2009年11月02日

母の水虫

水虫は、ご本人が必死になって治そうとしても簡単に治るものではありません。
これが、水虫を治そうという気持ちのない他人の水虫となると全く手に負えません(笑)。

水虫
「おかげ様でお母さんの水虫こんな感じで、だいぶ綺麗になりましたぁ〜(原文には写真があります)
一時は施設担当のヤブ医者と、一部のめんどくさがり看護師の治療のせいで、かなりひどい水虫になりかけていましたがその後日曜日に偶然やっていた、地元の皮膚科で見て頂いたら、短期間でごらんのように綺麗になりましたぁ〜。
一安心
偶然行ったここの皮膚科
施設の介護士さんや、ご近所さんに聞いたら、この辺では、頑固だけど腕のいい先生で有名だったみたい
が、しか〜し
腕はいいのですがぁ〜
「頑固」と言うだけあって困り者・・・
診察したら処方せんは、施設からの書類に書かないといけない決まりになっているのですが、
「いちいち書くのめんどくせぇなぁ〜
書かないといけないなら、やり方変えるように施設に言って」
一患者には無理ですがねぇ〜
さらに、水虫の治療方法も書いてもらわないと、看護師がやらないと言うので書いてもらうようにお願いしても
「水虫になったら、足浴はあたりまえ
だから、いちいち書く必要はない
なんで、いちいちあたりまえのことを書くの」
などなど・・・
まぁ〜、あぁ〜言えばこぉ〜言うお医者さんで大変です
ちなみに、問題だった足浴のほうは、一部の看護師がまだ「ブ〜ブ〜」言うので、看護師さんに直接言ってもらちがあかないので、相談員経由で施設長から看護師に足浴やるように言ってもらいましたぁ〜
話を聞いてくれる施設長さんで良かったです
なので、今は看護師さんおとなしくしておりますが、
足が綺麗になってきているので、またいつ「ブ〜ブ〜」言ってくるのか、家族としてはヒヤヒヤものです。
だって、頑固な皮膚科の先生に、
「今は、表から綺麗にする治療をしただけだから、まだ中に菌がいるから、足浴・治療は続けるように、勝手に治療やめるようじゃ見ないから」
って言われているしぃ〜
糖尿病のお母さんの水虫を、ただ治したい一心だけなのにぃ〜
水虫でこんなに悩まされるとは思ってもみませんでしたぁ〜
この悩みはまだまだつづく・・・・」
http://blog.goo.ne.jp/miyuki_16/e/4fee6f8ef0037a51ba4180133cce9bcf

文頭にも書きましたが、水虫を治す気持ちのない人の水虫を他人が治そうと思っても、なかなかうまくはいきません。
これが今回のケースのように介護施設の方のお世話になる状況であれば、なおさら水虫が治ることは期待できませんね。
さらに悪いことに皮膚科医が頑固で物分かりが悪い、ということになれば、これはもう諦めたほうが良いくらいのものです。

作者の立場としては、少しさめた気持ちでこの問題に対処する方がストレスがたまらなくて良いでしょう。
水虫との戦いは、長期戦です。
posted by 水虫博士 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) |   家族の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック