2009年03月04日

水虫の基礎知識 7、あなたは本当に水虫ですか

足の裏に水泡ができている、あるいは、足指の間に皮膚のはがれがあり白く変色している、などの皮膚症状を見つけると、多くの人はこれは水虫だ、と思うことでしょう。
そして、薬局へ行って水虫薬を買ってきて自分で治療する方も多いと思われます。

しかしこのような場合、その皮膚症状が水虫ではない可能性も大きいのです。
最近の大規模な疫学調査で、「私は水虫です」といって皮膚科を受診する人の5.5%が、実際には水虫ではないことがわかっています。
下の図に示すように、3420人中189人が水虫ではなかったのです。
水虫ではない人が、いくら水虫薬を塗っても、良くなるはずがありません。
それどころか、皮膚症状は悪くなる一方でしょう。

re-image-05.gif

http://www.japan-foot-week.gr.jp/column/result/index.html

実は、皮膚科専門医院を受診しても、水虫菌がいるかどうかの検査をせずに水虫だと診断してしまい、実は水虫ではなかったというケースが多いそうです。
また、熟練した皮膚科専門医でも、見ただけでは水虫かどうか判断できないケースも多いといわれています。
(「水虫は1ヶ月で治せる」、30ページ、仲弥(なかわたる)、現代書林、2004年)

まして、われわれ素人には、水虫かどうか判断するだけの知識経験は皆無です。
水虫かな?と思ったときは、先ず皮膚科を受診して皮膚の患部に水虫菌がいるかどうかを確認してもらいましょう。
もし水虫菌の検査をしてくれない場合には、別の皮膚科へ行きましょう。

なお、自分で水虫薬を買ってきて治療する場合には、次のことに注意してください。
水虫薬の効果は、一週間程度ですぐに現れてきます。
水虫薬を塗っても一向に症状が良くならない場合や、逆にかゆみやただれがひどくなる場合には水虫以外の疾患かもしれません。
その場合には薬の使用をやめて、すぐに皮膚科を受診されることをおすすめします。
posted by 水虫博士 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

水虫の基礎知識 6、薬は広い範囲に塗る

水虫菌(白癬菌というカビ)は、人の皮膚に寄生しています。
この宿主(人)と寄生体(白癬菌)との関係は、実は太古の昔から連綿と続いてきています。
そして現在では、白癬菌は人体の常在菌になる一歩手前まで来ている、とする説もあります(西本勝太郎・長崎市立市民病院皮膚科部長、「みずむし」、28ページ、保健同人社、1996年)。

水虫は、人体の常在菌に近い・・・・!?
この理解は水虫を治す上で大変重要です。
つまり、人の皮膚と水虫菌(白癬菌)とは、ある程度の仲良しの間柄なんですね。
ですから、水虫菌が皮膚に寄生していても、表面上は皮膚に何の異常もないことが多いのです。
別の言葉で言えば、目には見えない「隠れ水虫」が多いのです。

私たちが水虫の存在を認識するのは、皮膚に何らかの異常・損傷が生じているのを見ることから始まります。
でも、皮膚の損傷が表面化する水虫以外にも、皮膚には何の異常も見られない隠れ水虫は、おそらくその何倍も存在するのです。

ここまでご説明すると、あとは何の付け足しも不要ですね。
水虫薬は、広い範囲に塗りましょう。
目には見えない水虫を消滅させるために!

皮膚科医が推奨する、薬を塗る目安は次のとおりです。
足の指の間に病変がある場合は、指全体を含めて足の先2分の1ぐらいまで、
土踏まずの辺りに病変がある場合には、足の裏全体と足の縁まで、
の広い範囲に薬を塗りましょう。

水虫に勝つ(水虫菌を消滅させる)のは、容易ではありません。
水虫に悩む人は、できる限りの全力で水虫と取り組みましょう。
水虫とは、とんでもない強敵なのですから。
posted by 水虫博士 at 09:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

水虫の基礎知識 5、毎日欠かさずに薬を塗る

皮膚科へ行くと、水虫薬は毎日欠かさずに塗りましょう、といわれます。
この指示には、それなりの理由があります。

成熟した大人の水虫菌は、水虫薬を塗ることによって簡単に死滅してしまいます。
しかし、水虫菌のタネ(胞子)は薬剤耐性を持っており、現在使われている水虫薬はこのタネに対して全く効果がありません。
私たちにできることは、毎日欠かさずに水虫薬を塗って皮膚内の薬剤濃度を維持し、やがてタネから発芽してくるであろう水虫菌を待ち構えていて殺す、という方法しかないのです。
もし何日間も水虫薬を塗らないで放置していると、タネから発芽した水虫菌が成熟して、再度タネを再生産してしまう余裕を与えることになります。
これでは水虫を治すことができませんね。
水虫薬は、毎日欠かさずに塗ることが大切です。

もう一つの理由としては、現在皮膚科で使われている水虫薬は皮膚への浸透性がとても悪いのです。
ですから、毎日水虫薬を塗って、皮膚内の薬剤濃度を高める努力がいるのです。

水虫菌はカビですので、自分で動く(移動する)ことができません。
ですから、もし皮膚の新陳代謝が進行して古い皮膚が垢としてはがれてしまえば、水虫菌も一緒にはがれてしまいます。
このことは、水虫菌にとっては死を意味しますね。
このため、水虫菌は皮膚の新陳代謝を抑制する能力を身につけています。
つまり、水虫患部では新陳代謝が起こらず、水虫菌によってボロボロに食い荒らされた皮膚の残骸が何層にも積み重なっているのです。
水虫薬を塗ることによって水虫菌を消滅させると、やがてその部分の皮膚が新陳代謝能力を回復して、ボロボロに食い荒らされた皮膚が垢としてはがれてきます。
この現象が起きると、その部分の水虫が治ったことになります。
水虫を治す、ということは大変な作業であり、根気よく何ヶ月間も水虫薬を塗り続ける努力が必要です。

最近の水虫薬は、1日1回の塗布で有効であるとされています。
入浴後あるいは就寝前に薬の塗布を行うことを習慣付けておくと、薬の塗り忘れも防げます。
入浴後には皮膚がふやけて柔らかくなっており、薬がしみこみやすくなっていますので薬剤効果も高くなり、おすすめです。

薬は毎日欠かさずに!
これが水虫治療の鉄則です。
posted by 水虫博士 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

水虫の基礎知識 4、三日坊主では治りません

水虫というと、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。
足の裏にできた水疱や、足指の間にできた皮膚のはがれなどの皮膚症状が水虫であると思われていることでしょう。
あるいは、それらの皮膚症状に伴うかゆみも水虫の特徴ですね。

しかし、これらの皮膚症状そのものが水虫であるとお考えでしたら、それは見当違いもはなはだしい、と言わざるを得ません。
水虫とは、何の皮膚症状も表わさない隠れ水虫が圧倒的に多いのです。
上記の皮膚症状を表面化させている水虫菌は、カビが寄生していることを人に気づかれる、いわばドジな水虫菌です。
何の皮膚症状も表面化させることなく、皮膚の奥深くでひっそりと生活しているカビ(水虫菌)こそが、水虫菌の正体なのです。

前置きが長くなりましたが、上記の基礎知識がないと水虫を完治させることができません。
水泡や皮膚のはがれ、かゆみなどのある水虫に対して水虫薬を毎日根気よく使っていると、やがて皮膚が更新されてきれいな皮膚を回復します。
このとき、多くの方は水虫が治った、と判断するでしょう。
しかし、これは大きな間違いです。
きれいに見える皮膚の奥深くでは水虫菌の本隊が昼寝をしていますし、無数の水虫菌のタネ(胞子)が残っているのです。
皆さんが水虫であると認識している皮膚症状は、変性した皮膚組織そのものであって、水虫菌とは何の関連もありません。
皮膚症状がなくなったから水虫薬を塗らなくなった、というのでは、やがて水虫(皮膚症状)が100%再発します。

水虫を治すためには、水虫薬を塗ってきれいな皮膚を回復してからこそが本当の勝負になります。
皮膚の奥深くで生きている水虫菌を完全に消滅させるまで、根気よく何ヶ月間も処理を継続するしかないのです。
それでは、どれくらいの期間処理を続ければ水虫完治になるのか、ということについては、残念ながら明確な答えを出しにくいのが現状です。

この記事では、
「水虫薬を塗っているとやがてきれいな皮膚を回復するが、そのきれいに見える皮膚の下には水虫菌の本隊が残っているので、さらに数ヶ月間は水虫薬を使いましょう」、
ということをご紹介しました。
皆さん、水虫完治まで頑張りましょう(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

水虫の基礎知識 3、水虫薬の剤型と特徴

市販の水虫薬には、液剤、クリーム、軟膏、エアゾールなどのさまざまな剤型があります。

これらの剤型の使い分け方としては、カサカサした乾燥タイプ(小水疱型水虫)には液剤やエアゾールを、ジクジクした湿潤タイプ(趾間型水虫)にはクリームや軟膏を、ひび割れしたりただれたりしているタイプ(角化型水虫)には軟膏を使用するのが良いとされてきました。
しかし最近ではこれらの薬剤間の特徴の差が少なくなり、基本的には各人の好みで剤型を選べば良いといえそうです。

液剤は、水虫患部が乾燥したタイプの水虫に用いられます。
水虫を殺す成分である抗真菌剤は水に溶けにくく、このため溶剤としてアルコールなどの有機溶剤が使われています。
患部にひび割れやただれ、傷などがある場合には、アルコールが沁みて痛みを感じることがありますので、使わない方が良いでしょう。
特に、趾間水虫では皮膚が弱くて炎症を起こしているケースが多いので、クリーム製剤、軟膏を使うのが好ましいでしょう。
液剤の特徴としては、水虫に対する効力が他の剤型のものよりも強いことが挙げられます。
クリームや軟膏では皮膚を保護する基材成分が入っており、その結果として水虫菌に対する効果が弱められます。

エアゾールは液剤と同じ使い方をしますが、ワンタッチで使える便利さがあります。

クリームや軟膏は、水虫患部が湿潤したタイプに用いられます。
クリームと軟膏の違いは、水虫薬の基剤にあります。
クリームの基剤は、油脂と水とを界面活性剤で混ぜ合わせたものを使っているために、伸びがよくべとつきがありません。
使用感が良いので、現在ではクリームが良く使われています。
特に、趾間水虫ではクリーム剤が第一選択薬剤になっています。
趾間では皮膚が弱く、クリーム基材の皮膚保護作用が好ましい効果をもたらします。

軟膏は、油脂製の基剤(ワセリンなど)の中に抗真菌剤を溶解させています。
このため、べとべとした使用感がありますが、ひび割れした水虫患部に適しています。

上記の使い分け方は、一つの目安としてご理解いただければよいでしょう。
実際の水虫薬の使い方としては、しばらく使用してみて、ご自分の好みに合った、一番使いやすいものをお選びください。
posted by 水虫博士 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

水虫の基礎知識 2、白癬菌の種類

水虫(白癬菌症)は、人畜共通感染症です。
すなわち、人の水虫は犬や猫などの動物にうつりますし、逆に動物の水虫も人へと感染します。

ここで、水虫菌の起源についてご紹介しておきます。
動物は、死ぬと土の上に横たわりますが、その死骸は土壌中に住む微生物によって分解されます。
当然、死骸の皮膚組織を分解する菌(カビ)もいるわけで、この皮膚分解を担っているカビが白癬菌の祖先になります。
この死骸の皮膚を分解するカビが、生きている動物に寄生するように進化したのが白癬菌です。
ですから、水虫は太古の昔から動物(ヒトの祖先を含む)に寄生していたわけです。
水虫が人畜共通感染症であることは、太古の昔から続いているわけですね。
俗説として、日本人最初の水虫患者は靴を愛用した坂本竜馬であるとか、北米大陸へ最初に上陸したジョン万次郎であるとかいう話がありますが、これらは全くの笑い話です(笑)。

白癬菌は、次の3つの属に分類されます。
1、トリコフィトン属(Trichophyton)
2、ミクロスポルム属(Microsporum)
3、エピダーモフィトン属(Epidermophyton)

上記の白癬菌のうち、日本ではトリコフィトン属に分類される紅色菌(トリコフィトン・ルブルム)と、趾間菌(トリコフィトン・メンタグロフィテス)の二つが主な水虫原因菌であり、この両者で95%程度を占めるといわれています。
最近では、格闘技(柔道)愛好家の間で流行しているといわれるトリコフィトン・トンズランス菌が話題になっていますね。
この菌は頭髪などの毛根に入るため、難治性であるといわれています。

動物由来の白癬菌としては、犬小胞子菌(ミクロスポルム・カニス)が良く知られています。
ペットとして猫や犬を抱いていると、そのペットから腕や顔に水虫がうつることになります。
赤く丸い円盤状の斑点が多数できるのが特徴です。

白癬菌が皮膚に寄生すると、その菌が自然消滅することはほとんどないと思われます。
ですから、水虫を治すためには水虫薬を使うしか方法がありません。
白癬菌はカビの一種であり、タネ(胞子)を作って増殖します。
このタネ(胞子)は薬剤耐性を持っており、容易には死にません。
タネが残ると、このタネが発芽して再度水虫菌になるわけですね。
水虫が頑強で治りにくい理由は、このタネの存在にあります。
なお、大人の成熟した水虫菌は、薬剤で簡単に死滅します。
posted by 水虫博士 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

水虫の基礎知識 1、水虫の部位と名称

水虫専科では以前に、水虫に関する基礎知識をご紹介するための基本講座を連載しました。
水虫の基本講座http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/17405318.html
早いものでそれから2年が経過し、私自身の水虫に関する理解も飛躍的に向上しました。
また、水虫を治すための処理液も開発できており、水虫を制覇したと自負できるまでに至りました。
そこで、現在の私の知識・経験をもとにして、水虫に関する基礎知識をご紹介するシリーズを再度書きたいと思います。

水虫というと、一般の方は足にできる皮膚病だと思われるでしょう。
しかし、水虫は白癬菌(水虫菌)というカビが皮膚・毛髪に寄生した皮膚病であり、水虫とは身体中どこにでもできるものなのです。
そして、水虫ができている部位に応じてさまざまな固有名称が使われていますが、これらはすべて白癬菌による水虫なのです(下図参照)。
体幹部、下肢、腕などにできるタムシ・ゼニタムシは、体部水虫(体部白癬)と総称するのが好ましいと思います。

          
mizu_01.gif


水虫は足にできる場合が圧倒的に多いのですが、その足の水虫を手でさわることによって手に水虫菌が付着し、その手を介して全身に水虫が広がっていきます。
特に、手の爪に水虫菌が入って爪水虫になると、その爪がふれるところには広範囲に水虫がうつっていくことになります。

足の水虫は、その部位によって4つに分けられます。
 1、指および指の間にある水虫は、趾(し)間型水虫です。
   指の間がふやけた状態になったり皮がむけたりしてかゆみを伴います。
 2、土踏まずや足裏の縁に小さな水泡ができるのは、小水疱型水虫です。
   強いかゆみを伴います。
 3、かかとが硬くひび割れして皮膚がぼろぼろとはがれるのは、角化型水虫です。
   かゆみはないのですが、一番治りにくいタイプで爪水虫よりも治りにくいといえます。
   水虫菌が付いた皮膚の破片が床に落ちて他人の足に付着しますので、他人への水虫感染源になります。
 4、爪が白く変色・変形するのは、爪水虫です。
   昔は不治の病といわれましたが、現在は内服薬療法で80%程度が治るといわれています。

水虫かどうかを確定するためには、皮膚科医による水虫菌の確認が必要です。
皮膚科医といえども、目で見ただけでは水虫かどうかを判定することは難しく、水虫菌の検査をしないで水虫だと診断する開業医が多いために、誤診が多いといわれています。
ましてや、素人が水虫かどうかを判断することは不可能です。
水虫ではないか、と思った時には、迷わずに皮膚科へ行きましょう。
そして、水虫菌の検査をしない(してくれない)場合には、別の皮膚科へ行きましょう。
posted by 水虫博士 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

水虫の治し方の基本講座

水虫の治し方について、基本的な事柄を全16回のシリーズでご紹介してきました。
このシリーズを読んで理解された方、そしてそれらを実行されている方は、万全の水虫対策ができています。
自信を持って水虫治療に取り組んでください。
それでも、水虫治療の上で疑問点などが出てくるでしょうが、必要に応じて皮膚科に相談するか、あるいは当水虫専科へお問合せください。

ここで、水虫の治し方の基本講座の目次とリンクを挙げておきます。
ご利用ください。

水虫薬の使い方
(1) 足水虫の4つのタイプ
(2) 剤形を使い分ける
(3) 三日坊主では治りません
(4) 毎日欠かさずに薬を塗る
(5) 薬は広い範囲に塗る
(6) 清潔と乾燥が大切
(7) あなたは本当に水虫ですか?
(8) 市販水虫薬の買い方
(9) スイッチOTCとは
(10) 市販薬と医療用医薬品の違い
(11) 外用水虫薬について
(12) 外用水虫薬について(続)
(13) 効能書き


水虫のセルフケア
(1) 足をよく洗って乾燥させる
(2) 室内の清潔・清掃
(3) 履き物


番外編
水虫薬の使い方
水虫ってどんな虫?
posted by 水虫博士 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

水虫薬の使い方(13) 効能書き

皆さんが市販薬を購入し、開封したときに薬ビンに折りたたんだ紙片をかぶせてありますが、これは効能書き(正式名称は添付文書)といいます。
この効能書きには、消費者が正しく安全に市販薬を使用するために必要な情報がもれなく記載されています(薬事法による)。

効能書きに記載されている内容は次のとおりです。
1、成分と作用
 1回または1日に使用する分量に含まれる有効成分の正式名称(一般名)と含有量
 有効成分による作用のメカニズム
2、効能
 有効成分が効力を発揮する適応症状
3、用法・用量
 1回に使用する量(水虫薬の場合には適量と表示されている)と回数
4、使用上の注意
 使用中あるいは使用後の注意点
 副作用
 保管・取り扱い上の注意点

市販の水虫薬はすべて外用で皮膚に塗布するものですから、その薬効も限定的で、副作用の出方も少ないので、神経質に効能書きにこだわる必要はありません。
唯一注意すべき点は、妊娠中あるいは妊娠する可能性にある人は、外用薬といえども水虫薬を使わない方が賢明です。
効能書きでは、「胎児に対する安全性は確立されていない」、と記載されています。
posted by 水虫博士 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

水虫薬の使い方(12) 外用水虫薬について(続)

前回は、1日1回使用の水虫薬についてご紹介しました。
今回は、それ以外の水虫薬で追加説明した方が良いと思われるものを少し解説します。

1、クロトリマゾール
クロトリマゾール(バイエル)は1970年代に市場に登場した薬剤で、白癬菌に対する抗菌価(MIC)は0.25〜1mg/mlと優れている上に、カンジダやでん風菌などにも広く効力があり、水虫薬の主流として一時代を築いた価値ある薬剤です。
クロトリマゾールを含有する薬剤は今でも第一線で使われており、ピロエース(ゼファーマ)、スコルバ(武田)などがあります。
私自身も、クロトリマゾールのアルコール溶液を用いて小水疱型水虫を完治させた経験を持っています。
クロトリマゾールは、良く効く水虫薬です。

2、エフゲン
エフゲン(大源製薬)は、全くの素人が開発した水虫薬です。
ウンデシレン酸とサリチル酸を含有しており、「角質を軟化させ薬剤が患部まで浸透しやすくした液剤」であると宣伝しています。
私の親しい知人がエフゲンを使っており、よく効く、とのことですので、ここでご紹介します。
エフゲンの特徴は、その宣伝どおりに患部まで薬剤が浸透する、という点にありそうです。
実は、今の水虫薬は、その薬効成分が水虫が生息している患部まで届きにくいのです。
薬が患部まで届かないから、水虫が治らないのです。
単純明快な話です。

3、ルリコナゾール
ルリコナゾール(科研)は、最近開発された水虫薬で、強力な抗真菌作用を持つ、とされています。
解説:http://medical.radionikkei.jp/suzuken/final/050519html/index3.html
ルリコナゾールを使ってみようか、と思う新しいもの好きな方は、皮膚科で相談してください。
posted by 水虫博士 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

水虫薬の使い方(11) 外用水虫薬について

現在、1日1回の使用で水虫菌に対して満足できる効果を示す水虫薬(抗真菌剤)が、水虫治療の主流になっています。
これらの水虫薬について、少し解説したいと思います。

1日1回使用の水虫薬の一般名、皮膚糸状菌(水虫菌)に対する効果(MIC,mcg/ml)、主な商品名は次のとおりです。
  ビフォナゾール  5以上で殺真菌作用      マイコスポール(バイエル)
  ネチコナゾール  0.04〜0.39         アトラント(エスエス)
  ラノコナゾール   0.0024〜0.0116     アスタット(ツムラ、医療用)
  テルビナフィン   0.001〜0.1         ラミシール(三共)
  アモロルフィン   0.0012〜0.008      ダマリンエース(大正)
  ブテナフィン    0.0015〜0.05       ブテナロック(久光)、スコルバダッシュ(武田)

MIC,mcg/mlとは、カビの発育を抑えるもっとも低い濃度(minimum inhibitory concentration)の略で、1ml中のマイクログラム数(ppm)で表示しています。
なお、上記のMICは、いわば製薬会社の自己申告に該当する数値ですので、絶対的な強度比ではないことを注記します。

これらの薬剤は、水虫菌に対する効果が強い上に、皮膚への貯留性も高く、1日1回の使用で水虫菌に対する効果を発揮します。
そして、少量で効果があることから、これらの薬剤は副作用の出方も少なくなっています。

上記の化合物のうち、ビフォナゾール、ネチコナゾール、ラノコナゾールはイミダゾール系化合物であり、P450に作用してエルゴステロール合成を阻害し、高濃度では膜障害を起こして殺菌的に作用します。
テルビナフィンとブテナフィンは第三級アミン系化合物であり、スクワレンエポキシダーゼに作用してエルゴステロール生合成を阻害します。
アモロルフィンはモルフォリン系化合物であり、レダクターゼやイソメラーゼに作用してエルゴステロール生合成を阻害します。

より詳しく、薬剤について知りたい方は、こちらを参照してください。

上記の薬剤のうち、どれがあなたに一番合う薬か、ということは確かめてみないとわかりません。
つまり、試行錯誤か、運しだい、ということになります。
どれか一つを使ってみて、不満なところが出てくれば他の薬剤に変える、ということで良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

水虫薬の使い方(10) 市販薬と医療用医薬品の違い

前回は、スイッチOTCについて解説しました。
例えば、ラミシール(塩酸テルビナフィン含有)には、医療用ラミシールと一般用ラミシールがあります。
その他、塩酸ブテナフィンを含むブテナロック(一般用)とボレー(医療用)、塩酸アモロルフィンを含むダマリンエース(一般用)とペキロン(医療用)などがあります。
これらのスイッチOTCは、医療用も一般用も同一の薬剤組成になっています。

現在の薬事法では、医療用医薬品では合剤(数種類の薬効成分を混合すること)が認められておらず、単一の薬効成分だけが含まれています。
ところが、以前には合剤が認められていた時代があったのです。

現在市販されている水虫薬でも、多数のものが合剤になっています。
例えば、ダマリンL液ハイは、抗真菌剤(水虫菌を殺す成分)である硝酸ミコナゾールのほかに、塩化デカリニウム、リドカイン、グリチルリチン酸ニカリウム、L-メントールが含まれています。
これらの配合成分の効果は次のとおりです。
   塩化デカリニウム:殺菌剤、患部を清潔に保つ
   リドカイン:局所麻酔剤、かゆみや痛みを緩和する
   グリチルリチン酸ニカリウム:抗炎症剤、炎症を鎮める
   L-メントール:かゆみや炎症症状をやわらげる、清涼感を与える

水虫薬として使用する場合に、単一成分のものが良いのか、それとも合剤が良いのか、単純に判断はできませんが・・・
市販の水虫薬としては、患部を清潔に保つという目的で殺菌剤が含まれている方が良いかもしれないな、とは感じます。

医療用水虫薬と一般用水虫薬の違いは以上のとおりです。
水虫菌を消滅させる、という基本的な性能には違いはありませんので、あとはその人の好みで商品を選べば良いことです。
posted by 水虫博士 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

水虫薬の使い方(9) スイッチOTCとは

最近の水虫薬には、スイッチOTCという言葉がよく使われています。
スイッチOTCとは、何でしょうか。

薬局・薬店で販売されている市販薬は、一般用医薬品あるいはOTCと呼ばれます。
OTCは、オーバー・ザ・カウンター(Over The Counter)の頭文字をとったもので、処方箋なしにカウンター越しに買えるという意味です。

一般用医薬品は消費者が自分の意思・判断で買えるものですので、作用が穏やかで副作用が少なく、安全性の高い薬効成分が選ばれています。
これに対して、医師の処方箋によって病院の薬局や調剤薬局で調剤される薬を医療用医薬品といいます。

スイッチOTCとは、医療用医薬品の中で比較的に作用が穏やかな薬効成分を一般用医薬品(OTC)として使用するようになったものを指します。
最近の水虫薬では、ラミシール(三共、医療用もラミシール)やブテナロック(久光製薬、医療用はボレー)が代表的なスイッチOTCです。

もともとは、新しく開発された医薬品(薬効成分)は、すべて医療用医薬品になります。
この医療用医薬品のうち、十分な臨床使用を経て有効性と安全性が確認された成分については、市販薬としての実験データを提出したのち承認を受けることによりスイッチOTCになります。

水虫薬の分野では、現在皮膚科で主に使用されているラミシールやメンタックス(科研、ブテナロックと同じ薬効成分)が薬局でも販売されていることになります。
このことの背景には、最近では新規な抗真菌剤(水虫薬)が開発されていないのだ、という皮肉な事情があるのですが・・・。
posted by 水虫博士 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

水虫薬の使い方(8) 市販水虫薬の買い方

薬局へ行くと、膨大な種類の薬が陳列棚に並べられています。
どこに何があるのやら、見当もつきません。
ようやく水虫薬のコーナーにたどり着いても、これまた多くの商品が並んでいて、何を選べば良いのか、迷います。

薬局には薬剤師がいます。
薬剤師は薬のスペシャリストであり、豊富な専門知識を持った方も多くいますので、先ず薬剤師に相談しましょう。
あなたの症状を十分に確認した上で薬を選んでくれる、あなたのお気に入りの薬局を見つけましょう。

水虫薬を買う際には、あなたの症状を正確に伝えることが大切です。
いつから、どのような症状が、どのように出たのか、そして今までどのような薬を使ったのか、などを要領よく話しましょう。
薬物アレルギーの経験がある人は、そのことを伝えましょう。
妊娠中あるいは妊娠している可能性のある人は、胎児に影響しない薬物はないでしょうから、水虫治療を先延ばしする方が賢明です。

水虫薬は、1日1回使用の商品を選ぶのが良いです。
これらの商品は、水虫に対する切れ味がよく、満足できる効果があります。
1日2〜3回使用の商品は、価格が安いですが水虫に対する効果が劣ります。

1日1回使用の水虫薬を選び、入浴後か就寝前に薬を塗ることを習慣づけるのがもっとも好ましいですね。


なお、薬局へ行きたくない方は、こちらをご利用ください。
水虫薬:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1357361.html
posted by 水虫博士 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

水虫のセルフケア(3) 履き物

水虫のセルフケアの第一は、足を乾燥させることです。
足を乾燥させるために、できるだけ通気性の良い素材やデザインの履き物を選びましょう。

履き物は、足にぴったり合ったものがムレが少ないといわれています。
靴ひものついたものでは、あまりきつく締めないようにしましょう。
粗い素材でできた中敷を履き物の底に敷いて手まめに交換するのも良いでしょう。
通気性の点から選ぶなら、足先のあいたサンダルが理想的です。

毎日長時間靴やブーツをはく人は、休憩時間などを利用して靴を脱いで足を乾燥させましょう。
できれば数足の靴を毎日履き替えると、靴の乾燥もできます。

靴下(ソックス)は、5本指のものが指の間の湿気を発散させますので好評です。
必要なら、手まめに5本指ソックスを履き替えましょう。


水虫専科では、足の乾燥、あるいは水虫・ニオイ対策に役立つ靴、ブーツ、靴下(ソックス)を選んでご紹介しています。
ご参照ください。
紳士用靴:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1415942.html
メンズ・ソックス:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1401596.html
レディース・サンダル、ミュール:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1415935.html
レディース・パンプス、ブーツ:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1415941.html
レディース・ソックス:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1408374.html
靴乾燥機:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/category/1397426.html
posted by 水虫博士 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

水虫のセルフケア(2) 室内の清潔・清掃

日本では、水虫の家族内感染が非常に多いことが判明しています。

水虫に関する大規模な疫学調査で、「同居家族に水虫の人がいる」という要因がある場合には22.3倍という高確率で水虫患者が存在する、ということがわかりました。
このことは、家族からの水虫感染が高い確率で起きていることを示します。
日本では家の中をはだしで歩く習慣があること、かつ気候も高温多湿であることから、同居家族からの水虫感染の機会が多いものと考えられます。
http://www.japan-foot-week.gr.jp/column/result/index.html

水虫菌は、水虫患者の皮膚からはがれた細かな破片の中に含まれています。
この破片が家族の足に付着し、湿度の高い靴の中などで家族の皮膚の中へと入っていくのです。
このような家族内感染が起こらないように、次のことに留意しましょう。
  床、カーペット、たたみをよく掃除しましょう。
  風呂場の足拭きマットは手まめに交換し、洗濯しましょう。
  履き物の共用は水虫感染のもとになりますので、避けましょう。

水虫にかかっている人は、大切な家族に水虫をうつさないようにする義務があります。
家庭内では素足で歩かないこと、などの家族への配慮が必要です。
そして、水虫を治す努力をすることが、なによりも大切です。
posted by 水虫博士 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

水虫のセルフケア(1) 足をよく洗って乾燥させる

水虫を治すためには、毎日根気よく水虫薬を塗り続けることが大切ですが、それとともに日常のセルフケアも大切です。

水虫のセルフケアの基本は、足の清潔と乾燥です。

入浴時には、せっけんを使って足全体をていねいに洗ってください。
特に、足の指の間は汚れがたまりますので、やさしく、ていねいに洗いましょう。
指の間の皮膚は弱くて敏感ですので、ゴシゴシ洗うと皮膚を傷めることになります。
洗ったあとはせっけんをよく洗い流しましょう。
せっけんは普通のものでかまいません。
入浴しない日も、帰宅時あるいは就寝前に足を洗うように習慣付けましょう。

洗ったあとは、足を乾燥させましょう。
指の間の水をていねいにふき取り、しばらくははだしのままで十分に乾かしてください。
指の間がくっついている人は、指の間を広げるようにしましょう。
温風器や扇風機を利用するのもよい方法です。

人間の身体は70%以上が水分である、といわれています。
同じように、カビである水虫菌も大部分は水分でできています。
足の指の間を乾燥させて水分をなくしてしまえば、水虫菌は指の間で生きることができません。

足の指の間の汚れは、水虫菌のエサや住みかになります。
指の間の汚れを毎日ていねいに除去すれば、水虫菌が付着して生存する場所がなくなります。
指の間の汚れを除けば、効果的な水虫予防法になるでしょう。


指の間を乾燥させる方法として、5本指ソックスはとても効果があります。
指の間が直接くっつくことを防止して風通しを良くする効果があり、指の間の水分を発散させます。
シルク、綿、麻などの天然素材の5本指ソックスは、水分を吸収して揮発させますのでより効果的です。
5本指ソックスを使えば、指の間に汚れがたまりにくくなる効果も期待できます。
安価な5本指ソックスでも十分な効果があると思われますので、一度試してみてください。
posted by 水虫博士 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

水虫薬の使い方(7) あなたは本当に水虫ですか?

re-image-05.gif

最近の大規模な疫学調査で、「私は水虫です」といって皮膚科を受診する人の5.5%が、実際には水虫ではないことがわかりました。
上の図に示すように、3420人中189人が水虫ではなかったのです。
http://www.japan-foot-week.gr.jp/column/result/index.html

水虫ではない人が、いくら水虫薬を塗っても、良くなるはずがありません。
それどころか、悪くなる一方でしょう。

水虫薬の効果は、一週間程度ですぐに現れてきます。
水虫薬を塗っても一向に症状が良くならない場合や、逆にかゆみやただれがひどくなる場合には水虫以外の疾患かもしれません。
薬の使用をやめて、すぐに皮膚科を受診されることをおすすめします。

実は、皮膚科専門医を受診しても、水虫菌がいるかどうかの検査をせずに水虫だ、と誤診するケースが多いそうです。
また、熟練した皮膚科専門医でも、見ただけでは水虫かどうか判断できないケースも多いそうです。
(「水虫は1ヶ月で治せる」、30ページ、仲弥(なかわたる)、現代書林、2004年)

まして、われわれ素人には、水虫かどうか判断するだけの知識経験は皆無なのです。
水虫かな?と思ったときは、先ず皮膚科を受診して正確な診断をしてもらうことが大切ですね。
posted by 水虫博士 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

水虫薬の使い方(6) 清潔と乾燥が大切

水虫の治療においては、水虫薬による治療とともに、日常のセルフケアが大切です。
セルフケアのポイントは、清潔と乾燥です。

4月9日付の記事、「みずむしに1番効果的だったものは何?」でご紹介しましたように、1割強もの人たちが、清潔・5本指ソックスが水虫に一番効果がある、と評価しています。
清潔・5本指ソックスの方が、水虫薬よりも効果がある、というのです!
http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/16337998.html

清潔と乾燥のポイントは次のとおりです
  毎日、石鹸で足をよく洗う
  通気性の良い5本指ソックスを使う、薄手の靴下をこまめにはき替える
  通気性の良い靴を選ぶ
  ときどき靴を脱いで足がムレないようにする、できればサンダルなどに履き替える

あなたの工夫で清潔と乾燥を保ち、水虫を退治しましょう。
posted by 水虫博士 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

水虫薬の使い方(5) 薬は広い範囲に塗る

水虫菌(白癬菌というカビ)は、人の皮膚に寄生しています。
この宿主(人)と寄生体(白癬菌)との関係は、長い年月をかけて連綿と続いてきています。
そして現在では、白癬菌は人体の常在菌になる一歩手前まで来ている、とする説もあります(西本勝太郎・長崎市立市民病院皮膚科部長、「みずむし」、28ページ、保健同人社、1996年)。

水虫は、人体の常在菌に近い・・・・!?
この理解は水虫を治す上で大変重要です。
つまり、人の皮膚と水虫とは、ある程度の仲良しの間柄なんですね。
ですから、水虫菌が皮膚に寄生していても、表面上は皮膚に何の異常もないことが多いのです。
別の言葉で言えば、目には見えない「隠れ水虫」が多いのです。

私たちが水虫の存在を認識するのは、皮膚に何らかの異常・損傷が生じているのを見ることから始まります。
でも、皮膚の損傷にまでいたる水虫以外にも、皮膚には何の異常も見られない隠れ水虫は、おそらくその何倍も存在するのです。

ここまでご説明すると、あとは何の付け足しも不要ですね。
水虫薬は、広い範囲に塗りましょう。
目には見えない水虫を消滅させるために!

皮膚科医が推奨する、薬を塗る目安は次のとおりです。
足の指の間に病変がある場合は、指全体を含めて足の先2分の1ぐらいまで、
土踏まずの辺りに病変がある場合には、足の裏全体と足の縁まで、
の広い範囲に薬を塗りましょう。

まあ、これを忠実に実行するのは大変ですが・・・がんばりましょう。
posted by 水虫博士 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の基礎講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする