2016年06月16日

水虫はなぜ治らないのか?

梅雨に入り、水虫の最盛期になりました。
水虫に悩む方にとっては、最悪の時節到来です。

水虫とは、皮膚の一番外側の皮膚細胞が死んでいる部分(角層、角質層)にカビ(真菌)が寄生している皮膚感染症の一種です。
水虫はなかなか治りませんが、それはこの皮膚最外層にいるカビを殺すことが難しい、ということを示しているわけで、ちょっと信じにくい話ですね。

カビが皮膚に寄生すると、このカビは自然死はしません。
つまり水虫は、水虫薬を使って皮膚に寄生しているカビを殺すしか治す方法がないのです。
皮膚に寄生しているカビは、そこで彼らなりに生活しているわけです。
皮膚の成分を分解して栄養分として吸収し、子供(タネ、胞子)を作って世代を継いでいきます。
ですから、皮膚の下には成熟した菌糸と胞子とがいるのです。

今の水虫薬は、成熟した菌糸の細胞壁を作れないようにする作用を持っていて、水虫菌を殺します。
つまり、成熟した菌糸を作れないようにする働きしか持っていません。
皮膚の下の水虫患部では、タネ(胞子)がいます。
このタネは分厚い殻に覆われていて、とても頑丈にできており、簡単に殺すことはできません。
柿の種は堅い殻に覆われていますね、これと同じです。
例えば食料品を保管しておくとカビが生えますが、この際にカビのタネを殺すためには塩素殺菌が使われます。
しかし塩素を人の皮膚に塗ることはできませんね、皮膚が死んでしまいます。
つまり、皮膚の下にいるタネを薬剤で殺すことはできません。

今の水虫薬は成熟した菌糸を作らせないだけですので、タネ(胞子)には全く作用せず、タネが発芽して菌糸になればそのまま水虫が再発してしまいます。
我々ができることは、水虫薬を長期間塗り続けて、タネが発芽して菌糸になろうとする瞬間を捉えて、菌糸を殺すしかないのです。
今の水虫薬が効かないのも当然のことですね。

以上にご説明したことが、水虫が治りにくいことの最大の原因です。
水虫を治せる水虫薬とは、何らかの機序でタネを消失させる機能を持っていないと話になりません。
この問題を解決するのは、相当に難しいでしょう!

その他にも、水虫を治しにくい理由はいくつかあります。
実は、カビ(真菌)は一般に病原性が弱く、人に対する病原菌にはなりにくいのです。
水虫菌(白癬菌、皮膚糸状菌)は病原性があり、人の水虫を作りますが、病歴が長くなるといつの間にか他のカビ(病原性がないもの)に置き換わってしまいます。
これを日和見感染などと表現します。
他のカビとは、キノコ菌など多くのものがあり、当然のことですが、水虫薬は全く効果がありません。
このことも、水虫を治しにくい大きな要因になっています。
水虫は、感染初期に治さないと、大変です!


posted by 水虫博士 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

顔カビ!

顔や肌に皮膚症状(皮膚炎)を起こすカビとして、「顔カビ」あるいは「肌カビ」と呼ぶものがあるようです。
これらの言葉はあまり聞き慣れないものですので、調べてみました。

人の顔や肌には、マラセチア菌というカビ(酵母の一種)が常在しています。
マラセチア菌は湿気と脂が好きなカビ菌で、皮脂を脂肪酸に代謝し、肌を弱酸性に保つという重要な働きをしてくれています。
しかし、皮脂が多いと繁殖しやすく、繁殖し過ぎると様々な皮膚炎を引き起こし、顔がかゆくなります。

これらの様々な皮膚炎としては、次のようなものがあります。
「脂漏性(しろうせい)湿疹」
鼻の脇、眉まわり、毛の生え際の皮がただれたような状態になる脂漏性湿疹は、皮脂の多い部分や過剰なお手入れによって顔カビが繁殖することで起きます。
かゆみはほとんどないのですが、症状がおさまったと思ったら、再発する可能性が高いという特徴があります。

images1.jpg


「マラセチア毛包炎」
マラセチア毛包炎は、顔カビが毛包で繁殖して炎症を起こします。症状はニキビと似ていますが、抗真菌剤を使わないと治りません。

hadakabi5.png


「アレルギー性湿疹」
アレルギー性湿疹は、カビが原因となってアトピー性皮膚炎が悪化しているものです。
健康な肌なら顔カビの影響は受けにくいのですが、免疫力が落ちていたりして、肌が過敏になっている時などには、かぶれなどが起こることがあります。
かゆみの強さ、赤い湿疹、かぶれなどを特徴とします。

「顔カビ発生危険リスト」がありますので、興味のある方は参照して下さい。

マラセチア菌による皮膚炎(癜風、でんぷう)は、白癬菌による水虫、カンジダ菌による皮膚炎(皮膚カンジダ症)とともに皮膚真菌症に属します。
これらの皮膚炎は、カビを殺す抗真菌剤(水虫薬)を使わないと治りません。
皮膚科あるいいは薬局で相談することが望ましいでしょう。



posted by 水虫博士 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

水虫 目がテン!で特集

6月20日に、目がテン!で水虫の特集があったそうです。
その主な内容が紹介されていました。

水虫、目がテン!大実験
「一昨日(6月20日)の、日本テレビ「所さんの目がテン!」という番組で「水虫」を特集した放送がありましたので、その内容をまとめてみました。
<かゆ〜い水虫! 抜き打ち検査に戦々恐々>
今年4月の新聞に、南米の水虫(トンズランス感染症)が流行しているという記事が掲載されました。
そこで、矢野さんの足を顕微鏡検査してみると、白癬菌(水虫菌)が見つかりました。
先生:靴の中は、温かくて湿っているので水虫菌が繁殖しやすいんです。

<裸足で暮らす人から水虫発見? 意外な感染源>
先生:白癬菌は、人間が生活している環境いたる所にいますし、土の中にもいます。
所ジョージ:じゃあ、裸足で山なんて気軽に歩けなくなっちゃうねぇ。
矢野さん:土の上を裸足で歩いたとしても、24時間以内に洗えば白癬菌は落ちますので、感染することはごく稀なんです。
それに、白癬菌が活発に繁殖しやすい環境は、温度25℃以上30℃以下、湿度90%以上です。
だから、熱い砂浜や熱いアスファルトの上には白癬菌はいないんです。
佐藤アナ:熱い砂浜や熱いアスファルトなんて、一部じゃないですか地球上で。
矢野さん:土の中で白癬菌は、無くてはならない存在なんですよ。
そこで、地中の白癬菌の役割を調べてきました。
先生:白癬菌の仲間が、最もケラチンを分解する力が強いです。
矢野さん:ケラチンとは、動物などの毛や皮膚に多く含まれる成分で、一般的な細菌やカビ(真菌)では非常に分解されにくいんです。
ところが、白癬菌は特にケラチンを分解する能力が高く、毛や皮膚を分解して自然に還元しているという重要な働きがあったんです。
所ジョージ:それは重要だと思いますねぇ。
白癬菌は自然界には必要ですけどね、足には必要ないな。
矢野さん:いやいや、人間の皮膚にも白癬菌が大好物のケラチンがありますので、居たって仕方が無いんです。
佐藤アナ:大事なこと忘れてます。
だって、水虫のせいで足が臭くなるじゃないですか!
水虫の悪を証明するため、白癬菌の臭いを嗅ぎに行って来ます。

<水虫は臭い? 数兆倍の臭いに佐藤アナ絶句>
先生:これが全て白癬菌です。
この中に足の水虫の数兆倍の菌が繁殖しています。
佐藤アナ:あれっ、予想していたクサイ!っていうのは全然無いです。
足のクサ〜イ人の臭いに比べると、許せる程度の臭いです。
わずかにトイレのような臭いは感じたんですが、思ったより臭くないので拍子抜けでした。
矢野さん:数兆倍に繁殖した菌よりも、まだ靴の方が臭いんです。
足が臭いのは、白癬菌のせいじゃない!
白癬菌の臭いとは、白癬菌が繁殖する際に出る排泄物の臭いなんだそうです。
所ジョージ:じゃあ、足の臭いは何なんだよ。
矢野さん:それは、足の皮膚に常在する別の菌が、脂肪を分解した時に出る臭いなんです。
ですから、白癬菌とは別の原因なんです。
所ジョージ:我々はイメージで生きているってことですねぇ。
《以下省略》」
http://blog.sumiyoshi-clinic.com/?eid=1073659

足のにおい(靴の中のにおい)の主成分は、酪酸であったと思います。
足(靴の中)では雑菌が繁殖しており、足から分泌される成分を分解して酪酸などのにおい成分を産出します。
水虫菌は皮膚の奥深くで生息していますので、皮膚表面での出来事にはあまり関与していないわけです。
でも、水虫というと悪いイメージが定着していますから、足のにおいも水虫のせいだと誤解してしまうのですね。

足が不潔であれば水虫になる、というのも全くの誤解なのですが、足が不潔であればにおいが強烈になる、というのは正しいでしょう。
足を洗って清潔にしておけば、足のにおいも抑えられますし、水虫感染の予防にもなります。
今の暑い時期には、できるだけ足を洗って清潔にしておきましょう。
posted by 水虫博士 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

水虫の基礎知識を解説するブログ

立春も過ぎ、ずいぶんと暖かくなってきました。
家の外では春の光が乱舞し、生き物たちが活動を始めています。
ということで、水虫菌も動き始めており、水虫シーズンも間近いですね(笑)。

水虫専科では、いろいろなブログに紹介されている水虫関連記事の中から面白そうなもの、あるいは役に立ちそうなものをご紹介しています。
これからも読者諸賢のお役に立つであろう情報をお知らせしていきたいと思います。

水虫の基礎知識を知りたい場合には、皮膚科専門医が書いた水虫に関する単行本を利用されるのが賢明で、多くの正確な知識を得ることができます。
インターネット上でも水虫を解説した専門サイトがいくつかありますが、それらは情報量が少ない場合が多くて、あまり実用的ではないようです。

今回は、水虫に関する基礎知識を紹介しているブログを一つご紹介します。
ブログのタイトルは、「水虫治療プロジェクト」で、著者は吉田彰吾さんというサラリーマンの方です。
水虫治療プロジェクトhttp://blog.livedoor.jp/mizumushi_com/
去年の11月末からスタートしており、ほぼ毎日新しい記事が掲載されています。
検索機能を利用して適当なキーワードを入力すれば、知りたい情報を得られるでしょう。
興味のある方は、お試しください。

当サイトではしばらく記事の更新を休んでいましたが、春の光とともに再開したいと思います。
ご愛読のほど、お願いいたします。
posted by 水虫博士 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

水虫徹底解剖

Yahoo!ヘルスケアスタッフのオフィシャルブログというのがありました。
このブログの一言メッセージは、「話題の健康法から気をつけたい季節の病気、「からだ相談」のお得なキャンペーンまで最新ヘルスケア情報が満載!」、だそうです。
もうすぐ梅雨入り? ということで、「水虫徹底解剖」という企画記事が公開されています。

「あっという間にゴールデンウィークが終わり、あと半月経てば6月。
 そろそろ沖縄を皮切りに、各地から梅雨入りの知らせが入るころです。
 ジメジメするこれからの季節、憂うつな人は多いのではないでしょうか?
 水虫徹底解剖:
 いまや、日本人の5人にひとりは「水虫持ち」なんだとか。
 水虫は男性がかかりやすいと思われがちですが、ストッキングやブーツなどをよく履く女性もかかりやすいのだそうです。」
もうすぐ梅雨入り?http://blogs.yahoo.co.jp/y_healthcare/38610590.html

「水虫徹底解剖」では、下記の4つの記事もリンクされています。
とんでもない強敵・水虫に勝つために、勉強しておきましょう(笑)。

水虫徹底解剖
  水虫白書 (5人に1人が水虫を持っている!?)
  知られざる水虫の生態 (水虫の正体と間違えやすい病気とは?)
  これが水虫退治法だ (予防・治療のポイントを紹介)
  水虫チェック (あなたは水虫に好かれるタイプ!?)
posted by 水虫博士 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

水虫最前線

「水虫最前線」 という表題の本が出版されています。
皮膚科診療最前線シリーズの中の一冊だということです。
私は、水虫を治すことに興味を持っていますので、この本を購入しました。
そして、この本の序文を読んで、とにかく驚きました。

その序文によると、最近では皮膚科などで真菌を確認したのちに経口抗真菌剤を投与している症例において、実際には真菌症(白癬、水虫)ではないケースが増えている、と書かれていました。
そして、そのような誤診を防ぐことを目的として、真菌症の診療について、この領域の達人たちに具体的な解説を行ってもらったのがこの本である、というのです。

つまり、水虫ではない患者に対して、内服水虫薬が延々と投与されているケースが多いということです。
このような誤診は、顕微鏡で真菌(白癬菌、水虫菌)を確認する際に、水虫菌ではないものを水虫菌であると判断しておきるのですね。
皮膚科を受診する患者としては、たまったものではありません。

このような誤診を避けるためには、公立病院の皮膚科へ行けば経験豊富なので先ず大丈夫でしょう。
でも基本的には、皮膚科医の皆さんに勉強してもらうしかありません。
これは疲れる話ですね。

なお、この水虫最前線という本には、水虫患者が水虫を治すためにはどうすれば良いのか、ということは書かれていません。
皮膚科医に対して、水虫とはどういうものかを解説しているだけですので、素人が読んでも何の参考にもなりません。
「水虫最前線」 渡辺晋一、宮地良樹編集、メディカルレビュー社、2007年。
posted by 水虫博士 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

ブーツと水虫ー独女通信

ブーツは、女性の足を暖かく保護する冬の必需品です。
しかし、足を暖かくすることによる悩みー水虫とニオイーも発生します。
ライブドアニュースの独女通信でも、この話題と対策を紹介しています。

「ブーツ大好き」な女性に迫りくる深刻な悩み」:記事全文

          06a4233d5dfc8592d2-m.jpg


秋から春先まで、足元の定番アイテムといえば、もちろんブーツ。今年もゾクゾク新しいデザインが登場し、女性たちは足元のオシャレを競っている。しかし、ブーツは女性に深刻な悩みも運んでくる。

第一三共ヘルスケアの調べによると、ブーツを履く人の82%が足の「ムレ」を気にしているとか。その足のムレがもたらす弊害。それは「ブーツ」と聞いて誰もが意識する、脱いだときの「ニオイ」だ。

足のニオイを防ぐためのグッズは「ブーツ専用消臭スプレー」「足専用消臭クリーム」などのキーワードで検索するとワンサカ出てくる。なるほど、みんな気にしているわけだ。ニオイを一時的に防ぐためにはスプレーやクリームも、それなりの効果を発揮する。しかし、一時しのぎばかりしていると次に待ち構えているものがある。それは「水虫」。ムレを温存するブーツは水虫の温床でもある。

上記三共ヘルスケアが提示する水虫のセルフチェック項目がこれ。
・足の裏や指の付け根に小さな水ぶくれができ、かゆみがある
・水ぶくれを破ると液が出てきて皮がめくれる
・足指の間の皮がむけて、赤くなっている
・足指の間が白くふやけている
・かかとや足の裏がガサガサして皮が厚くなっている
・足裏全体が粉をふいたようになっている
・保湿クリームをぬってもかかとのひび割れが治らない

ひとつでも「YES」があれば、水虫の可能性あり。すぐに病院か薬局で相談することをお勧めする。

ちなみに水虫は「スポーツジムのサウナ」や「温泉」のバスマットからもらってくることが多い。冬の独女が大好きな場所だ。もちろん「岩盤浴」も要注意。年中ムレ靴を履いているお父さんからもらうことも多いから、パラサイト独女も要注意。さらに付け加えると「水虫に年齢は関係ない」と言われるが、年齢が上がるほど水虫人口が増えるのも事実。水虫とて病気。免疫力が下がるほど、かかりやすくなるのだ。そして水虫は更なる足のニオイの原因になり、まさにデス・スパイラル。30歳を越えたら、必ず足のセルフチェックをした方がいい。

このブーツがもたらす「足のニオイ」と「水虫」を防ぐ最良の方法は、やはり「靴お手入れ」。大事なポイントは5つ。・使用後は陰干し。・通気性のよいブーツを選ぶ。・脱臭効果のあるブーツキーパーを使う。・替えのソックスを用意してはきかえる。・毎日同じブーツを履かない。
もちろん足のケアも大事。水虫菌は付着後24〜48時間以上経過しなければ、角質にまで入り込まないといわれている。つまり、外出後または温泉旅館など旅行先では、部屋に戻った後にもう一度足を洗ったり、拭き取ったりしてきちんと乾かせば大丈夫。足専用シャンプーや殺菌効果のある石鹸も効果があると言われている。しかしながら、ヤスリなどで皮膚を傷つけるのはNG。傷から菌が入り込むこともあるからだ。

今や水虫は「夏」ではなく「冬」の風物詩。飲み会でヘロヘロになったあとも、とりあえずは足だけでも洗って寝る習慣をつけるべし。そして、水虫になっちゃってる人は、恥ずかしがらずに即治療を開始しよう。
(オフィスエムツー/真鍋しまこ)
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2921494/detail

この記事では、水虫のセルフチェック7項目と、ブーツ(靴)の手入れ5項目とが紹介されています。
これらの項目に留意し、快適に冬を乗り切りましょう。
posted by 水虫博士 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

新しい水虫菌

少し前から、新しい水虫菌が話題になっています。
その水虫菌の名前は、トリコフィトン・トンズランス(Trichophyton tonsurans)といいます。

新しい水虫の秘密」:記事全文
トリコフィトン・トンズランス(Trichophyton tonsurans)
これが、その新しい水虫の原因菌(白癬菌)の名前ですが、
トンズランスという名前にビビビと来てしまいました。

このトンズランスですが、元々は日本にはいなかったものが、外国から持ち込まれたようです。柔道をはじめとする格闘技選手が海外の遠征先でもらってきて流行しているそうです。格闘技選手のみならず、家族内感染により主婦の方にも感染がみられているので、格闘技をしないからといっても他人事ではありませんよ。
この菌は感染力が強く、一度感染すると治りにくいので注意が必要。

白癬菌はヒトの角質層(アカ)・毛・爪などの主成分であるケラチンという蛋白質を食べて寄生するカビの1種。足にできると水虫、股にできるとインキンタムシ、体にできると(ゼニ)タムシ、頭にできるとシラクモと呼ばれる。このトンズランスは体・頭に寄生しやすいため、タムシ・シラクモという症状をおこす。

タムシは少しかさかさした、リング状の紅い発疹というのが典型的だが、この水虫菌による場合には症状が軽く、擦り傷やかぶれと思われることも少なくない。格闘技の性質上、顔・首・上半身に主にみられる。シラクモはふけやかさぶたが少しできる程度の症状の軽いものや、black dotといわれる、毛が途中で切れ、毛穴の部分が少し盛り上がって黒く広がるといった症状を呈することが多い。しかし、このトンズランスの特徴として毛穴の中に入り込んでヒトと共生するために、見た目にはほとんど症状が無いことも少なくない。髪が抜けやすくなる。

治療はつけ薬ではなかなか菌陰性化は難しく、可能であれば飲み薬による治療が勧められる。また、格闘技選手においては予防策として、トレーニング後のシャワー励行と共に、抗真菌剤含有シャンプーの使用も勧められている。感染が欧米諸国のように蔓延するのを防ぐ意味でも、予防および早期発見が非常に重要。

身近に格闘家のいない人も注意しておきましょう。。
柔道選手の皮膚真菌症:http://www.judo.or.jp/old/07antidoping/shippei_shinkin.html
神奈川県皮膚科医会-皮膚病の話-:http://kanahifu.umin.jp/story/story-09.html
http://blogs.yahoo.co.jp/suipelksa/42858200.html

水虫は治りにくい皮膚病ですが、その中でも特に治りにくいと強調されているのが、トリコフィトン・トンズランスによる水虫です。
できれば関わりあいたくないものです。
トリコフィトン・トンズランスは、頭髪などの毛穴に入りやすいとされていますので、毛穴の水虫(毛瘡(もうそう)の一種)になりやすいのでしょう。

毛瘡では、水虫菌が毛穴の奥深くに入り込んでいますので、塗り薬ではなかなか治りません。
そして、表面には何の症状もでない隠れ水虫になりやすいです。
これらの特徴は、トリコフィトン・トンズランスに限らず、一般的な水虫菌でも当てはまります。
逆に、トリコフィトン・トンズランスによる水虫が治りにくいとされているのは、頭髪などの毛穴に入ったケースが多いからかもしれません。

記事中に引用されている、柔道選手の皮膚真菌症:http://www.judo.or.jp/old/07antidoping/shippei_shinkin.htmlでは、この菌に対する対応の仕方が詳しく書かれていますので、参考になります。
posted by 水虫博士 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

ブーツと水虫

夏も過ぎて、徐々に気温も下がってきました。
そろそろ、ブーツをはきたいという女性も多くなってきそうです。

ブーツは、女性の足を暖かく保護する履物として人気があります。
ところが、その暖かさがあだとなり、ブーツをはく人に水虫患者が増えているそうです。
(テレビ番組「からだ元気科」で、「ブーツと水虫」を2月17日に放映)

間違いだらけの水虫の知識
1、水虫はおじさんがなる病気?
  水虫は誰でもなる。
  女性でも若い人でもなる。
2、水虫は不潔な人がなる病気?
  不潔な人がなるとは限らない。
  一番の原因は靴を長時間履くこと、特にブーツは水虫になりやすい。

ブーツの水虫三大要因
1、高温多湿・・・ブーツは、汗をかきやすい足を密閉状態にする
   温度15℃以上、湿度70%以上になる
   →水虫菌は、ブーツの中では冬でも盛んに活動する。
2、通気性が悪い・・・熱や湿気の逃げ場がなく、高温多湿になる
3、指の間が密着する・・・デザイン性重視のため爪先が尖っている
  →指の間を圧迫し、高温多湿を促進
   爪先に小さなかすり傷ができやすく、傷からは水虫菌が侵入しやすい

ブーツを履くときの注意点
1、なるべく通気性のよいブーツを選ぶ・・・ニット素材など
2、替えのソックスを持ち歩き、こまめに履きかえる 
  通気性のよい麻や木綿が良い
3、使用後はブーツをベランダなどで陰干しする
  その際、除湿剤や新聞紙を丸めて入れておくと効果的
4、ブーツを乾かしても、毎日同じブーツを履かない
  何足かをローテンションで履くのがよい

ブーツ愛用の皆さん、もしあなたの足に水虫らしきものを発見したら・・・
水虫は素人の手に負えるものではありません。
堂々と皮膚科でみてもらいましょう。
水虫になることは、恥ずかしいことではありません。
たまたま運悪く、水虫菌と接触しただけのことなのです。


「ブーツと水虫」番組内容の紹介:http://safaia40.jugem.jp/?eid=75
posted by 水虫博士 at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

水虫薬の内服療法にご注意!

片山敦さんは、新横浜にあるPET施設【ゆうあいクリニック】理事長をされており、一内科医として、一経営者として病気の情報、あるいは経営、医療環境に関する考え方を、「非公式な立場」で発信しています。
爪水虫の治療法としては抗真菌剤の内服療法が用いられていますが、この内服療法にはかなりの危険(副作用)が伴うことから、片山さんは、「抗真菌剤の内服療法は慎重に行うべきだ」 と警告しています。

爪の水虫見つけたら〜」:記事全文
松平健さんのCMでおなじみですね。

これはノバルティスという会社のCMで、「爪の水虫」を心配して「お医者さんに」行ったひとが「ラミシール」という飲み薬を処方されると嬉しいな、という意図の下に作成されています。ラミシールの薬価は1日分277.4円ですから、爪白癬が治るまで半年も飲んでもらえば、5万円ほどの売り上げになるわけです。

ところで、医師向けの書籍にはラミシールの項にこんな記述があります。

警告!! 外国において,重篤な肝障害(肝不全,肝炎,胆汁うっ滞,黄疸等)及び汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少があらわれることがあり,死亡に至った例も報告されている.本剤を使用する場合には,投与前に肝機能検査及び血液検査を行い,本剤の投与中は随伴症状に注意し,定期的に肝機能検査及び血液検査を行う等観察を十分に行うこと.本剤の使用に当たっては,添付文書を熟読のこと

!!も含めて原文のままです。結構怖くないですか?
死亡例もあるとしっかり書いてあります。

反論はあるでしょうが、私はこう思います。

・(1)皮膚科あるいは皮膚科で充分な研修を受けた他科の医師が、(2)顕微鏡で白癬症と診断し、(3)治療のデメリットがメリットを上回ると判断して、(4)きちんとした説明のうえで処方されていること。
・内服開始から2か月は毎月、それ以降は3か月に1回、(5)肝機能を含む血液検査をされていること。

それ以外の方は、処方医に相談されて、内服を考え直したほうが良いのではないでしょうか?
ラミシールのみならず、同様の薬効をもつ「イトリゾール」はなんと1日薬価5098.4円です。
どんな薬にも必ずメリット、デメリットはあります。ご存じないかもしれませんが、市販の風邪薬でも副作用死の報告があるのです。

処方した薬に関して患者さんが納得できるようにそれを説明するのは医師の責務です。私が一貫して申し上げているのは「医療従事者と患者さんが対等である医療」です。これは、リスクなど重要な医療情報においては特に重要だと思います。

「リスク」は医療以外でも当然の概念です。
例えば、「毎日」飛行機に乗っていると、200年に1回は墜落の危険があるといいます。それはほとんどの人にとっては無縁かもしれませんが、ある人にとっては今日のことかもしれません。そのリスクを上回るメリットがあると考えてあなたは飛行機に乗るのです。

先日の日記でも触れましたが、血圧180/100の方が、「薬の副作用が怖いから」と薬を拒むのはナンセンスだと思います。
健康を他ならぬ自分の問題としてとらえ、充分な情報のもとで正確な判断を下せる、そんな成熟した医療消費者の方々が増えてゆくことを祈りますし、私もそのための努力を続けたいと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/rijichonikki/17272640.html

片山さんは、爪水虫の治療にラミシールやイトリゾールなどの内服療法を使うのは、メリット(爪水虫解消)よりもデメリット(副作用)の方が大き過ぎるのではないか、と考えられているようです。
確かに、爪水虫があっても日常生活にはさほどの障害はありませんが、内服療法を行うと肝障害などの副作用が数%程度は発生します。
爪水虫の内服療法は慎重に行われるべきだ、とする片山さんの警告は説得力がありますし、また、医師としての良識の発露でもあります。
内服療法には、医薬メーカーの儲け第一主義という側面があることも指摘されています。

私の経験では、爪水虫は外用剤を用いる外用療法で簡単に治すことができます。
水虫道場の記事もご参照ください。
水虫道場・爪水虫の書庫:http://blogs.yahoo.co.jp/y20113jp/folder/1253774.html
posted by 水虫博士 at 05:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

水虫に関するアンケート結果

水虫「あきらめ」派が1割‐男性の半数は経験者
インターワイヤードと第一三共ヘルスケアが共同で「靴と水虫」に関するアンケート結果をまとめた。
調査はインターワイヤードが運営するネットリサーチサービス(DIMSDRIVE)を通じ、6月28日から7月3日に実施したもので、全国のモニター6889人(男3013、女3876)から回答を得た。
調査によると、男性の半数以上が水虫経験者だったほか、20代女性の2割以上が「水虫経験がある」と回答。
また、水虫を治療しない人の約1割は「どうせ治らないとあきらめている」ことが分かった。
詳しくはこちら↓↓↓
http://www.yakuji.co.jp/entry840.html
リンク元:薬事日報

男性の半数以上が水虫経験者とは、凄い数字ですね。
水虫は日本の国民病である、と言えます。
また、水虫を治療しない人の1割が、「どうせ治らないとあきらめている」、というのも問題です。

最近では、水虫に感染していても何の皮膚症状も出ない隠れ水虫が多いことがわかっています。
水虫感染者は、アンケート結果の数字以上に多数いるものと思われます。
水虫は治すことができるのですが、水虫の病態が正しく理解されていないこと、治療に手間がかかること、などが障害になっているのでしょう。
何とかならないものですかねぇ!
posted by 水虫博士 at 06:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

女性の水虫!?

街ジャニ∞で放送された、調査ファイル7・「女の水虫」を見ることができます。
女性の3人に1人は水虫経験者だ(2005年、三共調べ)、という街のうわさを検証する企画で、この放送は話題になりました。

それでは、映像をお楽しみください。
女の水虫:http://www.youtube.com/watch?v=Fkv7z60vndU
posted by 水虫博士 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

梅雨と水虫

本格的な梅雨となり、蒸し暑いカビの季節=水虫の季節、を迎えました。
テレビ番組の 「カラダのキモチ」 では、6月18日に 「梅雨と水虫」 を放映しました。
6〜7月の湿度が高いこの時期に、水虫患者が急増することに焦点を合わせたものです。
梅雨と水虫:http://safaia40.jugem.jp/?eid=245

番組の内容は、水虫の基礎知識に関するもので、次の項目に分けて解説されています。
  はじめに
  全身水虫マップ
  水虫はなぜ24時間で発症し 自覚症状がないのか?
  水虫の4つの病型
  水虫の予防・改善・撃退法
  爪の切り方

番組の内容はごく基礎的な水虫情報に関するものですので、興味のある方は基礎知識の確認をしてください。

番組の最後に、「爪の切り方」という独特の情報が提供されています。
「爪を丸く切る、切りすぎの人が非常に多いが、爪が食い込みやすく傷から白癬菌が侵入してしまう」、という情報は役立ちそうです。
私自身の爪水虫例でも、爪の両端部に患部があることがかなり多いです。
水虫感染の防止に配慮した爪の切り方が紹介されていますので、参考にしましょう。
posted by 水虫博士 at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

女性の3人に1人は水虫!?

のっさんは、テレビ番組で見た女性の水虫に関する話題をブログ記事の中で紹介しています。
テレビ番組:「スカ☆J」、関ジャニ∞の番組。
http://yaplog.jp/pur-cendrillon/archive/192

記事抜粋:
その番組の中のあるコーナーで、女性の3人に1人は水虫にかかっている!!!、って言ってたんですよ。
こわっ・・・・。
女性の場合、痒みを伴わない水虫で、足全体に広がるタイプの水虫らしいです。
オッサンのは指の間にできるタイプなんだって。
主に女性の場合、ストッキングをはいて毎日同じ靴をはいていると、蒸れて汗が出ても吸い取るもの(綿の靴下とか)がないから、どんどん靴の中に湿気がたまっていくんだって。
だから水虫菌が足全体に広がっていく・・・・・。
怖いねぇ〜、怖すぎて調べる気にもならないよねぇ。
ってことで、
足はよく洗い、
よく乾かし、
靴は毎日違うものを履き、
清潔を保ちましょう。

女性の3人に1人が水虫、という数字の信憑性はともかくとして、女性の水虫が増えている、ということでしょうね。
女性の場合、ストッキングをはくので靴に水分が溜まりやすい、という話は正しいと思われます。

のっさんが最後に書いているように、「足をよく洗って乾かし、靴は同じものを履かず、清潔を保つ」 ことが水虫対策として有効です。
当水虫専科でも、靴乾燥機をご紹介していますので、ご参照ください。
posted by 水虫博士 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

水虫を学ぶ本

水虫について知識を得るためには、やはり、皮膚科専門医が書いた水虫の解説書を読むことが必要です。
水虫の解説書はあまり多くはありませんが、それらのうちの代表的なもの4冊をご紹介します。
水虫に関する正しい知識を得て、水虫治療に役立ててください。

水虫Q&A
著者:群馬大学医学部皮膚科・宮地良樹教授、医薬ジャーナル社、1998年。
水虫研究の大御所・宮地教授の編纂による、皮膚科開業医を対象とした水虫専門書であり、水虫を知る上でこれ以上の本はありません。
内容は、一問一答形式で、多くの水虫専門医が、一つ一つの課題に答えています。
基礎、検査、診断、治療の4編に分類されており、水虫に関する専門知識が記述されています。
   T、基礎
   U、検査
   V、診断
   W、治療

みずむし 
著者:西本勝太郎・長崎市立市民病院皮膚科部長、保健同人社、1996年。
誠実な研究者である著者が、細心の心配りをしながら書き上げた、水虫治療の決定版です。
水虫患者が持つさまざまな悩みに、著者がわかりやすく答える、という形式になっていますので、あなたの悩みも解決できるでしょう。
内容は、みずむしの基礎知識、みずむしの治療Q&A,みずむしのセルフケアと予防Q&A、の3部構成に分けられています。
   第一部 みずむしの基礎知識
   第二部 みずむしの治療Q&A
   第三部 みずむしのセルフケアと予防Q&A

水虫は1ヶ月で治せる!
著者:仲弥(なかわたる)・皮膚科院長、現代書林、2004年。
優れた皮膚科専門医である著者が、水虫の基礎から診断、治療にいたるまでを体系的に詳しく解説しています。
水虫について大量の情報が記載されていますので、水虫好きの人には歓迎される、役に立つ本でしょう。
内容は、第1章の「水虫が治らない」のはどうして?、から第11章の最近のみずむしの傾向までの全11章に分けられています。

水虫を完全に治す本
著者:比留間政太郎・順天堂大学医学部付属練馬病院部長、マキノ出版、2005年。
水虫治療の権威が、水虫をわかりやすく解説した水虫入門書です。
手軽に水虫を理解したい、という人には好適です。
   第1章 みずむしとはどんな病気か
   第2章 水虫を綺麗に治す画期的治療法
   第3章 自分で簡単にできるみずむしの撃退法と予防法
   第4章 水虫を綺麗に治した体験者による喜びの報告
posted by 水虫博士 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

水虫ちゃんねる

main_left_default-150.jpg

わが国における足の病気の実態を調べる疫学調査を目的として、皮膚科専門医がJapan Foot Week(JFW)研究会をつくり、活動しています。

その活動の一環として、水虫に関する基礎的な医療情報を提供する「水虫ちゃんねる」サイトが公開されています。
http://www.japan-foot-week.gr.jp/index.html

水虫ちゃんねるでは、水虫および爪水虫の治療について、図解入りで解説されています。
また、全国の病医院サーチも収載されています(皮膚科専門医を検索)。

興味のある方は、ご覧になってください。
posted by 水虫博士 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

かゆ〜い水虫!完全撃退法(ためしてガッテン)

20010620t.gif


NHKのためしてガッテンで、「かゆ〜い水虫!完全撃退法」が放映されています(2001年6月20日)。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q2/20010620.html
但し、ためしてガッテンのホームページが更新された直後のようで、今現在はつながりません。
この要約編をダウンロードしていますので、重要な点をご紹介します。

まとめのガッテンタワー「かゆ〜い水虫! 完全撃退法」
 白癬菌 白癬菌はどこにでもいるので、菌が足にくっつくことはしょうがない
 足洗い 毎日一回足を洗って菌を除く、キズをつけないように注意
 靴選び ぴったりサイズの靴が足のムレを防ぐ
       同じ靴を毎日履かないこと
 特効薬 水虫薬はひと月以上塗らなきゃ完治せず
 
薬を塗るときのポイント
 風呂上がりに塗る。
  → 清潔にしてから
 左右の足の裏全面に塗る。
  → 菌は症状の出ていない部分にもいるかも知れない
 根気よく続ける(最低1か月)。
  → 新陳代謝で角質層が入れ替わるまで。

「検証!民間療法」
 実験:白癬菌を塗ったシャーレに効果のあるといわれるものを置いた。
 菌が生えなければ白癬菌を殺す効果あり。
 ⇒結果:
  ニンニク:少し効果
  酢:効果なし
  緑茶:効果なし
  アロエ:効果なし
  水虫薬:抜群の効果
これらの民間療法は皮膚障害を起こすおそれがあるのですすめられません
  焼けた砂浜を歩く
  ニンニクを塗る
  焼けた屋根がわらの上に立つ
  アロエを塗る
  ロウソクのロウをたらす
  酢を塗る
  タバコの火を近づける
  緑茶で洗う(茶殻をつける)
posted by 水虫博士 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

水虫菌アニメ

Trichophyton_mentagrophytes_micro-200.jpg

「病原微生物」という国の研究班が、水虫菌アニメを公開しています。
水虫菌アニメ:http://wdcm.nig.ac.jp/byogen/anime/mizu/index.html

このアニメは、水虫の成り立ちをわかりやすく解説したものです。
水虫菌の一種であるトリコフィトン・メンタグロフィテスの電顕写真が収載されています(上の写真)。
水虫菌のタネである胞子が頑強で死なないために水虫が治りにくい、ということも写真入で紹介されています。

興味のある方はご覧になってください。
なお、このアニメを見るためには、Flash Player 6 が必要です。
posted by 水虫博士 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の本、知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする