2009年10月16日

水虫は職業病

水虫が職業病である、という職種があるそうです。

若干カミングアウト
「思い切って(?)言ってみますが、実は私、8月頃から水虫にかかっております(T_T)
今でこそ、皮膚科でもらった塗り薬で見た目は全く問題なく、かゆみもなくなりましたが。
感染源は勤務先のスイミングスクールです(/_;)
水虫がコーチたちの職業病だったなんてぇ…!
入ってからしばらくして知ったんですけど、
知ってたら働こうと思わなかったのになぁ。。。
ってくらい、自分が水虫になったことがショックで…
ショックで…
そりゃあもうショックで。。。
始めのうちは、他のコーチたちが水虫の話題してても「へぇ〜大変そうですね〜」と他人事だったんです。
でもしばらくしてからなんだか最近足がかゆいなぁ?って思って。
で、そういやあの人が「水虫かゆくってかゆくって!」とか言ってたけど…このかゆみ…?(@_@)
まさかね!
信じたくない気持ちが足の指の間を見ることを躊躇わせまして、かゆみを感じてから10日間放置。
でももし水虫だったら放置していたらもっと大変なことになるんじゃないか!?
とじわじわ怖くなりまして。
ある日、かゆみの元と思われる左足の小指と薬指の間を広げて見てみました…
あ、あ、案の定…
指の間の皮が薄ーくむけて、いました。。。
それから皮膚科に行ったら、お医者さん、顕微鏡を覗いたまま躊躇うことなく
「うん、水虫は間違いないですね」
「ハイ…」
何食わぬ顔で返事をしながらも、そのとき私の心の中は
ビシャァァーーーン!
ザァァァァ…!
今来てる台風18号並みの暴風雨が吹き荒れていました(T_T)
最大瞬間風速45mの世界。
いやー、精神的ダメージ計り知れないですね。
なんで水虫ってイメージここまで悪いんでしょうね?
いつもプールでお風呂に入ってから帰るのですが、
帰った後もう一度シャワーで足だけ洗って、
両足全体に薬を塗ってから寝る生活を2ヶ月続けてます。
順調に治ってきてます。(多分…)
水泳やる方、気をつけたほうがいいですよ!!」
http://blogs.yahoo.co.jp/tomonaga326/1646490.html

作者は水泳のコーチをしているのですが、その仕事を介して水虫になってしまった、ということですね。
このケースでは、水虫の感染源になったのは足ふきマットであろうと思われます。
更衣室やシャワー室、浴室などには共同で使用する足ふきマット類があると思われますが、そのマットは水虫菌を含む皮膚の破片や体液などが付着しており、それらが足につくと新たに水虫ができてしまうわけです。

水虫菌の感染力は弱く、プールや湯船の中では水虫菌がいるのですが水虫に感染することはありません。
「足ふきマットやスリッパを不特定多数の人が共用する」、という状況が水虫感染を引き起こすのです。
このような特殊な場所では、マイスリッパやマイサンダルを持参するべきですね。
posted by 水虫博士 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック