2016年03月19日

水虫の基礎講座

水虫は身近にある皮膚感染症です。
家族の誰かが水虫だ、という方も多いでしょう。
ところが、水虫に関する基礎的な知識はなかなか手に入りません。
ネットではいろいろな情報があふれていますが、何が正確なのか、判別がつきませんね。

この「水虫の基礎講座」では、水虫の基礎知識・11編をご紹介しています。
水虫について正確な知識を学んでいただき、水虫に適した対応をしましょう。

水虫の基礎知識
 1、水虫の部位と名称
 2、水虫菌の種類
 3、水虫薬の剤型と特徴
 4、三日坊主では治りません
 5、水虫薬は毎日塗る、広い範囲に塗る
 6、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは厳禁です
 7、水虫ってどんな虫?
 8、あなたは本当に水虫ですか!
 9、市販水虫薬の買い方
10、履き物、靴下について
11、室内の清潔・清掃

この講座が読者諸賢のお役に立てば幸いです。
また、水虫に関するご質問などもコメント欄にお知らせ下さい。
わかる範囲でお答えします。
posted by 水虫博士 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

水虫の基礎知識 11、室内の清潔、清掃

日本では、水虫の家族内感染が非常に多いことが判明しています。
水虫に関する大規模な疫学調査で、「同居家族に水虫の人がいる」という要因がある場合には22.3倍という高確率で水虫患者が存在する、ということがわかっています。
このことは、家族からの水虫感染が高い確率で起きていることを示します。
日本では畳の上で素足になって生活するという生活習慣があることや、かつ気候も高温多湿であることから、同居家族からの水虫感染の機会が多いものと考えられます。
水虫の実態調査

水虫菌は、水虫患者の皮膚からはがれた細かな皮膚破片の中に含まれています。
この破片が家族の足に付着し、湿度の高い靴の中などで家族の皮膚の中へと入っていくのです。
このような家族内感染が起こらないように、次のことに留意しましょう。
  床、カーペット、たたみをよく掃除しましょう。
  風呂場の足拭きマットは手まめに交換し、洗濯しましょう。
  履き物の共用は水虫感染に直結しますので、履き物は個人持ちにしましょう。

上記の注意事項は、裏返していえばどこで水虫の感染するのか、ということを明示しています。
まず第一に、履物(靴、スリッパ)の共有は厳禁です。
水虫患者の履物には、水虫菌がむき出しになって付着していますので、それをはけば間違いなく水虫に感染します。
共用している風呂などの足ふきマットにも、水虫菌が付着しています。
室内のたたみの上にも水虫患者の皮膚の破片が落ちていますので、それらが足に付着すると水虫に感染することになります。
室内の清掃は、水虫感染防止に役立ちます。
きれい好きな主婦がいる家庭では、水虫の家族間感染が起きません!

水虫にかかっている人は、大切な家族に水虫をうつさないようにする義務があります。
家庭内では素足で歩かないこと、などの家族への配慮が必要です。
そして、水虫薬を使って水虫を治す努力をすることが、なによりも大切です。

posted by 水虫博士 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

水虫の基礎知識 10、履き物、靴下について

水虫のセルフケアの第一は、足を乾燥させることです。
普段から、足を良く洗って清潔にし、乾燥させることが必須です。
そして足を乾燥させるために、できるだけ通気性の良い素材やデザインの履き物・靴下を選びましょう。

履き物は、足にぴったり合ったものがムレが少ないといわれています。
靴ひものついたものでは、あまりきつく締めないようにしましょう。
粗い素材でできた中敷を履き物の底に敷いて手まめに交換するのも良いでしょう。
通気性の点から選ぶなら、足先のあいたサンダルが理想的です。

毎日長時間靴やブーツをはく人は、休憩時間などを利用して靴を脱いで足を乾燥させましょう。
できれば数足の靴を毎日履き替えると、靴の乾燥もできます。
ブーツは若い女性に好まれていますが、足が高温多湿になりますので水虫になりやすくなります。
ブーツをはく人は、足の清潔乾燥に留意しましょう。

靴下(ソックス)は、5本指のものが水虫症状を軽減するといわれています。
5本指靴下は、靴下の指部分が足指の密着を妨げて指の間の湿気・温度を発散させますので、水虫の皮膚症状が大きく改善されるのです。
5本指靴下を使うと皮膚症状が改善される、というブログ記事も多く見られますので、水虫の方は一度試してみる価値がありそうです。
素材も綿などの天然素材が良いですね。

水虫はカビ(白癬菌)による皮膚感染症ですので、履き物や靴下の選択だけでは水虫症状を軽減することはできても水虫を治すことはできません。
水虫を治すためには、水虫薬を使ってカビを消滅させることが不可欠です。
大切な家族に水虫をうつさないためにも、水虫薬を使って完治させる努力が必要ですね。

なお、水虫の人の靴下を洗濯する際には、他の家族の靴下,衣類と一緒に洗っても全く問題はありません。
水虫菌は水に弱く、洗濯後の衣類に水虫菌が付着して水虫が感染する、ということはないのです。
同様に、風呂の浴槽内でも水虫菌は感染力を失いますので、浴槽内で水虫がうつることはありません。
ただし、風呂場に敷かれている足拭きマットは水虫患者の足がそのまま触れますので、マットに菌が付着していて危険な水虫感染源ですので、マットの上は歩かないようにしましょう。
履き物(靴、スリッパなど)の共用も極めて危険な水虫感染源になりますので、履き物共用は厳禁です。

posted by 水虫博士 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

水虫の基礎知識 9、市販水虫薬の買い方

薬局へ行くと、膨大な種類の薬が陳列棚に並べられています。
どこに何があるのやら、見当もつきません。
ようやく水虫薬のコーナーにたどり着いても、これまた多くの商品が並んでいて、何を選べば良いのか、迷います。

薬局には薬剤師がいます。
薬剤師は薬のスペシャリストであり、豊富な専門知識を持った方も多くいますので、先ず薬剤師に相談しましょう。
いつから、どのような症状が、どのように出たのか、そして今までどのような薬を使ったのか、などを要領よく話しましょう。
薬物アレルギーの経験がある人は、そのことを伝えましょう。
妊娠中あるいは妊娠している可能性のある人は、水虫治療を先延ばしする方が賢明です、胎児に影響しない薬物はないでしょうから。
あなたの症状を十分に確認した上で薬を選んでくれる、あなたのお気に入りの薬局を見つけておくと、心強いですね。

水虫薬は、1日1回使用の商品を選ぶのが良いです。
これらの商品は水虫に対する切れ味がよく、水虫処理に適しています。
1日2〜3回使用の商品は前の世代の水虫薬で価格が安いですが、水虫に対する効果がやや劣ります。
1日1回使用の水虫薬を選び、入浴後か就寝前に薬を塗ることを習慣づけるのが好ましいですね。

なお、皮膚科で使用されている水虫薬は、そのほとんどのものを薬局で販売しています。
皮膚科でしか入手できない水虫薬としては、「ルリコン(一般名ルリコナゾール)」と「クレナフィン(一般名エフィナコナゾール)」があります。
内服用水虫薬は、内蔵への負担が生じますので、皮膚科で肝機能検査を行いながら服用することになります。

水虫薬の詳細について知りたい方は、発掘!やくやく大辞典もご覧ください。



posted by 水虫博士 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

水虫の基礎知識 8、あなたは本当に水虫ですか!

足の裏に水泡ができている、あるいは、足指の間に皮膚のはがれがあり白く変色している、などの皮膚症状を見つけると、多くの人は「これは水虫だ」と思うことでしょう。
そして、薬局へ行って水虫薬を買ってきて自分で治療する方も多いと思われます。

しかしこのような場合、その皮膚症状が水虫ではない可能性も大きいのです。
最近の大規模な疫学調査で、「私は水虫です」といって皮膚科を受診する人の5.5%が、実際には水虫ではないことがわかっています。
水虫ではない人が、いくら水虫薬を塗っても、良くなるはずがありません。
それどころか、皮膚症状は悪くなる一方でしょう。

また、皮膚科専門医院を受診しても、水虫菌がいるかどうかの検査をせずに水虫だと診断してしまい、実は水虫ではなかったというケースが多いそうです。
これはとんでもない話で許されることではないのですが、私自身、このような誤診の例を何度か見たことがあります。
さらに、熟練した皮膚科専門医でも、見ただけでは水虫かどうか判断できないケースも多いといわれています。
つまり、皮膚症状を見ただけで水虫かどうかを見分けることは、皮膚科医でも難しいのです。

まして、一般の素人には水虫かどうか判断するだけの知識経験は皆無です。
水虫かな?と思ったときは、先ず皮膚科を受診して皮膚の患部に水虫菌がいるかどうかを確認してもらいましょう。
もしその皮膚科で水虫菌の検査をしてくれない場合には、別の皮膚科へ行きましょう。
水虫は、たまたま水虫菌と接触した人が感染するわけであり、「不潔だから」とか「おじさんだから」とかいう理由で水虫になるわけではありません。
水虫は水虫薬を使って治療しないと治らない皮膚病ですので、皮膚科では水虫患者は普通の患者の一人として普通に接してくれます。
水虫で皮膚科へ行くことを嫌がる人がいますが、それは完全な思い違いです。
恥ずかしがったりしないで、堂々と皮膚科を受診しましょう。

なお、自分で水虫薬を買ってきて治療する場合には、次のことに注意してください。
水虫薬の効果は、一週間程度ですぐに現れてきます。
水虫薬を塗っても一向に症状が良くならない場合や、逆にかゆみやただれがひどくなる場合には水虫以外の疾患である可能性があります。
その場合には薬の使用をやめて、すぐに皮膚科を受診されることをおすすめします。


posted by 水虫博士 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

水虫の基礎知識 7、水虫ってどんな虫?

「水虫」という言葉を知らない人はいないでしょうね。
水虫というのは一般的な俗称であり、正式には皮膚真菌症と呼ばれる皮膚病のことです。
「真菌」は、「動物」や「植物」と並び称される巨大な生物群の総称名であり、わかりやすい言葉としては「カビ」などに相当します。
つまり、皮膚にカビが住み着いている皮膚病が、水虫と呼ばれているものです。

水虫には「虫」という字が含まれていますが、実際に皮膚に虫が寄生しているわけではありません。
水虫という言葉の由来としては、次の説が知られています。
水虫菌も生き物ですので、春が近づき陽光が強くなるにつれて活発に活動するようになってきます。
そして水虫患部がかゆくなったりしてきます。
ちょうどその頃に人も農作業の支度に取りかかり、田んぼに水を張って稲作の準備に入ります。
そして水を張った田に入ると足がかゆくなる、ということで、田の中にいた虫が足に入ってかゆくなったのだ、と誤解し、「水虫」という語が使われるようになった、と言われています。

水虫の病原菌としては、日本では次の2種類の白癬菌が知られています。
トリコフィトン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィトン・メンタグロフィテス(趾間(しかん)菌)という名前が付いたカビです。
白癬菌は、皮膚や毛の構成成分であるケラチンという硬いたんぱく質の一種を栄養源(エサ)にしています。
ですから、皮膚や毛が白癬菌の住みかになっているわけです。
白癬菌が皮膚に住み着いて水虫になってしまうと、それが自然治癒することはありません。
水虫の治療は、水虫の原因となっている白癬菌を殺す薬剤(水虫薬)を使います。

水虫の患部では、大人のカビ(菌糸)と子供(タネ、胞子)が住んでいます。
菌糸は薬剤で殺すことができますが、タネ(胞子)はかたい殻でおおわれており、薬剤に対する抵抗力が強く、容易には死にません。
胞子が生き残ると、やがてそれが発芽して再度水虫の病巣を作ります。

残念なことに、今の水虫薬は菌糸を殺す能力しかないのです。
そして、タネ(胞子)に対しては全くの無効です。
ですから水虫の治療は、患部に水虫薬を塗り続けて、タネ(胞子)が発芽して菌糸になるまで辛抱強く待つしかないのです。
タネが菌糸になれば、ようやく殺すことができますね。
この目的のために、水虫薬は1ヶ月以上(数ヶ月以上)塗り続けないといけない、とされているのです。
水虫を治すためには、根気よく薬を塗り続けましょう!

水虫菌とはどんなものかを解説したアニメがありますので、興味のある方はご覧ください。
水虫菌アニメ
また、ご質問にもお答えしますので、コメント欄にお知らせ下さい。

posted by 水虫博士 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

水虫の基礎知識 6、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは厳禁です

水虫患部の皮膚や爪は、白く変色していてはがれかかったりしています。
そんな患部を見ていると、つい指でつまんではがしたくなりますね。
でも、それは絶対にしてはならない行為なのです。

水虫とは、皮膚の一番外側の薄い層(角層)や爪にカビ(皮膚糸状菌または白癬菌)が寄生している皮膚病です。
このカビは、皮膚や爪の成分(ケラチンという蛋白質)をエサにして、皮膚や爪の中で生活しています。
このカビは皮膚や爪の組織の中にいますので、これらをはがし取ってしまう、ということは不可能です。
あるいは、カミソリで水虫がいる角層を切り取る、ということもできませんね。
皮膚や爪をはがしても、水虫菌が死ぬことはないのです。
水虫患部の皮膚や爪をはがしても、水虫菌にダメージを与えることは全くできない、ということを知識として持っておきましょう。

それどころか、水虫患部の皮膚や爪をはがすことは、水虫をとてつもなく悪化させることに直結します。
その実例を一つご紹介します。

8-20-1.JPG


上の写真は右足かかと部ですが、分厚いかかとの皮膚を広範囲にはぎ取ってしまっています。
周辺の皮膚からもわかるように、ここには広く水虫がありますね。
ご本人は水虫をはぎ取るつもりであったのでしょうが、はぎ取った皮膚の下の部分にも広く水虫菌が住んでいます、水虫菌をはぎ取ることなどできないのです。
皮膚をはぎ取ると、皮膚が欠損した部分には新しい皮膚が下から出てきますが、その際に菌も一緒に成長して盛り上がってきます。
新しい皮膚は水虫菌に取っては絶好のエサですので、菌も急速に繁殖するのです。
つまり、新しく隆起してきた皮膚層全体が水虫菌に汚染された層になります。
おわかりでしょうか、水虫をはがすつもりが、はぎ取った皮膚層全体が水虫の塊になるのです。
この部位を水虫道場処理液で処理すると、徐々に病巣が露出してきて、次の写真のように巨大な病巣が表面化します。

IMG_1077.JPG


ご覧のように、皮膚をはがした部分全体が巨大な分厚い水虫層の塊になっています。
水虫患部を手ではがすこと、いじることは厳禁です。
水虫患部が極端に悪化しますし、さらに運が悪ければ手の爪に水虫菌が入って爪水虫になり、手の爪水虫を介して全身に水虫が広がることになりかねません。

似たような例として、かかとの角質を軽石でこすり取る、ということも水虫患部を広げます。
軽石は皮膚よりも硬いので、正常な皮膚がこすり取られて傷つき、そこへ菌が入って患部が拡大する、ということになります。

水虫は、水虫薬を使って治すしか方法がありません。
このことを知識として持っておきましょう。


posted by 水虫博士 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

水虫の基礎知識 5、水虫薬は毎日塗る、広い範囲に塗る

水虫は、水虫薬をちょっと塗ったくらいでは治りません。
水虫薬は毎日塗ることが必要であり、それも広い範囲に水虫薬を塗ることが必要です。

1、水虫薬は毎日塗る
水虫薬に含まれている有効成分は、水や溶媒に溶けにくい性質を持っています。
そして、このために皮膚を透過しにくいのです。
皮膚の中に住み着いている水虫菌を殺すためには、ある程度の濃度の薬剤成分が皮膚の中にあることが必要であり、この薬剤濃度を維持するためには水虫薬を毎日塗り続けることが必要です。

水虫薬を毎日塗ることの必要性は、もう一つの理由からもあります。
水虫菌は、皮膚の角層という一番外側の薄い層に住んでおり、大人のカビと子供のカビ(タネ、胞子)が生活しています。
大人のカビは薬剤処理で殺すことができるのですが、タネ(胞子)は堅い殻で覆われていて頑丈であり、水虫薬では殺すことができません。
タネが残っていると、やがては発芽して大人の水虫菌になり、水虫症状が再発することになります。
それでは、どのようにしてタネに対抗すれば良いのでしょうか?
タネは水虫薬では死にませんが、タネが発芽して大人のカビになった瞬間を捉えて、水虫薬成分で殺すことができます。
皮膚下のタネはいつかは発芽するのですが、かといっていつ発芽するのかは全く不明です。
それで、水虫薬を毎日塗って皮膚内の薬剤濃度を維持し、タネが発芽してくるのを待ち構えて殺す、という方法しか残されていませんね。

水虫薬は、皮膚症状が消えたあとも、ずっと塗り続けることが必要です。
いや、皮膚症状が消えたあとこそが大切です。
治った、と思って油断すると、水虫再発が待っています。

2、水虫薬は広い範囲に塗る
水虫による皮膚症状は、もともとあまり激しくはありません。
そして、いつの間にか皮膚症状が見えなくなったりします。
ですから、どの皮膚範囲が水虫であるのか、眼で見てもわかりにくいのです。

「隠れ水虫」という言葉があります。
この言葉は、一見すると正常な皮膚の下に水虫がある、というもので、隠れ水虫は意外と多いのです。
このように、水虫の病巣がどこであるのか、眼で見ても正確にはわかりません。
それで、患部と思える部位にはできるだけ広く水虫薬を塗ることが必要なのです。
市販の水虫薬は少量しか入っていませんので、広く塗れ、といわれても迷いますよね。
まあ、自分で納得できる範囲で塗る、ということになります。

冬至も過ぎ、これからは陽射しも強くなってきます。
いよいよ水虫菌も活動を始めてきます。
生きものを相手にするのは大変です!


posted by 水虫博士 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

水虫の基礎知識 4、三日坊主では治りません

水虫と初めて出会ったとき、普段はきれいで何もないはずの足裏や指の間の皮膚に、水泡ができたり、あるいははがれたりしているのを見つけます。
これらの皮膚症状には、かゆみを伴うことも多いです。
このとき、それ以上は気にせずに、放置する人も多いでしょう。

それらの皮膚症状を見て、「あ! 水虫だ」と思って、水虫薬を買ってきて、数回患部に薬を塗ったとします。
すると、かゆみも治まり、そのまま皮膚症状のことは忘れてしまう、ということになりそうですね。
水虫とは、このように大した症状もないのが特徴です。
このために、水虫薬を塗ることをすぐに止めてしまうことになりがちです。
すると、また皮膚症状が出てきて、しばらく薬を塗って、また放置する、という悪循環を繰返します。
そして、年を経るごとに水虫症状は悪化していき、皮膚組織や爪組織の障害が積み重なって重度の水虫へと進行します。

水虫薬を使う場合に、知っておかないといけない基礎知識があります。
1、皮膚科や薬局の水虫薬は、水虫を治す効果が十分ではありません。
  患部に水虫薬を塗っても治りにくいのです。
  このことを知っておくことが、先ず、必要です。
  ですから、例えば1週間程度水虫薬を塗った、という程度では水虫は決して治りません。
2、水虫の原因となるのは、カビ(白癬菌)です。
  皮膚や爪に寄生しているカビを根絶することは、とても難しいのです。
  カビは、子供(タネ、胞子)を産生しますが、皮膚の下にいるタネを殺す薬剤はありません。
  つまり、水虫薬を塗っても、タネは死なない!のです。

このように、水虫薬をちょっと塗ったくらいでは、水虫は治りません。
患者は、効果が良くない水虫薬を使わざるを得ませんので、あとは患者自身の努力でできるだけ長期間水虫薬を使い続けることしかできませんね。
「患者が途中で水虫薬を塗るのをやめてしまうので、水虫が治らないのだ」、という趣旨の意見を見かけますが、これはとんでもない言いがかりで、水虫薬が効かないから水虫が治らないのです。

私の手元には、水虫を完全に治す薬剤がありますので、これを医薬品として開発したいと考えています。
水虫を治せる薬剤が必要ですね。


posted by 水虫博士 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

水虫の基礎知識 3、水虫薬の剤型と特徴

市販の水虫薬(皮膚科、薬局)には、液剤、クリーム、軟膏、エアゾールなどのさまざまな剤型があります。
これらの剤型は水虫による様々な皮膚症状の特徴に合わせて作られていますが、それらの特徴を素人である一般の水虫患者が理解することは簡単ではありません。
ですから、一般の水虫患者としては、皮膚科医の診察あるいは薬局薬剤師と相談して、あなたの皮膚症状に適した水虫薬の剤型を選んでもらうのが最善です。

ここでは、一般的な水虫基礎知識として、水虫薬の各種剤型による特徴をご紹介します。
水虫薬の剤型に応じた使い分け方としては、カサカサした乾燥タイプ(小水疱型水虫)には液剤やエアゾールを、ジクジクした湿潤タイプ(趾間型水虫)にはクリームや軟膏を、ひび割れしたりただれたりしているタイプ(角化型水虫)には軟膏を使用するのが良いとされています。
それでは、各種剤型の詳細な解説を以下に述べます。

液剤は、水虫患部が乾燥したタイプの水虫に用いられます。
水虫を殺す成分である抗真菌剤は水に溶けにくく、このため溶剤としてアルコールなどの有機溶剤が使われています。
患部にひび割れやただれ、傷などがある場合には、アルコールが沁みて痛みを感じることがありますので、液剤は使わない方が良いでしょう。
特に、趾間水虫では趾間の皮膚が弱くて炎症を起こしているケースが多いので、クリーム製剤、軟膏を使うのが好ましいでしょう。
液剤の特徴としては、水虫に対する効力が他の剤型のものよりも強いことが挙げられます。
クリームや軟膏では皮膚を保護する基材成分が入っており、その結果として水虫菌に対する効果が弱められます。

エアゾールは液剤と同じ使い方をしますが、ワンタッチで使える便利さがあります。

クリームや軟膏は、水虫患部が湿潤したタイプに用いられます。
クリームと軟膏の違いは、水虫薬の基剤にあります。
クリームの基剤は、油脂と水とを界面活性剤で混ぜ合わせたものを使っているために、伸びがよくべとつきがありません。
クリームは使用感が良いので、良く使われています。
特に、皮膚が弱い趾間の水虫では、クリーム基材の皮膚保護作用が好ましい効果をもたらしますので、クリーム剤が第一選択薬剤になっています。

軟膏は、油脂製の基剤(ワセリンなど)の中に抗真菌剤を溶解させています。
このため、べとべとした使用感がありますが、ひび割れした水虫患部に適しています。

上記の使い分け方は、一つの目安としてご理解いただければよいでしょう。
実際の水虫薬の使い方としては、しばらく使用してみて、ご自分の好みに合った、一番使いやすいものを皮膚科医や薬剤師に伝えてください。


posted by 水虫博士 at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

水虫の基礎知識 2、水虫菌の種類

「水虫」という言葉は俗語です。
「水虫」は、人や獣(けもの)の皮膚組織にカビが寄生している皮膚感染症を広く意味します。
カビは、正式には真菌という巨大な生物群に属するものですが、ヒトに対する病原性を持つものはごく限られています。

皮膚真菌症の種類と患者数については、日本における大規模な疫学調査の結果が報告されています(2002年)。
それによると、皮膚糸状菌症(白癬症)が89%、皮膚カンジダ症が8%、癜風(でんぷう)・マラセチア症が2%となっており、これらがいわゆる水虫と呼ばれているものになります。
興味のある方は、原著もご覧ください。

上に書きました、皮膚糸状菌症(白癬症)、皮膚カンジダ症、マラセチア症が真菌による皮膚感染症である、と法的に認められていることになります。
それぞれの皮膚感染症の原因菌は、下記のものになります。
 皮膚糸状菌症:トリコフィトン属菌、ミクロスポルム属菌、エピデルモフィトン属菌
 皮膚カンジダ症:カンジダ属菌
 マラセチア症:マラセチア属菌
日本における皮膚糸状菌症の起因菌としては、トリコフィトン・ルブルムとトリコフィトン・メンタグロフィテスが全体の90%以上を占めるといわれています。
また、最近では格闘技の競技者の間で流行しているといわれている、トリコフィトン・トンズランスによる頭部水虫も話題になっていますね。
動物由来の皮膚糸状菌としては、犬小胞子菌(ミクロスポルム・カニス)が良く知られています。
例えば、野良猫を拾ってきて飼っていると、顔や腕に赤くて丸い小さな斑点ができることがありますが、これが動物由来の水虫です。
 ブログ記事の例 写真例

上記の3種類の真菌は皮膚真菌症の病原菌として指定されていますので、これらの菌は普通の実験室では取り扱いが禁じられています。
水虫の人はどこにでもいますので、これらの3種の病原菌はそこら中に散らばって落ちているのですが、そしてこれらの菌の感染力や病原性も弱いのですが、許可を得て登録した施設でないと扱えない、という変なことになっています。
そしておそらくはこの制限があるために、皮膚科医ですらこれらの菌を扱うことは容易ではなく、これらの病原菌に関する研究がとても遅れてしまっています。

最近になってカビの遺伝子解析による同定技術が進展し、上記3種類以外のカビによる皮膚真菌症が大学の研究室レベルで話題になるようになってきました。
例えば、爪真菌症(爪水虫)の原因菌として、アスペルギルス菌やフサリウム菌が報告されています。
 爪真菌症の例
また、私が検討している範囲内では、雑多な真菌が皮膚真菌症の原因菌となっていることが明らかになりつつあります。
現在皮膚科領域で使われている水虫薬は、上記3種類の病原菌を用いて試験・開発されたものですので、それ以外の雑多なカビが原因菌である場合には当然のことながら効きません。
水虫薬が効きにくい理由の一つが、この学問的な遅れにあるのです。


posted by 水虫博士 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

水虫の基礎知識 1、水虫の部位と名称

前書
このブログでは、これまでに二度にわたって「水虫の基礎知識」講座を書きました。
そして今回、さらに詳細な「水虫の基礎知識」講座を書きたいと考えています。
第1回目は、「1、水虫の部位と名称」です。
読者諸賢のご質問なども歓迎します。

1、水虫の部位と名称
「水虫」という言葉は、とてもよく知られています。
しかし、それ以上の詳しい話になると、ほとんどの方が何も知らないと思われます。
水虫とは、皮膚の一番外側のごく薄い層(角質層、または角層)にカビ(白癬菌)が寄生している皮膚病です。
水虫は、普通は足の裏や足指の間(趾間)、足の爪にできることが多いのですが、それ以外にも手や体幹部、股間、頭部など、身体中どこにでもできます。
つまり、カビが付着して感染した部分が水虫になります。
そして、感染している部位に応じて、多様な固有名詞がついています。

水虫の感染部位に対応した名称を下図に示します。

        yjimage.jpg

まず、足の水虫からご紹介しましょう。
足の皮膚に最初にできるのは、小水泡型水虫です。
これは、小さな水泡を伴う皮膚症状ができるもので、足裏や足指間(趾間)にできて、強いかゆみを伴うことが多いです。
この小水泡型水虫が慢性化してくると、皮膚層全体に水虫菌が住み着いて皮膚が硬くなっている角質増殖型水虫へと変貌します。
小水泡型水虫は水虫薬を塗ることで治せる可能性がありますが、角質増殖型水虫は内服薬の適応になります(つまり、とても治りにくいです)。
小水泡型水虫、角質増殖型水虫および趾間水虫の症例(写真付き)を添付します。
 小水泡型水虫の例
 角質増殖型水虫の例
 趾間水虫の例

足の水虫でもう一つ多いのが、爪水虫です。
爪は皮膚組織の一種で、爪にもケラチンという蛋白質が含まれており、白癬菌のエサになります。
爪水虫も基本的に内服薬の適応になります。
 爪水虫の例

手の水虫は、基本的に足の水虫の場合と同様です。
手に特異的な特徴はないようです。
 手の水虫の例

インキンタムシは,股間(陰股部)にできるものです。
股間は湿気が多く、水虫や皮膚カンジダ症ができる部位になります。
 陰股部水虫の例

タムシ・ゼニタムシは、体部(体幹部、上下肢)にできる水虫です。
体幹部にできる難治性の水虫は、頑癬という固有名詞があるほどに治りにくいようです。
 体部水虫の例

しらくもは、頭部にできる水虫です。
頭部には毛髪が多く、毛髪中にもケラチンが含まれていますので、毛髪や毛根部なども水虫に感染します。
それでも、基本的には皮膚の水虫と同じであると考えて良いでしょう。
 頭部水虫の例

以上のように、身体中あらゆる部位で水虫はできてしまいます。
一旦水虫に感染すると、それは自然治癒しないようですので、水虫薬を使って治療するしかありません。
上記のどの部位の水虫にしても、治りにくいことに変りはありません。

posted by 水虫博士 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

水虫の基礎知識 全14編の目次

水虫の基礎的な知識を解説したシリーズ・「水虫の基礎知識」は、前回までで終了しました。
水虫はなぜ治りにくいのか、どうすれば水虫を治すことができるのか、などの問題点をわかりやすく解説しましたので、興味のある方はご一読ください。
「水虫の基礎知識」・全14編の目次とリンクを挙げておきます。

水虫の基礎知識
1、水虫の部位と名称:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/114536877.html
2、白癬菌の種類:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/114732587.html
3、水虫薬の剤型と特徴:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/114781475.html
4、三日坊主では治りません:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/114829562.html
5、毎日欠かさずに薬を塗る:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/114883468.html
6、薬は広い範囲に塗る:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115069388.html
7、あなたは本当に水虫ですか:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115120737.html
8、足をよく洗って乾燥させる:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115171538.html
9、室内の清潔・清掃:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115220338.html
10、市販水虫薬の買い方:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115360611.html
11、外用水虫薬(1):http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115414850.html
12、外用水虫薬(2):http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115457169.html
13、水虫ってどんな虫?:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115503480.html
  (水虫菌アニメ:http://wdcm.nig.ac.jp/byogen/anime/mizu/index.html
14、履き物、靴下について:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/115552352.html
posted by 水虫博士 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

水虫の基礎知識 14、履き物、靴下について

水虫のセルフケアの第一は、足を乾燥させることです。
足を乾燥させるために、できるだけ通気性の良い素材やデザインの履き物・靴下を選びましょう。

履き物は、足にぴったり合ったものがムレが少ないといわれています。
靴ひものついたものでは、あまりきつく締めないようにしましょう。
粗い素材でできた中敷を履き物の底に敷いて手まめに交換するのも良いでしょう。
通気性の点から選ぶなら、足先のあいたサンダルが理想的です。

毎日長時間靴やブーツをはく人は、休憩時間などを利用して靴を脱いで足を乾燥させましょう。
できれば数足の靴を毎日履き替えると、靴の乾燥もできます。
ブーツは若い女性に好まれていますが、足が高温多湿になりますので水虫になりやすくなります。
ブーツをはく人は、足の清潔乾燥に留意しましょう。

靴下(ソックス)は、5本指のものが水虫症状を軽減するといわれています。
5本指靴下は足の指が密着するのを妨げて指の間の湿気・温度を発散させますので、水虫の皮膚症状が大きく改善されるのです。
素材も綿などの天然素材が良いですね。

水虫はカビ(白癬菌)による皮膚感染症ですので、履き物や靴下の選択だけでは水虫症状を軽減することはできても水虫を治すことはできません。
水虫を治すためには、水虫薬を使ってカビを消滅させるのが最善です。
大切な家族に水虫をうつさないためにも、水虫薬を使って完治させる努力が必要ですね。
posted by 水虫博士 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

水虫の基礎知識 13、水虫ってどんな虫?

水虫、という言葉は、おそらく誰でも知っている言葉でしょう。
でも、水虫という言葉から想像することといえば、不潔、オジサンがかかる病気、などが代表的で、特に女性からはとても嫌われています。

この水虫とは、いったいどういう病気なのでしょうか。
虫、というからには、不気味な格好をした変な虫が皮膚の中でうごめいているのでしょうか。

実は、水虫とは、皮膚にカビが寄生して起こる病気なのです。
正確には、白癬菌というカビが皮膚に住み着いています。
水虫という名前が付いてはいますが、カビですから自分で動くことはできません。
これでは名前の付け方が間違っていますね(笑)。
春先になると、田んぼに水を張るなどの作業が始まりますが、ちょうどこの頃になると水虫も活動を始めてきますので、皮膚症状やかゆみが出てきます。
昔の人は、田んぼの水の中にいる虫が足に付いたのだと理解したのでしょうね。
これが水虫の語源だといわれています。

日本では主に2種類の白癬菌が水虫の原因になっています。
トリコフィトン・ルブルム(紅色菌)とトリコフィトン・メンタグロフィテス(趾間(しかん)菌)という名前が付いたカビです。
白癬菌は、皮膚や毛の構成成分であるケラチンという硬いたんぱく質をエサにしています。
ですから、皮膚や毛が白癬菌の住みかになっているわけです。

白癬菌が皮膚に住み着いて水虫になってしまうと、それが自然治癒することはまずありません。
水虫の治療は、水虫の原因となっている白癬菌を殺す薬剤(水虫薬)を用います。

水虫は、治りにくいことがよく知られています。
ところが、カビそのものは、割と簡単に死んでしまいます。
それでは、なぜ水虫は治りにくいのでしょうか?
その答えは、カビのタネ(胞子)にあります。

胞子はかたい殻でおおわれており、薬剤に対する抵抗力が強く、容易には死にません。
胞子が生き残ると、やがてそれが発芽して再度水虫病巣を作ります。
ですから、水虫の治療は、この胞子を絶滅させるまで続けないといけないのです。
この目的のために、水虫薬は1ヶ月以上塗り続けないといけない、とされているのです。
水虫を治すために、根気よく薬を塗り続けましょう!

水虫菌とはどんなものかを解説したアニメがありますので、興味のある方はご覧ください。
水虫菌アニメhttp://wdcm.nig.ac.jp/byogen/anime/mizu/01.html
posted by 水虫博士 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

水虫の基礎知識 12、外用水虫薬(2)

前回は、1日1回使用の水虫薬についてご紹介しました。
今回は、それ以外の水虫薬で追加説明するのが良いと思われるものを少し解説します。

1、ルリコン(一般名:ルリコナゾール)
ルリコン(科研)は、最近開発された水虫薬で、強力な抗真菌作用を持つ、とされています。
臨床使用年数が浅いためにまだ薬局では扱われておらず、皮膚科で入手できます。
ルリコンを使ってみようかと思う、新しいもの好きな方は、皮膚科で入手してください。
ルリコナゾールhttp://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/050519html/index3.html

2、ヨモギエキス
秦の始皇帝が探し求めたという不老不死の妙薬は、実は琉球(沖縄)のヨモギであったといわれています。
ヨモギエキスは、民間伝承薬として古くから水虫の治療に使われてきました。
このヨモギエキスを高濃度で含む薬剤は、水虫に対してとても良く効きます。
一度お試しください。
水虫専科http://y20113jp.ocnk.net/

3、クロトリマゾール
皮膚科などで現在使われている水虫薬の基礎をひらいた、歴史的な薬剤です。
クロトリマゾール(バイエル)は1970年代に市場に登場した薬剤で、白癬菌に対する抗菌価(MIC)は0.25〜1mg/mlと優れている上に、カンジダやでん風菌などにも広く効力があり、水虫薬の主流として一時代を築きました。
現在使われている水虫薬は、このクロトリマゾールを改良した成分が使われています。
クロトリマゾールを含有する薬剤は今でも第一線で使われており、ピロエース(ゼファーマ)、スコルバ(武田)などがあります。
クロトリマゾールは、良く効く水虫薬です。
posted by 水虫博士 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

水虫の基礎知識 11、外用水虫薬(1)

現在、1日1回の使用で水虫菌に対して満足できる効果を示す水虫薬(抗真菌剤)が、水虫治療の主流になっています。
これらの水虫薬について、少し解説したいと思います。

1日1回使用の水虫薬の一般名、皮膚糸状菌(水虫菌)に対する効果(MIC,mcg/ml)、主な商品名は次のとおりです。
  ビフォナゾール  5以上で殺真菌作用      マイコスポール(バイエル)
  ネチコナゾール  0.04〜0.39         アトラント(エスエス)
  ラノコナゾール   0.0024〜0.0116     ウィンダム(第一三共)、アスタット(ツムラ、医療用)
  テルビナフィン   0.001〜0.1         ラミシール(三共)
  アモロルフィン   0.0012〜0.008      ダマリンエース(大正)
  ブテナフィン    0.0015〜0.05       ブテナロック(久光)、スコルバダッシュ(武田)

MIC,mcg/mlとは、カビの発育を抑えるもっとも低い濃度(minimum inhibitory concentration)の略で、1ml中のマイクログラム数(ppm)で表示しています。
なお、上記のMICは、いわば製薬会社の自己申告に該当する数値ですので、絶対的な強度比ではないことを注記します。

これらの薬剤は、水虫菌に対する効果が強く、1日1回の使用で水虫菌に対する効果を発揮するとされています。
そして、少量で効果があることから、これらの薬剤は副作用の出方も少なくなっています。

上記の化合物のうち、ビフォナゾール、ネチコナゾール、ラノコナゾールはイミダゾール系化合物であり、P450に作用してエルゴステロール合成を阻害し、高濃度では膜障害を起こして殺菌的に作用します。
テルビナフィンとブテナフィンは第三級アミン系化合物であり、スクワレンエポキシダーゼに作用してエルゴステロール生合成を阻害します。
アモロルフィンはモルフォリン系化合物であり、レダクターゼやイソメラーゼに作用してエルゴステロール生合成を阻害します。

上記の薬剤のうち、どれがあなたに一番合う薬か、ということは確かめてみないとわかりません。
つまり、試行錯誤か、運しだい、ということになります。
どれか一つを使ってみて、不満なところ、たとえばかゆみがあるとか効き目が悪いといったところが出てくれば他の薬剤に変える、ということで良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

水虫の基礎知識 10、市販水虫薬の買い方

薬局へ行くと、膨大な種類の薬が陳列棚に並べられています。
どこに何があるのやら、見当もつきません。
ようやく水虫薬のコーナーにたどり着いても、これまた多くの商品が並んでいて、何を選べば良いのか、迷います。

薬局には薬剤師がいます。
薬剤師は薬のスペシャリストであり、豊富な専門知識を持った方も多くいますので、先ず薬剤師に相談しましょう。
あなたの症状を十分に確認した上で薬を選んでくれる、あなたのお気に入りの薬局を見つけておくと、心強いですね。

水虫薬を買う際には、あなたの症状を正確に伝えることが大切です。
いつから、どのような症状が、どのように出たのか、そして今までどのような薬を使ったのか、などを要領よく話しましょう。
薬物アレルギーの経験がある人は、そのことを伝えましょう。
妊娠中あるいは妊娠している可能性のある人は、胎児に影響しない薬物はないでしょうから、水虫治療を先延ばしする方が賢明です。

水虫薬は、1日1回使用の商品を選ぶのが良いです。
これらの商品は最近に開発されたもので、水虫に対する切れ味がよく、水虫処理に適しています。
1日2〜3回使用の商品は前の世代の水虫薬で価格が安いですが、水虫に対する効果がやや劣ります。
1日1回使用の水虫薬を選び、入浴後か就寝前に薬を塗ることを習慣づけるのがもっとも好ましいですね。

なお、皮膚科で使用されている水虫薬は、そのほとんどのものを薬局で販売しています。
皮膚科でしか入手できない水虫薬としては、「ルリコン(一般名ルリコナゾール)」があるだけです。
内服用水虫薬は、皮膚科だけで入手できます。

水虫薬の詳細について知りたい方は、次の情報をご覧ください。
抗真菌外用薬:http://medicine.cug.net/cgi/search/12_03.html
posted by 水虫博士 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

水虫の基礎知識 9、室内の清潔、清掃

日本では、水虫の家族内感染が非常に多いことが判明しています。

水虫に関する大規模な疫学調査で、「同居家族に水虫の人がいる」という要因がある場合には22.3倍という高確率で水虫患者が存在する、ということがわかりました。
このことは、家族からの水虫感染が高い確率で起きていることを示します。
日本では家の中をはだしで歩く習慣があること、かつ気候も高温多湿であることから、同居家族からの水虫感染の機会が多いものと考えられます。
http://www.japan-foot-week.gr.jp/column/result/index.html

水虫菌は、水虫患者の皮膚からはがれた細かな皮膚破片の中に含まれています。
この破片が家族の足に付着し、湿度の高い靴の中などで家族の皮膚の中へと入っていくのです。
このような家族内感染が起こらないように、次のことに留意しましょう。
  床、カーペット、たたみをよく掃除しましょう。
  風呂場の足拭きマットは手まめに交換し、洗濯しましょう。
  履き物の共用は水虫感染のもとになりますので、避けましょう。

上記の注意事項は、裏返していえばどこで水虫の感染するのか、ということを明示しています。
まず第一に、履物(靴、スリッパ)の共有は厳禁です。
水虫患者の履物には、水虫菌がむき出しになって付着していますので、それをはけば間違いなく水虫に感染します。
共用している風呂などの足ふきマットにも、水虫菌が付着しているとされています。
室内のたたみの上にも水虫患者の皮膚の破片が落ちていますので、それらが足に付着すると水虫に感染することになります。
室内の清掃は、水虫感染防止に役立ちます。

水虫にかかっている人は、大切な家族に水虫をうつさないようにする義務があります。
家庭内では素足で歩かないこと、などの家族への配慮が必要です。
そして、水虫を治す努力をすることが、なによりも大切です。
posted by 水虫博士 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

水虫の基礎知識 8、足をよく洗って乾燥させる

水虫を治すためには、毎日根気よく水虫薬を塗り続けることが大切ですが、それとともに日常のセルフケアも大切です。
水虫のセルフケアの基本は、足(水虫患部)の清潔と乾燥です。

入浴時には、せっけんを使って足全体をていねいに洗ってください。
特に、足の指の間は汚れがたまりますので、やさしく、ていねいに洗いましょう。
指の間の皮膚は弱くて敏感ですので、ゴシゴシ洗うと皮膚を傷めることになります。
洗ったあとはせっけんをよく洗い流しましょう。
せっけんは普通のものでかまいません。
入浴しない日も、帰宅時あるいは就寝前に足を洗うように習慣付けましょう。

洗ったあとは、足を乾燥させましょう。
指の間の水をていねいにふき取り、しばらくははだしのままで十分に乾かしてください。
指の間がくっついている人は、指の間を広げるようにしましょう。
温風器や扇風機を利用するのもよい方法です。

人間の身体は70%以上が水分である、といわれています。
同じように、カビである水虫菌も大部分は水分でできています。
足の指の間を乾燥させて水分をなくしてしまえば、水虫菌は増殖しにくくなります。
足の指の間の汚れは、水虫菌のエサや住みかになります。
指の間の汚れを毎日ていねいに除去すれば、水虫菌が付着して生存する場所がなくなります。
指の間の汚れを除けば、効果的な水虫予防法にもなるでしょう。


指の間を乾燥させる方法として、5本指ソックスはとても効果があります。
5本指ソックスは指の間が直接くっつくことを防止して風通しを良くする効果があり、指の間の水分を発散させます。
シルク、綿、麻などの天然素材の5本指ソックスは水分をよく吸収しますので、より効果的です。
5本指ソックスを使えば、指の間に汚れがたまりにくくなる効果も期待できます。
安価な5本指ソックスでも十分な効果があると思われますので、一度試してみてください。

なお、足を洗う際に、指の爪で皮膚をつまんだり、かいたりするのは厳禁です。
爪の中に皮膚の破片が入り、爪水虫になってしまいます。
posted by 水虫博士 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする