2016年02月27日

水虫の基礎知識 9、市販水虫薬の買い方

薬局へ行くと、膨大な種類の薬が陳列棚に並べられています。
どこに何があるのやら、見当もつきません。
ようやく水虫薬のコーナーにたどり着いても、これまた多くの商品が並んでいて、何を選べば良いのか、迷います。

薬局には薬剤師がいます。
薬剤師は薬のスペシャリストであり、豊富な専門知識を持った方も多くいますので、先ず薬剤師に相談しましょう。
いつから、どのような症状が、どのように出たのか、そして今までどのような薬を使ったのか、などを要領よく話しましょう。
薬物アレルギーの経験がある人は、そのことを伝えましょう。
妊娠中あるいは妊娠している可能性のある人は、水虫治療を先延ばしする方が賢明です、胎児に影響しない薬物はないでしょうから。
あなたの症状を十分に確認した上で薬を選んでくれる、あなたのお気に入りの薬局を見つけておくと、心強いですね。

水虫薬は、1日1回使用の商品を選ぶのが良いです。
これらの商品は水虫に対する切れ味がよく、水虫処理に適しています。
1日2〜3回使用の商品は前の世代の水虫薬で価格が安いですが、水虫に対する効果がやや劣ります。
1日1回使用の水虫薬を選び、入浴後か就寝前に薬を塗ることを習慣づけるのが好ましいですね。

なお、皮膚科で使用されている水虫薬は、そのほとんどのものを薬局で販売しています。
皮膚科でしか入手できない水虫薬としては、「ルリコン(一般名ルリコナゾール)」と「クレナフィン(一般名エフィナコナゾール)」があります。
内服用水虫薬は、内蔵への負担が生じますので、皮膚科で肝機能検査を行いながら服用することになります。

水虫薬の詳細について知りたい方は、発掘!やくやく大辞典もご覧ください。



posted by 水虫博士 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434329245
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック