2016年02月18日

水虫の基礎知識 8、あなたは本当に水虫ですか!

足の裏に水泡ができている、あるいは、足指の間に皮膚のはがれがあり白く変色している、などの皮膚症状を見つけると、多くの人は「これは水虫だ」と思うことでしょう。
そして、薬局へ行って水虫薬を買ってきて自分で治療する方も多いと思われます。

しかしこのような場合、その皮膚症状が水虫ではない可能性も大きいのです。
最近の大規模な疫学調査で、「私は水虫です」といって皮膚科を受診する人の5.5%が、実際には水虫ではないことがわかっています。
水虫ではない人が、いくら水虫薬を塗っても、良くなるはずがありません。
それどころか、皮膚症状は悪くなる一方でしょう。

また、皮膚科専門医院を受診しても、水虫菌がいるかどうかの検査をせずに水虫だと診断してしまい、実は水虫ではなかったというケースが多いそうです。
これはとんでもない話で許されることではないのですが、私自身、このような誤診の例を何度か見たことがあります。
さらに、熟練した皮膚科専門医でも、見ただけでは水虫かどうか判断できないケースも多いといわれています。
つまり、皮膚症状を見ただけで水虫かどうかを見分けることは、皮膚科医でも難しいのです。

まして、一般の素人には水虫かどうか判断するだけの知識経験は皆無です。
水虫かな?と思ったときは、先ず皮膚科を受診して皮膚の患部に水虫菌がいるかどうかを確認してもらいましょう。
もしその皮膚科で水虫菌の検査をしてくれない場合には、別の皮膚科へ行きましょう。
水虫は、たまたま水虫菌と接触した人が感染するわけであり、「不潔だから」とか「おじさんだから」とかいう理由で水虫になるわけではありません。
水虫は水虫薬を使って治療しないと治らない皮膚病ですので、皮膚科では水虫患者は普通の患者の一人として普通に接してくれます。
水虫で皮膚科へ行くことを嫌がる人がいますが、それは完全な思い違いです。
恥ずかしがったりしないで、堂々と皮膚科を受診しましょう。

なお、自分で水虫薬を買ってきて治療する場合には、次のことに注意してください。
水虫薬の効果は、一週間程度ですぐに現れてきます。
水虫薬を塗っても一向に症状が良くならない場合や、逆にかゆみやただれがひどくなる場合には水虫以外の疾患である可能性があります。
その場合には薬の使用をやめて、すぐに皮膚科を受診されることをおすすめします。


posted by 水虫博士 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック