2009年10月20日

水虫の唄

先日、加藤和彦さんが亡くなられたことが報道されました。
加藤さんは、「水虫の唄」を作られています。
誰からも嫌われる水虫が歌になるなんてちょっと信じられないのですが、それを実行したところが凄いですね。
水虫の唄は曲調も明るく、聞いていても悪い感じはしません。
若き日の加藤さんが歌っている動画を挙げておきます。
水虫の唄:http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=EC2m_ZCaC4o
水虫の唄(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%99%AB%E3%81%AE%E5%94%84

加藤さんは、「イムジン河」も発表されています。
この曲が発表された当時、ラジオから流れてくる曲を聴いて気に入ったことを覚えていますが、残念なことにこのイムジン河は発売直前に発禁になってしまったのです。
もしイムジン河がそのまま発売されていたら、日本の音楽史に残る記録を作ったのではないか、と思います。
このことは、加藤さんにとってとても不運なことでしたね。
2002年のフォーククルセダーズ解散記念コンサートの動画も挙げておきます、削除されないうちにどうぞ。
イムジン河:http://www.youtube.com/watch?v=Q7jlo8-ZTq8

加藤さんのご冥福をお祈りいたします。
posted by 水虫博士 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック