2018年10月21日

蚊は水虫が好き!

今年は気温が高く、私も蚊に刺されることは例年以上に少なかったですね。
(蚊は高温に弱くて、活動しなくなるそうです)
それで、その数少ない例は私も良く覚えています。
実は、私自身には重度の体部水虫があり、身体中に水虫患部が散在しています。
そして、蚊に刺された部位が水虫になる!という不思議な現象に気がつきました。

その実例を一つ、写真でご紹介します。
晩御飯を食べていた時に、右ひざ頭にヤブ蚊が止まっていることに気がついて、蚊を叩き潰しました。その刺されたあとに、写真のように赤い隆起物が出てきました。

SY13-850.jpg


蚊に刺されただけでは、無色の腫れが残るだけで、しかもその腫れはすぐに消えてしまします。
この赤い隆起物は水虫薬(アルテン液)を塗ることで10日ほどかけてようやく消えました。
もちろん、蚊に刺されただけでそこが急に水虫になることはなく、蚊は水虫の部位(隠れ水虫、人の目では見えない)を選んで刺したのです。

皆さんはお気づきでしょうか。
蚊が皮膚に止まって刺そうとする時には、周辺を移動しながら刺す場所を探しています。
この行動は、「蚊は刺しやすい場所を探している」のだと理解されますね、
水虫の部位では、菌が皮膚の細胞骨格を形成しているケラチンを分解していますので、表皮細胞の骨格が壊れており、皮膚のバリアが崩れています。
つまり、水虫の患部では皮膚の強度が落ちているのです。
蚊は、皮膚の弱い部分を探して、そこを刺した、ということですね。

この際に、蚊は眼で見て皮膚の微小な損傷を見つけているのだろう、と私は思っていました。
ところが、別の解釈も成り立つようです。
水虫の部位では皮膚のバリアが崩れていますので、その微小な空隙から患部内の臭い、例えば寄生している白癬菌などの生活臭も漏れているはずです。
蚊はその臭いを探したのかも知れません。
参考記事を挙げておきます。
臭い足は蚊に刺されやすい



水虫を治しましょう
ネットショップ・アルテンでは、水虫によく効く「アルテン液」を販売しています。
爪水虫にもよく効きますので、一度お試しください。
アルテン
posted by 水虫博士 at 11:30| Comment(0) |   体部・手の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

水虫特効薬

水虫専科では、皮膚や爪の水虫を効果的に治す水虫特効薬として「アルテン液」を開発しました。

水虫の患部では水虫菌の親(カビ)と子供(タネ、胞子)が生活しています。
ところが今の市販の水虫薬は、親(カビ)を殺すだけで水虫菌のタネを殺す効果を持っておらず、このために親(カビ)を殺しても残ったタネが発芽して再度水虫の病巣を作る、という悪循環を繰り返すだけであり、水虫を完治させることは難しいのが実情です。
アルテン液は、親(カビ)を殺す作用と、水虫菌のタネを消滅させる効果とを併せ持っており、水虫を簡単に治すことができる、唯一無二の水虫特効薬です。

アルテン液は、ネットショップ・アルテンで販売しています。
商品は、40ml入り(送料込み価格2600円)、100ml入り(送料込み価格4100円)、250ml入り(送料込み価格8600円)の3種類があり、スプレーボトル(50ml容器)を使用します。

只今、100ml入りと250ml入りのアルテン液をご購入の方には、商品を倍量(2本)サービス中です!

IMG_4106.JPG

アルテン液


アルテン液の使い方
アルテン液は、1日2回、水虫患部に対して十分な量を噴霧し、乾燥します。アルテン液の成分は水溶性ですので、入浴後に処理します。皮膚の水虫では、皮膚症状のある部分が徐々に小さくなり、やがて消失して健康な皮膚を回復します。
爪水虫の患部では、爪根元から新しい爪が伸びてきて、侵蝕された爪患部が爪先へと排出されていきます。そして、爪患部を爪先で切取れば爪水虫完治です。爪の伸びはもともと遅いので、この間は処理をしながら待つしかありません。爪全体が生え変わるためには、手の爪で3ヶ月、足の爪で1年前後かかります。

アルテン液は水虫にとても良く効きますので、一度お試しください。
只今、100ml入りと250ml入りのアルテン液をご購入の方には、商品を倍量(2本)サービス中です!

爪水虫の症例(1)、 (2)
小水疱型水虫の治し方

アルテン
posted by 水虫博士 at 16:01| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

口腔カンジダ症

水虫(皮膚真菌症)の原因菌の一つとして、カンジダ菌があります。
カンジダ菌は、白癬菌とは異なって、湿気のある部位にも発症します。
例えば、口腔(口の中)、膣、食道にもカンジダ症ができるのです。
今回は、「口腔カンジダ症」をご紹介します。

記事抜粋
口腔(こうくう)カンジダ症とは、口腔内に常在するカンジダ菌という真菌によって、主として斑点(はんてん)状の白い苔(こけ)のようなものが生じる疾患です。
カンジダ菌は酵母菌(イースト)の一種で、元来、人間の口腔粘膜や腸管の中に住んでいます。これが誘因があってたまたま増殖すると、口腔カンジダ症や皮膚カンジダ症になるのですが、このカンジダ菌は水虫などを起こす白癬菌とは異なって、体の内部に侵入する力があります。そのため、免疫機能の低下がある時には、全身に増殖して、重篤な疾患になることがあります。
口腔カンジダ症が味覚異常の原因になっていることもありますので、口の中を清潔に保ち、消毒力のあるうがい薬を使ってみます。それで舌などの口腔内の違和感が治らない場合、また全身状態が悪い場合には、食道や肺に広がることがあるので、口腔外科や内科などで治療を受けます。
治療においては、抗真菌剤の外用が主体で、殺菌性消毒剤による口すすぎも有効です。外用剤では、イミダゾール系のものが抗菌域が広く、カンジダ菌に対しても有効性が高く、第一選択薬といえます。
病気 口腔カンジダ症

ネットで口腔カンジダ症の画像を探してみました。
口腔カンジダ症では、舌に白い苔状の膜ができる場合と、舌がヒリヒリする場合とがあるそうです。
舌に白い膜ができた画像を示します。

2sitamizo.png


舌が白くなったり、ヒリヒリする場合には、皮膚科、口腔外科で診断を受けましょう。
素人の手に負える病気ではありません。



水虫を治しましょう
ネットショップ・アル店では、水虫によく効く「アルテン液」を販売しています。
爪水虫にも良く効きますので、一度お試しください。
アルテン

posted by 水虫博士 at 16:31| Comment(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする