2016年01月24日

20代OL*爪水虫治療ブログ

若い女性が爪水虫であることを告白して、爪水虫の治療についてブログを書くというのは、相当に勇気がいることでしょう。
何しろ、水虫というと「おじさん、汚い、不潔」などの不名誉なイメージがありますので、花の20代OLにとっては触れたくもない話題です。

このブログ「20代OL*爪水虫治療ブログ」では、皮膚科で内服薬療法を行っている作者(エルさん)の体験談が綴られています。
エルさんももちろん皮膚科など行きたくもなかったのですが、彼ができたので水虫をうつしたくない、という切実な事情があり、一大決心をして皮膚科へ行きました。
若い女性が爪水虫の治療のために皮膚科へ行く、ということになると、恥ずかしさやためらいなど様々な感情が起きてきて非常に悩むわけですが、エルさんはそれらの経過を率直に告白しています。
そして、皮膚科で診察を受けた感想として、「面倒臭さと恥ずかしさでずっと来れなかった皮膚科、思ったより大丈夫でした。こんなんだったらあと数年早くくれば良かったです。」と述べています。
同じような立場にある人にとってはとても参考になる話が細かく書かれていて、皮膚科受診の疑似体験ができますので,必見です。

ブログ記事は8編あります。
3回目の記事、「爪水虫治療、初めての病院!!(ド緊張)」より抜粋
「・・・・今すぐ全力ダッシュで診察室から逃亡したいという衝動に駆られましたが(本気で)、なんとかこらえ…、、、
「爪水虫の検査ですね?ちょっとみせていただけますか?」と先生に誘導されるがまま汚い爪を見せました。。
(病院に来る前は、受診カルテに爪水虫と書かずに診察室で先生にだけ打ち明けようかと悩んでいましたが、カルテに書いて正解でした。
初対面の先生を目の前にして「実は爪水虫で…」と自分から切り出すのは結構勇気がいります。あらかじめ書いておけば先生の方から聞いてくれるで少し楽です。)
私の汚い爪を見ても顔色ひとつ変えずに、検査のためにピンセットで爪の表面を軽く削り、検査の説明を受けました。
あ、削られるのは全然痛くないのでご安心を!」
「感想としては、面倒くささと恥ずかしさでずっと来れなかった皮膚科、思ったより大丈夫でした。こんなんだったらあと数年はやく来ればよかったです。
それにしても先生…ステキだったなぁ…次の通院がちょっと楽しみ」
(以上、記事より抜粋)
皮膚科では、水虫は治療が必要な病気として扱います。
水虫患者は当然治療対象となる病人ですので、普通の患者として接してくれます。
水虫で悩む皆さん、気を楽にして皮膚科を受診しましょう!・・・これが最善の選択ですから。

エルさんの爪水虫の写真も公開されています。

o0480036013294044421.jpg


写真を見ると、5本の爪全部が重度の爪水虫になっています。
それで、内服薬を処方されて、治療が始まりました。
足の爪はもともと伸びるのが遅く、全体が生え変わるのに1年前後もかかります。
この間は待つしかありません。

そして、「爪水虫飲み薬治療〜2ヶ月経過〜」と題する記事が最終になっています。
爪の状態は、何の変化もなく以前のままだということでした。
皮膚科医からは、次のコメントがありました。
「爪はまだ変化がないですね〜、でも今飲んでいる薬は今後何ヶ月も体に残ってこれから生えてくる爪に効きますからね」
エルさんからは記事の更新がされていませんので、このあと爪の状態がどうなったのか、わかりません。
薬の効果がなくて、爪に変化がなかったのかも知れませんね。

エルさんは、皮膚科での出来事を細かく紹介していますので、皮膚科を受診した際に起きる出来事がどんなものであるのか、詳細に知ることができます。
一度、通読されることをお勧めします。
最後に私からエルさんに一言、
エルさん、よろしければあなたの爪を治してあげます(無料)。コメント欄にお知らせ下さい。 道場主。


posted by 水虫博士 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療のブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432947067
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック