2009年04月23日

幼児の水虫

水虫は、老若男女を問わず、誰でも感染します。
幼児の水虫もありますよ。

病院をハシゴ…
「海太郎の足に、なにやら丸い皮のめくれが………
まさか………
まさか…………
先生「水虫です」(アッサリ)
ひぇ〜〜〜〜〜!
まだ四歳なんですケド!!
感染源は、間違いなく奴です(−_−メ)
ラミシールを処方してもらい、帰宅。
(略)」
http://blogs.yahoo.co.jp/handicrafterika23/25992600.html

日本では、畳の上で素足で過ごすという習慣がありますので、家庭内での水虫感染が多いとされています。
この4歳児も、家庭内で水虫に感染した可能性が高いようです。
幼児の水虫は治り良いとされていますので、親の責任で水虫を治してあげましょう。
とりあえずは、皮膚科医の意見を聞きながら水虫治療に励みましょう。

水虫の感染源としては「奴(夫?)」が疑われていますね(笑)。
このように水虫持ちだと何かにつけて嫌われますので、水虫のある方は治すための努力をするべきですね。
大切な家族に水虫をうつすと大変ですし、うつされた方もつらい思いを強いられます。
水虫持ちの方は、今からでも水虫の治療を始めましょう!
posted by 水虫博士 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) |   家族の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック