2009年05月16日

もしかして、水虫

足の皮膚が赤くなったりはがれたり、あるいはかゆみがあったりすると、誰しも水虫になったのかな、と思います。

もしかして、水虫
「少し前から 足の指の間が 赤くなって かゆみが出てきた。
そして、皮がめくれてきた。
腕のしつこい湿疹に処方されたアンテベート軟膏を塗ってみたが、あまり効かない。アンテベートは あせもや虫刺されには 抜群に効く。
これは、湿疹じゃないのかも・・・。
ダンナサンが ひどい爪水虫だ。
しかし、私は 足は蒸れないタイプで 移されない自信があった。
でも、これは 水虫っぽい。
そして、すごい勢いで 指の間から 小指の裏側までに 皮めくれが到達した。
これは やばい。
月曜日に 皮膚科を予約した。
そして、ダンナサンに 私がもし水虫だったら 一緒に治療しようと お願いした。
不妊治療の一環で いつも靴下をはいて カイロで足を温めて 蒸れやすい状況をつくってしまっていたんだなと 思った。
今までの私は 靴下嫌い、足も冷たく 蒸れ知らずだったから。
世の中 なかなか うまく いかないんだな〜」
http://blog.goo.ne.jp/patika04/e/c50e8baba3d2f7a447e01d26fa68c5eb

足の指の間が赤くなってかゆみがあり、皮膚がはがれてきたので、湿疹用のアンテベート軟膏(ステロイド軟膏の一周)を塗ってみた、ということで、これはこれで意味のある対処療法でしたね。
しかし、その結果として、すごい勢いで指の間から小指の裏側までに皮めくれが到達した、ということになりました。

このことは、この皮膚症状が水虫であったのではないか、と強く思わせるものです。
アンテベート軟膏を塗ると、ステロイドの作用によって皮膚の免疫機能が強く抑制されますので、それに乗じてカビなどが急激に増殖することになります。
つまり、水虫菌が増殖して、水虫の皮膚症状が一気に広がった可能性があるわけです。

この記事の後日談はまだ書かれていませんが、実際に水虫であったのかどうか、気になりますね(笑)。
posted by 水虫博士 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

水虫が再発

日本各地で夏日、真夏日を記録して、いよいよ暑くなってきました。
ということで、水虫も最盛期を迎えたようです。

水虫が再発
「3年前に左足に水虫を患ってから、その後1年に1回ほど再発.....
再発するのは決まって左足!
右足は患ったことはなし!
今夜、お風呂に入っていてシャワーのお湯が左足に直接かかったところ、微妙な痒さと痛さが.....
「やばい!水虫っぽい感覚!」
お風呂からあがって、即確認!
残念ながら、しっかり水虫が再発.....
以前、皮膚科でもらってた薬を塗り塗り.....
また1〜2週間ほど、塗り続けないと.....
毎回、きれいに治るまで薬を塗ってるんですがねぇ.....
完治してないんでしょうかねぇ.....
いやだなぁ〜!」

               images 123.jpg

http://blogs.yahoo.co.jp/mahalo617tommy/15388367.html

この方の水虫経歴?は、ごく一般的なものでしょうね。
水虫の皮膚症状ができているのを見つけて水虫薬を塗り、1−2週間で皮膚症状がなくなると、「水虫が治った」、と判断して薬を塗らなくなる・・・
しかし、これでは残念ながら水虫に勝つことはできません。

皆さんが水虫であると認識する皮膚症状は、実は水虫菌に食い荒らされた皮膚組織の一部が皮膚表面へと露出してきた皮膚の残骸でしかありません。
この皮膚症状そのものが、水虫菌なのでは全くありません。
それでは水虫菌はどこにいるのか、といいますと、水虫菌は皮膚の奥深くでひっそりとひそんでいるのです。

水虫の皮膚症状へと水虫薬を塗り、その結果として水虫菌の活性が弱まり、皮膚がきれいな状態に戻ったとしても、皮膚の下には水虫菌が健在なままなのです。
皮膚の下に潜んでいる水虫菌を消滅させない限りは、水虫菌がまた勢いを盛り返してきて、再度皮膚症状を表面化させることになります。

水虫薬は、少なくとも3−4ヶ月は塗り続けないと、全く勝負になりません。
水虫の一方的な勝ちで終わってしまいます(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ちょっとしたことで

五本指ソックスは、水虫の症状を和らげるとされています。
さらに、皮膚症状が出なくなった、という方もいるようです。

ちょっとしたことで

          06392abdf93f7f0abe83aad9bd3a3420.jpg

「ソフトの時に履くストッキングが穴だらけだ。
キャッチャーと言うのは座っている時間が長いので足先に荷重がかかる。
試合が終わると親指がもげそうになっていることもある。
爪もよく死ぬ。
チームメイトがそれを見て教えてくれた。
「五本指のストッキングだと破れにくいですよ」
そこで試しにユニクロで普通の五本指ソックスを買ってみた。
何かいい感じ……。
靴を履くと違和感はあるが、指がシッカリ意識できて新鮮だ。
気に入ったのでイオンでさらに種類を増やした。
2週間が経った。
足に異変が起こった。
それは大学の野球部時代からずっと治らなかった水虫が姿を消したのだ!
実に予想外の展開だった。
私の場合薬ではなかった。
当然今後私のソックスが普通のものに戻る予定は、ない。
ちょっとしたことで人生は大きく変わることに気付いた。 」
http://blog.goo.ne.jp/t-mikumo/e/e8e1c4c412dcd114191a7ffc5c151837

五本指ソックスを使ったところ、水虫の皮膚症状が消えた、ということですね。
皮膚症状がなくなれば、水虫だと思うこともないわけで、ご当人にとっては何よりの朗報だと言えます。

しかし、これで水虫そのものが治ったわけではないのです。
水虫だと判断する皮膚症状が消えただけであって、水虫菌は変わらずに皮膚の奥深くで健在です。
水虫は、いわば「隠れ水虫」の状態になったわけですね。

水虫の皮膚症状があった部位に水虫薬を塗れば、おそらくはその部分に皮膚症状が再現されてくるものと思われます。
それでも、皮膚症状がないのであれば、水虫菌が皮膚下にいても何の支障もないのですから、そのまま放置しても良いわけです。
あなたなら、どうします?
posted by 水虫博士 at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

水虫ごときに

水虫以外の目的で皮膚科へ行ったところ、水虫を指摘されるケースは結構あるようです。

低温やけど(つまらない記事)
「10年ほど前に電気カーペットにあぐらをかいて長時間作業をしていて右足の踝の外側の出っ張った部分が低温やけどみたいになって褐色の瘡蓋みたいになっていた。
これまで時々擦って瘡蓋を剥がしていて別に気にもならなかったが最近瘡蓋を取ろうとすると痛くて剥がせない。
カミさんに見せたら大騒ぎして足首を切断することになるかも知れないから病院に行って診てもらうようにと命令があったので皮膚科に行って来た。
マスクと手袋で完全武装した若い女医さんは大したことはないが削り取ってやると云う。
小生は痛くされるのは嫌だと云ったら、塗り薬を1週間塗って柔らかくしてから削り取れば痛くないからと塗り薬の処方箋を書いた。
小生の足を診ていた女医さんは、水虫がひどいと云って細胞検査をした。
その結果、飲む水虫の薬を3か月飲むようにと云われた。
この飲む水虫薬は肝臓に副作用があるとかで血液検査を毎月しなければならないから採血すると云う。
小生は水虫如きに貴重な血まで抜かれるのは嫌だと云ったが看護婦3人に取り囲まれて説得されて止む無く血を抜かれた。
薬局に薬をもらいに行ったら、2種類の薬が全く違う症状のもので不思議に思われたのか薬剤師がどういう症状かと聞くので血を抜かれたことを云いつけたら、薬剤師も医者の云うことは素直に聞くようにと云われてしまった。
迂闊に病院に行くものではない。」
http://blogs.yahoo.co.jp/muchiya1943/47758599.html

この方は、水虫にはあまり関心がないようにふるまっていますね(笑)。
それでも3ヶ月間も内服薬を飲み、毎月皮膚科で採血することに同意しているわけですから、結局は水虫を治そうとしているのでしょう。

この皮膚科では、内服薬の副作用の有無を確認するために採血するという手順を踏んでいます。
その点では信頼できる皮膚科医院ですので、この際水虫を治してしまうのが賢明です。
水虫はとんでもない強敵ですので、「水虫如きに・・」などと言っていると水虫に勝つことはできませんよ(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

水虫との闘い

市販の水虫薬は、多くの種類のものが売られています。
それらの中でどの水虫薬を選べば良いのか、という基本的な問題については、残念ながら試行錯誤で選ぶしかないのです。

水虫との闘い
「どうもA社の薬はよくない。
前回、まず買って使ったら、水虫は悪化、広がった。
歩くのにも影響があるくらい。
それで、B社に変えたら、次第におさまり、ほぼ完治。
完治してもしばらくは使いなさいという薬局のお兄さんの忠告に従って使っていた。
それが切れたので、A社の残りを使い始めたら、またまた悪化。
これはイカン。それで、すぐにB社のものを買い、使い始めた。
どこの薬も同じということではないようだ。
水虫との闘いの夏になりそうだ。
A社の残りは捨てた。
さらに研究して、孤独な闘いを続けるしかない、こうなったら、楽しみながら。」
http://blog.goo.ne.jp/swing-by_2006/e/25916c8c4d2afff53a88314930d9cc4c

この記事では、水虫薬の選択に関して重要な事柄が書かれています。
それは、水虫薬には個人ごとの相性のようなものがある、という事実です。
A社の水虫薬を使うと水虫が悪化した、ということですが、これはA社の水虫薬を使うと皮膚への刺激が強くて炎症反応が起きてしまい、この炎症反応を利用して水虫菌が増殖した、ということを示しています。
皮膚に合わない水虫薬を使うと水虫が悪化する、という貴重な情報ですね。

あるいはここまで極端でないにしても、使っている水虫薬が肌に合わなくて効果がない、ということも十分にあり得ます。
水虫薬の効果は1−2週間で得られるものですので、しばらく使ってみて効果がない場合には、別の水虫薬にかえるのが賢明です。
水虫薬は高価で少量しか入っていないのですが、頑固な水虫を治すためには多少の投資も必要です。
この点は、割り切るしかないですね。
posted by 水虫博士 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

夫婦で水虫

ご主人が水虫を持っており、その水虫が良くうつってくる、という主婦の嘆きが記事になっています。

春休みです
「(略)
今日、久しぶりに私の治療で病院へ行って来ました。
子供はタダですが親はお金がかかるので滅多に行くことはありません。
ちなみに前回は2年前でしたが・・・
今回は花粉症が悪化し夜はほとんど眠れない状態で、今朝、川で溺れた夢まで見てしまいました。
余程、鼻詰まりがひどかったのでしょう。
あとはちょっと恥ずかしいですが、水虫です。
旦那様が水虫なので私もよくうつります。
その度に市販のお薬のお世話になっていましたが、珍しく病院に行くので(皮膚科が併設なので)
一緒に診てもらうことにしました。
 本当は旦那様が一緒に治療しないとダメなんでしょうが、恥ずかしいのか病院に行ってくれないので、仕方ありません。
裸足の季節までに治るといいな。」
http://blogs.yahoo.co.jp/mmkh1031/13651393.html

ご主人の水虫がよくうつってくる、というのは、とんでもない災難ですね。
そんな状況でもご主人にあまり強くは文句も言えない、仕方ない、というのもつらいですね。

水虫は、そう簡単に治る(完治する)ものではありません。
この方の場合、一度うつされた水虫が治りきらずに、何度も再発してくる、という状況ではないでしょうか。
今回は、皮膚科で治療を受けるようですので、皮膚科医の助言を受けながら水虫完治を目指す良い機会です。
裸足の季節(夏)までに治るかどうかは何とも言えませんが、頑張るしかないですね。
posted by 水虫博士 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

水虫対策開始

桜も満開となり、ツバメも飛びかって、いよいよ水虫の本格的なシーズンが始まりました。

水虫対策開始
「昨日発見した水虫
早く薬をつけたいが、市販薬を購入する費用をケチり、病院の薬をもらうまでガマン。
と思っていたが、どうにも気になる。
そこで薬箱を探したら、妻が以前処方してもらったラノコナゾール軟膏を発見。
真菌薬と書いてあったので、菌に効くのではないかと思い、検索してみると・・・
ピッタリ水虫に効くとのこと。市販薬もこの成分が入っている。
そこで、昨晩の風呂上りから塗り始めた。
塗るポイントは
1.根気良く続けること
2.広範囲に塗ること
だそうだ。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyono_shin/58808584.html

今は100年に一度の不況とか、「あ、水虫だ」と思ってもなかなか水虫薬を買うことにもなりません。
自宅の薬箱の中にラノコナゾール軟膏があったとは幸運でしたね。

水虫薬を塗るポイントが2つ挙げられています。
1、根気よく薬を塗り続けること
2、広範囲に薬を塗ること
この2つは水虫対策として必須のことなのですが、いざこの2つを実行できるか、となるとこれが難しいのです。
特に、水虫薬は少量しか入っていなくて、そして高価です。
水虫患部周辺の広範囲な部分に水虫薬を塗っていたのでは、薬代が家計を圧迫することにもなります。

水虫を治すためには、数ヶ月間も水虫薬を塗り続ける作業が必要です。
水虫薬は、もう少し安くしてほしいですね。
posted by 水虫博士 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

水虫発見

お彼岸も過ぎ、春の光があふれるようになってきました。
暖かさとともに、水虫も活発に活動を始めています。

発見 定額給付金&水虫
「晩酌してからお風呂に入り体を洗う。
いつもどおり、足の指の間を洗い、ついでに何気なく足の指の間を見ると・・・あーっ、小さい水泡みたいのが小指と薬指の間に出来ている。しかも、両方の足・・・。
こりゃ、皮膚科に行ってしばらく薬をつけなきゃだめだな。
白癬菌は皮膚の深いところに隠れているので、症状が治まっても皮膚が生まれ変わる1ヶ月以上は根気よく薬をつける必要があるそうだ。
水虫になったのは4〜5年ぶりだなー。
おっさんだから、しょうがないか!!」
http://blogs.yahoo.co.jp/kiyono_shin/58795920.html

水虫はとても頑強で、治りにくいものです。
根気よく何ヶ月間も水虫薬を塗り続けないと、水虫完治にはなりません。
それでは、どのくらいの期間水虫薬を塗る続ける必要があるのでしょうか。

この記事では、「症状が治まっても皮膚が生まれ変わる1ヶ月以上は根気よく薬をつける必要がある」、と書かれています。
これは、このような趣旨の発言をする皮膚科医がいるためで、ブログでもこのことを書いている記事が多くあります。
しかし、この認識には根本的な誤りがあるのです。

皮膚が入れ替わるのには1ヵ月ほどかかる、というのは正しいのですが、これは「健康な」皮膚での話です。
水虫菌(白癬菌)が住み着いている皮膚では、皮膚の入れ替わりが抑制されていて、皮膚の入れ替わりが起きないのです。
これは、水虫菌が皮膚の新陳代謝機能を抑制しているためです。

水虫菌はカビですので、自分で動く・移動することができません。
水虫菌が住み着いている皮膚で新陳代謝が進むと、皮膚がはがれるとともに水虫菌もはがれ落ちてしまいますね。
このことは、水虫菌にとっては死を意味します。
そこで、水虫菌は皮膚の新陳代謝を止めてしまう能力を身につけているのです。
恐るべし、水虫菌!

結論としては、「水虫薬は数ヶ月間も塗り続けないと水虫は治りません」、ということになります。
posted by 水虫博士 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

私は水虫です

自分が水虫になったと自覚するとその衝撃は大きいのですが、どう処置すれば良いのかわからず、そのまま放置して結局は水虫にことを忘れてしまう・・・
これがごく一般的な水虫患者の実態ではないでしょうか。

かゆい
「私は水虫です。
最近非常に活発になってきて、あかぎれみたいになっています。
しばらくは落ち着いていたんですが、同じスリッパ、同じ靴を使ってるから、どっかで菌が待機してたんですね。
痛くてたまらないのですが、かくと痛気持ちよくて
つい、かいてしますから、症状は悪化するばかり。
しばらくは治りそうもありません。
息子が1歳のころ水虫になりまして
(原因は私しかいないのですが)
息子が寝てから、妻が一生懸命に薬を塗っていたのを覚えています。
1ヶ月ぐらいで息子は完治しました。
やっぱり努力が必要なようです。」
http://blogs.yahoo.co.jp/roadplayer4959/12330845.html

同じ靴やスリッパを長期間使っていると、足の水虫患部と接触する部分に水虫菌が付着します。
この汚染された靴やスリッパをはくと、水虫菌が皮膚へとうつっていくことになります。
この感染経路はとても強力で、水虫患者の履き物を使うと一発で水虫に感染することになりかねませんので、注意が必要です。
また、汚染された履き物から水虫患者自身の足にも再感染していきますので、水虫が重症化していきます。
水虫の方は、履き物を洗うか、適当に買い替えることが好ましいですね。

水虫は、白癬菌というカビが皮膚に寄生して起きる皮膚感染症です。
このカビがいったん皮膚に住み着いてしまうと、自然消滅・自然治癒することはありませんので、水虫薬を使って治療しない限りは治りません。
それも、感染初期の水虫や子供の水虫などは水虫薬で治るのですが、慢性化した水虫はなかなか治らないのです。
水虫患者にできることは、水虫完治を目指して水虫薬を塗り続けることだけです。
水虫とは、厄介なものですね(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

お茶で水虫を治す

お茶で水虫を治した、という体験談が紹介されています。

「水虫治しましたo(^^)o
 きちゃない足だから写真は無しだけど!f^^;
 方法は、超〜〜簡単!
 毎日お風呂の湯船に「お茶パック」を入れて入るだけ!
 スーパーで買ってきたお茶パックの格安大袋40パック入りを毎回4パック湯船にいれて「お茶風呂」のいい香りを満喫しながら入ると、
 大袋が無くなる頃には、、、、、、
 水虫が治ってました〜〜〜〜〜〜〜〜^0^
 最初はバスクリンの代わりに入れてたんだけど
 とんだ大発見になりましたよ〜〜〜〜
 20年以上も連れ添った水虫君!さよなら〜〜〜〜〜^^
 たぶんカテキンパワーなんでしょうねd(^^」
気がついたら水虫なおってた・・・http://blogs.yahoo.co.jp/tappu1958/3314545.html

お茶の出がらしを使って水虫を治す、という話は数多く紹介されています。
この記事では、新しいお茶の葉を使っているところに新鮮味があります。
これは当然の話で、出がらしよりも新しいお茶の葉を使う方が良いのは言うまでもありませんね。

ただ、この記事では水虫が治った、と書いてあるだけで、それ以上の情報は何も公開されていません。
この記事に興味を覚える方は、試してみるのも一興でしょうか(笑)。
posted by 水虫博士 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

禁酒生活

爪水虫治療のために内服用抗真菌剤(水虫薬)を飲むと肝臓に負担がかかります。
そのため、内服薬を飲んでいる間は禁酒を強いられる場合があります。

「さっき月1度の爪水虫の診察に行ってきたよ
 爪水虫のお薬は肝臓の数値を上げてしまうから
 もともと少し高めの私は禁酒生活するように言われてたの
 先月の血液検査で肝臓の数値が高かったし
 今日血液検査して肝臓の数値が高くなってないか調べたら
 お薬飲むのも、もう終わりの予定だったのだけど
 皮膚科の先生が変わったから?
 肝臓の数値が基準内で・・・
 基準値なのは良いことなんだけど・・・・
 そういうわけで・・・・
 もう少し爪水虫のお薬を飲むことになったよ
 そんな訳で来月まで、引き続き禁酒生活だよ
 あぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁ」
禁酒生活・・・延長>。<http://blog.goo.ne.jp/yumikotetu/e/d7a35a2aaf877523c8628270ec82a52b

爪水虫を治すためには抗真菌剤(水虫薬)の内服療法を行いますが、この際に肝臓の機能が障害される場合があります。
このため、もともと肝臓が良くない方は、肝臓に負担をかけないために禁酒せざるを得ないことになります。

肝臓はもともと丈夫な器官ですので、お酒を飲むことさえやめれば肝臓の機能は正常化していきます。
作者は肝臓の機能が少し良くなかった(血液検査で肝機能の数値が少し高い)ので禁酒を余儀なくされているのですが、おそらくはお酒を飲みすぎていたために肝機能が悪くなっていたのでしょう。
この際、思い切って禁酒すれば肝機能も正常化すると思われるのですが、これはちょっと難しそうですね(笑)。
posted by 水虫博士 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

水虫だった

足の爪が分厚くなり、色が悪くなっているので皮膚科へ行ったところ、爪水虫だと宣告されました。

「はい。
 私が 爪水虫持ち だったので〜〜〜す!
 昨日 皮膚科の先生から 淡々と
「爪水虫ですね。」 っと、宣告されました!
 ・・・。
 足の爪の数本が 厚みが増し 色が悪くなっている事は 分かっていました。
 でも・・・水虫だなんて・・・考えもしなかった。。。
 これは、先の細いハイヒールを 長年履いているせいで変形したのだと・・・・。
 連休。
 足の指の裏に「ご飯粒でも踏んだ?」って思う違和感を感じ、明るい所で よ〜〜〜く見ると
 何だか 皮膚がこわばっている様子。
 全く ただれ・かゆみはなし。
 う〜〜〜ん。
 パパは「水虫だぁ!」っと 笑う。
 そんなバカな!
 病院いこ!
 はい。
 私は 爪水虫持ち です〜〜〜ぅ。
 これから 
 月に1度の肝臓の検査をし、
 半年間 飲み薬を続け、
 毎日 2種類の薬をヌリヌリし、
 私は この『爪水虫』をやっつけるのですぅ!!!!!
 スズメ蜂の次は 水虫でしたとさ。
 まったく、とほほ・・・。」
ドヒャ〜ッ!水虫だったぁ〜。(大泣)http://blogs.yahoo.co.jp/umitoto_mama/45802140.html

足の爪は、靴をはくことによってかなり変形します。
特に女性は小さめの靴を好む傾向があり、爪の変形が激しいようです。
作者も爪の変形は靴のせいだと思っていたようですね。
爪水虫になると、爪組織が水虫菌に食い荒らされて爪の中に微小な無数の穴があいてしまいます。
このため、爪は透明さを失って色が悪くなります(光が乱反射されて白っぽくなる)。

爪水虫のもう一つの特徴は、爪が分厚くなることです。
これも爪組織が食い荒らされて爪の堅牢さが失われ、スポンジのように中が空洞の分厚い状態になるわけです。

少し前までは、爪水虫は不治の病であるとされていました。
しかし今では、爪水虫は抗真菌剤(水虫薬)の内服療法で8割程度が治るとされています。
爪は皮膚組織から隔絶されていますので、爪が伸びることによって水虫患部も爪とともに排出されてしまうのです。
爪水虫は簡単に治せる病になりました。
posted by 水虫博士 at 08:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

水虫薬の効果

水虫薬を使うと、皮膚がむけたりかゆくなったりしてきた、という体験談が紹介されています。

「実は爪白癬があるので、 かなり前に皮膚科から薬貰ってたんですが、
 面倒臭くて塗っていなかったんですよ。
 親指の爪が少し茶色いだけで、痛くも痒くもないし、
 指の間なんかも、他の場所は綺麗でしたしね。
 でも1週間ほど前から、戯れに真面目に塗りだしました。
 そしたら、最近ひどいのw
 指の間や、土踏まずや、側面と、とにかくあちこちの皮がむけだして、
 しかもシワは粉が吹いたように真っ白w
 うんでもって痒いwwwww
 水虫菌大暴れww
 なんで薬塗りだした途端こうなっちゃったんだろうねぇ〜・・・
 中学生のころから水虫にかかっていたという、 キャリア35年、水虫のオーソリティの兄貴いわく・・・
 「それは良い兆候で、菌が逃げ道探して暴れてるんだよ」
 ってことですが・・・どうなんでしょうね(笑)」
足がかゆい(笑)http://blog.goo.ne.jp/ninnjinnkurage/e/5398ff46ba0717a7039f2f068cae52b1

水虫薬を塗ることにより、あちこちの皮膚がむけだした、ということですが、これは水虫薬を塗った部分の水虫菌が死滅して皮膚が正常化し(新陳代謝能力を回復し)、水虫菌によって食い荒らされた皮膚がはがれてきたものです。
ということで、この水虫薬が作者の皮膚にあっていてとても良く効いた、ということですね。

かゆみが出てきた、ということについては、お兄さんの言うように、「それは良い兆候で、菌が逃げ道探して暴れてるんだよ」、ということだと考えられます。
水虫菌は、皮膚の奥の方へと菌糸を伸ばしていくという習性があります。
水虫薬の攻撃によって大打撃を受けた水虫菌は、周辺の皮膚を溶かして菌糸を伸ばして増殖しようとします。
この際に、皮膚が刺激を受けてかゆみが発生します。

このときに使用した水虫薬は、皮膚の表面に近い部分の水虫菌は消滅させたのですが、皮膚の深い部分にいる水虫菌に対しては効果が薄いことがわかります。
皮膚の深い部分の水虫菌に対しても効果があるのであれば、深い部分にいる水虫菌も打撃を受けますので活動が止まり、かゆみも発生しないのです。
これが、今皮膚科で使われている水虫薬の限界です。
つまり、水虫症状はかなり改善されるのですが、水虫完治にはならない、ということですね。
posted by 水虫博士 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

水虫撲滅記

30年来の水虫を、やっと治そうとしている方の記事です。

「水虫撲滅への30年の軌跡
 大げさな「題名だな」30年のうち「29年は殆ど撲滅に乗り出していなかったじゃないか」
 まあ、そんな解釈はどうでもいいが、俺の妻は病院が大好きだ。今も3箇月も精神科に入院している。(理由は分からないが、摂食障害パニックとでも言っておこうか、とにかく病院にいれば安心する輩だ。)その妻が昨年、お節介にも、俺の水虫を撲滅しようと策略を始めたから質が悪い。
 俺の水虫は、痛くも痒くも無く、ただ足の皮膚がぼろぼろ剥けるだけだ、人畜無害で生命の危険は全くない。だから敢えて撲滅する必要は無い。また足の裏の皮を剥くのは、俺の密かな楽しみでもある。
 しかし、妻にも罹患するに至っては、為す術が無かった、近くの駅前に開業した「0皮膚科」に連れて行かれた。
 (略)
 話しを戻すと爪水虫は普通、飲み薬で治すものだか、肝臓への負担があるので、治せるなら、ヤスリで患部を出来るだけ削って、薬を塗りこむという、気の長くなる治療法を進めるんだよ「0軍医は」俺は七面倒な事は嫌いだから、爪をはがしてもらって、後は薬で最後の一匹まで撲滅と考えていたので、拍子抜けだよ。外科手術の設備まで資金が出来なかったか?
 まあ、30年も付きあってきたんだから、もう少しだけ、付き合うか、ヤスリで爪を削って薄くして、柔らかく既に侵略されている爪は切れるだけ、切って、貰った液体の物を流し込む、足の間や裏は、軟膏を塗りこむ。これを繰り返すうちに3箇月も経った頃には、残すところ爪の一部までに敵を追い詰めた、後はもう剥がして、飲み薬だろ・・・・ところが0軍医はまだヤスリ攻撃を止めさせない。・・・・あのなヤンセンファーマのプロパー呼び出せよ、接待させろよ、と俺が言ってもしょうがないか。
 だけど、よくドラッグストアで高い水虫薬なんて買うよね、皮膚科行けば、半年分ぐらいの薬を1,000円位でくれるよ。大きなお世話だけど。」
水虫撲滅記http://blogs.yahoo.co.jp/thirty_03100412_left/1893397.html

この方は、かなりの毒舌家ですね。
これだけ好き放題に言える方も珍しいですが、そのぶん話の内容はよく伝わります。

爪水虫の治療法として、できるだけ爪をやすりで削っておいて、薄くなった爪に外用水虫薬を塗る、という方法があるんですね。
この方法はとても手間がかかると思いますが、内服薬を使わないで済みますので、副作用の心配が要りません。
それと、爪水虫の奥深くの患部でも爪を削って露出させてしまえば、その奥深くの患部に直接水虫薬を塗ることができるのですから、外用剤で爪水虫を治す道が開けます。
爪水虫の患部では、通常は水虫薬が届きませんから水虫患部も薬剤抵抗性(難治性)ができておらず、水虫薬を塗ることさえできれば爪水虫は意外と治りやすいといえます。

この方は、内服用抗真菌剤(イトリゾール、ヤンセンファーマの製品)を使いたい、というポーズをとっていますが、本音としてはイトリゾールは使いたくないのでしょう。
外用剤で爪水虫を治せるのであれば、それに越したことはありません。
現に、この外用療法で爪水虫は残すところあと少しになっているのですから。
それにしてもこの皮膚科医は良心的ですね。
良い皮膚科医に出会った、といえますね。
posted by 水虫博士 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

効かなかった水虫薬

私も経験があるのですが、初めて水虫薬を買った時には、「高いなぁ」、と思ったものです。

「これ(ラミシール・スプレー)。。一本で2000円もする水虫薬です
 「一日一回の投薬でいい」って書いてあったのに騙された!
 こんな文句が書いてあるから、酷くなってきた水虫も、この一本で治るだろう
 と思って、1本買ってみたら最初はみるみるうちに効果は出てきたものの
 根治にまでは至らず。もう一本買って見て空になるまで使ってみたけど
 根治には至らなかった!
 うそつき!って言いたくなります」
効かなかった水虫薬http://blogs.yahoo.co.jp/echothedolphin20002000/45275422.html

市販の水虫薬は、15ml(15g)程度入ったものが2000円程度します。
普段の日常生活では、2000円の買い物というと高価な部類に入ります。
そしてその高価な水虫薬を使っても水虫が治らない、となると、これは文句を言うのが正常な感覚でしょう。
でも、水虫と長年付き合っていると、この金銭感覚がくるってきます。
水虫の処理に何万円もいるのが当たり前になってきます。

水虫は頑強で治りにくく、年月とともに水虫患部の範囲も広がってきますので、その水虫を治そうとすると水虫薬が大量に必要です。
このような場合には、水虫薬を格安で販売してくれるとよいのですが、現状ではそんな医薬会社はありません。
「高いのはしようがないから、せめて水虫を治せる薬を作ってくれ」、と文句を言いたくなりますね(笑)。
posted by 水虫博士 at 08:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

目薬

水虫薬を目薬と間違えて目に入れてしまった、という体験談が紹介されています。

「そうね〜あれは20年以上前のことだけど・・・・・
 水虫になっちゃって 往生しました。
 会社に勤めていた若かりし頃、事務所で履くスリッパを新しくしたら
 これがまた履き心地がよくてねぇ〜
 それを目ざとく見つけた 入社間もないねぇちゃんが、貸してくれって言うんです。。。
 ちょっと貸してやったら 返さないんですよ!
 とってもいいからしばらく貸してって言うんだわ!
 そして 自分の底がすりへって斜めになってるスリッパを置いていったんですよ。
 どうしてこんな履き心地悪いスリッパでガマンしてたのか・・・?
 若かったし、争いはイヤだっし、優しい性格だった?
 一週間ほどして取り替えたんだけど、斜めになってる自分のスリッパを履きにくくなったと、文句をいいやがるの
 そのスリッパで 水虫が移っちゃった!!!
 考えると腹がたってくるわ
 そんでもって、水虫の薬をつけて治そうとしたのよ
 目もショボショボしちゃって目薬つけたり水虫薬つけたり・・
 ある朝 まだ世の中が暗いうちに起きて、目薬を点したんですよ。。。
 上をむいてポタッと一滴・・・・
 その瞬間に薬を間違ったと気がついた
 薬を持った手をはなして 顔を動かす暇がなかった。
 水虫薬がポタッ 目に入っちゃった!!!
 ギャーーーー痛いーーーー
 失明するかと思ったわ
 朝一番に目医者様に走りましたよ
 涙がボロボロボロボロ出てくるし、痛いし〜
 先生 馴れた手つきで目薬点して(当たり前だ医者だもん)
 「こういう人、時々いるんですよね」だって!」
目薬http://blog.goo.ne.jp/quilt_2007/e/cdc215a52f4cfddd0b1bcd0c20facbfb

水虫薬には、いろいろな薬効成分が入っている場合があります。
たとえば、水虫患部の清涼感を出すためにメントールが入っていたりします。
メントールは皮膚への刺激が強いですので、これが目に入ると刺激が強くてとても痛いでしょう。
とんでもない災難でしたね。

でも、この記事の詳細な記述のおかげで、水虫薬を目に入れても痛みがあるだけでそれ以上のことはなさそうだ、ということがわかりました。
貴重な体験談に感謝します。
posted by 水虫博士 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

肌荒れ

足の裏に水泡ができて、皮膚科で診断の結果水虫であった、という体験談が紹介されています。

「肌荒れと言っても足の裏です(笑)、
 ここ数年足の裏に1mmくらいの水ぶくれが出来、しばらくしてそれがつぶれると、皮膚が角質化してカサブタのようにはがれるという状態が続いておりました。
 通常は足の裏に2〜3個出来る程度だったのですが、今年になってその頻度が多くなり、水ぶくれが密集して発生する上に、皮膚が角質化する前に新しい水ぶくれが出来て、足の裏の皮がボロボロ剥けるという、人様にはお見せできない状況になってきました。
 当初は汗疱(かんぽう)かなと思っていたのですが、さすがに裸足になるのも気が引ける状態なので皮膚科に行ってみました。
 剥けかかっている皮膚を採取し顕微鏡でのぞいた所、皮膚の繊維と直角にスジが入っていまして、診断は「水虫」でした(笑)
 処方されたのは、飲み薬が「ラミシール」で毎朝食後に1錠、塗り薬が「ニトラゼン」で夜寝る前に足全体に薄く塗るものでした。
 これを1ヶ月続けて経過観察とのことです。無事に直ると良いのですが....」
肌荒れhttp://blogs.yahoo.co.jp/team_akimoto/1980898.html

この足裏の症状は、典型的な小水泡型水虫ですね。
この症状に対して、内服用ラミシール(錠剤)と、ニトラゼン(抗真菌剤ケトコナゾール含有)が処方されています。

このような小水泡型水虫に対しても、経口抗真菌剤(ラミシール)が処方されることがあるのですね。
通常は塗り薬だけが処方されるケースであると思うのですが。
足裏の小水泡型水虫に対してニトラゼンだけを処方した場合、これだけでは水虫は治らないと思われますので、それで経口剤のラミシールを処方したのでしょうか。
しかもラミシールは1ヵ月分しか出ていません。

このケースでは、血液検査も行われていないようです。
経口剤の使い方としては少し変則的ですが、皮膚科医の権限内で処理できる範囲であるのかも知れません。
水虫患者の側としては、このような薬剤処があることも知っておいた方が良いですね。
もちろん、経口剤は飲みたくない、という方はその処方を断るべきでしょう。
posted by 水虫博士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

水虫です

水虫の盛期は過ぎつつあるのですが、それでも水虫になった、という話題は尽きないようです。

「細菌感染と皮膚炎を合併した足白癬(水虫)
 今朝、皮膚科に行ってこう言われました。
 何となく水虫かな?なんて思ってたけど、実際に言われるとショックです・・・。
 しかも細菌感染のオマケ付き!
 10日くらい前から痛くて痒い状態が続いていて、治りそうな気配が無いので皮膚科へ。
 今の今までこんなこと無かったのに・・・。
 思い当たるふしは唯一つ!
 ゴルフの後のお風呂かな?
 今月の9日に行ったのが最後。
 期間をみてもちょうどそのくらい。
 よりによって水虫とは!
 結構ひどい状態だって先生も言っていました。
 あ〜あ・・・、長い付き合いになるのかな・・・。
 嫌だ。」
水虫ですってhttp://blogs.yahoo.co.jp/io_vorrei_andare/44266683.html

水虫による皮膚症状は、あまり大したこともなくてせいぜいかゆみがある程度です。
ですから、水虫の皮膚症状が出ていても、その存在に気がつかないことが多いのです。
ところがその水虫患部に雑菌感染が加わると、この記事にあるように赤くはれて痛い状態になります。
これは、患部が小さな範囲に限定された、「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」ですね。

私も経験があるのですが、水虫と細菌感染とが合併した状態になると、水虫は自然治癒しないために細菌感染も治らなくなり、いつまでも幹部が赤くはれた状態が続きます。
この場合には、まず水虫を治すことが必要です。
水虫菌を消滅させると、あとは身体の自然治癒力によって雑菌感染も自然に消滅します。
あるいは皮膚科または内科へ行って抗生物質治療を受けて雑菌感染を治療します。

水虫そのものはごくおとなしい皮膚炎なのですが、それに雑菌感染が加わると手に負えなくなることもあります。
参考記事を挙げておきます。
水虫から蜂窩織炎(ほうかしきえん)へhttp://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/93655196.html
posted by 水虫博士 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月09日

皮膚科にて

皮膚科を受診すると、水虫についての基礎知識を教えてくれます。

「先週から気になる事があり皮膚科に行ってきたのですが、嫌な予感が的中してしまいました。
 診断結果は「 水虫 」・・・趾間型といって、足の指の間にできるもので一番よくみられるタイプです。
 水虫に悩む女性が急増している事は知ってはいたものの、今迄無関係だと思っていた(ブーツを履く人に多いと聞いていたので、全くブーツを履かない私には関係ないかなと 汗)ので、
 先生から「あ、水虫ですね」、と言われた時、
 「他人事ではなくなったなぁ」とちょっとショックを受けてしまいました。
 さしより、今日から処方された薬で治療を開始です。
 1ヶ月以上は続けないといけないようですね。
 皮膚のターンオーバーを考えると、最低でもそのぐらいは掛かるのでしょう。
 また治ったと思っても再発する可能性もあることから、完治するまで更に根気よく治療を続ける必要がありそうです。
 あと、家族で私以外に水虫にかかっている人が居ないので、うつさないように気をつけることも大切になってくるかと。
 ・・・これでまた1つ悩みの種が増えてしまいました (;´д`)トホホ」
皮膚科にてhttp://blogs.yahoo.co.jp/peridot_balmywind/17725241.html

水虫の記事を見ていると、皮膚のターンオーバーについて書いてあることがあります。
皮膚のターンオーバー(入れ替わり)は、だいたい1か月程度だそうですので、健康な皮膚の場合にはこれで良いのです。
しかし、水虫菌が住み着いている皮膚では、この定説を適用することはできません。

水虫菌はカビですので、自分で動く・移動することはできません。
水虫菌は、自分が住み着いている皮膚が新陳代謝で入れ替わってしまうと、水虫菌自身もはがれてしまうことになりますのでそれは困りますね(水虫菌にとっては死を意味します)。
そこで、水虫菌は自身が住み着いている部位の皮膚の新陳代謝を抑えてしまうのです。
これは水虫菌が持っている素晴らしい能力の一つであり、この能力があるからこそ水虫は頑強で治りにくいのです。
逆にいえば、皮膚の入れ替わり(新陳代謝)が1ヵ月でおきるのであれば、水虫は簡単に治ってしまうでしょう。
このことは、常識的に判断すれば理解できることですね。
posted by 水虫博士 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

水虫発症

秋本番となり、気温も下がってきましたが、それでも水虫が発症してきます。

「(略) 今週の初めから、左足の薬指と小指の間が、白くふやけてジュクジュクして大変かゆく困っていたので、病院(皮膚科)に行ったところ、水虫と宣告された。
 どこで、移されたのか?考えてみると、福祉センターの風呂に入ったときかなあ?これ以外は考えられない。家族には水虫の所持者がいなく、たぶん間違いがないだろう
 治療は、ジュクジュクなので、乾燥させる塗り薬をもらい、風呂上りに塗るように指示された。1週間後来院を指示され、乾燥していたら、抗菌剤による治療をするとのこと。
 いつになったらなおるかなあ。妻は時間がかかると言っていた。家族に移らなかったらいいがなあ。
 風呂、洗濯はうつる心配はないとのことであったが、トイレのスリッパや風呂上りの敷物はうつる心配があるので気をつけるよう指示を受けた。
 これで、当分の間、寝室は家庭内別居。しかたがないかなあ。早く治さないと。」
9月28日http://blogs.yahoo.co.jp/hiromikimitoaruitaseisyun/1548333.html

この記事では、水虫を治す際には知っておかなければならない重要な情報が含まれています。
それは、水虫の患部がジュクジュク(炎症を起こしている)の場合には、まずステロイド軟こうを塗って患部の炎症をしずめて皮膚を乾燥させ、それから水虫薬を塗る、ということです。

水虫のことを何も知らない一般の人が薬局で水虫薬を買ってきて自己流で治す場合には、最初からこのジュクジュクの患部に水虫薬を塗ってしまいます。
水虫患部が炎症を起こしている場合には、ここに水虫薬を塗っても効果がありません。
つまり、皮膚に炎症がある場合には水虫菌が活性化・保護されている状態になっているのです。
そこに水虫薬を塗っても効果はありませんし、逆に症状が悪化することにもなるでしょう。
これでは水虫を治すことが、最初から妨げられているわけです。

水虫薬が体質に合わなくて湿疹を起こす場合なども、水虫を治すことが妨げられます。
水虫患部の皮膚に炎症が起きると、ダメなのです。
そのような場合には、ステロイド軟こうを使って皮膚を落ち着かせ、乾燥させます。
そしてそのあとで、水虫薬を使うことになります。
これは水虫を治す上で必須の知識です。
posted by 水虫博士 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする