2009年02月27日

水虫の基礎知識 5、毎日欠かさずに薬を塗る

皮膚科へ行くと、水虫薬は毎日欠かさずに塗りましょう、といわれます。
この指示には、それなりの理由があります。

成熟した大人の水虫菌は、水虫薬を塗ることによって簡単に死滅してしまいます。
しかし、水虫菌のタネ(胞子)は薬剤耐性を持っており、現在使われている水虫薬はこのタネに対して全く効果がありません。
私たちにできることは、毎日欠かさずに水虫薬を塗って皮膚内の薬剤濃度を維持し、やがてタネから発芽してくるであろう水虫菌を待ち構えていて殺す、という方法しかないのです。
もし何日間も水虫薬を塗らないで放置していると、タネから発芽した水虫菌が成熟して、再度タネを再生産してしまう余裕を与えることになります。
これでは水虫を治すことができませんね。
水虫薬は、毎日欠かさずに塗ることが大切です。

もう一つの理由としては、現在皮膚科で使われている水虫薬は皮膚への浸透性がとても悪いのです。
ですから、毎日水虫薬を塗って、皮膚内の薬剤濃度を高める努力がいるのです。

水虫菌はカビですので、自分で動く(移動する)ことができません。
ですから、もし皮膚の新陳代謝が進行して古い皮膚が垢としてはがれてしまえば、水虫菌も一緒にはがれてしまいます。
このことは、水虫菌にとっては死を意味しますね。
このため、水虫菌は皮膚の新陳代謝を抑制する能力を身につけています。
つまり、水虫患部では新陳代謝が起こらず、水虫菌によってボロボロに食い荒らされた皮膚の残骸が何層にも積み重なっているのです。
水虫薬を塗ることによって水虫菌を消滅させると、やがてその部分の皮膚が新陳代謝能力を回復して、ボロボロに食い荒らされた皮膚が垢としてはがれてきます。
この現象が起きると、その部分の水虫が治ったことになります。
水虫を治す、ということは大変な作業であり、根気よく何ヶ月間も水虫薬を塗り続ける努力が必要です。

最近の水虫薬は、1日1回の塗布で有効であるとされています。
入浴後あるいは就寝前に薬の塗布を行うことを習慣付けておくと、薬の塗り忘れも防げます。
入浴後には皮膚がふやけて柔らかくなっており、薬がしみこみやすくなっていますので薬剤効果も高くなり、おすすめです。

薬は毎日欠かさずに!
これが水虫治療の鉄則です。
posted by 水虫博士 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114883468
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック