2008年09月04日

爪水虫だった

長年巻き爪で苦しんでいるAさん、テレビの水虫番組を見て心配になり、皮膚科へ行きました。

「今日皮膚科に行ってきました。
 左足の親指の爪が、10年以上巻き爪になっていて、
 痛いし、爪切りに苦労するし、悩んでいたのだ。
 先日テレビで、水虫の話題が放映されて、
 ボクの爪もそうかも・・・と思い、病院に行ったのだ。
 (医者) しっかり水虫ですね。
 薬の説明
 1、高いのと安いの
 2、治療機関、高いのは3ヶ月、安いのは6ヶ月
 3、他の薬との組み合わせ、高いのは制限が多い、安いのは少ない
 4、月に一回血液検査をする
 5、男性は高いほうを、女性はやすいほうを選ぶ(男性は6ヶ月続かない)
 6、2週間に1回通院
 などの説明を受け、安いほうで即決。。。。
 今日から錠剤を飲み、液薬をつけます。
 効果のほどは1カ月毎くらいに。。。。。。」
爪水虫だったhttp://blogs.yahoo.co.jp/mamorukun4989/16029803.html

爪水虫治療のための内服用抗真菌剤は高価であると書かれることが多いのですが、ジェネリック医薬品を使うとかなり安くなります。
ジェネリック医薬品とは、期間満了で特許権が消滅した医薬品を後発のメーカーが製造した医薬品のことで、開発経費が安いために薬価も低く設定されており、医療費が安くなります。
医者に対してジェネリック医薬品を使いますと希望すれば、ジェネリック医薬品が処方されます。
錠剤に含まれる抗真菌剤はまったく同一で効き目もほぼ同じですので、安く治療したい方はジェネリック医薬品を使いましょう。
posted by 水虫博士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105992048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック