2006年05月05日

水虫を学ぶ本

水虫について知識を得るためには、やはり、皮膚科専門医が書いた水虫の解説書を読むことが必要です。
水虫の解説書はあまり多くはありませんが、それらのうちの代表的なもの4冊をご紹介します。
水虫に関する正しい知識を得て、水虫治療に役立ててください。

水虫Q&A
著者:群馬大学医学部皮膚科・宮地良樹教授、医薬ジャーナル社、1998年。
水虫研究の大御所・宮地教授の編纂による、皮膚科開業医を対象とした水虫専門書であり、水虫を知る上でこれ以上の本はありません。
内容は、一問一答形式で、多くの水虫専門医が、一つ一つの課題に答えています。
基礎、検査、診断、治療の4編に分類されており、水虫に関する専門知識が記述されています。
   T、基礎
   U、検査
   V、診断
   W、治療

みずむし 
著者:西本勝太郎・長崎市立市民病院皮膚科部長、保健同人社、1996年。
誠実な研究者である著者が、細心の心配りをしながら書き上げた、水虫治療の決定版です。
水虫患者が持つさまざまな悩みに、著者がわかりやすく答える、という形式になっていますので、あなたの悩みも解決できるでしょう。
内容は、みずむしの基礎知識、みずむしの治療Q&A,みずむしのセルフケアと予防Q&A、の3部構成に分けられています。
   第一部 みずむしの基礎知識
   第二部 みずむしの治療Q&A
   第三部 みずむしのセルフケアと予防Q&A

水虫は1ヶ月で治せる!
著者:仲弥(なかわたる)・皮膚科院長、現代書林、2004年。
優れた皮膚科専門医である著者が、水虫の基礎から診断、治療にいたるまでを体系的に詳しく解説しています。
水虫について大量の情報が記載されていますので、水虫好きの人には歓迎される、役に立つ本でしょう。
内容は、第1章の「水虫が治らない」のはどうして?、から第11章の最近のみずむしの傾向までの全11章に分けられています。

水虫を完全に治す本
著者:比留間政太郎・順天堂大学医学部付属練馬病院部長、マキノ出版、2005年。
水虫治療の権威が、水虫をわかりやすく解説した水虫入門書です。
手軽に水虫を理解したい、という人には好適です。
   第1章 みずむしとはどんな病気か
   第2章 水虫を綺麗に治す画期的治療法
   第3章 自分で簡単にできるみずむしの撃退法と予防法
   第4章 水虫を綺麗に治した体験者による喜びの報告
posted by 水虫博士 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17412495
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック