2009年06月25日

いんきんたむし

水虫は、身体の部位によってその呼び方がいろいろあります。
陰部〜太ももにできるのが、「いんきんたむし」だということです。

ひえーーーーーーーー!いんきんたむしだって・・・
「太腿に10円大サイズのじんましんが3つできました。
年に1度、恒例行事のように足や手に発症して、1ヶ月で完治するのがいつものパターンだったのに、何故か今回は、やや症状が違う
じんましん用の外用薬の効果なし・・・・ヤバイ   
3個から4個に増えて、更に8cmほどに拡大
整形外科に行ったついでに診てもらったら、
院長が大きな声で 「あー、いんきんたむしだわね。」
やだあーーー、さりげなく、そんな病名言わないでくださいよ(  ゚ ▽ ゚ ;)
えっ !! でも・・・何? いんきんたむし?男性専門の病気じゃないの?
何でいんきんたむしって脚にできるの?
まあ、突然、いんきんたむしとのご宣託に、パニックです((((((ノ゚听)ノ
そんな私のうろたえぶりを見ながら、
陰部に出来たら、いんきんたむし、足できたら、水虫、顔や手足にできたらたむし。
犯人は白癬菌!と中年の看護婦が説明を・・・
真菌用の軟膏(マイコスポール)を使えば、10日くらいで治ると処方してもらいました。
確かに、4,5日したら回りの赤みも減ってきていい感じです。
真菌がなくなると、皮膚の赤みが取れるそうです。
白癬菌なら 初めからそう言ってくれれば良かったのに・・
最近は、ストッキングで内股にたむしができる女性や足の水虫の女性が多くなっているそうです。
皮膚疾患は、特に痛みがないので、ついつい医者に行くのが面倒になりますが、素人判断は禁物と実感しました」
http://ameblo.jp/moyai129/entry-10285219803.html

どの部位にできた水虫でも共通して言えることですが、水虫になったばかりのものは水虫薬を塗るとすぐに消滅します。
ところが、その水虫が何年も経過して来るとなかなか治らなくなります。
太ももにできた水虫でもこのことが当てはまりますので、発症したばかりの水虫であればすぐに治るわけです。

陰部〜太ももの水虫では、これらの部位では体毛がはえていますので、水虫菌が毛穴の毛根へ入っているかどうかで治り方(治し方)が大きく異なってきます。
水虫菌がいったん毛根へ入ってしまうと、その水虫はとても治りにくくなります。
毛根は皮膚の深いところへと達しているために、皮膚の上から水虫薬を塗っても薬剤成分がなかなか深部へは届かないのです。

南米発のトリコフィトン・トンズランスという白癬菌が話題になっていますが、この水虫は頭髪の毛根に入りやすく、そうなるととても治りにくくなってしまいますので内服薬(内服用抗真菌剤)を使うことになります。
陰部〜太ももの水虫でも、それが毛根に入ってしまうとこれは治りにくいですね。
体部の水虫では、体毛の毛根に水虫菌が入っているかどうかが大きなポイントになります。
posted by 水虫博士 at 11:08| Comment(1) | TrackBack(0) |   体部・手の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頑癬は男性によく発病しますが、
最近はスキニージーンズを着る女性が増えたため、女性にもよく発病しているそうです。
スキニージーンズような通風が効かない服を着ると、デリケートゾーンが常にむれてしまうため、頑癬菌の活動を助けます。
Posted by ヒズクリーン at 2013年01月29日 16:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122190555
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック