2009年10月27日

爪水虫を治したい

爪水虫を治したい、と悩んでいる方の記事がありました。

明日から
「(略)
歯医者が終わると今度は、爪水虫の治療に別の皮膚科に行こうと思ってます。
右足の、小指と薬指がぶっとくなってて、爪きりで抓んでもらうのが大変なんです。
今行ってる皮膚科の先生は、とても有名なおじいちゃん先生ですが、余り親切心のない先生なので、好きになれません。
飲み薬を処方してと頼んでも、処方してくれません。
先生が言うのには、血液検査をしながらでないと飲めないし、肝臓に負担がかかるし、普通の体じゃないので.......だって。
要するにめんどくさい患者はどうでもいいし、もし何かあった時など責任取りたくないってことだろう。
先生の言ってる事も判らないではないのですが、私としたら少し体に負担がかかっても、直したいのです。
旦那も手の親指が爪水虫で、人前に出せるような手ではなかったけど、
3年前に腰を悪くして3ヶ月近く入院した時に、ついでに水虫の治療もしたら、すっかりとまでは行かなかったけど良くなりました。
肝臓の数値がぐっと上がったので、怖くって途中で薬飲むのを止めました。
少しは副作用もあるでしょうね。
ずっと以前に、水虫の薬をたった1錠飲んで仕事に行ったら、途中で具合が悪くなったと言って帰ってきた事があるんです。
その時の旦那の顔、今でも忘れません。
お酒飲んだみたいに赤ら顔して、あっちこっち皮膚から汁が出て、病院に行ったら即入院。
ほったらかしてたら、危なかったらしい。
そんな事があったので、ちょっと水虫の薬飲むの怖いけど。
でも直したい!!」
http://blog.goo.ne.jp/miti_january/e/0605bab603606969a5628a72b8db815d

内服薬は副作用が怖いけど、爪水虫は治したい・・・
このような悩みを持つ爪水虫患者は多いのでしょうね。
皮膚科医としては爪水虫の治療(内服薬の使用)は行いたいのでしょうが、その患者の状況(内臓疾患の有無など)を見て慎重に判断することになるのでしょう。

爪水虫の治療法として理想的なのは、外用水虫薬で爪水虫が治れば副作用の心配もなく、安心して利用できます。
このような薬剤を開発したいですね。
posted by 水虫博士 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック