2016年02月27日

水虫の基礎知識 9、市販水虫薬の買い方

薬局へ行くと、膨大な種類の薬が陳列棚に並べられています。
どこに何があるのやら、見当もつきません。
ようやく水虫薬のコーナーにたどり着いても、これまた多くの商品が並んでいて、何を選べば良いのか、迷います。

薬局には薬剤師がいます。
薬剤師は薬のスペシャリストであり、豊富な専門知識を持った方も多くいますので、先ず薬剤師に相談しましょう。
いつから、どのような症状が、どのように出たのか、そして今までどのような薬を使ったのか、などを要領よく話しましょう。
薬物アレルギーの経験がある人は、そのことを伝えましょう。
妊娠中あるいは妊娠している可能性のある人は、水虫治療を先延ばしする方が賢明です、胎児に影響しない薬物はないでしょうから。
あなたの症状を十分に確認した上で薬を選んでくれる、あなたのお気に入りの薬局を見つけておくと、心強いですね。

水虫薬は、1日1回使用の商品を選ぶのが良いです。
これらの商品は水虫に対する切れ味がよく、水虫処理に適しています。
1日2〜3回使用の商品は前の世代の水虫薬で価格が安いですが、水虫に対する効果がやや劣ります。
1日1回使用の水虫薬を選び、入浴後か就寝前に薬を塗ることを習慣づけるのが好ましいですね。

なお、皮膚科で使用されている水虫薬は、そのほとんどのものを薬局で販売しています。
皮膚科でしか入手できない水虫薬としては、「ルリコン(一般名ルリコナゾール)」と「クレナフィン(一般名エフィナコナゾール)」があります。
内服用水虫薬は、内蔵への負担が生じますので、皮膚科で肝機能検査を行いながら服用することになります。

水虫薬の詳細について知りたい方は、発掘!やくやく大辞典もご覧ください。



posted by 水虫博士 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

水虫の基礎知識 8、あなたは本当に水虫ですか!

足の裏に水泡ができている、あるいは、足指の間に皮膚のはがれがあり白く変色している、などの皮膚症状を見つけると、多くの人は「これは水虫だ」と思うことでしょう。
そして、薬局へ行って水虫薬を買ってきて自分で治療する方も多いと思われます。

しかしこのような場合、その皮膚症状が水虫ではない可能性も大きいのです。
最近の大規模な疫学調査で、「私は水虫です」といって皮膚科を受診する人の5.5%が、実際には水虫ではないことがわかっています。
水虫ではない人が、いくら水虫薬を塗っても、良くなるはずがありません。
それどころか、皮膚症状は悪くなる一方でしょう。

また、皮膚科専門医院を受診しても、水虫菌がいるかどうかの検査をせずに水虫だと診断してしまい、実は水虫ではなかったというケースが多いそうです。
これはとんでもない話で許されることではないのですが、私自身、このような誤診の例を何度か見たことがあります。
さらに、熟練した皮膚科専門医でも、見ただけでは水虫かどうか判断できないケースも多いといわれています。
つまり、皮膚症状を見ただけで水虫かどうかを見分けることは、皮膚科医でも難しいのです。

まして、一般の素人には水虫かどうか判断するだけの知識経験は皆無です。
水虫かな?と思ったときは、先ず皮膚科を受診して皮膚の患部に水虫菌がいるかどうかを確認してもらいましょう。
もしその皮膚科で水虫菌の検査をしてくれない場合には、別の皮膚科へ行きましょう。
水虫は、たまたま水虫菌と接触した人が感染するわけであり、「不潔だから」とか「おじさんだから」とかいう理由で水虫になるわけではありません。
水虫は水虫薬を使って治療しないと治らない皮膚病ですので、皮膚科では水虫患者は普通の患者の一人として普通に接してくれます。
水虫で皮膚科へ行くことを嫌がる人がいますが、それは完全な思い違いです。
恥ずかしがったりしないで、堂々と皮膚科を受診しましょう。

なお、自分で水虫薬を買ってきて治療する場合には、次のことに注意してください。
水虫薬の効果は、一週間程度ですぐに現れてきます。
水虫薬を塗っても一向に症状が良くならない場合や、逆にかゆみやただれがひどくなる場合には水虫以外の疾患である可能性があります。
その場合には薬の使用をやめて、すぐに皮膚科を受診されることをおすすめします。


posted by 水虫博士 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

水虫の基礎知識 7、水虫ってどんな虫?

「水虫」という言葉を知らない人はいないでしょうね。
水虫というのは一般的な俗称であり、正式には皮膚真菌症と呼ばれる皮膚病のことです。
「真菌」は、「動物」や「植物」と並び称される巨大な生物群の総称名であり、わかりやすい言葉としては「カビ」などに相当します。
つまり、皮膚にカビが住み着いている皮膚病が、水虫と呼ばれているものです。

水虫には「虫」という字が含まれていますが、実際に皮膚に虫が寄生しているわけではありません。
水虫という言葉の由来としては、次の説が知られています。
水虫菌も生き物ですので、春が近づき陽光が強くなるにつれて活発に活動するようになってきます。
そして水虫患部がかゆくなったりしてきます。
ちょうどその頃に人も農作業の支度に取りかかり、田んぼに水を張って稲作の準備に入ります。
そして水を張った田に入ると足がかゆくなる、ということで、田の中にいた虫が足に入ってかゆくなったのだ、と誤解し、「水虫」という語が使われるようになった、と言われています。

水虫の病原菌としては、日本では次の2種類の白癬菌が知られています。
トリコフィトン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィトン・メンタグロフィテス(趾間(しかん)菌)という名前が付いたカビです。
白癬菌は、皮膚や毛の構成成分であるケラチンという硬いたんぱく質の一種を栄養源(エサ)にしています。
ですから、皮膚や毛が白癬菌の住みかになっているわけです。
白癬菌が皮膚に住み着いて水虫になってしまうと、それが自然治癒することはありません。
水虫の治療は、水虫の原因となっている白癬菌を殺す薬剤(水虫薬)を使います。

水虫の患部では、大人のカビ(菌糸)と子供(タネ、胞子)が住んでいます。
菌糸は薬剤で殺すことができますが、タネ(胞子)はかたい殻でおおわれており、薬剤に対する抵抗力が強く、容易には死にません。
胞子が生き残ると、やがてそれが発芽して再度水虫の病巣を作ります。

残念なことに、今の水虫薬は菌糸を殺す能力しかないのです。
そして、タネ(胞子)に対しては全くの無効です。
ですから水虫の治療は、患部に水虫薬を塗り続けて、タネ(胞子)が発芽して菌糸になるまで辛抱強く待つしかないのです。
タネが菌糸になれば、ようやく殺すことができますね。
この目的のために、水虫薬は1ヶ月以上(数ヶ月以上)塗り続けないといけない、とされているのです。
水虫を治すためには、根気よく薬を塗り続けましょう!

水虫菌とはどんなものかを解説したアニメがありますので、興味のある方はご覧ください。
水虫菌アニメ
また、ご質問にもお答えしますので、コメント欄にお知らせ下さい。

posted by 水虫博士 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする