2006年07月27日

水虫・・・じゃなかった(2)

プウママのとーさんは、薬局で水虫薬を3つも買ってきて指の間の水虫に塗っていたのですが、効き目がありません・・・

「思い込み」:記事全文
先日“咳で骨折”したうちのとーさん、今日は皮膚科へ行きました。
しばらく前から、足の指の間に出来てた水虫がひどくなってきてるのだという。
お医者へ行くのが面倒だと、昨日までに薬局で買った薬は3種類。塗り薬が2つとスプレータイプのが1つ。どれもイマイチ効かないらしい。というよりだんだん赤みが広がってきてる。
「おかしいな〜。なんで効かんねん・・・」と薬を1つ、また1つと
代えてきたが、さずがに自力治癒はムリと観念したらしい。
(だから、早めにお医者へ行きやってゆったのに・・・)
しばらくして、とーさんが恥ずかしそうに帰ってきた。
   私: 「どうやった?」
とーさん: 「それが・・・」  「水虫じゃないらしい・・・」
とーさんが水虫だと思っていたのはただの皮膚炎だったそう。
その皮膚炎にキツ〜イ水虫の薬をあれこれ塗ったので逆に悪化したそうな。
診察室で先生と看護婦さんに笑われて帰ってきたが、とーさん同様、皮膚炎を水虫と思い込んで薬を塗り悪化させる人は結構いるらしい。
場所が場所だけに水虫と思ってしまう気持ちもわかるけど、やっぱり、
素人判断は危険やね〜(^_-)
自分の思い込みの強さに少々凹みながら、とーさんは今、私の横で
“皮膚炎”の薬を塗っている。
http://lovemaururu.blog59.fc2.com/blog-entry-33.html

水虫だ!、と思い込んで薬局で水虫薬を買い、せっせと薬を塗るのですが一向によくならず、それでも別の水虫薬を買ってさらに塗り続ける・・・
ご本人は、水虫についてある程度調べて知識も持っている・・・
このような「水虫誤認」のケースがよくあるようです。

しかし、皮膚科専門医でも、皮膚症状を見ただけでは水虫かどうか判別できないことが多い、と言われています。
ましてや、何の知識経験もない一般人が、水虫かどうかを判断することなどは不可能です。
まぁ、皮膚症状を見つけた場合に一番多いのは水虫ですが、それでも水虫以外の症状もあるのです。

最近の水虫薬は、よく効きます。
薬局で買った水虫薬を塗り、それでも数日〜1週間たっても効果がない場合には、水虫ではない可能性が高い、と言えます。
このようなときには、迷わずに皮膚科へ行くのが良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫・・・じゃなかった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック