2008年09月16日

異汗性湿疹(汗疱)

水虫と良く似た皮膚症状を示す皮膚炎として、異汗性湿疹(汗疱)があります。

「左手・指の異変ついに判明・・・
 『 異汗性湿疹 』 と言うらしく、異常に汗をかくとなるそうな 手のひらにまでプツプツが出てきて
 ヤバイ顔に移ったら大変だ 、と思い皮膚科へ GOー 
 顔とか他には移らんそうだ・・・
 おかん 『 どうしてなるんですかね… 』
 先生  『 あまり深く考えないの 』 ニャリッ
 なんでも知りたがりのおかんは内心モヤッとしたまま・・・
 帰って来てからネットで調べた 
 ■汗疱(かんぽう)とは
 ・中医学での呼び名を日本語に訳すと「蟻の巣、蟻の塚」
 つまり、皮膚の奥から盛り上がり、赤みはなく皮膚色かやや白い。
 その中に針先ほどの小さな眼があり、まるで蟻の巣のよう。
 ・春の終わりから夏に発症して暑くなるとさらに悪化し、冬になると自然と治る
 ・主に手のひら、手指側面、または指先に多くできる
 ・足の裏にできることもある
 ・水虫菌(白癬菌)はみられない
 ・半球状の湿疹を掻き壊すと少量の水が出る
 ・破れた後は皮がむけ乾くが露出部分は赤く、上皮がうすく疼痛感、灼熱感がある
 ■汗疱(かんぽう)の対策
 ・症状があわられはじめたら、できるだけ水仕事をひかえる
 ・むやみに掻き壊して無理やり皮をむかないこと
 ・胃腸を健康な状態に保つことも大切、自分の胃腸の消化力にあった食べ方がどの程度であるか再認識しておきましょう。
 ・よく噛んで食べる
 ・辛いもの、脂っこいものの食べすぎ、お酒の飲みすぎに注意
 ・ストレスも回復を妨げることがあるので、気分転換を心がけ、穏やかに過ごせるように工夫しよう。
 と 言うことです。。。
 みなさん気をつけましょう 
 でもさ…ならないようにするには、どしたらいいんだ 
 原因が分かるとホッとするけど
 サッサと行ってれば良かったかな、と 思うけど・・・・・ 
 やっぱ病院はキライだ」
「異汗性湿疹」http://blog.goo.ne.jp/fura-minto-girl-okan/e/25ab6049519534e291f2ec571cf41093

異汗性湿疹(汗疱)は、その病因がはっきりしておらず、これといった対処方法もないようです。
ですから汗疱への対策としては、無理をしない健康的な生活を心がけるという程度のことしかできません。
できるだけ気にしないで、ストレスをためないことでしょうか。

汗疱の皮膚症状は水虫と似ていますので、場合によっては水虫だと誤解して水虫薬を塗ることがあるかも知れません。
水泡に水虫薬を塗ってみて、水泡に変化がないようであればその水泡は水虫でない可能性が高いです。
そのような場合には、皮膚科を受診した方が良いでしょう。
水泡が水虫であれば、水虫薬を塗れば数日のうちに水泡に変化が現われます。
posted by 水虫博士 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106641450
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック