2008年08月11日

鳥の水虫

ペットの小鳥の水虫が紹介されています。
水虫専科でも、鳥の水虫というのは初めてだと思います。

「一方、気になるはるぼー@コガネの水虫は・・・
 今年は今までと反対の足、足環のない左足がやられてます。
 (原文には、鮮明な写真が載っています)
 一番手前の親指(?)の、爪の付け根と指の股のとこ、ちょっと白くなって皮が浮いてるのがわかるかな?
 他に、中指(?)の付け根も太く白っぽくなりつつあります。
 いままでと反対の脚がこうなっちゃうのって、なんか嫌〜な感じ。
 負けじと今日もたっぷりお薬塗り込めときました。」
抜けた!http://blogs.yahoo.co.jp/harubounoheya/14374606.html

この記事の作者は、ペットの小鳥の足に水虫ができていることを知っており、水虫薬で治療中です。
小鳥の飼育に関しては、この方は相当なプロですね。

水虫が治りにくいのは、人でも鳥でも同じです。
というよりは、鳥の場合には皮膚が分厚そうですので、これが水虫になればまず治らないのではないか、と思ってしまいます。
人間でいえば、重度の角質増殖型水虫になるわけですから、これは大変ですね。
原文の写真も一度ご覧ください。
posted by 水虫博士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック