2006年07月31日

水虫・・・じゃなかった(4)

ミイさんは、左足の親指に湿疹ができました。
最初は、水虫か、と思ったのですが・・・

「皮膚科」:記事抜粋
おととい 皮膚科に 行って来ました。
前にも書きましたが 私の左足の親指が・・・・・・大変な事に・・・・。
シミのような茶色い湿疹ができ 皮がベロベロにむけて 
カサカサだから 痛いんです・・・・(iДi)←汚くてスミマセン・・・。
こんな症状が 昨年の秋から できたり 治りかけたり・・・・。(完治する事はありません)
3箇所くらい 皮膚科を変えているが 原因が分かりませんでした。
どの医者も 「湿疹だね」 って・・・・。
んで(`Д´怒)?
どうしてこうなったの?どうすりゃ治るの??という感じです。
始めは 「水虫」 かと思って かなり心配してましたが 「湿疹」 と言う言葉に
安心して 薬を貰って 終わりました。
んが 1件目は 手で触りもせず 見て診断・・・終わり・・・・。
薬をつけても治らず 別の病院へ。 でも 薬貰って 終わり。
3箇所目も ネットで調べて 「乾癬」 だと思っていたので 聞いたら 鼻で笑われ 
「乾癬じゃないよ!(素人が勝手に思い込むな!的な感情でてました)
 湿疹だけど・・・・ このサンダル いつも履いてるの?」 (この日ビルケンのサンダルを履いていた)
「毎日は 履いてません」
「う〜ん・・・ なにか 靴ですれたりしてできたのでは?」、って それで おしまい・・・・
あいまいだなぁ(0Д0;)
結局 また薬もらって 通院・・・。でも 治りかけたり 悪化したりの繰り返し。
また 悪化して薬もなくなったので 皮膚科に行くことに。
でも 他の皮膚科が いいところが見つからず また同じところに 行く羽目に・・・。
すると・・・ あらぁ?? 先生が いつもと違う・・・・( ゜∋゜)
先生 カルテ 読む。
「どうしたのですか?」
「また 悪化したもので・・・」
「では 水虫か診てみますね」
(散々 水虫じゃないと 他で言われていたのですが・・・(・・;)??)
ピンセットで ベロベロ にはがれた 皮を ちょっとずつ はがし
ガラスのプレートに 置き 液体を垂らし ライターであぶるΣ(゚Д゚;)
そして 顕微鏡でみる!!
「水虫ではないですね」
「考えられる理由が 2つ あります。
 1つが 汗っかきの人が 急に汗かくと こういう症状出るときがあります。(↑みたいな事を言ってた気がする・・・)
 もう1つが 金属アレルギー の人が ブーツを履いて 汗かくと 出ることも 考えられます」
 ビックリ(0Д0;)!!詳しく説明してもらったら まさに ビンゴ!
昨年の秋・冬は エンジニアブーツ と ペコス しか履いてませんでした・・・。
そのブーツは 大好きで 毎年 かなり ヘビーローテーション です。
かなり 履き潰してます・・・。
先生の説明によると ブーツなどにする革を なめす(皮を腐らなくすること)とき、いろいろな なめし方があり そのブーツが クロムなめし だった場合、クロムは 金属だから ブーツをずっと 履いていて ブーツのコーティングがはがれた時 皮膚が反応起こしたのかも・・・・。と・・・・・。
「今まで 履いてて なにも 起きなかったのですが?」、と聞いたら
「もしかしたら 蓄積されて アレルギー反応でたのかもしれないですね・・・」
なるほど〜((゚Д゚;)、すんげー丁寧〜。
すんげ〜〜〜〜分かりやすい!!
感動しちゃいました(ノДT)
やっと 対処できるようになりました。
今まで 分からず革靴とか 革使ったサンダル 履いちゃってたから・・・・。
だから 治ったり 悪化したり 繰り返してたんだなぁ〜・・・。
http://ameblo.jp/me5-s/entry-10015203116.html

原因不明の皮膚病・湿疹が金属アレルギーによる場合があるんですね。
そういえば、主婦湿疹が指にはめた指輪による金属アレルギーだった、という記事を以前にもご紹介していますね。
水虫に似た皮膚炎(2) 主婦湿疹:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/20242690.html
posted by 水虫博士 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫・・・じゃなかった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21689964
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック