2008年10月02日

デイサービスと水虫

重要な介護の場であるデイサービスでは、多数の人が交流しますので水虫感染の機会が増えます。

「カラフルなソックスが並んでいますが、靴下屋さんではありません。
 母が春から夏にかけて、はいている5本指ソックスです。
 2年前の春頃に、足の指の間に水虫が出来ていました。
 今まで、水虫など出来たことがなかったので、どうして水虫になったのかなあ?と、
 考えていると、デイサービスで、1日中靴を履いていたので、通気性が悪く、水虫になったのかもしれません。
 水虫はなかなか治らないと、よく聞きますが、この5本指ソックスをはいてから、いつの間にか治りました。
 外反母趾もあったので、指先1本ずつに分かれていると、痛みも、和らいでいたようです。
 足指1本ずつに力が入っているので、歩行も楽で、歩きやすかったようです。」
おしゃれは足元から・・・・http://blog.goo.ne.jp/alice1102alice/e/18a61439728afb7e9834d8e24a55506f

5本指靴下は、水虫の人にはとても良いといわれています。
この靴下をはくと、指の間の湿気や熱が拡散されて足が高温多湿になることを防ぎます。
このケースでも、水虫の皮膚症状が改善されて、消えてしまったということですね。

水虫は、白癬菌というカビが皮膚に寄生して起きる皮膚病です。
そして、水虫薬(抗真菌剤)を使わない限りは水虫は治りません。
このケースでは水虫の皮膚症状がなくなったそうですが、実はそれで水虫が治ったわけではありません。
これは皮膚表面の症状が消えただけであって、水虫菌は皮膚の奥深くで生きているのです。
これは、いわゆる隠れ水虫になったわけですね。

水虫の皮膚症状が消えて、ご本人が水虫が治ったと喜ぶのであれば、それはそれで万事うまくおさまっているわけです。
横から私が文句を言うようなことでもありません。
ただ、それでは水虫の思うつぼにはまってしまって、水虫の完全勝利になります。
水虫とはとても頑強なものだと知っておかないと、水虫には勝てません。
posted by 水虫博士 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠、病気、介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック