2006年07月28日

水虫・・・じゃなかった(3)

セレナさんは、左足小指の外側に皮膚の炎症ができ、水虫になってしまった、と思いました・・・

「uVALUEコンベンション2006」:記事抜粋
昨日病院に行ってまいりました。
足を診てもらったのですよ 先日写真を載せましたが
このグロイ足です。

     10008283401_s.jpg

今はもっと綺麗になりましたよ 診てもらった結果はですね・・・・・
なんと・・・・・
ただの皮膚炎でした。バンザーイ!!!
ぶっちゃけ水虫になってしまったと思ってたので本当にかぶれでよかった
(あんまよくないけど)
水虫だったら立ち直れ無かったよアタシ!!!
どーやらサンダルずれが原因みたい。薬をもらったので今は一日も早く治ることを祈っております。
http://ameblo.jp/heartscandal/entry-10015081579.html

写真を見ると、左足小指の外側の皮膚にひどい炎症が起きています。
これをみて、セレナさんは水虫だ、と思ったのですが、通常は水虫単独でこのような激しい炎症状態になることはないでしょう。
水虫菌は人体に非常によく適合しており、皮膚に水虫が感染したとしても皮膚症状の出方は軽いのです。
最近では、皮膚に何の異常も認められない、「隠れ水虫」が多いことが話題になっているほどです。
ですから、上の写真を見る限りでは、水虫ではない、といえそうです。

このケースでも、皮膚科で診察を受けています。
皮膚炎が起きた場合には、やはり皮膚科へ行くのが良いようです。
posted by 水虫博士 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫・・・じゃなかった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21527057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック