2008年07月22日

ショックな出来事

水虫になる・・・女性にとっては衝撃のようです。

「あたし…
 水虫になっちゃったんです!!
 2週間前くらいから、左の足の裏がガサAで、
 「なんだろ?」ってあまり気にしてませんでした。
 それからだんAと、広がって湿疹が出てきたんです!!
 足は左だけなんですが、
 さらに手が荒れてきたんです。
 こちらは小さな水ぶくれが2・3個…。
 もっと早く皮膚科へ行きたかったんですが、
 仕事の都合で今日、行ってきました。
 覚悟はしてましたが、
 先生が「足は水虫ちゃんだ」
 って言うのを聞いて…ショックでした。
 手の方は、足が水虫になった関係で、
 抗体反応?で湿疹がでただけでした。
 なんか、ジムで水虫もらっちゃったみたいなんです。
 悪化させないように、処方された薬をきちんと塗ります(涙)」
ショックな出来事。http://blogs.yahoo.co.jp/ouranisi/55103017.html

男女を問わず、水虫になるというのは嫌なものです。
でもその衝撃は、女性の方が大きいでしょうね。

この方は、水虫を治すぞ、とは言っていません。
悪化させないように薬を塗ります、と控えめです。
水虫は治りにくい、ということをよくご存知のようです。
感染初期の水虫は治りよいですので、半年程度を目標にして水虫薬を塗りましょう。
運が良ければ、水虫が治る(完治する)かも知れません。
posted by 水虫博士 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

水虫 されど 水虫

30年来、水虫と付き合っているという方の、体験談です。

「水虫との付き合いは30年になるだろうか、
 運転手と云う仕事柄、靴は必需品だし休日もソフトボールの試合でスパイクを履いていて足がいつも蒸れている状態、
 初めは土踏まずの辺りに薄皮が少し剥ける程度で痛くも痒くも無かったが、歳を経るごとに従って水虫も成長して痒みを伴ってくるようになった。
 ここ何年かは水虫治療剤の世話になっているのだが、完全に治るまでには至らなかった、
 今年も梅雨入りと共に水虫が活動を初めた、
 そこで例年のごとく治療液を買ってきて患部に塗ってみた、翌朝、痛みで目が覚めた足の親指と人さし指の間が赤く腫れてじくじくしている、
 薬の銘柄は毎年違っていたけど同じ水虫薬なのになぜなんだ。
 体に薬が合わなかったのか、水虫が強くなったのか。
 今は薬を塗るのを中止しているけど かさぶたが出来たり 剥がれたりしている、
 私の住んで居る町には皮膚科の医者があったかどうか調べてみよう。」
水虫 されど 水虫http://blogs.yahoo.co.jp/tuugure64/41600171.html

この方は、例年のごとく水虫薬を買ってきたのですが、今年の水虫薬はこの方の肌に合わなかったようです。
この例のように皮膚に炎症が起きた場合には、すぐに別の水虫薬にかえる必要があります。
但し、皮膚の炎症が起きていると、別の水虫薬を塗ることによりまた皮膚刺激が起きますので、このケースでは先ずステロイド軟膏を塗って皮膚を正常化させます。
そして、皮膚症状がおさまってから、別の水虫薬を使います。

この方の水虫は30年来の病歴がありますので、市販の水虫薬を使っても水虫完治にはならないでしょう。
患部は土踏まずの辺りということですが、今では角質増殖型水虫になっているものと思われます。
足裏の角質増殖型水虫は、内服抗真菌剤を使う必要があるのですが、そうしても完治にはなりにくいでしょう。
水虫とは頑強なものです。
posted by 水虫博士 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

水虫になってしまった

足の小指が水虫のようになり、我慢できなくなって皮膚科へいったところ水虫だと診断されました。

「3ヶ月くらい前から、足の小指の方が熱を持ったように腫れぼったくジンジンしていた。
 水虫かもしれないと思ったが、病院に行かないでなんとか治そうと思い、足を良く洗って、オロナインをつけたりして、治ったり、ぶりかえしたりしていた。
 最近はむず痒いというか、痛痒いというか、我慢できなくなったし、家族にうつしたらもっと大変なので、観念して病院に行った。
 組織を取って、顕微鏡で見て、水虫だと言う。
 やっぱり。
 石鹸で洗って、清潔にして、朝晩薬をつけ、綿100パーセントの5本指靴下がいいと言う。
 下駄やわらじを履いていた昔は、水虫などなかったと言われた。
 靴も、毎日違う靴を履いて、お日様に干して日光消毒。
 靴下もタオルも日光消毒。
 お風呂の足拭きマットやトイレのスリッパから家族にうつるので気をつけてと言われた。
 足の指、特に小指と人差し指はぴったりくっついている。
 いつでも指をパーに開いて歩くわけにもいかないし。
 サンダルの靴でも、足の指はくっついている。
 家の中では、今はやりの布ぞうりかな〜。
 水虫になったなんて、親父みたい。
 治っても、1ヶ月は薬をつけないとぶりかえすそうだ。
 1週間薬を塗って治らなかったら、薬を別のに代えるからまた来てと言われた。
 先生が偉いのは、私の足にいっさい触らなかったこと。
 職業をとはいえ、偉い!
 いちいち触ってたら、消毒も大変だものね〜。」
水虫になってしまった http://blogs.yahoo.co.jp/kamakuratower/41017656.html

この皮膚科医は、水虫の日常的なケアについて細かく教えてくれています。
それらを実際に毎日実行するのは大変ですが、家族の水虫をうつさないためにも守りたいですね。

なお、「下駄やわらじを履いていた昔は、水虫などなかった」、というのは間違いです。
猫や犬でも、親・家族から受け継いだ水虫を持っています。
水虫は、太古の昔から動物の皮膚に住み着いているのです。
動物は、死ぬと地面に横たわりますが、その死骸はカビによって分解されて炭酸ガスなどになります。
死骸の皮膚も分解されるのですが、その死骸の皮膚を分解するカビが水虫菌の祖先なのです。
そして、生きている動物の皮膚にも住みつくようになったカビが水虫菌なのです。

実は、私が小さい頃には子供は皆はだしで外を走り回っていました。
そのような環境では、足裏の皮膚は磨耗しますので水虫にはなりにくく、また水虫になっても症状が軽いでしょうね。
靴や靴下をはいて足を保護すると足裏の皮膚は守られますが、一方では足が蒸れて、水虫菌にとっては絶好の生活環境になります。
日本は水虫大国ですが、その原因の一つは靴をはく生活にあるといえます。
でも、この生活習慣は変えようもありません。
せいぜい家庭では布ぞうりをはくくらいでしょうか(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

治すぞ 水虫

皮膚科で水虫の治療を行っている方が、水虫の盛期を迎えて再び足がうずくので、改めて水虫完治を目指しています。

「出産後間もなく水虫になりました。小指と薬指の間です。
 私の足って指間が結構開いてるんで、どうしてなったか不思議なんですけど、 
 ちょっと暑くなるとかゆいかな?って程度で、あとは赤くなって、かくと皮がめくれました。
 母が水虫なんでもしやと思って、アトピーの診察のときに調べてもらうとやっぱりでした。
 半年間、左右の足に全ての足間に塗るんだそうで・・・最初はやってましたが、
 何せ夏は素足が多いんでそのうち小指の周りだけに・・・そして、たまーにしか塗らなくなって、再来月で1年・・・
 全てのチューブには薬剤がめいっぱい入ってます。 
 そして私の足はまたうずいてきてます。 
 水虫ってすっごく根強い 今、水虫の方は来年目指してしっかり塗ってミヨーーーー
 自分に言い聞かせてますc 
 母は邪魔臭いと言って飲むタイプを選択してましたよ♪ 
 結構、高価で効果アリなんだとか・・・肝機能の検査のため採血があるそうです。
 余裕のある方、邪魔臭がりな方はお勧めかもーねん
 かっこいいモンじゃないんで、治します。」
水虫http://blog.goo.ne.jp/keroronn7/e/086da6e6e775c3afe395cca895b89e7d

一般的な水虫患者は、この方のように皮膚症状が出てくると水虫薬を塗り、そのうちに薬を塗らなくなって、やがて水虫の時期になるとまた水虫が出てくる、ということを繰り返していると思われます。
これは、患者側の怠慢なのでしょうか。
それともほかに理由があるのでしょうか。

水虫を治すために最も重要なことは、水虫薬を塗れば水虫が治る、ということでしょう。
しかし残念なことに、皮膚科で使っている今の水虫薬は、塗っても水虫が治らない(完治しない)、のです。
このことが、水虫が治らない最大の理由です。

もちろん、患者側の落ち度も考えられます。
水虫の皮膚症状がなくなると、水虫が治ったと思って治療を止めてしまうことが多いようですが、これは誤った判断です。
水虫は、皮膚症状を表面に出さない隠れ水虫が圧倒的に多いのです。
皮膚症状がなくなっても、皮膚の下では水虫菌が生きています。

菌糸を伸ばしている大人の(成熟した)カビは、薬剤処理によりすぐに死滅します。
しかし、水虫菌のタネ(胞子)は薬剤耐性があり、薬剤処理をしても死にません。
そして、しばらく日にちが経ってから、タネが発芽して大人の水虫菌になります。
これが俗に言う水虫の再発です。

水虫の再発を乗り越えるためには、皮膚症状がなくなってからもさらに3ヵ月程度は水虫薬を塗ることが必要です。
私自身の経験では、1年ほども経ってから水虫が再発してきたこともありました。
水虫に勝つのは、並大抵のことではありません(笑)。
posted by 水虫博士 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

爪水虫の疑い

水虫の治療のために皮膚科へ行ったら、爪水虫の疑いがある、といわれました。

「ちなみに、水虫を診てもらいに行ったら、最近流行の『爪水虫』の疑いがあるとのこと。
 その段階で、分厚い『爪水虫治療について』というインフォームドコンセプト用資料を渡された。
 中身をまじめに読んでげんなり。
 爪水虫って結構しんどい病気だ。
 副作用が強い薬を1日一回飲んで月一で検査を受けなくてはならない。
 月々の治療費は薬代だけで約2400円。
 完治までの平均期間が1年というから出費も体にかかかる負担も馬鹿にならない。
 検査の結果は爪の中の菌がよく確認できなかったとのことで塗り薬のみだったが、
 薬が切れたころにまた来てほしいとのこと。
 なんとか、回復してほしいが…。
 それにしても、自分はよく副作用が強い薬のお世話になるなぁ(今回はまだだけど)。」
久しぶりに落ち着いた…のはドタバタする前触れか?http://blog.goo.ne.jp/deltaproject/e/1841d331cf0a2056ccf9c334d6ef7fea

この記事では、爪水虫を治療する際の出来事・情報が簡潔に紹介されています。
インフォームドコンセント、というのは、治療の内容(治療の効果と副作用)を患者に説明して、患者の同意を得ることを指します。
爪水虫の内服療法では、約5%の副作用(肝障害、胃障害など)が出るといわれています。
このことを実際に説明されると、患者としては少し不安になるでしょうね。

爪水虫かどうかはわからない、ということでしたが、この医師は良心的であるといえますね。
爪から水虫菌が見つからなかった、ということで、次回の受診までに医師は該当する病名について、調べてくれるのでしょう。
この方は、良い医師にめぐり合ったようです。
posted by 水虫博士 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

足がはれて痛い

水虫になった、と思ったときに、自己流で処理する方も多いでしょう。
しかし、それが悪い結果になることもあります。

「水虫にティートリーオイルを塗ってみたが、どうやらかぶれてしまい、昨日皮膚科へ行ってきました。
 右足の親指以外、全部がパンパンに腫れて、水泡ができて、痒いやら痛いやらなんとも悲惨な状況。
 飲み薬と塗り薬を貰って、ガーゼも買って、朝と晩に挟みかえてます。
 なんだか恥ずかしい(->_<-)
 早く治りたいんだけど、なかなか簡単ではなさそうです。
 今朝は薬のせいか、異様に眠かったです。
 抗生物質が効きますように。
 自分の足じゃないみたい」
足が腫れて痛いしかゆいしhttp://blogs.yahoo.co.jp/panpanman1/55600649.html

足がはれた、という症状は、蜂窩織炎(ほうかしきえん)ですね。
蜂窩織という皮膚組織に細菌や水虫菌が入り込み、急激に増殖して足がはれます。
実は、私も指の一部分が赤くはれた、という経験は持っています。
水虫がある人は、いつ蜂窩織炎になってもおかしくないですので、基礎知識だけは持っておきましょう。
本当は怖い水虫〜蜂窩織炎〜http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/22529993.html

水虫にティートリーを使う、というのはよく紹介されています。
ティートリーが水虫菌を抑えることは間違いないのでしょう。
しかし、私自身も実際にティートリーを使ってみたのですが、水虫は全く良くならずに、逆に急激に水虫が悪化した経験を持っています。
ですから、私はティートリーは水虫には効かない、と思っているのですが、世の中の意見としてはティートリーが水虫に効く、といっていますので、それに従っています。

この記事でも、ティートリーの効果がなかった、あるいは、ティートリーにかぶれてしまった、ということが書かれています。
おそらくは、ティートリーのような精油をメインとして水虫を治そうとすることには無理があるのでしょう。
市販の水虫薬を使いながら、ティートリーのような精油を補助的に使う、というところでしょうか。
posted by 水虫博士 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

白癬菌再び

一年の中で、水虫が一番勢いを得る時期が迫ってきました。
普段はおとなしくしている水虫菌も、活発に動きます。

「くそっ!
 足が痒い。。
 この季節になるとアイツが息を吹き返す。。
 水虫だ。。
 思い起こせばもう10年くらい前かな?雪かきの時、他人の「長靴」を借りたのが間違いだった。。
 もろ感染源だよ。。しかも長靴なんて。。。。
 3日くらい経ってからかな?「なんか痒いな?」と思っていたが・・
 5日目には“痒痛く”なってきて・・
 ボリボリ掻いていたら血まで出てきて。。。
 取り合えずピロエース石鹸と水虫スプレーを買ってきたが・・
 結構水虫の薬って高いのね。。。
 今年は話題の爪白癬(爪水虫)もあるだろうから皮膚科行かなきゃなんないかな?
 ああ・・・また国民医療費を押し上げてしまう。。。」
白癬菌再びhttp://blogs.yahoo.co.jp/tikinramen99/32675382.html

この方は、人の長靴を借りてはいたために水虫になりました。
水虫の人の靴をかりてはくと、靴の中で水虫菌が繁殖しているために水虫に感染する確率が高いですね。
実は私も人の靴を借りて水虫がうつった経験を持っています。
まぁ、もっともそのおかげで、今こうして水虫の記事を書いているわけですが・・・

皮膚科へ行けば医療費がかかるわけですが、水虫にかかる医療費などは安いもので、せいぜい数千円程度です。
これは、気にするほどの額ではありません。
素人が一人で水虫と戦っても、惨敗するだけです。
先ずは、皮膚科へ行きましょう。
皮膚科へ行けば、水虫に関していろいろと教えてもらえますので、その情報も貴重です。
posted by 水虫博士 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

やっぱり水虫(2)

今の時期には、「水虫と診断された」、という記事が多いですね。
梅雨が明けて気温が上昇してくると、水虫旋風も最盛期を迎えます。

「火曜日の朝に、水泡が広がっていたので、
 仕事が終わってから、皮膚科に直行しました。
 やっぱり水虫でした〜(T_T)
 先生が水泡をメスで切り取って(これが痛かったぁ〜(/_;)
 顕微鏡で調べて、
 「はい、菌がいますね。秋まで薬を塗って根治させましょう。頑張りましょうね!」
 さらりとおっしゃいました(T_T)
 えっ、秋まで〜〜〜?
 なにやら水虫菌は皮膚がきれいになっても、2ヶ月間は皮膚内に隠れているそうで。。。
 薬は両足の甲・裏・指の又・爪の先に、朝と夜2回塗ります。
 感染源のスリッパはすぐ捨てて、裸足でいる時は、家族にうつらないように、
 通気性の良いスリッパを履いていて下さいとの事でした。
 長期戦になりそうだけど、頑張るぞ〜!」
やっぱり水虫でした〜(T_T)http://blogs.yahoo.co.jp/nohohonhokkori/11605410.html

この皮膚科では、水虫対策をいろいろと教えてくれたようです。
患者側は水虫のことはほとんど知りませんので、教えてくれたことはちゃんと理解して実行すべきですね。

薬の塗り方としては、「薬は両足の甲・裏・指の又・爪の先に、朝と夜2回塗ります」、ということですが、これがなかなか難しいんですね。
水虫薬は、10−15ml(g)入りのものが2千円程度します。
広い範囲に水虫薬を塗ると、すぐになくなってしまいます。
これは大変です。
かといって、水虫薬を塗らないと水虫が治らないのですが・・・

ということで、やがて薬を塗らなくなって、水虫が慢性化する、というところでしょうか。
水虫とは、治らないようにできていますね(笑)。
posted by 水虫博士 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

やっぱり水虫

足にできた水泡がきになり、2年前に皮膚科を受診したところ水虫ではないといわれていました。
ところが、それが水虫だとわかりました。

「医者「菌がいますね」と。
 私「つまり水虫ですか?」
 医者「そーです。」
 私「・・・」
 目が点になった私を見て吹きそうになる研修医。頭にくるが無理もない。
 本診察に先立って予診した彼女(研修医)には、白癬菌ではないと地元医者に言われているので、かぶれとかそーゆーのかも、と堂々と言っていたし。。
 白癬菌は最初からいたのだろうか?と質問したが、多分ステロイド薬を長期塗り続ける内に、どこかで感染したのでは?とのお話。
 私の場合は手も水疱が時々できるが、幸い手から菌は発見されなかった。
 水疱は、足の白癬菌感染に対する体内の反応で出来ることもある、との説明もあったが、それなら最初から感染してたということになるし。
 現状からは感染が先か水疱(汗疱?)が先かは判明しないが、とにかく
飲み薬と塗り薬を処方されますた。
 ちとコワイのは飲み薬で、たまに肝機能障害がおこる、と薬剤師からしつこく説明された。
 そんなのは診察の時に医者も説明すべきでは、と思うがどうなのだろう?ほとんど説明はなかった#
 でも早く直さないとトレランに支障あるので、様子みながら飲んでみよー。」
しょっくhttp://blog.goo.ne.jp/l2t9s/e/44b7ea0756db5a779721a7afb9df2b4c

抗真菌剤の内服療法を行うのであれば、そのことをきちんと患者に説明して、患者の同意を得た上で内服薬を処方するのが当たり前のことですが、この医師(大学病院)は、それをしなかったようです。
また、定期的に血液検査を行うはずなのですが、それもしないとは・・・。
少し状況がおかしすぎますね。

この内服薬は、抗真菌剤ではないのかも知れません。
もしこの内服薬が抗真菌剤であれば、別の病院を受診する方がよいでしょう。
内服薬の副作用は、血液検査しなければ確認できません。
自覚症状が出てからでは遅いですね。
(自覚症状がでるのは、副作用が進行してからになります)
posted by 水虫博士 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

水虫うつったぁ

足の指に水泡ができてかゆい、水虫初体験か、という記事が紹介されています。

「父の水虫がうつりました〜(T_T)
 何日か前に父が私のスリッパを履き間違えていて、
 「やだ〜!お父さん水虫うつる〜!」と絶叫〜!
 やっぱりうつった。。。
 2,3日前から左足の指の又が痒くて、
 今日の朝見たら、左足の中指の内側に水泡ができてました。
 水曜日に病院に行く予定ですが、きっと水虫に違いない(T_T)
 人生初の水虫体験。
 あ〜ヤダヤダ〜(T_T)
 図書館で水虫にお酢をつけると治るって、
 半月前位に読んだ覚えがあるので、
 綿棒にお酢をつけて塗っています。
 これで治ればいいけど。。。」
父の水虫がうつったぁ〜(T_T)http://blogs.yahoo.co.jp/nohohonhokkori/11392066.html

お酢(酢酸)は、優秀な抗カビ剤です。
でも、そのお酢をどのような条件で使えば水虫が治るのか、それを解明した人がいないのです。
それで、水虫にお酢を使う人は、自分でお酢の使用条件を探さないといけません。
しかも、水虫を完治させるための条件を確立しないといけませんので、これは大変な作業になります。
お酢を綿棒につけて患部に塗る、という作業にしても、これで水虫がどうなるのか、何の情報もないわけですから、どうしようもないですね。

水虫かな、と思ったときには、皮膚科へ行くのが最善です。
水虫に対する対処の仕方を教えてくれます。
水虫に関して何の知識もない素人が、水虫に勝てるわけはないのですから。
posted by 水虫博士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

水虫の治療開始

半年以上も水虫になっていた方が、水虫を治そうと決心して皮膚科へ行きました。

「半世紀以上も長い付き合いだった水虫を本格的に治療しようと思い立って皮膚科を訪れた。
 飲み薬での徹底根治を考えていたのだが、医者は私の足を診て爪水虫には至っていないから飲み薬の必要はない、塗り薬で治療するという。
 いささか気勢をそがれたが、さほど重症ではないということかと安心したら、根治までには1年かかるから、それまで頑張りましょうと言われてがっくり。
 この年齢になって1年は長い。
 一日一回の薬を塗布するようにということだったが、私は朝晩二回風呂にはいるから二回塗らねばならないようだ。
 厄介だが致し方あるまい。
 でも、専門家に診てもらってよかった。
 私は足の小指の股部が白くなっており時折痒いことからそこだけが水虫の罹患部分だと思っていたが、医者は足裏全体にも水虫があるという。
 これまで売薬で塗っていたのは指の股だけだったから、なるほどこれでは治るわけはない。
 時間はかかるが、医者のいうとおり頑張るほかないと思い定めた次第。」
水虫治療開始http://blog.goo.ne.jp/tengoro7406/e/362172cf7c3894eecc83822502f81857

半年以上の水虫歴とは、長い付き合いですね。
この方の水虫が治るのか、といえば、せいぜい水虫症状が出なくなる程度への回復が限度でしょう。
この方の水虫患部では、皮膚組織の硬化・変性が進んでおり、その変性組織の中に包み込まれている水虫菌を根絶することは不可能に近いのです。

でも、水虫が完治しないとしても、水虫薬を塗ることには大きな意義があります。
水虫薬を塗ることにより、皮膚表面の水虫菌は死滅しますので、水虫菌が他へ感染する恐れがなくなります。
水虫治療の努力をすることは、同居家族への最低限のマナーであるといえます。
少し良い方向へ向かいましたね。
posted by 水虫博士 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月17日

初めての水虫

ある高齢の方が、初めて水虫になったそうです。
奥さんが買ってきてくれた水虫薬を塗っています。

「この間から足の指がかゆく、蚊にでも刺されたのかと患部も見ずにかゆみ止めを塗っていたのだが、いっこうによくならない。見てみると、皮が堅く盛り上がり、しかも紫色になっている。水虫か?
 なにをかくそう、(隠すことなんかないが)今まで水虫にかかったことがないのだ。水虫初体験と言う訳だ。とにかく風呂で一生懸命洗うこと。毎日石けんで洗っているはずなんだが、洗えてなかったのだろう。同時に、上の歯茎も少し腫れている。薬屋によれば、疲れた時にやられることもあるそうなので、更年期でもあり菌の抵抗力が少し落ちているのかも知れない。
 で、女房が買ってきてくれたのがこれ。左にあるのはハーフソックスと言うんだそうだ。軍手みたいに見えるが。薬を塗って、これをはいて寝なさいと言うことらしい。寝ている途中で脱いでしまうんじゃないかと思ったが、朝まではいていた。

          imge07047a3zik1zj.jpg

 1日1回塗ればいいと書いてあったが、出勤前に塗って、ハーフソックスはやめた。で、1日経った今はかゆくも何ともない。ごく初期なのでよく効いたらしい。まあ、年を考えて、丁寧に洗うことかな・・・ 水虫がしつこくて悩む人が多いそうだ。数日で卒業なら万万歳。」
はじめての水虫http://plaza.rakuten.co.jp/roufu/diary/200806100000

さすがに高齢の男性は、水虫への抵抗感は全くなく、淡々と文章が綴られています。
奥さんが買ってくれた水虫薬を素直に使っているのも、自然体でいいですね。

今の水虫薬は、水虫の皮膚症状は簡単に解消してくれます。
しかし、これがいけないんですね。
皮膚症状は消えても、皮膚の奥深いところでは水虫菌が昼寝をしています。
つまり、皮膚の表層部の水虫菌は死滅するのですが、それだけの効果しかないのです。

記事の最後に、「数日で卒業なら万万歳。」と書かれているのですが、このような感覚では水虫に勝つことなどあり得ません。
また1人、慢性の水虫患者が増えたようです(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

水虫で指の裏が割れた

水虫になっている指の裏や間が割れることがあります。
少し血がにじんで、少し痛い場合もあります。

「しばらく前に水虫にやられてブテナロックで治った。
 と思ってたら最近右足だけまたボロボロになってきた。左足はきれいに治ったんだけどね。
 ボロボロなんできれいに洗ってまたブテナロック付けてたんだけど、こないだ妙に指の裏側が痛い。
 小石でも靴下に入り込んだのかと思ってたら、なんと指の裏がぱっくり割れてる。
 こりゃ痛いわけだよ。割れて傷口から出血してたんだもん。冬場に乾燥した唇が割れて血が出たみたいな感じ。
 ただし、関節の内側だから傷の深さと長さが唇の比じゃない。
 さすがにここまでいっちゃうともはや水虫の症状とはわけが違う。
 今回はオロナインをたっぷりと塗りこんで傷口ふさいでる。くつの中だから雑菌が入り込みそうで怖いもんね。
 でもさすがに代謝の激しい足の裏だけあって一晩で薄皮が張ってきてる。ちょっと動くともう痛みが走るんだけどね(苦笑)
 ついでに周りのボロボロにもオロナイン塗っておいたらなんとなくボロボロ具合が減ってきたみたい。
 ってことはもはや水虫の領域は脱して単純に足の皮膚が荒れてただけなのかな?」
水虫にご用心!http://blog.goo.ne.jp/reigadaisuki/e/1f958fd679b1927f75808b7dd2919718

水虫の患部では、水虫菌によってボロボロに食い荒らされた皮膚が何層にも蓄積しています。
そのボロボロの皮膚は、当然、皮膚としての強度も落ちているわけです。
ですから、水虫の患部では皮膚の機能や強度が低下しており、少しの衝撃・負荷がかかっただけで皮膚が破断してしまうのでしょう。
そして、皮膚が破断することにより、指の裏が割れたように見えるのでしょう。

皮膚の傷ができると、水虫薬の効きが悪くなります。
この方は、オロナイン軟膏を使って傷を治していますが、これは正解です。
傷が治ってから、水虫薬を使う、というのが正しい手順です。
オロナイン軟膏を使うと皮膚のはがれなども収まってきますが、これは単に皮膚組織の修復が進行しただけであり、水虫が治ったわけではありません。

皮膚のはがれや水泡などは、単なる皮膚組織の損傷に過ぎません。
これらは、水虫菌と直接のつながりはありません。
「皮膚症状がなくなったから、水虫は治った」 というふうに思いがちですが、これはとんでもない思い違いです。
水虫菌は、皮膚の奥深くで生きていますので、皮膚の表面を見ても彼らが存在するのかどうか、知ることはできません。

水虫薬を使うと、やがて皮膚症状は収まってきれいな皮膚を回復します。
しかし、水虫との戦いは、ここからが本番になります。
皮膚の下にひそむ水虫菌とタネ(胞子)が消滅するまで、水虫薬を塗らないと、この戦いに勝てません。
たいていの場合、人は途中で戦い(治療)を放棄して、水虫側の不戦勝になります(笑)。
posted by 水虫博士 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

水虫に悩む

一度水虫になってしまうと、残念ながらそれは治りません。
いつまでも、薬を塗る作業が続きます。

「薬塗ってもまた違ったところに出てくるこの水虫。
 観察してみると
 はじめは一箇所皮膚に透明な水ぶくれみたいなものができる。
 すると2,3日後その周囲に同じものができる。
 その後なぜか枯れてしまう。
 そして皮がむけて終わり。
 そしてまた別のところにできる
 の繰り返し。
 別にかゆくも痛くも無い。
 困っては無いけど無いに越したことは無い。
 皮膚科に行けばいいのだろうけど
 家の近所にどこにあるのかわからないので
 とりあえず薬局の薬でチャレンジしてみる。
 左足は大阪に住んでいたときに皮膚科に行って治した。
 そのとき右足も治したはずだったのだけど再発してしまったのだ。
 靴から感染したのだろうか…?
 またいたちごっこかな…
 薬無くなっても治らなかったら皮膚科にまた行ってみよう。」
しつこいのでとどめを…?!http://blogs.yahoo.co.jp/eijityper/42616183.html

この方の症状は、小水疱型水虫ですね。
この方の場合、水虫薬を塗って治療していますので、適当に皮膚がはがれてその下から新しい皮膚が再生されてきます。
このため、角質増殖型へ移行せずに、いつまでも水泡ができる状態になっているのでしょう。
角質増殖型に移行するかどうかは、足裏の部位にもよります。

小水疱型水虫は、記事に書かれているように、小さな水泡が現れては消える、という経過を繰り返します。
この経過が、いつまでも続きます。
この症状が慢性化すると、水虫薬を塗っても治らないですね。

今のところ、皮膚科へ行かないと手に入らない水虫薬はルリコン(一般名 ルリコナゾール)だけです。
つまり、ほとんどの水虫薬は薬局で売られています。
皮膚科へ行って水虫かどうかを診断してもらう、ということは大切なの作業なのですが、水虫薬そのものは薬局で買えます。
皮膚科は、たまにしか行かないのであれば、初診料を取られます。
それを計算に入れると、水虫薬は薬局で買うほうが安いです。
皮膚科で長時間待たされるのもたまりません。

なぜこのような状況になっているかというと、最近は新しい水虫薬が開発されていないからです。
このため、主要な水虫薬はすべて薬局で販売するOTC薬化されているのです。
水虫に関しては、皮膚科の存在意義が薄れていますね。
OTCとはhttp://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/17211974.html
posted by 水虫博士 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

水虫治療中の経験

水虫治療中には、雑多な経験をすることもあります。
その中には、あまり歓迎できないこともあるようです。

「医者からは薬が無くなったら経過を見るのでまた来てくださいと言われていたので、本日行ってきました。
 医者に行くと、症状はかなり良くなってきているがもうしばらくは薬を塗っていきましょうとの事。
 まだ、完治ではないようです
 そんなワケでまた薬が出ました。
 自分が処方されているのはチューブ式の塗り薬10g入りの物。
 んで、近くの薬局に行き薬を貰おうとすると・・・。
 今回の金額は¥560。
 小銭入れからお金を出そうとしていると、その薬剤師のおじさん・・・
   「水虫はこれから患者さんが増えるんですよね。蒸れる時期ですから。」
   「まぁ、根気よく薬塗って頑張りましょうね♪」
 結構なボリュームで薬局に来ている人全員に聞こえてます
 オイコラ!
 そんな恥ずかしいことを見ず知らずの人たちの前で発表しないでくれ〜
 そして薬局の帰り道。
 ・・・ん
 あれ?おかしいゾ?!
 確か・・・前回はその薬が一つで¥1000くらいでした。
 なのに今日は前回と同じ薬で¥560。しかも今回は二つです。
 単純に考えて前回は一つ¥1000。
 今回は一つ¥280。
 ナゼ???
 薬局が金額間違ったのかな?
 それとも薬って時価だっけ?
 謎です・・・。」
★薬局★http://blog.goo.ne.jp/blue-berry-1115/e/3817c2b9ed41e4945447ac4ba35ebcb3

私の経験では、薬局で水虫薬をもらう場合に、「水虫・・・」ということを言われたことはありません。
まぁ、水虫薬を買う側は水虫うんぬんというようなことを言われたいとは毛頭思っていませんので、薬局の方も常識ある人であれば、あるいは商売上お客を大切にする人であれば、「水虫」という単語を使うことは避けます。
しかし中にはこの記事にあるように、平気で水虫という人もいるんですね。
言われた方は、災難とでも思って我慢するしかありません。
この無神経な薬剤師さんは、自分の発言でお客を傷つけていることや、自分の発言でお客を失っていることにも気がついていないのでしょう。

薬に値段については、私も理解できません。
記事の例では、どう考えても薬1本は280円のはずですが・・・
また、水虫薬1本が1000円もするはずはないのですが。
ただ、最近は後記高齢者医療のことで、「お薬手帳」という名称の記録簿も作られるようです。
これには余分な経費が発生する可能性もありますね。
患者側としては、全く迷惑な話です。
posted by 水虫博士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

水虫の最盛期(4) 高い治療費

爪水虫の治療には、抗真菌剤の内服療法を行います。
その内服薬の値段が、高い、というお話です。

「水虫になりました。
 症状がでているのはわかっていたのですが、たまたまCMを見て、ネットで調べると、飲み薬で治るらしいので、今朝病院へ行ったのです。
 先生には、「テレビで見て来たでしょ」と言われたので、そういう患者が急増しているんでしょうね。
 ちなみに、自分は爪も犯されていて、皮膚と爪を採取され、巨大モニタで、線状の菌を映し出されました。
 こんなのが自分に寄生しているとは、ビックリです。
 そして、処方箋を書いてもらうと、
 「テレビの薬出しますよ。1週間9000円くらいかな。」
 「大丈夫でしょ」と言われたのです。
 高いと思ったのですが、3割負担ならまあいいかと。
 しかし、3割負担で、9000円でした・・・
 それをあと2回やるそうなんです。。。
 定価、30000円。ひー、高けぇわ。
 こんな高価な薬、飲んだことない。
 水虫をお抱えの皆さん、お気をつけください。
 平穏を取り戻すためには、目玉が飛び出ます。」
●●ちゃんねるhttp://blog.goo.ne.jp/364674asa/e/8b40d1dba6cd89e427a82b0c2a07b922

この記事によると、9000円の薬を合計3回使いますので、薬代の合計は27000円になります。
この薬代は、果たして高いのでしょうか、それとも安いのでしょうか。

爪水虫は、ほんの数十年前までは不治の病といわれていました。
爪水虫を治せる方法なんて、昔はなかったのです。
それを考えると、3万円程度で爪水虫が治るのであれば、まあ許せる範囲でしょうか。
この方の場合には、皮膚の水虫もありますが、皮膚の水虫は治らない(完治にはならない)可能性もあります。
これはもう、患者さんがそれぞれ自分の判断基準で考えるしかありませんね。

posted by 水虫博士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

やられた 水虫だ

水虫の盛期を迎えて、ようやく水虫の記事が多くなってきました。
水虫初体験という方も多いですね。

「左足の小指がなんだか痒い
 ボリボリ・・・ボリボリ・・・
 かぶれたかな?
 「ね〜痒み止め無い?」と嫁に聞く
 どれどれ?・・・と足を見て
 嫁「それ水虫じゃん(・∀・)ニヤニヤ」
 Σ(゚д゚lll)ガーン
 こ・・・これが水虫でつか・・・
 初めてなったw
 しかし・・・
 いったい何処で?
 思い当たる所はただ一つ!
 ジムだ(−−;)
 ジムの風呂だな
 そんな感じのオッサン多いし
 足マットが超妖しい
 薬局で相談したらこの程度なら薬塗っておけば3日で収まるとか・・・
 ちくしょう・・・痒いよぉ(TT)シクシクシク」
ち・・・ちくしょう・・・やられた(T▲T)http://blog.goo.ne.jp/n-ateam/e/d993fb2ebe72a751cf7991850ba98ce2

この方の皮膚症状を見て水虫だといっているのは、嫁と薬局の人のようです。
この状況で、この症状が水虫であるのかどうか、断定するのは難しいでしょう。
できることなら、皮膚科で水虫菌の検査を行った方が望ましいですね。
自己診断で水虫だと思っている人の何割かは水虫ではない、という統計もあります。

記事の中にはもう一つの問題点もあります。
それは、「この程度なら薬塗っておけば3日で収まる」、という薬局の人の発言です。
水虫薬を塗って、3日で皮膚症状が収まるとしても、それで水虫が治るわけでは決してありません。
感染初期の水虫であっても、1−2ヵ月は水虫薬を塗らないと完治にはならないでしょう。

水虫といえば誰しも皮膚のはがれや水泡などの皮膚症状のことだと思いがちですが、それは正しくありません。
水虫とは、皮膚の奥深くにカビが寄生している状態のことで、通常は水虫菌は皮膚の奥深くでひっそりとしていて、皮膚症状もないことが圧倒的に多いのです。
目に見える皮膚症状は、水虫菌の活動の結果として表面化してきた皮膚組織の異常であって、それらは水虫菌ではないのです。
水虫菌は、皮膚症状の下にひそんでいますので、水虫菌の存在を正しく認識して治療しないと水虫を治すことはできません。
posted by 水虫博士 at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

水虫との決別

30年来の水虫持ちの方が、水虫と決別しようと決心して皮膚科へ行きました。

「素人判断で市販の薬を塗り、いい加減な治療をしていたのでいつまでも治らなかった。
 水虫とは30年来の付き合い。
 決別しようと決心し病院へ行く。
 (略)
 メスのようなもので患部の皮膚をこすり取り、顕微鏡で検査してもらった。
 すべて目の前でやってもらったので、へんに納得した。
 症状に合った治療薬を貰う。」

          002c2a792043c863aa30e29dbc6574d5.jpg
2008/05/02 決別しようと決心http://blog.goo.ne.jp/yosshy_0131/e/06883b9905df0ff107eb6698d8cce724

皮膚科で処方された薬は、ラミシールとゼフナートでした(写真)。
皮膚科を頼った水虫患者としては、これらの水虫薬をひたすら塗ることしかありません。
皮膚科としても、外用の水虫薬を処方したあとは、内服の抗真菌剤を処方する手段しか残っていません。

さて、上の水虫薬を塗り続けて、果たして水虫が治るでしょうか?
答えは、残念ながらノーです。
30年という長い年月をかけて病巣を形成している水虫は、これらの水虫薬を塗ったところで完治することはありません。
水虫の皮膚症状が一時は消えた、という程度の効果しかないでしょう。

今の水虫薬は、培養した菌に対する効果はとても強いのですが、一方、皮膚の中に住みついている水虫菌に対してはあまり効きません。
一つの原因としては、今の水虫薬は皮膚への浸透性が乏しくて、水虫菌がいる皮膚深部へ届かないのでしょう。
水虫薬を開発する立場の方は、水虫薬に関する考え方を根本から変えないといけないでしょう。

今の水虫薬は、水虫の皮膚症状を改善する程度の効果しかありませんから、いつまでも水虫が治りません。
水虫が治らないので、水虫患者はいつまでも水虫薬を使うことになります。
このことは、水虫薬が製薬会社の利益を生み続けることにもつながっています。
果たして、製薬会社は水虫を治す薬を開発できないのでしょうか、それとも開発しようとしないのでしょうか(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

水虫の最盛期(3)

足の小指の先が白くなっているので、皮膚科へ行ったところ、水虫菌の画像をモニターで見せてくれた、という体験談が紹介されています。
水虫菌まで見せられたのでは、反論の余地もありませんね(笑)。

「それと・・・・
 何となく足の小指の先が白くなってカサカサ。。。
 カサカサになった部分を爪でホジホジすると
 なんとなく、汁が。。。
 キャァ〜〜〜! もしかして!水虫ちゃん????
 先生はメスのようなもので皮膚を削ると顕微鏡へ
 「う〜〜〜ん、水虫は見当たらないですねぇ〜」
 水虫では無いと言う先生に
 それでも私は、小指の先を示して
 「ここなら絶対に居ますから・・・」
 またもや顕微鏡へ・・・
 今度は先生、顕微鏡をTVに写して説明を始めました。
 ちょっとリアル・・・
 「これが水虫の胞子みたいなものかなぁ〜これがどんどん長くなって白癬菌になるんですよ〜」
 水虫じゃん!!!!!
 と言うことで、水虫の私です。」
皮膚科http://blogs.yahoo.co.jp/dumbochika/20844499.html

水虫菌の画像をモニターで見ることができたのは、貴重な体験ですね。
でも、それはあまりうれしくはない体験でしょうが(笑)。

記事の中で、「爪でホジホジするとなんとなく汁が」 という記載があります。
これは、皮膚の中からリンパ液などの体液がもれ出てきている状態ですが、その体液の中には生きた水虫菌も当然含まれています。
ということは、その体液が付着した爪に水虫がうつる、ということですね。
このようにして、手指の爪水虫ができるのです。

ですから、水虫の患部を爪などでかくことは厳禁です。
水虫菌も当然のことながら増殖して勢力を広げる機会を狙っているのですから。
特に今の時期は水虫の増殖期ですので、注意しましょう。
posted by 水虫博士 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

水虫の最盛期(1)

もう梅雨入りも近く、水虫の最盛期となってきました。
そして、水虫を治すために薬を塗っています、という記事も多くなってきました。
それらの記事をいくつかご紹介します。

「前々から気になっていましたが、私どうやら水虫になってしまったようです。
 足の指が赤くはれ上がっていて、若干の痒みがあったのですが、
 虫に刺されたものだとばかり思っていました。
 親に見せたら水虫だと言われ始めて気づき、早速医者に行ってきました。
 簡単な検査をしてもらった結果、お医者さんから言われた言葉は、
 「水虫ですね。」
 正直ショックでした。
 私が水虫だなんて。。。
 まだ20歳なのに。。。
 早く治せるよう頑張ります!」
やっぱり水虫みたい。。。http://mylifestyle.meblog.biz/article/801513.html

この記事には、一般的な注意事項として参考になる記載があります。
それは、「足の指が赤くはれ上がっていて、若干の痒みがあったのですが、虫に刺されたものだとばかり思っていました」 ということです。
この症状は、水虫菌に感染し、そしてその部分に細菌が入り込み、小規模な激しい炎症(蜂窩織炎(ほうかしきえん))をおこしていて少しかゆみがある状態です。

ご本人は、この症状が虫さされによるものだと思っていました。
しかし、虫さされであれば、時間とともに症状は軽減して治っていきます。
ところが、水虫は自然治癒しませんので、このケースのようにいつまでも症状が続きます。
ご本人は水虫だとは思っていませんので、なかなか気がつきにくいのです。

このケースでは、虫さされのような症状が指にできていましたが、身体のどこかにいつまでも消えない虫さされ様の発疹ができていれば、それは水虫である可能性があります。
今の時期には水虫も最盛期を迎えて活発に活動していますので、水虫に感染している部位では赤くてかゆい発疹ができています。
ですから今は、水虫を発見して治療する絶好期でもあります。
手足に水虫のある方は、一度全身を見回してみましょう。
新たに水虫を見つける方も多いのではないでしょうか。
posted by 水虫博士 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫治療の体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする