2006年08月03日

水虫と糖尿病

キーボーさんは62才の男性で、30年近い糖尿病歴があります。
そのキーボーさんが、水虫になってしまいました。
糖尿病の方は、水虫に対して特別な配慮が要るそうです・・・

水虫から壊疽(えそ)になるかも?」:記事全文
本年6月、7月は水虫になり、軟膏をぬり治療してきた!
水虫特有の痒みも皮膚の皮が剥けるのもようやく消えた。
「水虫菌は根強いから8月も治療したほうが良い」どの診断
で更に治療を続けてまいります。

医師は「ジムの風呂場の上がり口のタオルで足を拭く際、
水虫がうつるから注意すろよう」に指摘されていた。

しかし毎日、風呂に入る度に、足がベタベタなので拭かざる
をえない。でも自分は大丈夫と思っていたら水虫になってしまった。
医師の忠告が思い出された。

「あなたは糖尿病だから水虫を治療しないと、そこから
「ばい菌」が入り壊疽へと発展する場合があります。
手遅れになれば右足指切断もあるんですよ!これも糖尿病に
よくある合併症のひとつです」

水虫から合併症の「壊疽」という存在がクローズアップされてきた。
こうして一つ一つ増やしながら体が壊れていくのかなー?

心臓疾患の心配、人工透析の心配、壊疽の心配、全部自分の
体内から起きている。私の許可なく進行する合併症とは、
俺より偉いのか?そんなはずはない!
http://blogs.yahoo.co.jp/eikaiwa60/14942351.html

糖尿病は、血液中の糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
血糖値が高くなると、身体の構成成分(たんぱく質)と糖とが結合してしまい、組織が変性・変質していろいろな病気(糖尿病合併症)になります。

水虫患部から雑菌が入れば、壊疽(えそ)になって指切断もあり得る・・・
こうなれば、たかが水虫、などとはとてもいえません。
水虫完治まで、頑張ってください。
posted by 水虫博士 at 05:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 妊娠、病気、介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水虫専科様、非常に勉強になりました。また訪問させていただきます。
有難う御座いました。
Posted by eikaiwa60 at 2006年08月04日 21:58
また、いつでもお越しください。
Posted by 道場主 at 2006年08月04日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21855030
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック