2016年03月27日

猫の真菌症

水虫は、人も動物(獣)も共通に感染する人獣共通感染症です。
獣に由来する真菌(カビ)としては、イヌ小胞子菌(ミクロスポルム・カニス)が有名です。
イヌ小胞子菌は、人にも感染します。
野良猫を拾ってきたら、それが水虫に感染していて、顔や手に水虫がうつった、という話はときどき見かけますね。
なお、イヌ小胞子菌による水虫は、小さな輪状の発赤が多数できるのが特徴です。

飼い猫の水虫を治療した、という記事がありましたので、ご紹介します。
写真と動画(シャンプーする様子)が収載されていて、とてもレベルが高い内容です。

愛猫「レオ」の左耳付近が少しはげてきたので、病院で診てもらったところ、真菌症だと診断されました。
それで、ケトパミン軟膏(ビフォナゾール製剤)とAP水(中性電解水)スプレーで治療しました。
すると、すぐに患部が広がって来ました。

img_1.jpg

(写真をクリックすると拡大されます)


すぐに飲み薬に変更したのですが、効果がなくて猫が痒がるので、またまた方針変更で「抗菌剤入りシャンプー」で処理することになりました。
シャンプーする前に、バリカンで毛を刈りました。

img_3_m.jpg

(写真をクリックすると拡大されます)


シャンプーの様子を記録した動画がありますので、興味のある方は原文を見て下さい。
私もこの動画をみましたが、飼い主がいかにレオを大切にしているかがよくわかり、感心しました。
例えば、ご主人が水虫であったとしても、こんなに献身的に治してあげることはないんじゃないか、と感じましたね。

このシャンプー5回で、きれいな毛並みに戻りました。
ただし、猫の場合には毛の毛根に菌が入っていますので、水虫菌を根絶させるのは難しいように思います。
作者もこのことは理解していますので、再発すればまたシャンプーするでしょう。
猫の真菌症

作者は、猫の水虫を治すために臨機応変な処置を行いました。
人の水虫の場合でも、このように「治すぞ」という熱意を持って治療することが大切です。
読者諸賢も、この姿勢を参考にして下さい。


posted by 水虫博士 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

猫の水虫治療

飼い猫の水虫治療について、解説している記事がありました。

くろ 真菌培養プラスでした(・_・;)
「くろの真菌培養の結果、赤く染色されていました。
飲み薬投薬中です。
■真菌性皮膚炎(皮膚糸状菌症)
白癬菌により起こります。(人間だと水虫の原因となるカビの一種です)。
白癬菌自体は土の中やどこにでも漂っているカビです。
リングワームとも呼ばれますが、動物には顕著な丸く赤い病変(ドーナツ状)が見られることは少ないようです。
※人間にも感染します。特に皮膚の柔らかい部分、子供、免疫が落ちている人は要注意です。
猫の場合は、最初は顔の柔らかい部分・目の周りや鼻頭などにぽつんと薄赤い小さな病変ができます。徐々に面積が拡がったり、他の部分にも同じような病変が増えていきます。
舐めたり掻いたりすることで指の間や身体の他の部分に拡がっていきます。特に子猫や免疫力が落ちて皮膚の抵抗力が弱いときに罹ることが多いようです。
フケが出たり、かさぶたができたりもします。
あまり強い痒みはないようです。
菌は真菌症にかかった猫の抜けた毛についていますので、全身の毛を刈ったり、こまめに掃除機をかけて毛が散らばらないように注意しなければなりません。
水虫 犬猫にうつる で検索してみると
【こんな記事見つけました】
ペットも注意!
水虫がうつるのは人間ばかりではありません。犬や猫にもうつります。体のどの部分にもうつる可能性があるので、脱毛や湿疹として症状があらわれてきます。可愛いもの言えぬペットのためにも水虫対策は絶対必要なのです。床やじゅうたん、布製のソファーなど、水虫がペットにうつる可能性がある場所は沢山あります。飼い主が気をつけてあげなければいけません。
意外な盲点 気づきづらいのですが、寝具からも水虫はうつります。水虫にならないためにもジメジメした布団はもっての他。布団乾燥機をかけたり、お日様にしっかりと干したりして湿気を逃しましょう。シーツもこまめに取り替えて清潔にしておくのが大切です。できれば水虫の人と同じ布団で眠るのは避けた方がいいでしょう。

我が家@おとんの怪しげなお湯虫さん(-_-メ)家族にうつるから皮膚科に行って診断してもらいとずっと言い続けていました。
くろの診断の翌日、盆休み突入したので@おとん皮膚科へGO
⇒診断結果は水虫でした。しかも爪白癬になっていました。
@くろ、かなり頻繁に布団猫していましたが…感染源は@おとん??
いずれにせよ、成猫でうつるのは珍しいので@くろの免疫力、抵抗力が
弱いのかもしれません。来週の血液検査の結果が気になるところです。
我が家の真菌〜ずさん、仲良く投薬治療してちゃんと直していきましょう‼」
http://blogs.yahoo.co.jp/neko12suki/20450006.html

猫の水虫診断でも、白癬菌の培養(真菌検査)を行うんですね。
そして、内服薬を投与中、来週は血液検査だということですので、これは人の水虫治療とまったく同じです。
ペットも家族同然ですから、水虫治療も家族並みというところでしょうか。

水虫(白癬菌症)は人畜共通感染症ですので、猫を飼っている場合には人(家族)⇔猫間で水虫がうつることがあります。
ペットを飼うためにはペットの健康管理もしなければならず、相当な覚悟が必要だということですね。
posted by 水虫博士 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

猫の水虫

ペット(猫、犬など)は、家族の一員として大切にされていることが多いようです。
そのような親密な状態では、ペットの水虫(真菌症)も大きな問題になります。

こんなことがありました・・・
「月日が経つのは早いものですね
すでに半年が過ぎてしまいました。
この一カ月間なにがあったと言えば・・・・
猫が「真菌症」に罹り、全身あちこち毛が抜けてしまい、ハゲちょろけになってしまいました。
初めは耳が赤く、湿疹ができて、目の上辺りの毛が薄くなって来たと思ったら、あっという間に、背中やら足先が、毛が抜け始めてしまいました
これは大変
湿疹の出来ている処の皮膚を培養した結果「真菌」が見つかりました
見た目はこんなだから痛そうですが、痒くもなければ痛くもないらしいです。

          9ddbcc009a49a457acc1c54a38e38e1d.jpg

これからが大変・・・・
皮膚に薬をつけ、薬用シャンプーを週に一度行い、初めはシャンプーするたびに大量の毛が抜けましたよ
毎日粉薬を飲ませつづけ、やっと一カ月がたって、皮膚も奇麗になり毛も生えてきました、
まだ背中は毛が生えそろっていないので、ぼこぼこしていますがもう大丈夫です。
最初の状態ではどうなるのかと心配しましたが、元気になりました。
「真菌」って何だと思いますか?
そう・・・早い話・・・・水虫ですって
やっぱり治りずらいらしいですよ
猫が真菌症になって以来部屋の掃除は毎日欠かさず(当たり前ですか?)
除菌入りのお掃除スプレーやら、床掃除モップ(クイックルワィパー)は、朝晩欠かせなくなりました
猫の真菌症は「ストレス」から来るものらしいので、もう一匹の猫は
一緒にいるのになんでもありません。(ストレス感じないんだね)」
http://blog.goo.ne.jp/myty0409/e/59851d02389ba754f71829820fce4f27
(原文にはほかの写真も載っています)

ペットを飼うということは、食事の世話のほかにも病気の面倒も見てやらなければなりません。
特に、水虫やウイルスなどは人と動物間でうつりますので、注意が必要です。

水虫に関しては、ペットの爪で引っ掻かれた際に人の皮膚に傷ができますが、その際に一緒に水虫菌もうつりますので、このことを知っておきましょう。
ペットを飼うのは、それなりの覚悟が必要なようです。


水虫にはヨモギエキス:http://y20113jp.ocnk.net/

posted by 水虫博士 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

犬の水虫:真菌って治るの?

水虫(白癬菌症)は人畜共通感染症であり、犬や猫の水虫は人へとうつり、また人の水虫も動物へとうつります。

真菌って治るの ? ? ?
大変なことになりました。
実は、愛犬4匹のトイプードルのうち、2匹の足の皮膚が変なんです。
症状は、2匹とも一緒ではなく、一匹は円形脱毛症のように直径1p位のハゲができ、すこし赤みを帯びて腫れています。
もう一匹は皮膚がカサカサして部分的にほんの少し黒っぽく変色しています。
コリャー変だってことで近くの動物病院に連れていきました。
診察の結果は、真菌(糸状菌)の疑いがあるとのことでした。
獣医さんの説明によると真菌って“カビの病気”だそうで、
人畜共通伝染病(人間にもうつる)とのこと。人間でいう水虫のようなもので、直りが悪く根気よく治療しなければ治らないといわれました。・・・ ガ〜ン
(略)
ほんとうに真菌なのか? を判断するために培養検査を行います。
培養の検査は患部の皮膚を削ったり、毛を少量抜いて、培養液に1週間程付けておき、液の変化をみる検査です。
液の色が変わらずに黄色であれば陰性、赤く変色すれば陽性ってことになります。

          2022442f2d3856378053493274889fe0_s.jpg

1週間が経過し、恐る恐る結果を聞きに、、、結果は陽性  キャー
真菌に間違いないようです。
アンズちゃんの養液は真っ赤っかに変色、チョコちゃんのはすこしだけ変色って感じでした。
さあ、ここからが治療の始まりです。
@ 部屋中の掃除と消毒、家庭で使う漂白剤のハイ○ーが
  良いらしく、塩素系のものでないとカビの菌は除菌出来ないそうです。
  但し、臭いがきつく、舐めたり吸い込んだりすれば人体(犬体)に悪いため、薄めて使うよう指示されました。
A 感染を防ぐためすべての犬を分ける(隔離) 病気でない仔も離します
B 薬用シャンプー(週2回)
C 薬浴(強酸性)、硫黄泉のようなお湯をつくり、15分位浸ける(週2回)
D 飲み薬(餌に混ぜる)1日/2回
この治療を始めて、早い場合で約1ヶ月から1ヶ月半はかかると言われました。
BCDの治療はそれほど難しいものではありませんが、一番大変なのは、隔離されてしまったワンちゃん達です。
今までは4頭で自由にはしゃぎ廻っていたのに突然の隔離。
精神的にもきつそうです。
また、除菌剤の臭いがきつく、部屋中ハイ○ーの臭いが充満、、、そりゃーー臭い。
人間がこれだけ臭いのだから、嗅覚の良いワンちゃんでは半端じゃなく臭いだろうし、臭いがあるってことは、残留しているのだろうから、舐めてしまったらそれこそ大変なことに成りかねないかと非常に心配です。
(略)
下の写真は殆ど完治した状態です。
(写真は、原文をご覧ください)
真菌でお困り、お悩みの皆さん、心配は入りません。
真菌は直ります。 でも、時間がかかります。
早くて3週間。
一番利く治療薬は・・・・・・・愛情 だったと思いました。 
大切なペット、環境にも注意したいものです。」
http://blog.goo.ne.jp/mira0218/e/9c39514fd638958b1a0f3d9a484314f1

原文が長いために、少し省略しました。
ペット愛好家の方は、原文もご覧ください。
ご参考になるでしょう。
posted by 水虫博士 at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

猫の水虫・ミクロスポルム

ペルシャ猫を飼うようになったのですが、その猫が水虫になっていた、というお話です。

「うちに来た時からフケが目立っていたタロ吉(猫)。
 最初はお風呂に入れれば平気だろうと思っていましたが、2、3日するとやっぱりフケが。。
 「こんなに出るものなのかなぁ…」と心配になっていると、カサブタ状のフケと一緒に毛がボソッと抜け始めました。
 やっぱりおかしい!と思い始めた頃、旦那さんの腕に赤い湿疹が…(;゜Д゜)
 丸いリング状でめちゃめちゃ痒いらしい…。
 急いで近所のお医者さんに診てもらいました。
 尻尾の付根あたりと、耳の後ろにカサブタができていたタロ吉(泣)
 皮膚を取り顕微鏡で検査をしてもらいましたが、ダニはいない様子。
 (実は最初は爪ダニかと思っていました)
 結局皮膚を培養した結果、真菌(ミクロスポーラム)だと診断されました。
 最初にもらった真菌用の塗り薬(エクセルダーム、スルコナゾール含有)。耳の外側に塗っていました。
 人間にも処方される薬。でも最近はあまり使われていないみたい…
 糸状に菌が広がる病気で、人間でいう水虫のようなもの。。
 免疫力が下がった時に悪さをするそうで、人間にも移っちゃう菌でした。
 猫自身はそれほど痒くないみたいですが、移った人間はかなり痒い
 週一回の薬用シャンプーと塗り薬で様子を見ることになりました。」
真菌治療 〜抜け毛とカサブタ〜http://blog.goo.ne.jp/tarokichi2222/e/76f7a47ef1a1e78c07a9c0e7cf312737

犬や猫に寄生する白癬菌(水虫菌)は、ミクロスポルム(犬小胞子菌)といいます。
水虫は人畜共通感染症ですので、ミクロスポルムは人にもうつります。
犬や猫を抱えたときに腕などにミクロスポルムがうつり、小さな円形の赤い湿疹が多数できます。

この記事では猫の水虫治療については書かれていますが、ご主人の腕の水虫については記載がありません。
ご主人の水虫も治さないと、奥さんにもうつりかねませんね(笑)。
このケースのように、ペットを新しく飼う場合には感染症にも注意する必要があります。
posted by 水虫博士 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

水虫の猫

拾ってきた猫が水虫になっている、というお話です。
猫の写真が数多く載っています。

「おそらく9月の中旬以降に生まれたと思われます。
 母上が介護のヘルパーに行っている利用者さんの家から保護してきたニャンです。
 なにやらその利用者さんの家は、猫屋敷らしく、病気で死んでいくニャンが多発しているそうです。
 たまちゃんくらいの子猫がバタバタ死んでいくらしい・・・。
 たまちゃんも、鼻炎と回虫(母子感染)と水虫を併発していて、がりがりになって死にかけていたところを、母が見かねて連れて帰ってきました。
 介護ヘルパーに行った時に、掃除機にじゃれてきたり、甘えてくるので、放っておけなかったようです。
 顔面が水虫ですごく汚かったようですが、少しずつ綺麗になってきました。(略)
 甘えん坊で、くっつき虫で、聞きわけがよくて、カワイイ子です。
 水虫があまりにも痒そうなので、洗面台でシャンプーをしてあげました。
 特に顔がひどいです。シャワーを怖がるので歯ブラシでこすってあげました。
 乾かしてあげると、ふわふわになりました。
 すこし太ってきて、子猫らしい体系になってきたようです。
 はやく病気がなおるといいですね。(略)」

          14d7f527c45dab65ce47431796eefea8.jpg
たまちゃんhttp://blog.goo.ne.jp/todokuro8632/e/e7d3b1a60c380d79687a5528bb00fc45

拾ってきた仔猫のたまちゃん、顔面に水虫があるとのことです。
この記事の作者は、猫の病気についてもよくご存じのようですね。

でも、猫の水虫は毛穴に水虫菌が入っています。
毛穴の奥深くに水虫菌が入っていると、その水虫は通常以上に治りにくいのです。
水虫は人畜共通感染症ですので水虫薬は人と同じものを使いますが、毛穴の水虫に対しては内服用抗真菌剤を使うのが望ましいでしょう。

水虫菌の感染力はあまり強くないのですが、それも場合によります。
猫の水虫患部から猫の体液が漏れてきて毛が濡れている場合には、その体液には水虫菌が含まれています。
この体液が人の皮膚に付くと、接触感染で一発で水虫になる可能性が高いでしょう。
猫好きの方にとっては猫は可愛いものでしょうが、水虫感染にはご注意ください。
水虫になってしまうと、それを治すのはとても大変です。
実例を挙げておきます。
猫の水虫!http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/18984509.html
posted by 水虫博士 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

カミングアウト

犬や猫を新しく飼い始めるとき、彼らが水虫になっている場合があります。

「まぁそんなに大げさなもんじゃないんだけど、ロビン(犬)は家に来たときから皮膚病です。
 初めてお迎えに行ったとき、鼻のあたまのまわりに毛が生えてないんで、「変だな?」と思ったんですよ。
 だけど気持ちが舞い上がってたんで
 「そういう犬もいるのかな?」とそのまま家に連れてきました。
 翌日早速ブラッシングすると・・・フケ?多量の白いかさぶたが・・・
 はがれてボロボロと出てくるじゃないですか。え〜、なんじゃこりゃ!!
 近所の動物病院で見てもらったところ「シンキンですね。」しんきん?
 「水虫やカビみたいなもんですよ。」 み、みずむし??
 毛が薄かったり、脱毛してるのはその真菌のせいだそうです。
 で、今は飲み薬と真菌用シャンプーで治療中です。」
カミングアウトhttp://blogs.yahoo.co.jp/daho5277/1436603.html

水虫(白癬菌症)は、人畜共通感染症です。
ですから、犬や猫の水虫は人にうつりますし、人の水虫もまた犬や猫にうつります。
誰しも水虫になることはいやでしょうから、犬や猫を飼おうと思うときには彼らの健康状態(毛の状態)を確かめるのが賢明です。
一度水虫になると、それを治すのは大変ですから。
posted by 水虫博士 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

水虫に秋の気配!

さじたろうさん(女性)は、インコの水虫を治しています。
その水虫に、秋の気配が感じられるようです。

「水虫に感じる秋の気配、って、もちろん私じゃないですよ(笑)
 焦げる様な暑さが去って、朝晩の冷え込みにそろそろ秋を感じる今日この頃・・・
 はるぼー@コガネ(インコ)の足の水虫(カビ)も、落ち着いてきたみたい。
 (原文には鮮明な写真がついています)
 根元がちょっと腫れてるところはあるのは相変わらずだけど、がさがさ乾燥したり、皮がむけたりしてるところはなくなりました
 でも、水虫は治りがけが肝心!
 症状が消えても、毎日タオルでとっ捕まえて、せっせと薬を塗りこめてます。
 逃げようが拗ねようが、容赦しないぞ〜(笑)
 あ〜れ〜、捕まったぁ〜
 ひどい目にあったなぁ、もう!」
水虫に感じる秋の気配http://blogs.yahoo.co.jp/harubounoheya/16252042.html

愛鳥(インコ)の足の水虫が落ち着いてきて、そこに秋の気配が感じられる・・・まるで俳句でも詠んでいるような風雅な境地ですね。
そして、それでも気を緩めずに水虫薬を塗る、というところがまた優れています(笑)。
保護者たる者は、こうありたいものです。
原文にはかわいいインコの写真がありますので、お立ち寄りください。
posted by 水虫博士 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

鳥の水虫

ペットの小鳥の水虫が紹介されています。
水虫専科でも、鳥の水虫というのは初めてだと思います。

「一方、気になるはるぼー@コガネの水虫は・・・
 今年は今までと反対の足、足環のない左足がやられてます。
 (原文には、鮮明な写真が載っています)
 一番手前の親指(?)の、爪の付け根と指の股のとこ、ちょっと白くなって皮が浮いてるのがわかるかな?
 他に、中指(?)の付け根も太く白っぽくなりつつあります。
 いままでと反対の脚がこうなっちゃうのって、なんか嫌〜な感じ。
 負けじと今日もたっぷりお薬塗り込めときました。」
抜けた!http://blogs.yahoo.co.jp/harubounoheya/14374606.html

この記事の作者は、ペットの小鳥の足に水虫ができていることを知っており、水虫薬で治療中です。
小鳥の飼育に関しては、この方は相当なプロですね。

水虫が治りにくいのは、人でも鳥でも同じです。
というよりは、鳥の場合には皮膚が分厚そうですので、これが水虫になればまず治らないのではないか、と思ってしまいます。
人間でいえば、重度の角質増殖型水虫になるわけですから、これは大変ですね。
原文の写真も一度ご覧ください。
posted by 水虫博士 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

馬の水虫

馬にも水虫(真菌性皮膚炎)があります。

「(写真)
 真菌による皮膚炎です。
 梅雨頃に多発します。
 真菌は人間の水虫の原因でもあり、高温多湿が大好きです。
 一度罹るとなかなか治らない厄介なヤツです。
 毛を刈ったり、消毒をしたり、等日頃のケアも大切です。
 他の馬に染らないようにしなければなりません。」
真菌性皮膚炎http://blogs.yahoo.co.jp/dr_shirouma/13590936.html

          171.gif
          皮膚糸状菌症より

水虫は、人畜共通感染症です。
人も馬も、あるいは犬や猫も、共通の水虫菌によって水虫(白癬菌症)になります。
馬の水虫も、記事中には、なかなか治らないと紹介されていますね。
上の写真のように、馬の水虫では水虫菌が白い群落を作っているのがはっきりとわかります。
白癬菌という名前の白は、この菌の形態から来ているのかも知れませんね。
posted by 水虫博士 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

水虫の銀河系

体部(腹、背中など)にできた水虫は、かいたりこすったりすることにより広大な面積を占める巨大水虫になる場合があります。
それは、水虫の銀河系、とでもいえそうな巨大さです。

「実は、tear(ワンコ)は1年以上前から水虫で病院にはちょくちょく通院していたのですが、ここ2〜3ヶ月は水虫も治まってきて安心していたら、昨日の受診で腹部に大量の水虫が...
 どのくらい大量かと言うと、tearの腹部に水虫の銀河系がある...て言うくらい
 少ない時は、針で突いたくらいの小さな点一つぐらいなのに...
 それが銀河系みたいに...
 ああぁぁぁいやぁぁぁぁ」
打倒!水虫!!
http://blog.goo.ne.jp/tear-xxx/e/3c23b76f1d3ce6c20093b1ced03327ce

水虫は、体部(腹、背中など)にもできますが、それらがかゆくて無意識のうちにかいたりこすったりしていると、水虫菌が蔓延して短時間のうちに巨大な水虫になることがあります。
このように急激に巨大化した水虫は、水虫薬を塗るとすぐに消失しますので、そのあとは原発の水虫(毛瘡)が消滅するまで気長に水虫薬を塗れば終了です。

でも、この気長に水虫薬を塗るという作業は、なかなか実行しきれないんですね。
そして、途中で処理をやめてしまって、水虫が何度も再発するということになります。
水虫を治す、というのは難しいものです。

今日の水虫
「足の指の間の皮が剥けている。
 そして血色悪っ。
 おまけにかゆい。
 これは…
 まさか…
 うわさの…
 水虫なのかっっ!!!!(((゜д゜;)))
 あぁー嫌だよー!
 勘弁してくれぇ(Θ_Θ)」
まさか・・・http://blog.goo.ne.jp/candy-mako-candy/e/6c2207a0cba278a45094811e23886554
posted by 水虫博士 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ペットの水虫

犬や猫を飼う場合、皮膚感染症に対する注意も必要です。

「先生は一目見て、
 「あっこれは水虫の親戚みたいなのんにおかされてます」と言って、リッチに軟膏みたいな薬を患部に塗り、それで治療は終わりました。
 重ねて「その患部を触りましたか?」と聞きました。
 「なんかあるんですか?」と聞き返しますと、
 「水虫の親戚ですから人間にも感染しますよ」と言われ、
 「えぇーっ!?」
 そういえば、しょっちゅう触っていたかも。
 その間手は洗ってはおりましたが、それでも水虫になるんかな?」
連れて行って、初めてそこで知った恐ろしさhttp://blog.goo.ne.jp/mamus1789/e/bfa601777d755277cbd0194b721ca861

水虫は、人畜共通感染症です。
ですから、犬や猫の水虫は人にもうつり、人の水虫は動物にもうつります。
ペットの水虫では、患部から体液がもれている場合も多いと思いますが、その体液には水虫菌が含まれていますので、体液が手や腕につくとそこが水虫になります。
また、ペットの爪に水虫がある場合には、爪で引っかかれるとそこが水虫になります。
ペット愛好家の皆さんは、ご注意ください。
posted by 水虫博士 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

犬の水虫

はなさんの愛犬(アトム)の鼻の上に、小さな白い斑点状のおできができています(写真つき)。
病院で菌の培養検査を行い、真菌感染症であると確定しました。
水虫菌は白癬菌というのが正式名称ですが、その名のとおりに鼻の上に白いカビが繁殖しています。
犬は鼻をなめるので、薬を塗るのが大変だそうです。
ホッ。http://blog.goo.ne.jp/hana-atom/e/b3204c39c9ad0264e6fd10b87ac5f2a2

posted by 水虫博士 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

犬の水虫治します

犬の水虫を治療した、という記事が出てきました。
水虫になった前足を、バケツに入れた塩水に浸す、という簡単な方法を行っています(2週間)。
これで水虫が治ったのでしょうか?
ようこそ、ベニーママスパへ。http://blogs.yahoo.co.jp/kuroinubennie/15835803.html

水虫(白癬菌症)は、人畜共通感染症です。
ですから、犬の水虫も人の場合と同様に治りにくいはずです。
人の場合、水虫を塩水で処置する、という記事・話は、私はこれまで見たことがありません。
ところが、この記事には多くのコメントがあり、塩水(プラス飲み薬)で処置するというのが一つの方法になっているようです。

この方法は、おそらくは犬(動物)に限定されるものなのでしょう。
水虫になると、水虫菌の活動によって皮膚組織が破壊されて、かゆみや傷が生じます。
すると、犬は足をなめますので、唾液で皮膚が溶かされてさらに傷が広がります。
皮膚に傷ができた状態では、一般に、水虫は治りにくいです。
犬の足を塩水で処置するというのは、足にできた傷を軽減するためのものでしょう。
人の場合には、皮膚にできた傷や炎症は、ステロイド軟膏を使って治します。
そして、傷が治ってから水虫薬を使うことになります。
posted by 水虫博士 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ペット(猫)の水虫

飼い猫が、水虫になっていることがあります。
猫の水虫は人へもうつりますので、注意しましょう。

”梅雨末期”」:記事全文
7月に突入して、早5日
梅雨真っ只中ですが、今日の京都は始終曇り空で、快適に過ごせた気がします
我が家ではこの時期を”梅雨末期”と称しております(←多分、今年からw)
今日はうちのおバカ猫を病院に連れて行ってまいりました
そろそろ予防接種の時期か〜と思っておっったのですが、それが目的ではなくw、首(正確には下あご)の部分の毛が抜け落ちて、組織液?でぐちゅぐちゅになっておったので、心配したおかんにより強制的に行かされましたw
最近夜中になると、外でバトルを繰り広げてて、そのせいかと思っておったら違った

「かびによる感染症ですね」
まあ、人間で言う水虫みたいなもんらしいですw
顕微鏡の映像を見せてもらったら、確かに菌の一種であろうものが映っておりました
一応検査にかけるという事で、毛をむしられw微生物学のラボで使用した培養寒天に保管
この検査って何て名前やったかな〜…
う〜む、思いだせん…去年の秋セメにやったのにな〜
とか一人で考えたりしてw
 
塗り薬を頂き、これで朝晩2回、”塗るか塗られるか”の格闘が開始されることになりましたとさ
これでま〜た、だっこされるのが嫌いになったおバカ猫、陸さんなのでした…
http://blogs.yahoo.co.jp/mihobrain20/50539194.html

水虫(白癬菌症)は、人畜共通感染症です。
動物の水虫の原因菌は、イヌ小胞子菌(Microsporum canis)という白癬菌の一種ですが、ヒトの水虫菌(トリコフィトン・ルブルムあるいはトリコフィトン・メンタグロフィテスなど)が感染している場合もあるでしょう。
動物の真菌症の例を検索してみました。

          datumou2.jpg
          チンチラの水虫、写真左端の10円玉ほどのハゲた部分
          http://www.sbspet.com/chin/medical/kenko19.html

ペットを腕に抱きかかえると、その際に上腕部などにイヌ小胞子菌がうつることがあります。
この記事のケースでは、「首(正確には下あご)の部分の毛が抜け落ちて、組織液?でぐちゅぐちゅになっておった」 ということですが、このようなもれ出ている体液に触れると、おそらく一発で水虫に感染するでしょうね。
また、水虫薬を塗る際に猫が暴れる、ということですが、この際にも水虫がうつる危険性が大です。
長袖の上着を着て、肌を防衛してから薬を塗りましょう。

イヌ小胞子菌は、伝染力が強い、という記載もあります。
猫から真菌症をもらった、という記事を挙げておきます。
猫の水虫!:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/18984509.html
posted by 水虫博士 at 06:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

犬の水虫

久しぶりに犬の水虫の記事が出てきました。

超久々の更新」:記事全文

          t`.bmp
          (写真は参考例です)

超久々の更新にはわけがあります。
ブブのアレルギーがだいぶ落ち着いたのです!!
もともと皮膚のべたつく感じから始まりその後指の間が真っ赤になり獣医さんからは
『アレルギーが原因のものだから一生付き合っていくことになると思うよ』といわれこのブログをはじめたのですが体のべたつきもおさまり指の腫れも圧倒的によくなりました。
犬用のアレルギーの薬を飲ませた時期もありましたがあまり改善されませんでした。

しかしアレルギーは劇的によくなったのです!!
どうしてか?それは・・・・・
ニュータムチンキゴールドのおかげです!!
病院で皮膚の組織の検査をしたときに指の間からなにやら菌が!!
『人間で言う水虫みたいなものですね』と先生。
というわけで
ニュータムチンキゴールドです!
なんども繰り返しますが
ニュータムチンキゴールドでほとんどかゆがらなくなりました。
別に親戚が小林製薬とかではないですが結局犬だろうが人だろうが感染した原因が真菌ならばよかったのですね。
ほかのデリケートな犬にはお勧めできませんがこんなんで治ってしまうあたりさすがブブです。
今後は日常のブブとちょっとアレルギー対策をかいて行こうかな?
着地点が見えなくなっている管理人です。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasuzamurai/46766424.html

ブブの症状は、人間で言う水虫みたいなもの、ということですから、病原菌となっている真菌はマラセチアか、あるいはイヌ小胞子菌(ミクロスポルム)ですね。
指の間が真っ赤になっていること、ニュータムチンキゴールド(小林製薬、硝酸オキシコナゾール含有)がよく効いていること、などから判断すると、マラセチア感染症でしょうね。
ブブの症状であるアレルギー性皮膚炎も、マラセチアが悪化因子になっていることも少なくない、とされています。

マラセチアとは、真菌(カビ)の一種である酵母様真菌で、動物ではMalassezia pachydermatis(マラセチア パチデルマティス)が検出されます。マラセチアは通常病原性を持たず、皮膚、耳道、指間、肛門、肛門嚢、膣、口吻に常在しています。この酵母は脂肪を好むため、べたべたした体表のあぶらを代謝して増殖し、体表脂質の構成成分を変化させることにより炎症やかゆみを誘発します。

マラセチア感染症に関する記事例も挙げておきます。
水虫に似た皮膚炎 犬の場合:http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/28475857.html
posted by 水虫博士 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ペット(ハムスター)の水虫

最近は、犬や猫を含めて動物(ペット)を飼う人が増えています。
でも、動物は皮膚病(水虫)を持っていることがありますので、知識と注意が必要です。

体の異変・・(;0;) おハゲ!?」:記事全文

        img_69262_11036778_0.jpg

去年のクリスマスに気付いていました・・。
おハゲ・・。
なんでこんな微妙なところがハゲるの??
両足の付け根ってハゲるものかしら??
病院へ・・。

「ダニかカビの可能性があります。」
色々と説明を聞き検査していただくことに・・・。
「ダニではありませんでした・・。」
「カビでしたら結果が出るまでに1〜2週間かかります。」
「カビといっても・・人間でいう水虫のようなものでしょうか・・。」
と言われました・・。

あれからまだ・・結果は出ていません・・。
もう少し時間がかかるのでしょうか・・。
5匹ハムズがいるのに・・。
なんでスイカくんだけハゲたのかしら???
http://blogs.yahoo.co.jp/kgwsf887/11036778.html
(原文には大きな写真が載っています)

写真を見ると、ハムスターの両足の付け根付近が脱毛してはげています。
このハゲの原因は、水虫菌(イヌ小胞子菌など)のようですので、人で言えばインキンに相当するものですね。

水虫は、種々の白癬菌というカビが人や動物の皮膚・毛に寄生することによって発症します。
水虫は他へうつりますので、ハムスター間の伝染が起こり得ますし、さらには人への感染もあり得ます(人畜共通感染症)。
人への感染は、むき出しになった腕や肩などに多い、とされています。

検査の結果次第ですが、水虫だと確定すれば、水虫薬を使って完治させることが大切です。
ペットを飼う場合には、それなりの知識と経験が必要なようです。
動物由来感染症ハンドブック:http://www.med.or.jp/kansen/animal/rabi/01.html
posted by 水虫博士 at 06:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

馬の水虫

昨日は、ディープインパクトの最後のレースということで、テレビのニュース番組でも大きく取り上げられていました。
さて、その馬ですが、当然のことながら、馬にも水虫があります。

馬も 水虫?」:記事全文
最近知ったんだけど、馬も水虫になるんだね!
だけど馬って! いつも裸足でいるワケじゃない!
それに指だって無いし!
蹄(ヒズメ)って呼ばれる爪があるだけだろ!

へえ〜!  だよね!
まあ人間でも爪に水虫の菌が入り込むとボロボロになるから、そんな感じなんだけどね! 
ただ!馬にとってはこの病気!たかが水虫という訳にはいかなくてサ!
爪が崩れては走れないから、それこそ競争馬生命に関わってくるんだ!
あの有名なディープインパクトもそんな悩みを抱えてる馬だね!
水虫じゃないけど爪が弱くてサ!
足の裏に蹄鉄を打ち付ける時、爪が耐えられなくてね!
固定する釘の代わりに接着剤を使って張り付けているとのこと!
明日はそのディープのラストラン!
引退レースになる有馬記念!
最後の勇姿を 俺も見届けるよ!

写真は、先日ドーピング検査に来た!水虫馬さんの足!
(原典には写真があります)
薬を塗るために蹄を削ってあります。 
ちなみに、馬の水虫は人間には伝染しません!
菌の種類が違うそうです!
馬はカユくないのかって?
今度 水虫馬さんに会ったら聞いとくね (^^;)
http://blogs.yahoo.co.jp/kurokawamitene/44622844.html

水虫菌は、もともとは土の中に住むカビで、動物の死骸の皮膚を分解するという大切な役割を担う微生物でした。
ですから、馬はもちろんのこと、はるか昔の恐竜などにも水虫はあったでしょうね。

馬の水虫については、紹介記事がありましたので、ご参照ください。
馬の水虫の写真も載っています。
なお、水虫は人畜共通感染症ですので、人馬間の感染があります。
皮膚糸状菌症:http://www.equinst.go.jp/JP/book/kansenS/DPs.html
posted by 水虫博士 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

水虫に似た皮膚炎 犬の場合

犬の皮膚炎として、マラセチア感染症というのがあるそうです。
マラセチア感染症の原因菌は、酵母様の真菌(カビ)です。

マラセチア感染症」:記事全文
うちのいるか(犬)は皮膚病です。
年がら年中、寝ていてもカイカイしていまして、見てるこっちがかわいそうになります。
んでもって、私が働いてる動物病院に診察にいったら、マラセチアと診断されました。
マラセチアとは簡単にゆうと、カビ・・・人間でゆうと水虫のようなやっかいなやつ。

以下参考
マラセチアとは、真菌(カビ)の一種である酵母様真菌で、動物ではMalassezia pachydermatis(マラセチア パチデルマティス)が検出されます。マラセチアは通常病原性を持たず、皮膚、耳道、指間、肛門、肛門嚢、膣、口吻に常在しています。この酵母は脂肪を好むため、べたべたした体表のあぶらを代謝して増殖し、体表脂質の構成成分を変化させることにより炎症やかゆみを誘発します。
症状としては、独特な脂っぽい臭いとかゆみ、さらにべたっとした多量のフケを特徴とし、皮膚表面には顕著な赤みがみられます。これが慢性化すると、色素の沈着、象のように厚くなった皮膚、脱毛が認められます。病変部は、脇、股、首の腹側、腹部正中線、尾の腹側、下顎口唇などの皮膚どうしが擦れる部位(間擦部)や、指間、耳などの閉塞的な部位で明瞭にみられます。耳に発症すると、赤茶色の滲出物と独特の臭いを伴った耳垢性外耳炎を起こし、マラセチアによる耳垢の過剰分泌が炎症とかゆみを発現させます。
好発する犬種として、シーズー、コッカー、ラブラドールなどの脂漏犬種(皮膚がべたつきやすい犬種)があげられます。診断は、皮膚の臨床症状と、病変部の皮膚や耳垢の細胞診から行います。マラセチア感染症の発症素因として、皮脂の量や成分の変化が存在しているため、治療には、脱脂作用の強い薬用シャンプーによるスキンケアと抗真菌剤の投与が必要です。また、皮膚のバリア機能が低下する脂漏症やアトピー性皮膚炎など、マラセチアが悪化因子になっていることも少なくないため、これらに対するアプローチも必須となります。

見事症状がはまってやがります・・(ーー;)
アレルギー性の皮膚炎だと思ってたので、もしかしたら直るかも?!と明るい兆し。
最後の2行はこの際無視しときましょうw
毎日耳を洗浄してやって、お薬も飲ませてます。
今日はシャンプーもしてあげてサラサラに仕上がりました。
かゆいの直るといいな!
待っててね、絶対直してあげるからね(^・^)
http://renadecomodo.at.webry.info/200611/article_4.html

マラセチアとは、体表脂質の構成成分を変化させることにより炎症やかゆみを誘発する、という特殊な発症機構を持つ皮膚炎です。
そしてマラセチアの病因が酵母様真菌(カビ)なんですね。
真菌(カビ)と動物との関係は多種多様なんだな、と感心します。
動物好き(犬好き)の人は、いろいろな知識が必要なようです。
posted by 水虫博士 at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

犬の水虫

yorozuyasyoukaiさんは、愛犬の水虫の悩んでいます。

「さくら」さん」:記事全文

        img_405016_2070230_0.jpg

もう一人、いや一匹の住人「さくら」さん。
キャバリアの雌で生まれて6年目になります。
アレルギー体質のようで一時期体毛が激しく抜け、病院へつれていくとナント「水虫菌が皮膚にいる。。」とのこと?
聞いたことないなーと関心していたが、薬をもらって現在も飲ませていますがなかなか直らない。
どなたか同じ様な経験がありましたらお教え下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/yorozuyasyoukai/2070230.html

犬の体毛の部分に住み着いた水虫は、毛瘡(もうそう、毛穴の水虫)だと思われます。
内服薬でも効果が薄い、とのことですので、水虫菌は体毛にも拡がっているのでしょう(内服薬は毛には届きません)。
体毛の部分に住み着いた水虫を殺すためには、外用剤が有効でしょう。

他によい方法をご存知の方は、yorozuyasyoukaiさんに教えてあげてください。
posted by 水虫博士 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物の水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする