2007年04月16日

介護と水虫(3)

お年寄りを介護する方にとって、心配なことが一つあります。
それは、介護する作業の中で、水虫に感染するのではないか、という懸念です。

お年寄りには水虫になっている人が多い、という統計があります。
そして、その水虫も若いときに感染して以来、あまり治療していないケースも多いようです。
そのお年寄りたちを入浴させたり、着替えや爪切りをしたり、という作業をする人にとって、水虫感染は、注意しなければならないことの一つですね。

水虫菌の感染力は、あまり強くない、といわれています。
また、長年来の水虫では、水虫菌もおとなしくなっていますので、感染力はさらに低下しているでしょう。
でも、水虫には、強力に増殖して感染しやすくなるケースがあるのです。
それは、
1、水虫薬を使って治療している最中には、水虫菌も殺されるのはいやですから、強力に増殖して治療に抵抗します。この水虫増殖時には、水虫感染の危険があります。
2、水虫患者が、あるいは、介護する人が、水虫患部をいじって皮膚をはがしたりすると、水虫菌を含んだ体液が流れ出てきます。この体液にふれると、一発で水虫に感染します。
つまり、人が水虫に対して何らかの刺激を与えたときには、水虫感染の危険性が大きくなります。

お年寄りを介護したあとでは、消毒剤で手を洗うことが大切でしょう。
太古の昔から人や動物に寄生して生き延びてきた水虫菌は、とても強靭でしたたかです。
甘く見ていると、水虫に感染するでしょう。
介護と水虫(2):http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/23987373.html
介護と水虫:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/20137517.html
posted by 水虫博士 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 妊娠、病気、介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

よこうち皮ふ科・形成外科 (宮崎県宮崎市)
Excerpt: 診療科目 : 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科
Weblog: 全国の優良皮膚科病院の検索 口コミによる評判の皮膚科
Tracked: 2007-04-16 08:42