2009年08月19日

顔に水虫?

水虫は、身体中どこにでもできます。
顔は手でしょっちゅう触れますので、当然顔にも水虫はできます。
「床屋疹」というのは、毛ぞりをするカミソリを介してうつるひげ部分の水虫のことです。

顔に水虫?事件
「(略)ところで、悠1歳になった先月は、数えてみたら15回も
病院に通っていました。一番は、耳鼻科が多かったですね。
(略)さてさて、今週水曜日のこと。毎週通っている、悠の漢方の
お医者様のところに行ったら、「顔の湿疹なかなか良くならない
ねえ。水虫の一種だと思うんだよね。薬出しておくね」とのこと。
「えっ???」私は目が点になりました!「水虫って、顔にも
できるの???」疑心暗鬼で、調剤薬局で薬を受け取るときに、
薬剤師さんに相談したら、「皮膚科に行けば、顕微鏡検査をして
くれるわよ」とのこと。早速、行きましたよ、皮膚科に。。
・・行ったら、その日は皮膚科お休みでした。翌日、乳児相談後、
まずはいつも通っているアレルギー科へ。信頼のおけるY先生
いわく、「顔に水虫できることはあるけど、よっぽどではない限り
できないよ。じゅくじゅくしてないから、心配ないでしょう」ホッ!
一安心し、Y先生にも「心配なら、皮膚科で検査してもらって」との
ことだったので、その足で皮膚科へ。悠の顔の湿疹から、ピンセット
で皮をはいで、顕微鏡で調べてくださいました。「特に、細菌はない」
とのこと。ホッ!ここで一安心です。
・・・そんなこんなで、お盆の最中も、悠の病院通いをしておりました。
「顔に水虫」なんて言われたから、焦っちゃいましたよーーー(苦笑)
いただいた水虫のお薬は、しまっておきます!
この先も必要ないと思いますが、haha (*~.~*)」
http://blog.goo.ne.jp/iichie4852/e/6d4a918edd31f86c17c5caa919bf84aa

記事によると、「顔に水虫」事件は誤りであった、という結論になっています。
信頼する医師からも、「じゅくじゅくしてないから水虫ではないでしょう」、と言われたそうですが・・・

でも、私は気になるのです。
漢方の医師から、「顔の湿疹なかなか良くならないねえ。水虫の一種だと思うんだよね。」、と言われています。
そうなんですよ、なかなか治らない湿疹(発赤)は水虫(体部白癬)の可能性が高いのです。
水虫は自然治癒しませんので、いつまでも治らないのです。
そして、ここで水虫薬をもらっていますね。
この水虫薬を顔の湿疹に塗っている状態で皮膚の真菌検査をすれば、真菌が見つからないことになります。
患者は1歳の幼児ですので、水虫薬はとてもよく効くのです。

体部にできる水虫は、趾間水虫とは異なってじゅくじゅくすることはありません。
体部水虫は、赤い湿疹(発赤)がポツンとできるだけなのです。
私の印象としては、漢方の医師の診断が当たっていたのではないか、と思いますね。
posted by 水虫博士 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) |   体部・手の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック