2009年10月17日

水虫になった

水虫で皮膚科を受診し、薬局で水虫薬をもらった、という体験談が紹介されています。

水虫
「水虫になってしまった…(T_T)
とはいっても今に始まったことではなく前からそれらしい雰囲気はあったんだけどかゆみもなかったから見て見ぬ振りしてきたんです…
しかし…
かゆい…
かゆい…かゆい…
そこで、下手に素人療法で悪化したくなかったので皮膚科に行ってきたんです。
水虫ってカッコ悪いから女の先生だとヤダなぁなんて思いつつ診察室に入ると
優しそうな男の先生(*´Д`)=з
ちょっとホッとして診察開始。
診断結果、やはり水虫と断定。わかってはいたけどはっきりするといくらかダメージ(-.-;)
先生は詳しく説明しようとしてくれたらしくメモ用紙をちぎってなにやら書き始めた。
「水虫」
そう書いてから先生は身振り手振りでいろんな症状やその処置を教えてくれた。
5分〜10分くらいでありがたい水虫講話が終わり「お薬出しておきますんでお大事にして下さい」と、さっきのメモ用紙をくれた。
書いてあるのは…
そう「水虫」だけ(笑)
いらんだろ!このメモ!( ̄口 ̄)
処方せんを持って薬局に行くと…ゲッ!若い女の人ばっかり(((゜д゜;)))
「どうなさいました?」
「あ。いえ。コレを。」
冷静を装う(-_-)
「少々お待ち下さい」
ハァ〜…恥ずかしい…
「お待たせしました。」
「どうも。」
冷静を装う(-_-)
「かゆみますか?」
「え…えぇ、まぁ」
冷静を装う(+_+)
「痛みは伴いますか?」
「いや…特には…」
冷静を…(*_*)
「どの指とどの指の間がかゆいですか?じゅくじゅくしていますか?カサカサしていますか?」
頼むからもう帰してください(T_T)
「大丈夫です…」
何が大丈夫なんだと思いつつ逃げるように薬局を出ました(TДT)
自分はなんてちっちゃい人間なんだ(苦笑)」
http://blogs.yahoo.co.jp/garage_mikoto/21419889.html

皮膚科と薬局での体験談が詳しく紹介されています。
まぁ、皮膚科でも薬局でも水虫患者はお客様なのですから、大事に接してくれます。
水虫に悩む方は、心配せずに皮膚科へ行けばよいでしょう。

薬局では、皮膚科医が処方した水虫薬を患者に渡すだけですから、本来は薬剤師が症状のことをとやかく言う必要はないのですが、中には薬剤師という職業柄を意識して症状と薬効について説明する人もいるのでしょう。
しかしそのような言動は、水虫患者にとっては迷惑なだけなのですが・・・
記事に書かれている作者の困惑と行動は、ごく正常なものなのです。
これは薬剤師側が反省すべきですね。
posted by 水虫博士 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130465436
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック