2007年09月04日

犬の水虫治します

犬の水虫を治療した、という記事が出てきました。
水虫になった前足を、バケツに入れた塩水に浸す、という簡単な方法を行っています(2週間)。
これで水虫が治ったのでしょうか?
ようこそ、ベニーママスパへ。http://blogs.yahoo.co.jp/kuroinubennie/15835803.html

水虫(白癬菌症)は、人畜共通感染症です。
ですから、犬の水虫も人の場合と同様に治りにくいはずです。
人の場合、水虫を塩水で処置する、という記事・話は、私はこれまで見たことがありません。
ところが、この記事には多くのコメントがあり、塩水(プラス飲み薬)で処置するというのが一つの方法になっているようです。

この方法は、おそらくは犬(動物)に限定されるものなのでしょう。
水虫になると、水虫菌の活動によって皮膚組織が破壊されて、かゆみや傷が生じます。
すると、犬は足をなめますので、唾液で皮膚が溶かされてさらに傷が広がります。
皮膚に傷ができた状態では、一般に、水虫は治りにくいです。
犬の足を塩水で処置するというのは、足にできた傷を軽減するためのものでしょう。
人の場合には、皮膚にできた傷や炎症は、ステロイド軟膏を使って治します。
そして、傷が治ってから水虫薬を使うことになります。
posted by 水虫博士 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53862966
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック