2006年06月25日

梅雨と水虫

本格的な梅雨となり、蒸し暑いカビの季節=水虫の季節、を迎えました。
テレビ番組の 「カラダのキモチ」 では、6月18日に 「梅雨と水虫」 を放映しました。
6〜7月の湿度が高いこの時期に、水虫患者が急増することに焦点を合わせたものです。
梅雨と水虫:http://safaia40.jugem.jp/?eid=245

番組の内容は、水虫の基礎知識に関するもので、次の項目に分けて解説されています。
  はじめに
  全身水虫マップ
  水虫はなぜ24時間で発症し 自覚症状がないのか?
  水虫の4つの病型
  水虫の予防・改善・撃退法
  爪の切り方

番組の内容はごく基礎的な水虫情報に関するものですので、興味のある方は基礎知識の確認をしてください。

番組の最後に、「爪の切り方」という独特の情報が提供されています。
「爪を丸く切る、切りすぎの人が非常に多いが、爪が食い込みやすく傷から白癬菌が侵入してしまう」、という情報は役立ちそうです。
私自身の爪水虫例でも、爪の両端部に患部があることがかなり多いです。
水虫感染の防止に配慮した爪の切り方が紹介されていますので、参考にしましょう。
posted by 水虫博士 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック