2006年09月29日

水虫・・・じゃなかった(7)

momomamaさんは、足の裏の皮がボロボロとむける状態になりました。
そして、皮膚科で検査を受けたのですが・・・

水虫検査」:記事全文
夏の終わりから気になってたこと。。。
足のうらの皮がポロポロとむけて、つぎ、皮が固くなっていく。
こ、これって  俗にいう水虫ちゃん?

ネットで症状しらべたら、こういうタイプもあるし。。
相方が心なしか不潔なものを見るような眼で見てる気がするし。。。
思い切って皮膚科に行ってきた。
水虫かどうか、すぐわかるらしい。
足の裏の例の皮をとって、顕微鏡で見てる。
ドキドキ。。。
先生はニコニコ(ニヤニヤとも見える)
早く結果言ってよ〜。     

「水虫、いませんわ。」
ほっ。
「安い健康サンダル、お履きになります?」
安いっちゃ安いよな。「はい」
「キッとそれですわ。」
「。。。。」
角化症治療剤と書いたクリームをもらって帰ってきた。
http://blogs.yahoo.co.jp/momomama1012/40529008.html

安い健康サンダル、といわれると返答に困りますね。
皮膚科医さんは、安いという言葉の中に、足裏への刺激が大きい、という意味を込めたんでしょうね。
これとは逆に、高い健康サンダル、というものはあるんでしょうか?
足裏への刺激が計算されていて、万遍なく刺激が加わるので皮膚の異常が起こらない、という理想的な健康サンダルがあればいいのですが。

でも、水虫じゃなかったことは何よりです。
安い、といわれた健康サンダルをはくのを止めれば、皮膚は徐々に元に戻るでしょうから。
皮膚科へ行ってよかったですね。
posted by 水虫博士 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫・・・じゃなかった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック