2016年01月31日

顔カビ!

顔や肌に皮膚症状(皮膚炎)を起こすカビとして、「顔カビ」あるいは「肌カビ」と呼ぶものがあるようです。
これらの言葉はあまり聞き慣れないものですので、調べてみました。

人の顔や肌には、マラセチア菌というカビ(酵母の一種)が常在しています。
マラセチア菌は湿気と脂が好きなカビ菌で、皮脂を脂肪酸に代謝し、肌を弱酸性に保つという重要な働きをしてくれています。
しかし、皮脂が多いと繁殖しやすく、繁殖し過ぎると様々な皮膚炎を引き起こし、顔がかゆくなります。

これらの様々な皮膚炎としては、次のようなものがあります。
「脂漏性(しろうせい)湿疹」
鼻の脇、眉まわり、毛の生え際の皮がただれたような状態になる脂漏性湿疹は、皮脂の多い部分や過剰なお手入れによって顔カビが繁殖することで起きます。
かゆみはほとんどないのですが、症状がおさまったと思ったら、再発する可能性が高いという特徴があります。

images1.jpg


「マラセチア毛包炎」
マラセチア毛包炎は、顔カビが毛包で繁殖して炎症を起こします。症状はニキビと似ていますが、抗真菌剤を使わないと治りません。

hadakabi5.png


「アレルギー性湿疹」
アレルギー性湿疹は、カビが原因となってアトピー性皮膚炎が悪化しているものです。
健康な肌なら顔カビの影響は受けにくいのですが、免疫力が落ちていたりして、肌が過敏になっている時などには、かぶれなどが起こることがあります。
かゆみの強さ、赤い湿疹、かぶれなどを特徴とします。

「顔カビ発生危険リスト」がありますので、興味のある方は参照して下さい。

マラセチア菌による皮膚炎(癜風、でんぷう)は、白癬菌による水虫、カンジダ菌による皮膚炎(皮膚カンジダ症)とともに皮膚真菌症に属します。
これらの皮膚炎は、カビを殺す抗真菌剤(水虫薬)を使わないと治りません。
皮膚科あるいいは薬局で相談することが望ましいでしょう。



posted by 水虫博士 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

20代OL*爪水虫治療ブログ

若い女性が爪水虫であることを告白して、爪水虫の治療についてブログを書くというのは、相当に勇気がいることでしょう。
何しろ、水虫というと「おじさん、汚い、不潔」などの不名誉なイメージがありますので、花の20代OLにとっては触れたくもない話題です。

このブログ「20代OL*爪水虫治療ブログ」では、皮膚科で内服薬療法を行っている作者(エルさん)の体験談が綴られています。
エルさんももちろん皮膚科など行きたくもなかったのですが、彼ができたので水虫をうつしたくない、という切実な事情があり、一大決心をして皮膚科へ行きました。
若い女性が爪水虫の治療のために皮膚科へ行く、ということになると、恥ずかしさやためらいなど様々な感情が起きてきて非常に悩むわけですが、エルさんはそれらの経過を率直に告白しています。
そして、皮膚科で診察を受けた感想として、「面倒臭さと恥ずかしさでずっと来れなかった皮膚科、思ったより大丈夫でした。こんなんだったらあと数年早くくれば良かったです。」と述べています。
同じような立場にある人にとってはとても参考になる話が細かく書かれていて、皮膚科受診の疑似体験ができますので,必見です。

ブログ記事は8編あります。
3回目の記事、「爪水虫治療、初めての病院!!(ド緊張)」より抜粋
「・・・・今すぐ全力ダッシュで診察室から逃亡したいという衝動に駆られましたが(本気で)、なんとかこらえ…、、、
「爪水虫の検査ですね?ちょっとみせていただけますか?」と先生に誘導されるがまま汚い爪を見せました。。
(病院に来る前は、受診カルテに爪水虫と書かずに診察室で先生にだけ打ち明けようかと悩んでいましたが、カルテに書いて正解でした。
初対面の先生を目の前にして「実は爪水虫で…」と自分から切り出すのは結構勇気がいります。あらかじめ書いておけば先生の方から聞いてくれるで少し楽です。)
私の汚い爪を見ても顔色ひとつ変えずに、検査のためにピンセットで爪の表面を軽く削り、検査の説明を受けました。
あ、削られるのは全然痛くないのでご安心を!」
「感想としては、面倒くささと恥ずかしさでずっと来れなかった皮膚科、思ったより大丈夫でした。こんなんだったらあと数年はやく来ればよかったです。
それにしても先生…ステキだったなぁ…次の通院がちょっと楽しみ」
(以上、記事より抜粋)
皮膚科では、水虫は治療が必要な病気として扱います。
水虫患者は当然治療対象となる病人ですので、普通の患者として接してくれます。
水虫で悩む皆さん、気を楽にして皮膚科を受診しましょう!・・・これが最善の選択ですから。

エルさんの爪水虫の写真も公開されています。

o0480036013294044421.jpg


写真を見ると、5本の爪全部が重度の爪水虫になっています。
それで、内服薬を処方されて、治療が始まりました。
足の爪はもともと伸びるのが遅く、全体が生え変わるのに1年前後もかかります。
この間は待つしかありません。

そして、「爪水虫飲み薬治療〜2ヶ月経過〜」と題する記事が最終になっています。
爪の状態は、何の変化もなく以前のままだということでした。
皮膚科医からは、次のコメントがありました。
「爪はまだ変化がないですね〜、でも今飲んでいる薬は今後何ヶ月も体に残ってこれから生えてくる爪に効きますからね」
エルさんからは記事の更新がされていませんので、このあと爪の状態がどうなったのか、わかりません。
薬の効果がなくて、爪に変化がなかったのかも知れませんね。

エルさんは、皮膚科での出来事を細かく紹介していますので、皮膚科を受診した際に起きる出来事がどんなものであるのか、詳細に知ることができます。
一度、通読されることをお勧めします。
最後に私からエルさんに一言、
エルさん、よろしければあなたの爪を治してあげます(無料)。コメント欄にお知らせ下さい。 道場主。


posted by 水虫博士 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

オレの水虫闘病記

もう5年以上も前に書かれたブログですが、とても面白い内容の水虫治療ブログがありましたので、ご紹介します。
このブログのタイトルは、「オレの水虫闘病記ー20数年間の付き合いの水虫完治への道」です。

作者の両足には、皮膚全体を覆い尽くしている超重度の水虫がありました(左足の写真を載せます)。

10-1.jpg


こんなに重度の水虫は、滅多に見られないでしょうね。
作者は皮膚科へ行き、内服薬(ラミシール)と塗り薬(アスタット)を処方されました。
そして、処方通りに内服薬を飲み、塗り薬を塗ったそうです。
処方を守ることは、水虫治療において大切なことです!
このあと、3、4、5、6週間後の写真が紹介されていますが、まず3週間後の写真を示します。

3-1.jpg


足裏全体を覆っていた分厚い角質増殖皮膚は、随分と薄れてきました。
このように分厚い角質増殖皮膚がある場合には、水虫薬はわりと効きやすいようです。
そして、6週間後には次の写真のようにさらに改善しました。

6-1.jpg


改善した、とは言ってもまだまだ足裏全体を角質増殖皮膚が覆っているのですが、処理前の写真と比較すると目覚ましい改善ぶりです。
このあと、しばらくブログ記事の更新が途切れています。
そして、7ヶ月後の写真が次のようになりました。

7−1.jpg


足裏の皮膚症状は少し改善されたものの、足裏〜側面部にかけて角質増殖皮膚が全面を覆っています。
もちろん、処理前と比較するととても改善されてはいるのですが・・・

このあとも、作者は塗り薬は塗ったそうです。
そして、3年後にブログが更新されて、「水虫完治(多分)」という記事が出ています。
早速写真を見てみましょう。

3-1.jpg


作者は、「いたって気持ちのいい足裏である。本当につるつるだし、痒いとかそんな感覚は遠い昔のように感じる。一応これで完治とします。」と述べています。

でも、でもですよ。
足裏全体にはまだ角質増殖皮膚が広く分厚く残っています。
一見きれいに見える側面部にも広く水虫は残っているでしょう(隠れ水虫といっても良いでしょう)。
治っているわけではないのです。
これが普通に見られる、慢性化した角質増殖皮膚の典型例ですね。
痒くもなく、症状が悪化するわけでもなく、何の支障もありません・・・これこそ水虫の本領発揮です。
この足裏には、病原性が強い水虫菌(白癬菌)はすでに残っていないと思われます。
これでいいのかも知れませんね(笑)。


posted by 水虫博士 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

水虫の基礎知識 6、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは厳禁です

水虫患部の皮膚や爪は、白く変色していてはがれかかったりしています。
そんな患部を見ていると、つい指でつまんではがしたくなりますね。
でも、それは絶対にしてはならない行為なのです。

水虫とは、皮膚の一番外側の薄い層(角層)や爪にカビ(皮膚糸状菌または白癬菌)が寄生している皮膚病です。
このカビは、皮膚や爪の成分(ケラチンという蛋白質)をエサにして、皮膚や爪の中で生活しています。
このカビは皮膚や爪の組織の中にいますので、これらをはがし取ってしまう、ということは不可能です。
あるいは、カミソリで水虫がいる角層を切り取る、ということもできませんね。
皮膚や爪をはがしても、水虫菌が死ぬことはないのです。
水虫患部の皮膚や爪をはがしても、水虫菌にダメージを与えることは全くできない、ということを知識として持っておきましょう。

それどころか、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは、水虫をとてつもなく悪化させることに直結します。
その実例を一つご紹介します。

8-20-1.JPG


上の写真は右足かかと部ですが、分厚いかかとの皮膚を広範囲にはぎ取ってしまっています。
周辺の皮膚からもわかるように、ここには広く水虫がありますね。
ご本人は水虫をはぎ取るつもりであったのでしょうが、はぎ取った皮膚の下の部分にも広く水虫菌が住んでいます、水虫菌をはぎ取ることなどできないのです。
皮膚をはぎ取ると、皮膚が欠損した部分には新しい皮膚が下から出てきますが、その際に菌も一緒に成長して盛り上がってきます。
新しい皮膚は水虫菌に取っては絶好のエサですので、菌も急速に繁殖するのです。
つまり、新しく隆起してきた皮膚層全体が水虫菌に汚染された層になります。
おわかりでしょうか、水虫をはがすつもりが、はぎ取った皮膚層全体が水虫の塊になるのです。
この部位を水虫道場処理液で処理すると、徐々に病巣が露出してきて、次の写真のように巨大な病巣が表面化します。

IMG_1077.JPG


ご覧のように、皮膚をはがした部分全体が巨大な分厚い水虫層の塊になっています。
水虫患部を手ではがすこと、いじることは厳禁です。
水虫患部が極端に悪化しますし、さらに運が悪ければ手の爪に水虫菌が入って爪水虫になり、手の爪水虫を介して全身に水虫が広がることになりかねません。

似たような例として、かかとの角質を軽石でこすり取る、ということも水虫患部を広げます。
軽石は皮膚よりも硬いので、正常な皮膚がこすり取られて傷つき、そこへ菌が入って患部が拡大する、ということになります。

水虫は、水虫薬を使って治すしか方法がありません。
このことを知識として持っておきましょう。


posted by 水虫博士 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

水虫の基礎知識 5、水虫薬は毎日塗る、広い範囲に塗る

水虫は、水虫薬をちょっと塗ったくらいでは治りません。
水虫薬は毎日塗ることが必要であり、それも広い範囲に水虫薬を塗ることが必要です。

1、水虫薬は毎日塗る
水虫薬に含まれている有効成分は、水や溶媒に溶けにくい性質を持っています。
そして、このために皮膚を透過しにくいのです。
皮膚の中に住み着いている水虫菌を殺すためには、ある程度の濃度の薬剤成分が皮膚の中にあることが必要であり、この薬剤濃度を維持するためには水虫薬を毎日塗り続けることが必要です。

水虫薬を毎日塗ることの必要性は、もう一つの理由からもあります。
水虫菌は、皮膚の角層という一番外側の薄い層に住んでおり、大人のカビと子供のカビ(タネ、胞子)が生活しています。
大人のカビは薬剤処理で殺すことができるのですが、タネ(胞子)は堅い殻で覆われていて頑丈であり、水虫薬では殺すことができません。
タネが残っていると、やがては発芽して大人の水虫菌になり、水虫症状が再発することになります。
それでは、どのようにしてタネに対抗すれば良いのでしょうか?
タネは水虫薬では死にませんが、タネが発芽して大人のカビになった瞬間を捉えて、水虫薬成分で殺すことができます。
皮膚下のタネはいつかは発芽するのですが、かといっていつ発芽するのかは全く不明です。
それで、水虫薬を毎日塗って皮膚内の薬剤濃度を維持し、タネが発芽してくるのを待ち構えて殺す、という方法しか残されていませんね。

水虫薬は、皮膚症状が消えたあとも、ずっと塗り続けることが必要です。
いや、皮膚症状が消えたあとこそが大切です。
治った、と思って油断すると、水虫再発が待っています。

2、水虫薬は広い範囲に塗る
水虫による皮膚症状は、もともとあまり激しくはありません。
そして、いつの間にか皮膚症状が見えなくなったりします。
ですから、どの皮膚範囲が水虫であるのか、眼で見てもわかりにくいのです。

「隠れ水虫」という言葉があります。
この言葉は、一見すると正常な皮膚の下に水虫がある、というもので、隠れ水虫は意外と多いのです。
このように、水虫の病巣がどこであるのか、眼で見ても正確にはわかりません。
それで、患部と思える部位にはできるだけ広く水虫薬を塗ることが必要なのです。
市販の水虫薬は少量しか入っていませんので、広く塗れ、といわれても迷いますよね。
まあ、自分で納得できる範囲で塗る、ということになります。

冬至も過ぎ、これからは陽射しも強くなってきます。
いよいよ水虫菌も活動を始めてきます。
生きものを相手にするのは大変です!


posted by 水虫博士 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする