2008年08月29日

水虫疑惑

手の指に水泡ができる・・・
そんなときには、誰しも水虫かな、と思ってしまいます。

「私の指は、部分的に荒れる。
 毎年、1本の指だけが荒れる。
 小さい水疱が出来る。
 今年の夏は、右手の人差し指。全体的に水泡。
 中々治らない。しかも、広がっている。
 父 「それは水虫だ、多分」
 なにー!?水虫!?
 認めたくない!うそだ、うそだ!!
 全く快方に向かわないまま、2週間。
 社労士の試験前に、手荒れで病院に行く暇はない、、、放置。
 そして、どんどん広がる、水疱エリア。
 母 「カビがどんどん広がってんじゃないの〜?」
 と、脅しをかけるので、皮膚科へ。
 検査の結果、
 「おらんかったよ」
 セーフ!
 ただのかぶれでした。
 焦ったー。」
水虫疑惑http://blogs.yahoo.co.jp/urimaki/54592151.html

手に水泡ができて水虫のようだ、という状況になったとき、皮膚科へいって検査してもらう、というのは最善の選択肢です。
皮膚にできた異常は、専門の皮膚科医でないと正確に診断することは不可能です(皮膚科医でも水虫菌の検査を怠ると誤診が多くなるといわれているほどです)。
何の知識もない素人は、どうすることもできません。

でも、皮膚科へ行くのは面倒だ、そんな時間もない、という方も多いでしょう。
この記事のように、水泡ができて水虫らしいと思ったときには、市販の水虫薬(テレビで宣伝している銘柄で十分です)を入手して水泡に塗れば、もし水泡が水虫であれば水疱は消えていきます。
一方、水疱が消えない場合には、その水泡は水虫でない可能性が高いですので、これはもう皮膚科へ行くしかありません。
もちろん、水泡が水虫の場合でも、皮膚科で指導してもらうのが良いのは言うまでもないことですが。
posted by 水虫博士 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

水虫騒動記

ご主人の足が水虫ではないかと悩まされていた奥さんの体験談です。

「5月の下旬、娘が孫を連れて帰省している忙しい最中に、「蚊に刺されて掻いたところが水ぶくれになっている」と夫が足の指を見せた。
 蚊にまとわりつかれる体臭の夫は、蚊が鳴りをひそめる冬になるまで、虫刺され薬を身体のあちこちに擦りつける作業に精を出す。
 どうやら蚊に刺された炎症とは違っているようだ。
 「もしかして水虫!」と驚愕した私は、即座に触った指を洗いに走った。
 職場で「患者が少なくて待たずに見てもらえる医院」を教えてもらい、形成外科・皮膚科を標榜している医院で診察を受けた。
 めでたく指間型水虫との診断を得た夫は、水虫治療薬を患部に塗ることになった。
 治療経過中、10年前から金属で線を引いたような筋がある足の親指の爪を、爪水虫ではないかと聞けば、「可能性はあります」と飲み薬の説明を受けた。
 白癬菌の有無を調べもしないままで薬をのむわけにはいかず、疑問を持ったまま2か月を過ごす。
 そろそろ抗白癬菌薬を中止してもよくなっった頃、「足の裏が硬くなって皮がポロポロ取れる」と恐ろしいことを口走った夫。
 角質増殖型水虫と勝手に判断をした私は、形成外科に付け足しの皮膚科をやめて、別の皮膚科で診察を受けるように夫を説得した。
 「もしかして健康サンダルを履いていませんか。足裏が硬くなってこのような症状がでることがあります」と言われ、親指の筋は加齢によるものだと分かり、やれやれと胸の鼓動が治まったのだった。
 医師の診察・診断に格差があるのは当然で、腕次第で治療費を決めるというのはどうだろうね。」
水虫騒動記http://blog.goo.ne.jp/kawazu2121_2008/e/f295efbd716aac5eb28d58e4d2ef4fca

皮膚科で診察を受けて水虫だということになり、せっかく水虫の治療をしたのに結局は水虫ではなかった、ということですね。
このようなことは、誰にでも起こり得ることです。
ここで一番問題なのは、皮膚科医が水虫菌の確認を行わなかったことですね。
しかもこの皮膚科医は、抗真菌剤の内服療法まで患者に提案しています。
水虫かもしれないと思って皮膚科へいったときには、まず水虫菌の検査をしてもらいましょう。

このご主人の最終的な皮膚科診断結果は、健康サンダル角化症でした。
関連する記事を挙げておきます。
水虫に似た・・・健康サンダル角化症http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/96437243.html
健康サンダルで不健康に???http://blogs.yahoo.co.jp/tiebreakerjp/53347839.html
posted by 水虫博士 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

生兵法(なまびょうほう)

生兵法とは:十分身についていない知識や技術。なまはんかな学問。(大辞泉より)。
使用例:生兵法(なまびょうほう)は大怪我(おおけが)の基(もと)
少しばかりの知識や技術は、それに頼ったり自負したりして、かえって大失敗をすることのたとえ。

「指先の皮がむけてしまい、気になってしょうがないむすこくん、
 別に痒くは無いのですが、手をきれいにしても、アルコール消毒して、クリーム塗っても治りません。
 さては・・・・白癬菌(水虫)か?!
 ということになり薬局でクリームを買って数日塗ってみたのですが
やっぱりだめでした。
 「ぼく、お医者さんにいく!!」というので、にきびでお世話になっている皮膚科の先生に診てもらいに行きました。
 先生開口一番、
 「これはカンポウだね。」
 「カンポウ????!」
 「季節の変わり目とか汗かくとできやすいの・・・薬あげますから塗ってみてください。
 え?水虫の薬?・・・・・そんなの塗ったらよけいひどくなりますよ。」
 が・が〜ん!!
 勘違いして間違った薬あげちゃったんだわ・・・おばかな母親。
 ところでカンポウって何かしら?初めて聞きました。
 汗がどうのって先生おっしゃってたから、汗疱とかかくのかな・・・?
 生兵法は大怪我のもと。」
これは・・・まさか・・・・水虫?! http://blogs.yahoo.co.jp/service19650207/44054721.html

これはとても参考になる記事ですね。
子供の皮膚症状を水虫だと思い込んで、薬局で買った水虫薬を塗ってみる、という過ちはどこにでもありそうです。
そして、結局は皮膚症状が治らない〜悪化する、ということになります。

皮膚にできた症状は、何の知識もない素人が見てもまったくわかりません。
水虫の診断についていえば、専門の皮膚科医でも誤診することも多い、といわれています。
子供の皮膚症状が気になったときは、まずは皮膚科へいきましょう。
これが最善です。
posted by 水虫博士 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

爪水虫?

爪が白くなり、波打っている・・・ということで皮膚科へ行ったという経験談が紹介されています。

「ここ数年気になっていた。
 爪が白い。
 さらには波打っている。
 もしや・・・。
 水虫???
 気になったので一応病院行ってきました。
 結局顕微鏡で覗いてくれましたが
 水虫はいないとのこと。
 どうやらジョギングで爪に負荷がかかって
 波打っているらしいです。
 このまま様子見ということで。」
足の爪のこと。http://blogs.yahoo.co.jp/oreb_oreb_4989/44021776.html

皮膚科では、水虫菌を確認できない場合には水虫ではない、という診断が下されます。
この方の場合、明らかに爪の異常があり、そしてジョギングで爪が変形することは少ないということも承知の上で、水虫ではないと診断しています。
でも、さすがに結論としては、「様子見」という意見もことになったようです。

患者側としても、皮膚科医の意見に素直に従う人もいれば、いやそんなことはない、これは水虫だと思う人もいるでしょう。
しかし、皮膚科へ行けば、それなりの情報が得られます。
一人で思い悩むよりは、皮膚科へ行ったほうが良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

水虫に似た、汗泡

水虫に似た皮膚炎として、汗泡があります。
汗泡の皮膚症状は、水虫の場合とよく似ています。

「数日前から、足の指の皮がめくれて水ぶくれになっていました。
 そういえば痒い気もします。
 もしかして...と思い、ネットで水虫の症状を検索。
 私の症状に当てはまる!どうしよう。
 今日意を決して近所の皮膚科に行ってきました。
 どきどきしながら診察室に入ると、やさしそうな女医さんです。
 皮膚の組織をとって、顕微鏡で見てもらいました。
 緊張の面持ちで結果を待ってると
 「..水虫の菌はみあたらないわねー」
 診断の結果、汗疱という水ぶくれでした。
 皮膚の水分代謝がうまくいかないと出てきて症状は水虫とそっくりなのだそうです。
 そういえば、子供の頃手に汗かきすぎて同じような水ぶくれが指の間に出てました。
 日常生活に支障をきたすくらいだったので10代の頃、交感神経を切除する手術をした位です。
 先生には「だから肌きれいなのよー」とほめられたので、汗かきでもいいこともあるもんだ、と思いました。」
ついにキターhttp://blogs.yahoo.co.jp/jetblog1999/24859125.html

汗泡の皮膚症状は、小水疱型水虫の症状とよく似ています。
このため、患部の皮膚から水虫菌が検出されるかどうかが診断の決め手になります。
水虫菌が確認されれば水虫ということになりますし、菌がいなければ汗泡ということになります。
皮膚科を受診する前に患部に水虫薬を塗っていると、水虫菌が消滅しますので誤診の原因になる可能性があります。

汗泡は、治療方法がないとのことですので、これは厄介ですね。
汗泡の原因は汗腺が詰まることですので、とりあえず汗をかかないようにするとか、肥満気味であればやせる努力をする、などの対症療法しかなさそうです。

汗泡の記事を挙げておきます。
水虫に似た皮膚炎(3) 汗泡http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/20298948.html
汗泡(2)http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/23133808.html
汗泡(3)http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/23278989.html
手にぶつぶつhttp://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/101987408.html
posted by 水虫博士 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

年相応の角質

かかとがカサカサしていて、入浴時に皮が丸く向けてきたので水虫ではないか、と心配した人が皮膚科へ行きました。

「本やネットなどでミズムシのこと書いてあるじゃん。
 「痒くなくても」
 「踵がカサカサしてたら」
 「皮がむけてきたら」
 とかとか
 アタシ…
 踵がカサカサしてたの
 昨日、お風呂から上がって足の裏みたら皮が丸くむけてて
 ( ̄▽ ̄;)うっ・・
 もしかして
 もしかして
 水虫〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ・・・・・・・・・・\(* ><)/きゃー!
 今日、皮膚科へ行ってきた。
 近所の皮膚科なんだけど
「 水虫の名医」なんだって
 先生はアタシの足みて
 「多分、水虫じゃないですよ。一応、皮膚を取って調べてみましょうね」
 と…
 数分後
 「やはり水虫ではないですよ。年相応の角質ですね」
 だって
 安心したぁぁぁ
 薬も出ず終わり」
ホッ(-。-;)http://blog.goo.ne.jp/p_goo_q_2002/e/575d064cd14651189dc36cd4af5fe193

年相応の角質だ、といわれれば納得するしかないですね。
まぁ、水虫ではなくて何よりでした。

私の母は90歳近いのですが、それでも足の裏はピンク色で若々しいです。
年相応の角質、という表現も一つの言葉のアヤのような感じがします。
年を取ると、かかとの皮膚も正常ではなくなることがある、といえばより正確なのでしょうか。
posted by 水虫博士 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

爪カンジダ症

爪カンジダ症の治療体験記が紹介されています。
爪カンジダ症というのは、初めて見ました。

「そのついでに、ずっ〜と治らない右手の親指も診て戴きました。
 以前から薬を貰って塗っても全く治る気配もなく。
 「この指検査したことあったかな?」と先生に聞かれ「ありません」と答え。
 取り合えず爪の内側を削って顕微鏡で調べて戴きました。
 「まさかと思ったけど、うようよいるよ胞子も沢山あるよ」
 「えっ、爪水虫???ですか?」
 「いやいや。爪ガンジダ」
 「ガンジダ膣炎のガンジダ?ですか?」てな問答があり。
 爪にもガンジダ菌が付くことがあるらしく。
 お魚屋さんとかお豆腐やさんとか、水仕事の多い職種の方が多くなる皮膚病なのだそうです。
 「そんなに家事をするの?」なんて言われながら
 先生もまさか私の爪からガンジダ菌が見付かるとは夢にも思っていなかったらしい 道理でどんな薬を塗りたくっても治らない筈ですよ
 何故今まで判らなかったのか???
 いまさらかよ〜ですよね!!!
 6、7年持ち越してきたこの親指のトラブルもようやく治まりそうです。
(略)
               40145701c5b4f20df544d555507dabec.jpg

 どうも思う位置に写真がこないのですが
 上にあるのが、白くなった私の爪です。
 私のもそんな感じかも・・・と思われる方は、是非皮膚科受診をお勧めします。」
いまさらかよ〜http://blog.goo.ne.jp/protection_2008/e/3e0f5fdda9e4b984e7ffc60615ceeaaf

記事の写真は不鮮明なのですが、一見すると爪水虫かと思ってしまいますね。
爪の異常は素人では手の打ちようもありませんから、皮膚科へ行くしかありません。
でも爪水虫の場合とは異なって、すぐに治りそうだ、という感じが記事から伝わってきます。

この記事では、処方された薬についての記載がありません。
カンジダ症に対してはアゾール系抗真菌剤が卓効を示しますので、この系統の塗り薬でも爪カンジダ症は治るのかも知れません。
何はともあれ、一件落着というところでしょうか。
posted by 水虫博士 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

かかとの水虫疑惑

かかとがガチガチになっている人が、水虫ではないかと心配した、というお話です。

「私、10年以上前からカカトがカチカチなんです・・・。
 あまりにもカチカチなので時々カッターで削ったりして毎回失敗して血まみれです。
 それで、結婚してから妻に”アンタそれ水虫バイ!早く病院行きなっせ!”
 行きつけの内科に水虫の写真が貼ってあって”あの写真とどうみても一緒じゃないの!”と・・・。
 と日々言われ続けてきたのであります(涙)。でも痒くないし、色々自分で調べたけどどうも違うよう。
 でももし家族に移ったら大変だし病院に行ったわけです。そしたらやはり先生と看護師さんにみせて
 一目見ただけで特に検査するまでもなく”コレは水虫じゃないよ〜!”とのこと。
 先生:何かスポーツされてました?
 私:小中高時代はサッカーを10年ほど、大学時代は年間約100日スキーしてました。
 といったら、スポーツでカカトに力を入れる機会がある人には時々ありますとのこと。
 なーんだ やっぱり違うじゃん!と思いながら安心して、妻に胸をはって”違ったよ〜”と言えました。
 お風呂で時々軽石でこすったりしてたのですが、先生が言うにはあまりこするのは良くないみたいです。
 先生:皮膚を軟化させる薬を処方しますのでお風呂上がりに塗ってくださいね!
 あーよかったよかった。これでこれからはママには何も言われないゾ。
 それにしてもウチのママの言い方は毎回応えました(涙)。」
新米パパのカカト疑惑http://blogs.yahoo.co.jp/kyawabox/55578064.html

スポーツをする人はかかとの皮膚ががちがちになることがある・・・これは初めて知りました。
この方の場合、軽石でこすっていたということですが、これは皮膚を傷つけますし、皮膚自体もカチカチになりますので、結果として全くの逆効果になります。
もし軽石を使っていなかったら、かかとの症状もひどくはなっていなかったでしょう。

今日の水虫
「水虫3日目。初日ほど酷い腫れはなくなったけど、
 歩行して、足が暖まってくると、ムズムズしてくる・・・
 ああ、やっぱり病気はやだなぁ。
 今日は、一緒に働いている後輩に水虫の話をしたら、
 後輩も、客先のスリッパ履いてたら、足がかゆくなりましたよって言ってた。
 やっぱり、スリッパに潜んでいたのは間違いない
 ああ、掛かってしまった俺は不運か・・・
 車で通勤したいなぁ。
 未来永劫、この状態は避けたい。早く治そうっと」
足のかゆみは思った以上に襲ってくるhttp://blog.goo.ne.jp/tjkk/e/6e03876ccb4cc25c60993e962e91a276
posted by 水虫博士 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

もしかして爪水虫?

足の爪のペディキュアを剥がしたら、なんだか爪の色が変になっている、というお話です。

「久々に足の爪のペディキュアを剥がしたら、なんだか爪の色が変なんです。
 もももも…もしかしてこれは…
 最近話題の爪の水虫???
 (略)
 皮膚科では爪の一部を削って水虫菌の有無を調べました。
 検査結果は…シロでした。
 ホッ( ̄∀ ̄;)
 ま、クロだったらここでネタになんてしませんが。
 一生の秘密にしてコッソリ治しますが。
 爪が変色してた原因は、合わない靴を履いて長時間歩いたことによる靴擦れで
 爪が皮膚から浮いてしまったそうです。
 私は身体のわりに足が小さくて、いつも大きめの靴を履く傾向があります。
 歩くたびに靴の中で足が泳ぐので、爪が圧迫されて浮いてしまうんだそうです。
 新しい爪が生えてくるまで治らないって。
 靴は、ちゃんと自分の足に合った物を履かないとね。
 私のようなマヌケの小足は、甲をしっかりとホールドするタイプの靴がいいそうです。
 パンプスはしばらくお預けです。
 でもでもでも
 良かった〜!水虫じゃなくて(o`∀´o)」
もしかしてhttp://blogs.yahoo.co.jp/tanukina/12432982.html

「合わない靴を履いて長時間歩いたことによる靴擦れで爪が皮膚から浮いてしまった」 ということで、この症状は爪甲剥離症だと思われます。
爪甲剥離が起きると、爪に空洞ができて白く見えますので、爪水虫と見間違えてしまいます。

このケースでは症状の原因が合わない靴にあり、靴を替えると治る(新しい爪が生えてくると治る)ということですので、無事に一件落着になりました。
靴が合わないと爪に異常が出る、というのが今回の教訓でした。

今日の水虫
「今日、水虫の薬を探しに薬局にいったにょ。
 水虫の薬を見つけて値段を見てびっくり(◎△◎)
 約二千円もしていたにょ。
 おいらは、量を重視する傾向にあるから、買おうかどうか迷ってしまったニョ。
 だけど、水虫はとても痒いし、放っておくとどんどん酷くなるので、やっぱり買ったにょ。
 これで水虫が治ると良いんだけどね!」
薬って高いニョ!http://blogs.yahoo.co.jp/hgmooky/12431546.html
posted by 水虫博士 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

水虫騒動

脇の下に炎症がおきたので、皮膚科へ行ったところ水虫と診断されました。
ところが、これが水虫ではなかった、というお話です。

「実は最近、脇の下に炎症が起こり段々酷くなって行った。
 (頭皮の炎症と言い、今回の脇の下と言い、皮膚の神様に祟られている?お祓いが必要かもしれん(><;)
 そこで皮膚科へ行って診てもらった。
 すると、医者が、
 「う〜ん、これは所謂、脇の下に出来た『水虫』かもしれません。
  顕微鏡検査をしますが、今日は『水虫の薬』を脇に塗って下さい。」
 私(心の中で)
 「ガビーーーーーーーーーーンっ!!何でこんな所に水虫が〜〜〜〜〜っ!!
 (T0T)(T0T)(T0T)(T0T)(T0T)(T0T)(T0T)」
 そして、そのもらった「水虫の薬」を塗ったが、全然痒みも治まらないどころか酷くなってきた。
 そして数日後、医者へ検査結果を訊きに行った。
 医者「ああ〜、顕微鏡検査の結果『水虫菌』は検出されませんでした。
   薬を変えます。ああ〜、酷くなってますね。これじゃ〜効かないや。ハハハ(笑)」
 私(心の中で)「オマエが処方したんだろうが〜〜〜〜〜っ!!(T0T)」
 まあ、水虫でなかったのは幸いであった・・・(^^)
 ちなみに薬を変えた途端、劇的に効いて、今はほとんど治っている。
 (^^v
 コイツは名医なのか?ヤブなのか?判断に迷う・・・
 (><)」
「水虫騒動」 コラ〜〜〜っ!!皮膚科の医者っ!!驚かせやがってっ!!(@0@;http://blogs.yahoo.co.jp/imasa152000/41223517.html

皮膚科医でも、皮膚症状を見ただけでは正確なことはわからないようです。
この症状は、水虫菌、カンジダ菌などの真菌によるものではなくて、湿疹、かぶれのようなものであったのでしょう。
おそらく、ステロイド軟膏を使って、症状がおさまったのでしょう。

この症状は脇の下にできていましたので、カンジダ症である可能性は十分にあったでしょう。
ですから、水虫薬を処方したことは間違いではありません。
でも、水虫薬は皮膚への刺激もあり、かぶれの原因にもなり得ます。
この方の場合、処方された水虫薬が肌に合わなかったようです。
この皮膚科医が名医かどうかはわかりませんが、結果として症状もおさまっていますので、これで良しとすべきでしょうか(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

手にぶつぶつ

暑い時期になると、手にぶつぶつができてかゆい、ということがあるようです。
その症状は、水虫でしょうか?

「3年前から、梅雨時になると、手にぶつぶつができるようになってしまいました。
 ……皮膚科に行って、飲み薬と塗り薬で、一週間ほどで治るのですが……。
 …掌や指に小さな水泡が数個でき、痒くて痒くて堪らなくります。
 最初(3年前)、近所の薬局では『手にできる水虫』と判断され、薬を買い、塗りましたが治りませんでした。
 病院で診察してもらったら、汗が皮膚の中にたまって、外側に出ない症状と診察されました。
 …職業病のようなもので、人形を操作している時には、手に汗をかいても拭くことができません。
 ずっと手に汗握る状態を続けているから、…ですって。
 まぁ、しょうがないね。毎年の恒例行事なので……。」
手にぶつぶつ……http://blogs.yahoo.co.jp/fukuwarai159/55737883.html

「汗が皮膚の中にたまって、外側に出ない症状」、というのがあるんですね。
これは、おそらく小水疱型水虫の症状と似ているのでしょう。
水虫症状を見慣れているはずの薬局の方(薬剤師)が見誤るほどですから、やはり最初は皮膚科で水虫菌検査をすることが大切です。

汗腺が詰まると、汗泡症という症状になります。
汗泡症の例を一つ挙げておきます。
「↓で息子の手足の皮が剥けて痛がるので、皮膚科へ行った所、「汗泡症」と診断されました。しかも「重度」とのおまけ付き〜*
 幼稚園時代も一番の汗っかきだった息子。
 やっぱり汗かきの人や肌の弱い人がなるらしく、汗腺が詰まることが原因だそうです。
 (表皮の近くで詰まるものが「あせも」とか。)
 普通に剥けてるだけなら、痛くも痒くもないんだけど、どんどんどこまでもズルズル剥けてくるので、そのうち皮の下から赤っぽい皮膚が見え・・・(この時点で痛い)、指の関節等はひび割れあかぎれ状態になっています。
 皮膚科にもらったお薬を日に何度も塗ること。
 規則正しい生活をすること。
 食事に気をつけること。
 食事はアトピーの子が注意されるような内容を言われました。
 「歩かず、手も使わず」が治る近道といわれましても〜アハハ(=゜∇゜)〜*
 (以下略、興味のある方は原文をご覧ください)」
汗泡症http://petit-feuille.jugem.jp/?eid=23
posted by 水虫博士 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

これって爪水虫?

爪に空洞ができるなどの異常があれば、水虫かな?と思います。
さて、下の写真は爪の水虫でしょうか?

「疲れている時やストレスが溜まっている時、稀に発症する。
 爪白癬…爪の水虫らしい。
 でも、足は水虫でもないし、病院へ行っても塗り薬どころか飲み薬を貰う始末。
 ビタミン不足(マグネシウムとカルシウム)が原因だとか。
 どちらにせよ、爪と肉が分離して空間ができているのでバットを握ると痛い。
 うーん、日曜は公式戦なのに!」

     6b72d8f3.jpg
爪白癬?http://blog.livedoor.jp/clorin2001/archives/51342100.html

写真の爪は、一見すると水虫のようにも見えるのですが、お医者さんの判断は違うようです。
この爪の症状は、爪甲剥離(そうこうはくり)なのでしょう。
爪甲剥離症は水虫ではありませんので、水虫薬を塗っても治りません。
このケースでは、マグネシウムとカルシウムが不足していた、という診断です。

爪に水虫菌が入っていると、患部(爪の空洞)の周辺の皮膚も水虫菌の侵入を受けて炎症がおこり、皮膚部分の発赤、隆起、発熱などが生じます。
上の写真では、爪空洞の周辺の皮膚には、これらの炎症症状が出ていないようです。
このことは、写真の症状が水虫ではないことを傍証するものです。
原文の写真をクリックすると、大きな写真が表示されますので、ご確認ください。
posted by 水虫博士 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

カンジダ菌症

カンジダは、水虫菌と同じ真菌の仲間で、人体の常在細菌です。
体調が悪いときなどには、カンジダ菌の活動が活発になってカンジダ菌症をおこすことがあります。

「みなさん、菌なんかね、何処にでも生えちゃうんですよ。びっくりですよ。
 口に水虫女は、軟膏を貰って帰ってきました。 
 で、それを塗る時間が来たので塗りまして、何気に薬の名前をみましたらね、「フロリードゲル経口用」ってやつでした。
 そこまではいい。普通だ。その上に小さい字でね。
       「口腔・食道カンジタ症治療剤」
 って・・・・・。カンジタって〜〜〜〜〜!   
 ・・・・・・・・・・。だめじゃん。  もう終わりジャン。   口にカンジタってーーー!」
やな、病気!http://naramatiya-kirinsake.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_de9c.html

カンジダ菌症では、カンジダ菌の塊ができて白い塊(白苔)ができます。
この方の場合には、舌の上に白苔ができたわけです。
気にせずにそのまま放置しておいたら、いつの間にか治っている、ということになると思うのですが・・・

カンジダ菌症が気になる、という方の話題をもう一つご紹介します。
カンジダ菌症に対しては、イミダゾール系抗真菌剤が著効を示します。

「(エンペシド・クリーム剤の写真)
 大事なところのかゆみに効きます  2年前に近所の内科で出して頂きました
 なんと水虫薬を兼ねています!(びつくり)
 皮膚が弱いので欠かせません」
カンジタhttp://blogs.yahoo.co.jp/naomiz517/3319511.html
posted by 水虫博士 at 07:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

水虫・・・じゃなかった

足に水泡ができてかゆい・・・
こんなときは、水虫か、と思ってしまいます。

「足に水泡が出来まして、これが痒くて痛くてしょうがなくてですね・・・
 水虫が出来てしまった!!
 と思って、水虫薬を買ってシュシュ〜てスプレーをかけたわけですよ。
 そしたらさらに悪化、赤く腫れ上がって更に痛くて痒い
 も〜我慢できなくなり、皮膚科にダッシュ=3
 そしたら、単なる早とちり・・・
 コタツで低温火傷」
むらっちょの競馬勝負(出走取り消し)http://blogs.yahoo.co.jp/fast_housing/28731420.html

コタツで低温ヤケドして水泡ができた、ということですから、この水泡は足の甲側にできているわけですね。
(足裏は皮膚が分厚くて、ヤケドによる水泡などはできないでしょう)
水虫は、普通では足の甲にはできません。
足の甲は、水虫菌との接触がおこりにくいからです。
事情を知っていれば水虫と誤認することもなかったでしょうが、これは一般の人にはわかりにくいことですね。
皮膚科へ行ったことが正解でした。
posted by 水虫博士 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

水虫疑惑

手が荒れて、皮膚がめくれてくると、水虫かなと思ってしまいます。

「病院にて。。。
 (先生)『子供さんに多いんですけど、普段指に触れる物で指先がかぶれてしまってるんだと思います』
 (私)『でも先生、かゆいとも言ってるんです。水虫じゃないかと・・』
 (先生)『お母さんが気になるようなら水虫の検査しますよ』
 (私)『はい!!ぜひお願いします』
 看護婦さんがめくれている皮をピンセットで少し取り検査へ。。。
 ドキドキ。。。ドキドキ。。。
 結果は先生のおっしゃる通り、水虫ではありませんでした^^;」
疑惑の指!? http://blogs.yahoo.co.jp/haru48haru/30512423.html

もとの記事には、鮮明な手の写真がついています。
指先の皮膚がめくれて下から血色の良い皮膚が出てきており、痛々しい感じです。
水虫は、皮膚の奥深くでひっそりと生きるのが習性ですので、通常はこのような激しい皮膚症状にはなりません。

皮膚がめくれてしまうと、水虫菌も一緒にはがれてしまいますので、水虫菌は皮膚がはがれないように皮膚の新陳代謝を制御します。
ですから、水虫菌が住み着いていても、何の皮膚症状も見られない「隠れ水虫」 が圧倒的に多いのです。
posted by 水虫博士 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

水虫じゃなくて・・・しもやけ

寒い時期になってくると、しもやけを水虫と間違えた、という話題が出てきます。
white-180sxさんも水虫ができた、という思いをしたのですが、あとになってそれは「しもやけ」であったことがわかりました。
そして、しもやけ用の薬を塗ったところ、たった2回薬を塗っただけでしもやけが治ったそうです。
皮膚のかゆみに悩まされている方は、もとの記事をご覧ください。
隠すつもりは無かったんですけど・・・ http://blog.goo.ne.jp/white-180sx/e/f1da2da0ecda435f8196e23857c60608
posted by 水虫博士 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

水虫と掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

水虫と間違えやすい皮膚症状が出る疾患として、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)があります。
この二つの疾患を見分けることは医者にも難しいですので、我々素人が両者を判別することは不可能です。
最初は水虫だと思い込んでいた皮膚症状が、実は掌蹠膿疱症であったという体験談が紹介されています。
さて、どのような状況であったのでしょうか。
「水虫になっちゃった!」http://blogs.yahoo.co.jp/takamasaharmony/62415.html
「仕方ない、水虫の薬を付けよう!」http://blogs.yahoo.co.jp/takamasaharmony/73223.html

掌蹠膿疱症については、次の記事もご参照ください。
この疾患は、ビオチンが不足していることによるものであると解明されています。
水虫と掌せき膿疱症http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/50135733.html
posted by 水虫博士 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

水虫に似た皮膚炎 指間皮膚炎

幼児の手指の間に赤いブツブツができている、という症状が紹介されています。
このような症状で有名なのは水虫ですが、このケースではカンジダというカビによる指間皮膚炎でした。
カンジダは人体の常在細菌ですので、ずっと手を握って汗をかいている状態が続くと、カンジダ皮膚炎になることがあるようです。
カビですか?http://blog.goo.ne.jp/chiaobenchi-mei/e/83f0ba3c1bac9ebd96e7358540426115

カンジダ皮膚炎に関する解説文を挙げておきます。
カンジダ皮膚炎http://www.yume-net.ne.jp/dome/worldpl/05_kinkyuji/05_09_02.htm
posted by 水虫博士 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

水虫に似た爪疾患

爪が白濁した状態になると、誰でも爪水虫ではないかと思います。
しかし、爪甲(そうこう)剥離という爪疾患もあり、必ずしも水虫であるとは限りません。
爪に異常があり、病院では水虫であるといわれた症状が、実は水虫ではなかった、という実例が紹介されています。
不鮮明ながら写真もついています。
爪水虫になっているのではないか、と悩まれている方には参考になりますね。
変わった爪してますhttp://blogs.yahoo.co.jp/raiilstar700/17635938.html
posted by 水虫博士 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

水虫に似た皮膚炎 妊娠性掻痒

手足の指の間がかゆいので、水虫薬を買って塗ってみた、というまいさん。
そして、妊娠性掻痒かもしれないと考えて医師に尋ねてみると、次のような答えが返ってきました。

「妊娠後期に出てくる不快症状のひとつですね〜〜。
これはお産が終わらないと治らないんですよ。
薬塗ってもあまり効かないしね。
冷やしたりして、なんとか乗り切って。」

どうやら、かゆみを我慢するしかないようです。
まいさんは、「あと少しの辛抱、気分転換しながら乗り切ろう」、と前向きです。
妊娠生活〜まるちゃん成長記〜http://blogs.yahoo.co.jp/sharkmai27/37757913.html
posted by 水虫博士 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫に似た皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする