2006年12月25日

馬の水虫

昨日は、ディープインパクトの最後のレースということで、テレビのニュース番組でも大きく取り上げられていました。
さて、その馬ですが、当然のことながら、馬にも水虫があります。

馬も 水虫?」:記事全文
最近知ったんだけど、馬も水虫になるんだね!
だけど馬って! いつも裸足でいるワケじゃない!
それに指だって無いし!
蹄(ヒズメ)って呼ばれる爪があるだけだろ!

へえ〜!  だよね!
まあ人間でも爪に水虫の菌が入り込むとボロボロになるから、そんな感じなんだけどね! 
ただ!馬にとってはこの病気!たかが水虫という訳にはいかなくてサ!
爪が崩れては走れないから、それこそ競争馬生命に関わってくるんだ!
あの有名なディープインパクトもそんな悩みを抱えてる馬だね!
水虫じゃないけど爪が弱くてサ!
足の裏に蹄鉄を打ち付ける時、爪が耐えられなくてね!
固定する釘の代わりに接着剤を使って張り付けているとのこと!
明日はそのディープのラストラン!
引退レースになる有馬記念!
最後の勇姿を 俺も見届けるよ!

写真は、先日ドーピング検査に来た!水虫馬さんの足!
(原典には写真があります)
薬を塗るために蹄を削ってあります。 
ちなみに、馬の水虫は人間には伝染しません!
菌の種類が違うそうです!
馬はカユくないのかって?
今度 水虫馬さんに会ったら聞いとくね (^^;)
http://blogs.yahoo.co.jp/kurokawamitene/44622844.html

水虫菌は、もともとは土の中に住むカビで、動物の死骸の皮膚を分解するという大切な役割を担う微生物でした。
ですから、馬はもちろんのこと、はるか昔の恐竜などにも水虫はあったでしょうね。

馬の水虫については、紹介記事がありましたので、ご参照ください。
馬の水虫の写真も載っています。
なお、水虫は人畜共通感染症ですので、人馬間の感染があります。
皮膚糸状菌症:http://www.equinst.go.jp/JP/book/kansenS/DPs.html
posted by 水虫博士 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック