2008年10月06日

汗庖という病

汗庖という皮膚炎はその病因もわからず、なかなか厄介なものです。

「実は8月中旬から突然のごとく発症してしまった病について書こうと思いこの書庫を作成してみました・・・。
 他にも以前からの持病を持つ私ですが、今度はかなり厄介な皮膚病!?(汗)
 暑いさかりの真っ只中の今年の8月。 それは突如としていきなり現れたのです
 「(・ ・)え? なんだこの手の平の・・・水泡(10粒くらい)??」って
 数日後、今度は・・・ここにも((>д<))
 「ΣΣ( ̄◇ ̄:)げ〜〜〜! 足の裏にも同じものが出てるぅ〜〜(泣)」
 とっさに思ったことが「水虫」か???これってば〜〜煤i ̄□ ̄ノ)ノ
 ・・・ってことで皮膚科へGO!!! になったわけで
 診察の結果・・・「汗庖」ですなww  ←なんだこの病は???
 ちなみに医師は「これは原因が不明な湿疹だから、これ塗っといて、ステロイド」と・・・。
 ステロイド・・・。お子がアトピー持ちだから怖い薬なのはよ〜〜く知っている
 んで処方されたステロイドのランクは・・・ベリーじゃんかぁ( ̄▼ ̄|||)
 こんなのを普通に塗ったらえらいことになる ←でも扱い方の説明ナシだったし( ̄ ^  ̄)
 この病・・・とにかく「かゆい・痛い・・・繰り返す水泡」とかなり精神的にもよくない
 そして特徴的でもある「手の平、指の側面」「足の裏のつちふまず・側面」しか出ない
 だからとってもかゆくなると・・・・厄介で泣きがはいるほど辛いヾ(〃>_<;〃)ノ イヤイヤ
 水泡が潰れたり、放置してると皮膚が固まって、ガサガサ状態になり痛くなる(最悪)
 んで、それで終わりなのかと思えば・・・またすぐかゆくなったと思えば水泡が(→o←)
 医師は「とにかく手は使わない。水にもこくりょく触れないようにして・・・」とだけ≡3
  o( ̄ ^  ̄ o) プィッ! 無理に決まってんじゃんか!! 
 内服薬の処方もなく外薬のみなので、一行に治る気配もなく・・・日々不快
 これじゃひどくなる一方かもって思って・・・検索、検索(・_・”)
 w( ̄△ ̄:)wおおっ! 似たような症状であの有名な奈美○子がねぇ〜〜(病名違うけど) 
 「汗庖」(いわゆる皮膚疾患)には・・・「ビオチン(ビタミンH)」が必要不可欠
 ってことで病院だけに頼らず自分でできることもって感じでドラッグストアでコレ購入↓
 ビオチンを服用する(補う)ことで良くなる人も多いと知ったので服用を開始したよ
 一昨日からだから、ちょっとどんな形になるのか様子みることに^^;
 「汗庖」の関連サイトはここから↓
  http://kanpou.nomaki.jp/
汗庖という病http://blogs.yahoo.co.jp/minmei_mm_k06/25302307.html

私は難しいことには挑戦してみたくなるのですが、汗庖に関してはまるで雲をつかむようで、何の手がかりも見つけられないですね。
また、私自身が汗庖にはなっていませんので、全く知識が得られません。
残念ながら、ギブアップです(笑)。

汗庖について知識をお持ちの方は、情報をお教えください。
posted by 水虫博士 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック