2008年05月22日

爪の不調

足の親指の爪が突然浮いてきた、という経験をした方が体験談を公開されています。
なんと、テープを貼るという方法で良くなってきたそうです。

「実は去年の夏ごろから足の親指の爪がおかしくて・・・突然根元が浮いてきて、全体的にも浮いてきて、急にペロって剥がれてしまった(しかも両方)。
 別に痛みもなく、いきなり剥がれ落ちたような感じ?
 そして、新しく生えてきた爪も根元が浮いてきて剥がれるのかと思いきや、そのままの状態で・・・
 そしたらまたその下に新しい爪が生えてきて、でも、その古い爪が上に乗っかったままで、それもなんだかぴちゃっと張り付いて、何ヶ月経っても伸びてない(略)
 これは、薬では治せない。
 テープを毎日、寝るとき以外貼って治していこうって。
 要は、古い爪の一番下のところから、指の先端をぐるっと裏側まで、テープを少々突っ張るくらいに貼りなさいという指示だ。
 そして、寝てる時間以外ずっと貼っておくようにと。
 1ヶ月、それをし続けた。
 そしたら、なんだか古い爪が伸びてきてる?
 今日行って診てもらったときも、先生曰く、
 「順調やな」と。
 ちゃんと爪が伸び出して来てる。
 よし、このまま続けよう、って。」
爪の不調http://gogotemple.blog9.fc2.com/blog-entry-113.html

爪や皮膚の異常な症状を、テープをはって治す、という方法があるんですね。
興味のある方は、ネットで調べてみてください。
テーピングで水虫を治す、という例を一つ挙げておきます。
水虫のテーピング治療!http://blogs.yahoo.co.jp/oowadakinseihukuin/54335314.html#54335314

記事に書かれた爪の不調は、水虫によるものではなかったようです。
しかし、その爪の症状を見れば、だれでも爪水虫かな、と思うでしょうね。
爪や皮膚の異常は、何の知識も持たない私たち素人が見てもそれを理解することは全く不可能です。
そのような爪や皮膚の異常を見て、勝手に水虫だと思い込んで自己流で治療しても、良くなることは期待できません。
そのような場合には、迷わず皮膚科へ行くのが最善です。

今日の水虫
「足の指が赤くはれ上がっていて、
 若干の痒みがあったのですが、
 虫に刺されたものだとばかり思っていました。
 親に見せたら水虫だと言われ始めて気づき、
 早速医者に行ってきました。
 簡単な検査をしてもらった結果、お医者さんから言われた言葉は、
 「水虫ですね。」
 正直ショックでした。
 私が水虫だなんて。。。
 まだ20歳なのに。。。
 早く治せるよう頑張ります!」
やっぱり水虫みたい。。。http://mylifestyle.meblog.biz/article/801513.html
posted by 水虫博士 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫・・・じゃなかった | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97536611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック