば比べようもありませんが、なかなか病院との縁は切れないもんですね。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kunta1030jp/47828744.html

内服薬を使えないとなると、爪水虫の治療はとても厄介です。
というよりは、治せない、という方が正確でしょう。
爪水虫では、水虫菌が爪の奥深くにまで入り込んでいますので、爪の外から水虫役を塗っても薬剤が爪の奥深くにまでは到達しにくいのです。
薬剤が深部の水虫菌にまで届かないのですから、これでは爪水虫が治るわけはありませんね。
内服薬が開発される以前には、「爪水虫は不治の病である」と言われていたほどです。

爪水虫ではこのように薬剤が十分には行きわたらないのですから、この点に関して状態を改善することは努力次第で可能です。
具体的には、適当に爪を削って水虫患部を露出させておき、そこへ水虫薬を塗ればよいわけです。
もちろん、これで爪水虫が治る、ということではないのですが、事態は改善されますね。

「塗り薬(外用剤)で爪水虫を治す」、というのはとても魅力的な課題ですね。
私も、この難題に挑戦しているところです。
乞うご期待!(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

水虫との闘い

市販の水虫薬は、多くの種類のものが売られています。
それらの中でどの水虫薬を選べば良いのか、という基本的な問題については、残念ながら試行錯誤で選ぶしかないのです。

水虫との闘い
「どうもA社の薬はよくない。
前回、まず買って使ったら、水虫は悪化、広がった。
歩くのにも影響があるくらい。
それで、B社に変えたら、次第におさまり、ほぼ完治。
完治してもしばらくは使いなさいという薬局のお兄さんの忠告に従って使っていた。
それが切れたので、A社の残りを使い始めたら、またまた悪化。
これはイカン。それで、すぐにB社のものを買い、使い始めた。
どこの薬も同じということではないようだ。
水虫との闘いの夏になりそうだ。
A社の残りは捨てた。
さらに研究して、孤独な闘いを続けるしかない、こうなったら、楽しみながら。」
http://blog.goo.ne.jp/swing-by_2006/e/25916c8c4d2afff53a88314930d9cc4c

この記事では、水虫薬の選択に関して重要な事柄が書かれています。
それは、水虫薬には個人ごとの相性のようなものがある、という事実です。
A社の水虫薬を使うと水虫が悪化した、ということですが、これはA社の水虫薬を使うと皮膚への刺激が強くて炎症反応が起きてしまい、この炎症反応を利用して水虫菌が増殖した、ということを示しています。
皮膚に合わない水虫薬を使うと水虫が悪化する、という貴重な情報ですね。

あるいはここまで極端でないにしても、使っている水虫薬が肌に合わなくて効果がない、ということも十分にあり得ます。
水虫薬の効果は1−2週間で得られるものですので、しばらく使ってみて効果がない場合には、別の水虫薬にかえるのが賢明です。
水虫薬は高価で少量しか入っていないのですが、頑固な水虫を治すためには多少の投資も必要です。
この点は、割り切るしかないですね。
posted by 水虫博士 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

足の裏が治った(水虫?)

ゴム長靴を長時間履いているというKさん、足の裏全体に皮膚がベロベロにむけていた(水虫?)そうです。
ところが、その皮膚症状をある方法で治してしまった、とか。

足の裏が治った(水虫?)
「日常、同じ靴(特にゴム長靴)を長く履いている私ですが、足の裏全体の皮がベロベロ剥けて「父ちゃん水虫だぞ」と家族からソッポを向かれていました。
病院にも行かず、そろそろ行こうかなと薬局に行った時、何気なく目に留まったのが、銀イオンが入った「きれいのミスト 玄関用(靴等)」でありました。

                    49354638.jpg

1週間 靴の中に朝番履き替えた後にスプレーをしたところ見事に、足の裏が見違えるほど綺麗になりました。
前と後での比較写真を掲載できませんが一応の効果はありましたのでブログに掲載することにしました。
私の治療方法(あくまでも民間療法です)
・自分の履く靴、スリッパは必ず「きれいのミスト」を履く前と脱いだ都度2度シュシュする。(直接肌はだめ)
・入浴時は必ず、足を石鹸で綺麗に洗う
以上できれいな足裏にもどりました。
これでも見込みの無い方は、病院へ行きましょう。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kazu19692222/59006927.html

「きれいのミスト」は銀イオンを含んでおり、この銀イオンが抗菌・除菌の作用を示します。
この銀イオンを含むスプレーを1週間ほど靴に中にふりかけたところ、足の裏が見違えるほどきれいになった、というのですが・・・

この足裏の皮膚症状が水虫であったのかどうか、これについては不明であるという他ありませんが、一般的な水虫の皮膚症状としては、足裏のかかとやつま先部分では皮膚が分厚くなり、白く粉をふいたようになる角質増殖型水虫が知られています。
この方のように、足裏の皮膚がベロベロにむける、というのは水虫らしくないですね。

ゴム長靴の中は除菌されてきれいになっていると思われますので、このことが皮膚症状の改善と密接に関連しているのでしょう。
ということは、ゴム長靴の中の汚れ・微生物が原因となって、足裏の皮膚に皮膚炎(接触性皮膚炎)が起きていたのかも知れませんね。

「銀イオンの効果」に興味のある方は、ご自身の靴を処理してみるのも一興ですね。
但し、文中にも記載があるように、直接皮膚にはふりかけないようにご注意ください。
銀イオンは、生体中の酵素を変質させる作用を持っていますので。
posted by 水虫博士 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

夫婦で水虫

ご主人が水虫を持っており、その水虫が良くうつってくる、という主婦の嘆きが記事になっています。

春休みです
「(略)
今日、久しぶりに私の治療で病院へ行って来ました。
子供はタダですが親はお金がかかるので滅多に行くことはありません。
ちなみに前回は2年前でしたが・・・
今回は花粉症が悪化し夜はほとんど眠れない状態で、今朝、川で溺れた夢まで見てしまいました。
余程、鼻詰まりがひどかったのでしょう。
あとはちょっと恥ずかしいですが、水虫です。
旦那様が水虫なので私もよくうつります。
その度に市販のお薬のお世話になっていましたが、珍しく病院に行くので(皮膚科が併設なので)
一緒に診てもらうことにしました。
 本当は旦那様が一緒に治療しないとダメなんでしょうが、恥ずかしいのか病院に行ってくれないので、仕方ありません。
裸足の季節までに治るといいな。」
http://blogs.yahoo.co.jp/mmkh1031/13651393.html

ご主人の水虫がよくうつってくる、というのは、とんでもない災難ですね。
そんな状況でもご主人にあまり強くは文句も言えない、仕方ない、というのもつらいですね。

水虫は、そう簡単に治る(完治する)ものではありません。
この方の場合、一度うつされた水虫が治りきらずに、何度も再発してくる、という状況ではないでしょうか。
今回は、皮膚科で治療を受けるようですので、皮膚科医の助言を受けながら水虫完治を目指す良い機会です。
裸足の季節(夏)までに治るかどうかは何とも言えませんが、頑張るしかないですね。
posted by 水虫博士 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

最大の敵

桜からツツジへとあでやかな花が咲き誇るこの季節は、水虫もいよいよ最盛期へと入ってくる時節でもあります。
最大の敵:水虫との戦いが繰り広げられます。

最大の敵
「暑い。
このくそ暑い中、 長靴で一日過ごすハメになってしまった。
靴の中はムレムレ。
案の定、出てきた。水虫が。
長靴はいて、なおかつ水虫から逃れるすべ、なにかないものか。
今夜は(かゆみで)眠れない気がする…。」
http://blogs.yahoo.co.jp/spodoptera_litura_13/30639575.html#30639575

水虫は、白癬菌というカビが皮膚に寄生して起きる皮膚病です。
このカビはとても頑強で、自然に治癒して消滅することはありません。
水虫を治すためには、水虫薬(抗真菌剤)を使うしか方法がないのです。

水虫のかゆみを抑えるためには、患部に水虫薬を塗り、水虫菌を殺してしまうことが必要です。
そして、水虫を完治させるためには、数ヶ月間も水虫薬を塗り続けることが不可欠です。
水虫はとても頑強で、なかなか完治にはなりません。
いくら治療しても治らない水虫とは、「最大の敵」だといっても過言ではありませんね(笑)。
posted by 水虫博士 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

爪水虫は治すべきか?

爪水虫は、内服薬を使って治します。
しかし、この内服薬には副作用、あるいは体調悪化が伴うこともあります。
ということは、爪水虫の治療を優先するのか、それとも危険を避けて爪水虫の治療を行わないという選択をするのか、の二者択一になります。
この問題について、健康ブログを書かれている、「わかまつ」(漢方自然薬)・店主の意見が公開されています。

爪の水虫
「アトピーの治療が縁で遠隔地のお嬢さんなのだけど
体調のことで気になることがあると電話で相談をしてきてくれる女性がいます
足の爪の水虫が出来かけているのと
かかとの乾燥が強いので皮膚科に受診すると水虫といわれ、内服治療をすすめられた
でも迷っている
定期的に肝機能の検査を受けないといけないとか
腸の調子が悪くなるとか・・・リスクが伴うから
実は昔90歳のおばあちゃんでいつもいく病院で爪の水虫を指摘されて
薬を飲んで治療しなさいと言われ飲みだした人がいました
ところがそれからお腹の調子は悪くなるし、食欲落ちるし
とにかく体がしんどい
それでも先生が治療しなさいというから薬を飲んでいると言うのですよね
私としてはとても疑問
それは水虫は治すにこしたことないですよ
でもそのためにキツイ薬を飲んでその副作用でしんどい思いしてまで治療をしないのか
90歳のおばあちゃんだから爪がキレイでないというのを気にするのかというと
別にしていないのですよね
それよりもここまでの年齢なのだから、
ご飯が美味しく食べれて、
体調よく毎日を過ごさすようにしてあげるのが優先でないのかな
このお嬢さんも今でこそ調子よくなってきたけど
アトピーは腸の状態が悪くなると調子悪くなるし
体全体のことを考えると爪を治すために体に負担かけることはないじゃなかな
そう思って、よく考えてみてとお話しました
それで彼女も内服薬はやめて外用剤だけで根気よく治療していきますと言ったのですが・・
「木をみて森を見ず」ということわざがあります
足の水虫、そこだけを見ると内服のよく効く薬で治療するのがベストだけど
それってそこだけしか見てないのですね
彼女の全体的なことをみたら、体にはマイナスかもしれない
西洋医学は皮膚は皮膚科、目は眼科、血管は循環器科というように部分部分に専門化しすぎて
それがいい場合もあるけど
こういう木をみて森をみないような診方になってしまうことが多い
こうして森からも体は見たほうがいい場合もあります」
http://blogs.yahoo.co.jp/motherfrontleft/14711442.html

爪水虫そのものは治した方が良いのだけれど、患者の体調管理を考えれば内服薬を使わない方が良い場合もある、というこの意見は説得力がありますね。
爪水虫を治そうか、と考えている方は、ご自身の体調管理も考えてから治療法(内服薬か、塗り薬か)を選ぶと良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 01:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚科医の水虫論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

犬の水虫:真菌って治るの?

水虫(白癬菌症)は人畜共通感染症であり、犬や猫の水虫は人へとうつり、また人の水虫も動物へとうつります。

真菌って治るの ? ? ?
大変なことになりました。
実は、愛犬4匹のトイプードルのうち、2匹の足の皮膚が変なんです。
症状は、2匹とも一緒ではなく、一匹は円形脱毛症のように直径1p位のハゲができ、すこし赤みを帯びて腫れています。
もう一匹は皮膚がカサカサして部分的にほんの少し黒っぽく変色しています。
コリャー変だってことで近くの動物病院に連れていきました。
診察の結果は、真菌(糸状菌)の疑いがあるとのことでした。
獣医さんの説明によると真菌って“カビの病気”だそうで、
人畜共通伝染病(人間にもうつる)とのこと。人間でいう水虫のようなもので、直りが悪く根気よく治療しなければ治らないといわれました。・・・ ガ〜ン
(略)
ほんとうに真菌なのか? を判断するために培養検査を行います。
培養の検査は患部の皮膚を削ったり、毛を少量抜いて、培養液に1週間程付けておき、液の変化をみる検査です。
液の色が変わらずに黄色であれば陰性、赤く変色すれば陽性ってことになります。

          2022442f2d3856378053493274889fe0_s.jpg

1週間が経過し、恐る恐る結果を聞きに、、、結果は陽性  キャー
真菌に間違いないようです。
アンズちゃんの養液は真っ赤っかに変色、チョコちゃんのはすこしだけ変色って感じでした。
さあ、ここからが治療の始まりです。
@ 部屋中の掃除と消毒、家庭で使う漂白剤のハイ○ーが
  良いらしく、塩素系のものでないとカビの菌は除菌出来ないそうです。
  但し、臭いがきつく、舐めたり吸い込んだりすれば人体(犬体)に悪いため、薄めて使うよう指示されました。
A 感染を防ぐためすべての犬を分ける(隔離) 病気でない仔も離します
B 薬用シャンプー(週2回)
C 薬浴(強酸性)、硫黄泉のようなお湯をつくり、15分位浸ける(週2回)
D 飲み薬(餌に混ぜる)1日/2回
この治療を始めて、早い場合で約1ヶ月から1ヶ月半はかかると言われました。
BCDの治療はそれほど難しいものではありませんが、一番大変なのは、隔離されてしまったワンちゃん達です。
今までは4頭で自由にはしゃぎ廻っていたのに突然の隔離。
精神的にもきつそうです。
また、除菌剤の臭いがきつく、部屋中ハイ○ーの臭いが充満、、、そりゃーー臭い。
人間がこれだけ臭いのだから、嗅覚の良いワンちゃんでは半端じゃなく臭いだろうし、臭いがあるってことは、残留しているのだろうから、舐めてしまったらそれこそ大変なことに成りかねないかと非常に心配です。
(略)
下の写真は殆ど完治した状態です。
(写真は、原文をご覧ください)
真菌でお困り、お悩みの皆さん、心配は入りません。
真菌は直ります。 でも、時間がかかります。
早くて3週間。
一番利く治療薬は・・・・・・・愛情 だったと思いました。 
大切なペット、環境にも注意したいものです。」
http://blog.goo.ne.jp/mira0218/e/9c39514fd638958b1a0f3d9a484314f1

原文が長いために、少し省略しました。
ペット愛好家の方は、原文もご覧ください。
ご参考になるでしょう。
posted by 水虫博士 at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

爪水虫の薬物療法(内服薬)

爪水虫の治療方法について、簡単な解説が紹介されています。
水虫:爪白癬の治療法http://blog.livedoor.jp/whitepinku/archives/51421214.html
その記事の中の、内服薬に関する部分を抜粋しておきます。

「飲み薬:爪白癬の治療の中心的な役割を担っています。
飲み薬を服用することで、薬の成分が直接白癬菌へ届きますし、更に体内に薬の成分が長時間留まることで薬の効能が発揮されます。
また、連日投与とパルス療法の効果を比較してみると、水虫の症状が悪化しない事や痒みを抑えるといった臨床効果では、連日投与よりもパルス療法が若干優れており、約70〜90%の効果があるという結果が出てはいますが、
その一方では、白癬菌の消失する率は、どちらの治療法も有効ながら大差はないとする報告もあります。
※症状によって多少差はありますが、薬を服用し始めてから早い人で2〜3ヵ月目から健康な爪が生えてきて、健康な爪に生え替わるのに約1年程度かかるようです。
服用後も医師の指導に従って爪のチェックをしに受診してください。
・テルビナフィン(ラミシール)の飲み薬が治療に用いられた場合は、毎日服用(連日投与)して4〜6ヵ月程度続けます。
・パルス療法の場合
@イトラコナゾール(イトリゾール)を毎日1カプセル(200mg)を服用します。
Aイトラコナゾール(イトリゾール)を1日2回:4カプセル(合計400mg)を1ヵ月に1週だけ服用し、3〜6サイクル行います。
テルビナフィンやイトラコナゾール飲み薬は、爪への薬成分が長時間貯留されますので、飲み薬の服用中止後も暫くは改善されていくことが期待できます。」

上記の抗真菌剤を内服することにより、爪水虫の80%程度が治るとされています。
逆に言うと、20%程度の爪水虫は治らないわけです。
この治らない原因としては、爪水虫の患部が皮膚から浮き上がっていることなどが考えられますね。
こうなると、水虫薬が水虫の病巣にまで届かないわけです。
内服薬が効かない場合には、爪水虫患部の爪を削って塗り薬を塗るなどの作業が必要になります。
posted by 水虫博士 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(3) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

南米発の水虫、感染拡大

昨日の朝日新聞朝刊に、「南米発の水虫、感染拡大 高校柔道部の5割に発症例」、と題する記事が載っていました。
この水虫菌はトリコフィトン・トンズランスと呼ばれるもので、主に格闘技愛好家の間に広がっています。
記事を引用しておきますので、ご参照ください。

 感染力が強く、脱毛の後遺症が残ることもある南米の水虫菌が日本に上陸し、格闘技選手やその友人、家族に広がっていることが、順天堂大学などの調査で分かった。柔道団体の3割、高校の柔道部では5割超で発症者が出ていた。適切に治療すれば治るため、専門医は診断・治療の指針を作り、検査を呼びかけている。

          OSK200904090085.jpg

 この菌は、水虫などの原因となる白癬(はくせん)菌の仲間で「トリコフィトン・トンズランス」。格闘技などで肌同士が接触すると主に感染する。元々は南米の菌だが、01年ごろから国際試合に参加した国内の柔道やレスリング選手の間で感染が目立つようになった。
 髪と体毛、皮膚に主に感染し、一般的な水虫菌と違い、足には感染しにくい。感染力が強く、かゆみや湿疹などの症状が出る。軽症で症状が半年ほどで治まっても、菌が潜み、感染を広げる。頭部がうんで腫れあがり、頭髪の一部を失うなど後遺症が残ることもある。

 順天堂大学の比留間政太郎教授(皮膚・アレルギー科)らは全国の学校や道場にアンケートを実施。08年に、回答のあった約1200団体のうち、3割は発症者が出た経験があったと報告した。特に高校の柔道部では過半数を占めた。
 最近は、家族、友人へも広がり始めた。柔道経験者の女性が柔道をやめて3年後、生後10カ月の長女が発症した例や、格闘技とは無縁の10代女性が感染する例もあった。
 正しく診断、治療すれば、大半が完治する。専用シャンプーや塗り薬で治療する。重症なら飲み薬もある。ただ、一般的な湿疹などと誤診されステロイドを塗ると、重症化しかねないという。
 これらの結果は、26日に福岡で開かれる日本皮膚科学会で報告される。(田之畑仁)
朝日新聞・記事http://www.asahi.com/science/update/0410/OSK200904090084.html
posted by 水虫博士 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

水虫の集団感染

老人介護施設では、水虫の集団感染が起きているようだ、という話が紹介されています。

水虫!?
「先週の土曜日に母の所へ行くとスタッフの方に呼び止められました。
「お母さん、水虫になっていて酷い状態なんです」と母の元へ行き見せて貰いました。
今まで水虫になった事が母も私もないので見てビックリ。私の目にはかなり酷い状態に見えます。
「靴をつま先が開いているタイプかクロックスの偽物でも良いので持って来てください」
と説明を聞いているといつも気にかけてくれている看護師の方が来て
「お母さんが以前履いていたサンダルで音がならなければわざわざ買わなくていいですよ」と
おっしゃって下さいました。
ちょうど1週間前に母の靴と他の利用者さんの靴が入れ代わっていたのでそのせいでは?
と思ったのですが回りを見るとほとんどの方が水虫の処置を受けた足だったので集団感染してしまったみたいです。
(略)
今日、着替えを持って様子を見に行くと看護師の方が
「お母さんの足だいぶ良くなってきて足の裏と側面はもう綺麗になりましたよ後は足の間だけ」
と教えてくださりホッとしました。」
http://blogs.yahoo.co.jp/soraandryu/30277685.html

老人介護施設では、介護が必要になった高齢者がヘルパーさんの世話になりながら生活しています。
高齢者ですから、当然水虫の患者も多いわけです。
そうなると、高齢者間で水虫の感染が起きるであろうことは容易に推測できます。
これはもうやむを得ないことでしょうね。

高齢者を介護するヘルパーさんも、水虫感染の危機にさらされます。
そんな状況の中で、高齢者の水虫を処置してくれるヘルパーさんに対しては感謝しなければなりませんね。
ヘルパーさんにとっては、水虫は一種の職業病だといえそうです。
posted by 水虫博士 at 15:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 妊娠、病気、介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

水虫対策開始

桜も満開となり、ツバメも飛びかって、いよいよ水虫の本格的なシーズンが始まりました。

水虫対策開始
「昨日発見した水虫
早く薬をつけたいが、市販薬を購入する費用をケチり、病院の薬をもらうまでガマン。
と思っていたが、どうにも気になる。
そこで薬箱を探したら、妻が以前処方してもらったラノコナゾール軟膏を発見。
真菌薬と書いてあったので、菌に効くのではないかと思い、検索してみると・・・
ピッタリ水虫に効くとのこと。市販薬もこの成分が入っている。
そこで、昨晩の風呂上りから塗り始めた。
塗るポイントは
1.根気良く続けること
2.広範囲に塗ること
だそうだ。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyono_shin/58808584.html

今は100年に一度の不況とか、「あ、水虫だ」と思ってもなかなか水虫薬を買うことにもなりません。
自宅の薬箱の中にラノコナゾール軟膏があったとは幸運でしたね。

水虫薬を塗るポイントが2つ挙げられています。
1、根気よく薬を塗り続けること
2、広範囲に薬を塗ること
この2つは水虫対策として必須のことなのですが、いざこの2つを実行できるか、となるとこれが難しいのです。
特に、水虫薬は少量しか入っていなくて、そして高価です。
水虫患部周辺の広範囲な部分に水虫薬を塗っていたのでは、薬代が家計を圧迫することにもなります。

水虫を治すためには、数ヶ月間も水虫薬を塗り続ける作業が必要です。
水虫薬は、もう少し安くしてほしいですね。
posted by 水虫博士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

ペットは水虫!

水虫持ちのお父さんというのは、家族から嫌がられます。
そんな悲しい?お話が紹介されていました。

ペット飼ってます♪
「先日、ショッピングセンターに行った時、ペットショップに子犬がいぱーいおりました。
俺もナナさんも子犬の可愛さに時間を忘れ眺めていました。
1匹気に入った犬がおりまして・・・「セール期間最終日価格、20000円」・・・と表示。
なんだろね、子犬の安売りってちょっと寂しい感じ・・・。
でも、これくらいの金額なら新居が出来たら飼ってもいいかも・・・ね、みーちゃん。
即、却下です。
我が家には可愛い娘と養豚場から逃げだした豚(注:俺のことらしい)が居るから
これ以上増えるのは無理。体力の限界・・・だそうだ。
( ゚д゚)、ペッ 根性なし!!!
いいじゃんね。かわいいじゃんね。ナナさんといっしょに成長していくじゃんね。
あーだこーだ、ブヒブヒと交渉してみましたよ。
そしたら、なんとみーちゃん、すごい一言を言いましたよ。
「パパ、虫を飼ってるからいいじゃん!」
なんのこっちゃ?と思いましたよ。俺、昆虫とか大の苦手だし。見てるだけで鳥肌立つし。
Water insect・・・。そう、以前にも紹介した水虫ですわ。ヾ(・ε・。)ォィォィ
最近じゃ左の子指から薬指に引っ越ししたみたいですが・・・。
いや、水虫って引越しするのか?
子指が完治したと思ったら、隣の薬指になってたよ。
ってか、水虫ってペットじゃないしー。別に好きで飼ってるわけじゃないしー。」
http://blogs.yahoo.co.jp/chon_b_sh/51488294.html

読んでみると、思わず笑ってしまうようなお話ですね。
でも、最近の不況の影響で、一匹2万円の犬でもなかなか購入するのがためらわれます。
家計を預かる主婦としては、イヤミでも言って却下するしかないのでしょう。

水虫持ちのお父さんとしては、水虫を治しておいた方が良いようです。
可愛い娘に水虫をうつすと大変です。
今度は追放処分になりかねません(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

水虫発見

お彼岸も過ぎ、春の光があふれるようになってきました。
暖かさとともに、水虫も活発に活動を始めています。

発見 定額給付金&水虫
「晩酌してからお風呂に入り体を洗う。
いつもどおり、足の指の間を洗い、ついでに何気なく足の指の間を見ると・・・あーっ、小さい水泡みたいのが小指と薬指の間に出来ている。しかも、両方の足・・・。
こりゃ、皮膚科に行ってしばらく薬をつけなきゃだめだな。
白癬菌は皮膚の深いところに隠れているので、症状が治まっても皮膚が生まれ変わる1ヶ月以上は根気よく薬をつける必要があるそうだ。
水虫になったのは4〜5年ぶりだなー。
おっさんだから、しょうがないか!!」
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyono_shin/58795920.html

水虫はとても頑強で、治りにくいものです。
根気よく何ヶ月間も水虫薬を塗り続けないと、水虫完治にはなりません。
それでは、どのくらいの期間水虫薬を塗る続ける必要があるのでしょうか。

この記事では、「症状が治まっても皮膚が生まれ変わる1ヶ月以上は根気よく薬をつける必要がある」、と書かれています。
これは、このような趣旨の発言をする皮膚科医がいるためで、ブログでもこのことを書いている記事が多くあります。
しかし、この認識には根本的な誤りがあるのです。

皮膚が入れ替わるのには1ヵ月ほどかかる、というのは正しいのですが、これは「健康な」皮膚での話です。
水虫菌(白癬菌)が住み着いている皮膚では、皮膚の入れ替わりが抑制されていて、皮膚の入れ替わりが起きないのです。
これは、水虫菌が皮膚の新陳代謝機能を抑制しているためです。

水虫菌はカビですので、自分で動く・移動することができません。
水虫菌が住み着いている皮膚で新陳代謝が進むと、皮膚がはがれるとともに水虫菌もはがれ落ちてしまいますね。
このことは、水虫菌にとっては死を意味します。
そこで、水虫菌は皮膚の新陳代謝を止めてしまう能力を身につけているのです。
恐るべし、水虫菌!

結論としては、「水虫薬は数ヶ月間も塗り続けないと水虫は治りません」、ということになります。
posted by 水虫博士 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

水虫攻略法

水虫を治すために、いろいろな方法を試してみる方がいます。
皮膚科や薬局で入手できる水虫薬が良く効くのであれば、このような自己流の方法を試す必要はないのですが。
しかし、自己流で水虫を治すというのも至難の業です。

水虫攻略法
「薬をつけない。(薬局さん ごめんなさい)
きれいに洗って乾燥させEM菌をふり掛け、それをまた乾燥させてその後はいつもの生活をするだけ。これをはじめだして1週間ほどでほぼ完治。三ヶ月以上悩みつづけた水虫も、今は皮膚がまだくすんだ色をしていますがからからに乾いています。後はしっかりとした皮膚に戻るのを待つだけになりました。
恥ずかしながら、私の足に水虫が住み着いたのは3ヶ月前。それも強烈なものでした。なぜ水虫になったかって? 思い当たることはあるのですがそれは内緒^^;
でも水虫ってこんなにすごいものなのかと初めて知りました。
半世紀以上生きてきてなんで今頃?と嘆いても治るはずもなく、それからの日々水虫と悪戦苦闘。実は何度か薬局に行ったのですが恥ずかしくて「水虫の薬をください」と言えなく、薬もつけず、ただ見守るだけの毎日でした。
日を追うごとそれは激しさを増し、かゆみと戦う日々。これではだめだと一念発起、洗面台の下で眠っていたエタノールで消毒し、白癬菌を殺すことに専念しました。
これはますます悪化させることになりました。
なぜ?
答えはおのずとわかりますよね。消毒液ですべての菌を殺してしまっていたのです。
これではだめ。
皮膚を再生させるだろう菌までもが殺されていたのではと気づき、それでは・・・ときれいに洗ったあとで患部にEMの薄め液をふり掛けてみました。乾燥させても皮膚からじわじわと液が湧き出してくるのでガーゼで軽く巻いてそのまま寝ました。仕事にはその上から靴下を履きいつもの生活と同じです。
驚いたことに,EMを振りかけてからはかゆみがほとんどありません。
2〜3日かこれを続けましたがガーゼが皮膚に引っ付いて、はがすとあたらしく再生した皮膚がはがれまた傷ができ、治りそうで治らない。
う〜ん
ひょっとしてこの浸出液は・・・皮膚を再生させる液では?
その通りのようです。浸出液をドライヤーで乾燥させてべたべたにならないようにしていくとだんだん浸出液は皮膚へと変化していきました。
^^
後もう少し、努力が必要かもしれませんが、もうじきさよならできそうです。
私の自己流水虫攻略法 よかったら参考にしてみてくださいね」
http://blogs.yahoo.co.jp/tumikusa_b/24843103.html

EMとは聞きなれない専門用語ですので、検索してみました。
「EMTMとは、乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とする有用な微生物の共生体(製品名「EM・1R」)で、農業、畜産、水産、環境浄化、土木建築など様々な分野に利用可能な多目的微生物資材です。」
EM研究機構:http://www.emro.co.jp/em/index.html
この説明では、EMとは有用な微生物資材だとされていますが、その効用については賛否両論があって、あまり実用化されていない状況です。

この得体のしれない?EM菌を水虫患部に振りかけた、というのは、相当に勇気のいる行為ですね。
そして、EM菌を振りかけることにより、皮膚からじわじわと液体が沁み出してきた、ということですが、この液体とはリンパ液であると思われます。
つまり、皮膚が損傷を受けている水虫患部に雑菌(EM菌)を振りかけたために、白血球が出動して来たわけです。

それでも、患部の皮膚は乾いた状態になり、水虫が治ったようだ、と記事では説明されています。
はたして、これで水虫は治ったのでしょうか。
この方法では、皮膚に激しい炎症反応が起きていますので、一見すると水虫が治ったように見えたとしても、皮膚の奥には水虫菌のタネ(胞子)が生き残っています。
ですから、しばらくすると水虫が再発してくると思われますね。

はたしてこの水虫が治ったのかどうか、数ヵ月後にまた記事を書いていただければ有り難いですね。
よろしくお願いします(笑)。
posted by 水虫博士 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする