2016年03月29日

韓国の海水風呂が復活

韓国には海水を使った海水風呂があるそうです。
海水風呂は水虫にも効果があるとか、本当でしょうか!

記事全文:

25886_photo1.jpg

(画像をクリックすると拡大されます)


人々が海水浴で疾病を予防し健康を取り戻してきた。
海水には100種類を超えるミネラルが含有されていて体に良い為だ。
沿岸埠頭にある海水湯はこの原理を利用して
地下200mのきれいな海水を風呂の湯に使っている。
水質が澄んできれいなことでは、沿岸埠頭の海水湯についてくるものはない。
特に婦人病や成人病、肥満、水虫、湿疹、関節炎高血圧、痔、産後処理などに
効果的であり、皮膚美容にも良いことで知られている。
これらの風呂はそれなりに
ハーブ湯、人参湯、昆布湯、ヨモギ湯、松の葉湯、コーヒー湯、玉石サウナ、炭サウナなど特色のある施設を作っていて週末には首都圏の市民達がたくさん訪れる。

p31.jpg

(画像をクリックすると拡大されます)

韓国の海水風呂が復活

海水中のミネラルなどは、すべてイオンとして溶けています。
人の皮膚は、通常はイオンを通しませんので、海水風呂に入ったとしてもミネラルが体の中に取込まれることはありません。
ところが水虫になっている患部では、皮膚が菌に侵蝕されていて皮膚のバリアが失われており、このためにイオンであるミネラル類が皮膚の中へと入ります。
つまり、菌が生息している皮膚の中へミネラルが入るのです。
まあ、ミネラルが菌を殺せるかどうかは微妙なところだと思いますが、水虫の皮膚症状が少し改善んされる、という程度のことはあっても不思議ではないでしょう。
興味のある方は、海水で試してみて下さい(笑)。

ところで、「水虫を塩で洗って良くなったことがある」,という記事を書いている人もいます。
真偽のほどは不明ですが、似たような記事はたまに見かけます。
興味のある方は、原文をご覧ください。


posted by 水虫博士 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫面白話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

猫の真菌症

水虫は、人も動物(獣)も共通に感染する人獣共通感染症です。
獣に由来する真菌(カビ)としては、イヌ小胞子菌(ミクロスポルム・カニス)が有名です。
イヌ小胞子菌は、人にも感染します。
野良猫を拾ってきたら、それが水虫に感染していて、顔や手に水虫がうつった、という話はときどき見かけますね。
なお、イヌ小胞子菌による水虫は、小さな輪状の発赤が多数できるのが特徴です。

飼い猫の水虫を治療した、という記事がありましたので、ご紹介します。
写真と動画(シャンプーする様子)が収載されていて、とてもレベルが高い内容です。

愛猫「レオ」の左耳付近が少しはげてきたので、病院で診てもらったところ、真菌症だと診断されました。
それで、ケトパミン軟膏(ビフォナゾール製剤)とAP水(中性電解水)スプレーで治療しました。
すると、すぐに患部が広がって来ました。

img_1.jpg

(写真をクリックすると拡大されます)


すぐに飲み薬に変更したのですが、効果がなくて猫が痒がるので、またまた方針変更で「抗菌剤入りシャンプー」で処理することになりました。
シャンプーする前に、バリカンで毛を刈りました。

img_3_m.jpg

(写真をクリックすると拡大されます)


シャンプーの様子を記録した動画がありますので、興味のある方は原文を見て下さい。
私もこの動画をみましたが、飼い主がいかにレオを大切にしているかがよくわかり、感心しました。
例えば、ご主人が水虫であったとしても、こんなに献身的に治してあげることはないんじゃないか、と感じましたね。

このシャンプー5回で、きれいな毛並みに戻りました。
ただし、猫の場合には毛の毛根に菌が入っていますので、水虫菌を根絶させるのは難しいように思います。
作者もこのことは理解していますので、再発すればまたシャンプーするでしょう。
猫の真菌症

作者は、猫の水虫を治すために臨機応変な処置を行いました。
人の水虫の場合でも、このように「治すぞ」という熱意を持って治療することが大切です。
読者諸賢も、この姿勢を参考にして下さい。


posted by 水虫博士 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

水虫の基礎講座

水虫は身近にある皮膚感染症です。
家族の誰かが水虫だ、という方も多いでしょう。
ところが、水虫に関する基礎的な知識はなかなか手に入りません。
ネットではいろいろな情報があふれていますが、何が正確なのか、判別がつきませんね。

この「水虫の基礎講座」では、水虫の基礎知識・11編をご紹介しています。
水虫について正確な知識を学んでいただき、水虫に適した対応をしましょう。

水虫の基礎知識
 1、水虫の部位と名称
 2、水虫菌の種類
 3、水虫薬の剤型と特徴
 4、三日坊主では治りません
 5、水虫薬は毎日塗る、広い範囲に塗る
 6、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは厳禁です
 7、水虫ってどんな虫?
 8、あなたは本当に水虫ですか!
 9、市販水虫薬の買い方
10、履き物、靴下について
11、室内の清潔・清掃

この講座が読者諸賢のお役に立てば幸いです。
また、水虫に関するご質問などもコメント欄にお知らせ下さい。
わかる範囲でお答えします。
posted by 水虫博士 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

水虫の基礎知識 11、室内の清潔、清掃

日本では、水虫の家族内感染が非常に多いことが判明しています。
水虫に関する大規模な疫学調査で、「同居家族に水虫の人がいる」という要因がある場合には22.3倍という高確率で水虫患者が存在する、ということがわかっています。
このことは、家族からの水虫感染が高い確率で起きていることを示します。
日本では畳の上で素足になって生活するという生活習慣があることや、かつ気候も高温多湿であることから、同居家族からの水虫感染の機会が多いものと考えられます。
水虫の実態調査

水虫菌は、水虫患者の皮膚からはがれた細かな皮膚破片の中に含まれています。
この破片が家族の足に付着し、湿度の高い靴の中などで家族の皮膚の中へと入っていくのです。
このような家族内感染が起こらないように、次のことに留意しましょう。
  床、カーペット、たたみをよく掃除しましょう。
  風呂場の足拭きマットは手まめに交換し、洗濯しましょう。
  履き物の共用は水虫感染に直結しますので、履き物は個人持ちにしましょう。

上記の注意事項は、裏返していえばどこで水虫の感染するのか、ということを明示しています。
まず第一に、履物(靴、スリッパ)の共有は厳禁です。
水虫患者の履物には、水虫菌がむき出しになって付着していますので、それをはけば間違いなく水虫に感染します。
共用している風呂などの足ふきマットにも、水虫菌が付着しています。
室内のたたみの上にも水虫患者の皮膚の破片が落ちていますので、それらが足に付着すると水虫に感染することになります。
室内の清掃は、水虫感染防止に役立ちます。
きれい好きな主婦がいる家庭では、水虫の家族間感染が起きません!

水虫にかかっている人は、大切な家族に水虫をうつさないようにする義務があります。
家庭内では素足で歩かないこと、などの家族への配慮が必要です。
そして、水虫薬を使って水虫を治す努力をすることが、なによりも大切です。

posted by 水虫博士 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

水虫の基礎知識 10、履き物、靴下について

水虫のセルフケアの第一は、足を乾燥させることです。
普段から、足を良く洗って清潔にし、乾燥させることが必須です。
そして足を乾燥させるために、できるだけ通気性の良い素材やデザインの履き物・靴下を選びましょう。

履き物は、足にぴったり合ったものがムレが少ないといわれています。
靴ひものついたものでは、あまりきつく締めないようにしましょう。
粗い素材でできた中敷を履き物の底に敷いて手まめに交換するのも良いでしょう。
通気性の点から選ぶなら、足先のあいたサンダルが理想的です。

毎日長時間靴やブーツをはく人は、休憩時間などを利用して靴を脱いで足を乾燥させましょう。
できれば数足の靴を毎日履き替えると、靴の乾燥もできます。
ブーツは若い女性に好まれていますが、足が高温多湿になりますので水虫になりやすくなります。
ブーツをはく人は、足の清潔乾燥に留意しましょう。

靴下(ソックス)は、5本指のものが水虫症状を軽減するといわれています。
5本指靴下は、靴下の指部分が足指の密着を妨げて指の間の湿気・温度を発散させますので、水虫の皮膚症状が大きく改善されるのです。
5本指靴下を使うと皮膚症状が改善される、というブログ記事も多く見られますので、水虫の方は一度試してみる価値がありそうです。
素材も綿などの天然素材が良いですね。

水虫はカビ(白癬菌)による皮膚感染症ですので、履き物や靴下の選択だけでは水虫症状を軽減することはできても水虫を治すことはできません。
水虫を治すためには、水虫薬を使ってカビを消滅させることが不可欠です。
大切な家族に水虫をうつさないためにも、水虫薬を使って完治させる努力が必要ですね。

なお、水虫の人の靴下を洗濯する際には、他の家族の靴下,衣類と一緒に洗っても全く問題はありません。
水虫菌は水に弱く、洗濯後の衣類に水虫菌が付着して水虫が感染する、ということはないのです。
同様に、風呂の浴槽内でも水虫菌は感染力を失いますので、浴槽内で水虫がうつることはありません。
ただし、風呂場に敷かれている足拭きマットは水虫患者の足がそのまま触れますので、マットに菌が付着していて危険な水虫感染源ですので、マットの上は歩かないようにしましょう。
履き物(靴、スリッパなど)の共用も極めて危険な水虫感染源になりますので、履き物共用は厳禁です。

posted by 水虫博士 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする