2007年02月24日

爪水虫に似た、厚硬爪甲

爪が分厚くなる、厚硬爪甲(こうこうそうこう)という症状があるそうです。

厚硬爪甲」:記事全文
いま、リウマチ外来に毎月通院していて、薬も朝晩飲んでいる。
先日、診察を受けた時に
「痛いところは・・?」と聞かれ、
足の指が変形していて、他の指まで痛いと言うと
医師は「この親指はなんや?」と言う。
私の両足の親指は爪が伸びない。
その代わり、どんどん厚みが増してきている。
爪白癬という病気に似ているかも?と思ったので
昨年、皮膚科で診察してもらったところ、
「全然違う。中の骨の変形で爪が伸びなくなり、
どんどん厚みが増していってるんだ」と言われた。
その通り、リウマチ外来の医師に言うと
「俺が見ても分かる。これはどう見ても白癬だ」と言い切る。
で、皮膚科に行き、
「検査して、白癬じゃないことを証明してください」とお願いした。
皮膚科の女医さんは「ぱっと見たら白癬と似ているからねえ・・
間違えても仕方ないけど、白癬は爪がボロボロと剥がれるのよ。
この爪は硬くて全く剥がれないでしょ?だから違うの。
ま、検査してみましょうね」と言ってくれた。
爪を削り顕微鏡を覗いた先生は「菌が一つも見つからない」と笑っている。

私の爪は「厚硬爪甲」と言うらしい。
“コウ”ばっかりでなんと読むのか、忘れた。
たぶん「こうこうそうこう」と読むんだと思う。
やすりで厚くなった爪を削って、普通の厚さにするといいらしい。
ガラス細工のときに使う電動やすりを使うといいらしい。
すごく硬い爪だから、削ると言っても大変だ。

夏に向かってサンダルが履けない。
皮膚科以外の医師でさえ、水虫だと思うのだから
普通の人が見たらきっと気持ち悪いと思う。
ネットで調べると「老化現象の一つ」と書いてある。
いやだなあ・・・チセにもなれない。
http://blogs.yahoo.co.jp/onsensenbe/28489175.html

足の爪に外見上の異常があると、誰でも爪水虫だ、と思ってしまいますね。
「厚硬爪甲」とはどんな状態なのか、ネット検索してみましたが、写真は見当たりませんでした。
記事に述べられているように、爪がどんどん分厚くなる、ということでしょうか。

爪の異常症状としては、爪甲剥離(そうこうはくり)症もあります。
関連記事を挙げておきます。
水虫に似た爪甲剥離(そうこうはくり)症:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/25363672.html
posted by 水虫博士 at 08:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の爪も同じような感じだったから気持ち分かるよ〜(><)サンダル履けないし。2年前に検索で治してくれるところ見つけて今は綺麗になったよ。但し、私の場合はということで必ず誰でも大丈夫なのかどうかわからないけど。ネイルリストアで検索すると多分出てくると思う。因みに私はめっちゃ不便なとこに住んでて大阪まで迷うのに2時間かかったけどw根性で通った。
Posted by みよりん at 2012年08月15日 09:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック