2018年09月26日

耳の水虫

水虫は身体中どこにでもできます。
ただ、食道や膣のように水分が豊富な部位には水虫はできません。
カビ(真菌)は水分が多いところは苦手なのです。
皆さんは「耳の中に水虫ができる」という話をご存知ですか?
耳の外耳道に水虫菌が繁殖することが知られています。

記事抜粋
だいぶ前の話ですが、右の耳の中が痒くてどうにもならないので耳鼻科に行きました。
診察してもらい、原因はなんですかと聞いたら「真菌」とのこと。
真菌とは、いわゆるカビのことで「白癬菌」でした。
つまり、水虫が耳の中にできたのです。
薬と紫外線治療ですぐに治りましたが、医者からはこんな質問が・・・
耳の掃除はどれくらいの頻度か。
私は、風呂上りにめん棒を使って毎日ですと答えました。
それが原因です。
多くとも一週間に一度で十分。
体には色々な菌がいて、耳の掃除を毎日やっていたら必ずトラブルになるのでやめましょう。
「耳の掃除は1週間に一度で十分」

耳の中の水虫とはどんなものなのか、ネットで調べてみました。
外耳道真菌症の写真を示します。
白く見えるのが菌糸で、黒いのは胞子(タネ)だそうです。

gaijikabi1.jpg


これらのカビを掃除して、そのあとに抗真菌剤を塗って処置終了です。

gaijikabi2.jpg


笠井耳鼻咽喉科クリニックより

外耳道の水虫は、耳の穴の中で空気中に伸びているのですね。
まるで培地の上に生えた菌糸のようです。
変わっていますね。



水虫を治しましょう
ネットショップ・アルテンでは、水虫によく効く「アルテン液」を販売しています。
爪水虫にもよく効きますので、一度お試しください。
アルテン
posted by 水虫博士 at 16:52| Comment(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。