2009年03月18日

これって水虫?

子育て中には、いろいろな出来事が起きるようです。
赤ちゃんのかわいい足裏の皮膚がむけてきて、水虫・・・!と心配したという記事が紹介されています。

みずむしー!
なごむさん(赤ちゃんの名前)の足の皮がべろんべろん剥けてきまして、
ぎゃーー水虫!?

          c917b2a9cbe4f55050f1e8ca64cbfa7f.jpg

きちゃない画像ですいわせん。。。
どう見たって水虫ですこれ。
でもウチに水虫持ちいないけど・・・
とりあえず、皮膚科へ行ってきました
年末のせいなのか、人気なのか、激混みでした。
さんざん待たされた挙句
「ヒロノリさーん」とか呼ばれ。。。
それダンナ。
まぁ訴状(←?)に「水虫」って書いたから、
保険証から判断したとしたら赤子だとは思わんわなー。
で。
先生にピンセットで皮はがされ、診てもらったところ
「汗疱(かんぽう)」
だそうで、水虫ではありませんでした。よかったー
要するにあせも?
とにかく、ほったらかしても大丈夫なヤツだそうです。
http://blog.goo.ne.jp/commonx_x/e/f57289e026f6964468f2f1e667acacb3

写真で見ると、足裏の皮膚がかなりはがれた状態になっています。
水虫を見慣れていない人がこれを見れば、水虫だーと思うのでしょうね。
でも、水虫は皮膚の奥深くでじっとひそんでいるカビですので、足裏の皮膚がこのように激しく損傷することにはならないでしょう。
水虫とは、皮膚に何の症状も表わさない、いわゆる隠れ水虫が圧倒的に多いのです。

皮膚科の診断では、「汗庖」だということで、一件落着です。
今回の写真は、読者のご参考になるでしょう。
posted by 水虫博士 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック