2018年04月08日

爪水虫を治療中!

爪水虫を治療中の方が、その経過を記事にしています。
爪は治りそうでしょうか!?

記事全文
「皮膚科に行って薬を貰ってもう4ヶ月になる。

img_0_m.jpg

処理前


img_1_m.jpg

4ヶ月後

爪水虫は爪の伸びが極端に遅いらしく何年も変化がなかったが4ヶ月で変化が表れている。
爪に黒く見えるものが大分爪の先まで来ている、
これは相当に早い!
爪水虫のその後

処理を始める前には爪根元部にあった黒い部分が、4ヶ月後には爪先へと移動しています。
確かにこの爪の伸びは相当に速い!と言えるのですが、爪水虫を治す初期の頃はこのように爪が異常に速く伸びます。
そして、爪の伸びは速いのですが、爪の根元部分を見るとまだ健康なピンク色の爪にはなっていません。
つまり爪全体にまだ菌が生きている状態です。
そして、爪根元部分の皮膚の下にはまだ菌が生きているのです。

残念ながら、この爪は治らないですね。
なお、この人が使っている水虫薬が経口剤なのか、あるいは塗り薬なのかも記載されていません。
いずれにしても、この薬剤は菌(カビ)を殺す効力が弱いですね。


posted by 水虫博士 at 14:13| Comment(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする