2016年04月20日

水虫危険度チェック

4月も中旬となり、水虫の季節がやってきました。
当ブログ・水虫専科でも来訪者が増えてきました。
今回は、水虫初心者のために、「水虫危険度チェック」をご紹介します。

病院検索サイトの「ここカラダ」では、イラスト付きの水虫危険度チェックを楽しめます。
早速、内容を見てみましょう。
Q1 足の裏に汗をかきやすい
Q2 同じ靴や靴下を何日も履いてしまう
Q3 甘いものや脂っこいものを好んで食べる
Q4 脂性である
Q5 足を洗う際に、指のすき間まで洗わないことがある
Q6 足のにおいが気になる
Q7 共用のスリッパやサンダルを使用している
Q8 水虫にかかっている家族(同居人)がいる
Q9 足の爪が白くなっている(一部が白い)
Q10 足の裏がひび割れている(角質化している)
Q11 足の指の間がふやけてジュクジュクしている
Q12 足の裏に小さな水ぶくれができて、かゆみを伴う
Q13 足の皮がむけて、かゆみ・痛みを伴う
水虫危険度チェック

以上の13問に答えると、あなたの水虫危険度が%で表示されます。
Q1〜6は、あなたの足に床に落ちているほこりなど(水虫菌が付着している)がくっつきやすいかどうかを聞いています。
水虫患者から剥落した皮膚の破片(水虫菌が含まれる)が、足に付着することから水虫感染は始まります。
Q7のスリッパやサンダルの共用は、患者の足から水虫菌が履き物に付着し、それが別の人の足に付着しますので、高い確率で水虫感染が起きます。
履き物の共用は、厳禁です。
Q8の家族に水虫患者がいる場合、日本では畳の上で素足で生活しますので、高い確率で家族間感染が起きることが知られています。
奥さんがきれい好き、掃除好きな家庭では、家族間の水虫感染は起きないのです。
Q9〜Q13は、実際の水虫症状があるかどうかを聞いています。
番号順に、それぞれ爪水虫、角質増殖型水虫、趾間(しかん)型水虫、小水泡型水虫、角質増殖型水虫の皮膚症状です。
これらのQ9〜Q13に該当する人は、皮膚科を受診しましょう!

水虫危険度チェックの結果はいかがでしたか。
水虫かどうかの判別は、皮膚科医でも眼で見ただけでは難しいとされています。
皮膚や爪の一部をとり、そこに菌がいるかどうかを確認して、水虫かどうかを判定します。
気になる皮膚(爪)症状がある方は、迷わずに皮膚科を受診しましょう。

ここカラダでは、いろいろな症状チェックも提供しています。
興味のある方は見て下さい。


posted by 水虫博士 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

水虫のかゆみを消す方法

水虫がかゆくて困った、という経験は誰でもありそうですね。
そんなときはどうすれば良いのでしょうか。
面白い方法が提案されていますので,ご紹介します。
記事は要領よく書かれていますので、原文のままを表示します。

写真は、ドライヤーで蚊に刺されてかゆい腕の部分を熱しているところです。
蚊に刺されてかゆくなると、どうしても掻いてしまいます。
掻いてしまうと、刺された周りも赤くなってしまうし、なかなかかゆみは引かないのはイヤなものです。
蚊やダニなどに刺されてかゆいと思ったら、ドライヤーの使用をお勧めします。

img_0_m.jpg


使い方は、極めて簡単、写真のように、かゆいところに向かって、ドライヤーを5cm程離して、少し熱さを感じるくらいまで、ドライヤーの熱風をかけるだけです。
そうしますと、かゆみは一瞬にして引いていきます。
かゆみがなくなれば、皮膚を掻かなくて済みますので、きれいなままです。
場合によっては、ドライヤーをかけてから、数十分経ちますと、再度、かゆくなる時もありますが、その場合は、同じ動作を繰り返せばかゆみは取れます。
2回ほどドライヤーをかければ、かゆみは感じなくなります。
なんで、ドライヤーの熱を与えるとかゆみが引くのか、詳しい原因は分かりませんが、例えば、蚊に刺された場合には、かゆみを起こしているものを熱で殺してしまうからだと思います。
結構、このドライヤー、蚊やダニに刺された場合以外にも、水虫など皮膚がかゆいと思ったら、効果があると思いますので、ためしてみて下さい。
水虫などのかゆみ、ドライヤーが効果あり!

原文を注意して読んでみると、実際に水虫のかゆみに試したのではないようですが、面白い方法ではあります。
興味のある方は試してみて下さい。
実際に水虫のかゆみが消えたら、素晴らしいですね。



posted by 水虫博士 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

足が臭い

「毎日洗っても臭い足。根本的に臭いの元をなくすにはどうすれば良いのでしょうか?」

足のにおいが気になる、という悩みは誰でも持っているでしょう。
でも、においの原因は、足にある場合と、靴下や履き物にある場合とがあります。

においの原因が足にある場合
足のにおいを抑えるための消臭剤としては、消臭クリームやパウダータイプの消臭剤、柑橘系の香りがする消臭剤もあります。
スキンケア用品などを検索してみましょう。
足に水虫がある場合や、「足の裏が硬い・皮がむける・爪が白く濁っている」などの症状がある場合には、皮膚科を受診してみましょう。
なお、水虫そのものは皮膚の中に菌がいますので、これがにおうことはありません。
足に雑菌が付着し、雑菌が排泄する分泌物が空気で酸化されるなどしてにおい物質に変化し、におうのです。

においの原因が靴や靴下にある場合
足がにおいの元だと思いがちですが、靴下や靴が原因の場合もあります。
靴や靴下が蒸れやすい素材ですと、靴の中で菌が繁殖する最適の環境になってしまいます。
また靴のサイズが小さいと、狭い空間に足が押し込められて蒸れる原因となります。
靴や靴下の素材は蒸れにくいものにし、靴は同じものを連日履かず、ローテーションしてしっかり乾燥させた方が良いでしょう。
はかない靴は、除菌スプレーを使って除菌することも良いでしょう。
足が臭いとよくいわれます

足に水虫がある場合、足を清潔にすると水虫症状が軽減されます。
また、5本指靴下をはくと指の間が乾燥して、水虫症状が軽減されます。
「水虫がにおう」と誤解している人が多くいますが、水虫菌は皮膚の中に住んでいますので、水虫がにおうことはありません。
においは、足の皮膚表面で発生していますので。

posted by 水虫博士 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

品木ダム

ダムというと事業中止が頭に浮かびます。
この話と水虫と、どんな関係があるのでしょうか。

品木ダム
「先日THE NEWS(TBS)で品木ダムの事業が見直しの対象になったとの特集が組まれました
品木ダムは草津温泉の下流にして八場ダムの上流に位置するダムです
草津温泉は湧出量日本一を誇る単純硫黄泉で、強酸性(硫酸級!)で知られる温泉です。
この湯は五寸釘を30日で消滅させ魚どころか水虫菌や苔まで殺す殺菌力が売りなのですが、こんな劇薬、当然下流の川に悪影響を与えます。
かつて死の川と呼ばれ群馬県どころか渡良瀬川や足尾銅山、栃木の田んぼまで汚染した酸を(石灰水撒いて)中和する設備と中和沈殿物を貯めて下流へ流さないダム、それが品木ダムです
この秋、前原国交大臣が公共事業停止を宣言したために石灰水の代替物を研究する事業(沈殿物35%カットのメドがついてた)が凍結され、品木ダムの底に溜まった沈殿物の除去作業(年間8億円、取り出した沈殿物の埋め立て地はあと数年で使えなくなる)も削減対象として仕分けのテーブルに乗ったというのです
(略)」
http://blogs.yahoo.co.jp/magewindviola/22341482.html

温泉地の中には、入浴すると水虫が治る、という宣伝文句を掲げているところがあります。
「草津温泉は湧出量日本一を誇る単純硫黄泉で、強酸性(硫酸級!)で知られる温泉です」、と紹介されています。

水虫菌が足の皮膚に侵入する時は、皮膚に小さな穴をあけてその中へと菌糸を伸ばしていくのですが、人体では皮膚に空いた穴は修復されませんので、そのまま穴が残ります。
草津温泉に入ると、この穴から強酸性のお湯が入っていき、皮膚の中にいる水虫菌を殺すわけです。
草津温泉で水虫が治る、というのはよくわかる話ですね。

強酸性の排出水は、川にすむ生き物を殺してしまいます。
それを防ぐためにダムで酸性水を中和する、というのは大切な公共事業ですから、この事業をやめるわけにもいきません。
800兆円もの赤字をどうやって減らすのか、という国家の大目標があるわけですが、「死の川」をそのまま放置して出費を抑えるという道をとるべきでしょうか。
私たち日本国民は、とても困難な課題に直面していますね。
posted by 水虫博士 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

水虫とは

フリー百科事典・ウィキペディア(Wikipedia)で収載されている、「水虫」の解説記事が紹介されていました。
水虫http://blogs.yahoo.co.jp/festaaspi1277/31429748.html
ウィキペディアにはどんなことが書かれているのでしょうか。
以下にその全文を挙げておきます。

足白癬
「足白癬(あしはくせん)は白癬菌(はくせんきん)による感染症で、足に水疱・発赤・痛痒感を伴う(近年特に、指先や爪の裏側の皮膚に感染するケースも増えている)。通称、水虫である。「角化型白癬(かくかがたはくせん)」と「汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)」の2種類がある。

概要
水虫の名は、田んぼで耕作をしていた人の足に水虫ができたことから、水の中にいる虫に刺されたと考えられたことに由来するという説がある。英国等の欧米では、日本人に比べ一般人には少なく運動選手に多いことからathlete's foot(運動選手の足)という異名がある。
田虫(たむし)、陰金(いんきん)、白雲(しらくも)も同じ白癬菌による感染症であるが、感染する場所によって呼び方が異なる。皮膚(掌、足、頭、太股の内側、陰部を除く)に感染すると田虫となり、太股の内側や陰部に感染すると陰金となり、頭に感染すると白雲となる(白雲は子供に起こりやすい)。上記以外の場所に感染した場合ものは「体部白癬」(たいぶはくせん)と呼ばれる。
白癬菌が高湿度を好むため、いずれも高温多湿の梅雨の頃から秋口にかけて症状が悪化する。白癬菌が特に足に感染しやすいのは、後述するように白癬菌に触れやすいからと、高湿度環境が長時間維持されるからである。特に、靴を長い時間履きつづけると通気性が悪くなり蒸れて、菌の活動が活発となる。日本では梅雨から夏場の高湿度な環境が長く続くため、靴を履いている時間が長い欧米人より感染率が高く、一般的な病気である。
また、糖尿病や免疫力の低い人、治療でステロイド内服をしている人は、水虫になりやすいとされる。

感染
白癬菌は角質内部へ侵食し定住する。この領域では白血球による駆逐も不可能である。 また皮膚の新陳代謝以上のスピードで侵食するため、自然治癒はほぼ期待できない。
白癬菌の角質侵食が進み、皮下組織等まで到達すると炎症を起こし、かゆみ等が発生する。よって白癬菌に感染していると必ずかゆみ等の自覚症状がある訳ではない。また自覚症状も皮膚がぼろぼろになったりならなかったり、かゆみのみだったり、かゆみも耐え難い程から殆ど自覚出来ない程と幅がある。

治療法
治療法は、抗真菌薬の内服・外用である。本来であれば皮膚科・内科を受診すれば良いが、特に女性の場合は受診に対する恥ずかしさや抵抗感が強く、梅雨の頃になると各社の水虫薬のテレビコマーシャルの放送が多くなる。ただしテレビコマーシャルでも最近述べられているが、爪の裏へ感染した爪水虫の場合は、市販の塗布する薬では効果がないため、皮膚科を受診しなければならない。
自覚症状がある時点で角質の奥深くまで白癬菌が浸透していることが多く、また白癬菌を完全に殺菌することは難しいため、自覚症状が無くなっても皮膚が完全に新しいものに入れ替わる1ヶ月程度は治療の継続が必須である。かゆみなどの症状が無くなったので、また冬になり乾燥すると白癬菌の活動が弱まるため、治ったと思って治療を止め再発させてしまうことは多い。このため水虫は治しにくく再発しやすい病気と誤解されている面があるが、しっかりとした対策と治療、更にその継続さえあれば完治は容易な病気である。
水虫は伝染しやすい病気とも言われる。白癬菌自体の感染力は弱く、白癬菌が長く皮膚に密着した上で多湿環境が維持されないと感染はしない。しかし垢として角質ごと落下した白癬菌は数日は生存できるため、これがスリッパ・足拭きマットなどを介して非感染者の足裏などの皮膚に垢ごと付着、高湿度などの環境が整っていた結果として伝染することは容易に懸念される。 このため家族などで水虫感染者が居る場合は、スリッパや足拭きマットを専用にするなどの配慮が必要である。
長らく通気の悪い革靴を長時間履いたままになりやすいサラリーマン男性に多かったため、社会的には大人の男の病気という風に理解されている面があるが、性別などは全く関係なく、また白癬菌自体は自然界に多く存在する真菌(カビ)である。至近に対策を行っていない感染者がいれば感染しうる機会は多くなるが、感染しやすさはあくまで湿度や足などの環境に大きく影響される。 実際、女性の間で革のブーツが流行すると、女性の水虫感染者が増えるという相関関係がある。

予防法
予防は、水虫既感染者との特に足まわりの直接・間接接触を避け、感染しうる機会を減らし、足を清潔に保ち長時間高湿度にならないようにすればよい。靴下をよく取替え、通気性の良い靴にするなども足の湿度を下げることに効果がある。最近では五本指靴下があるので、それを履くことも予防に繋がる。足を清潔に保つことは、白癬菌が定住している垢が長時間付着することを防ぐことになる。また、24時間以内に足を洗えば発症を防ぐことができるとの意見もある。
既感染者が足拭きマットの共用をさける、足を清潔に保ち垢の落下を防ぐなど、他者と接触させないようにするとともに、しっかりとした治療を行うことが、他者への感染を防止する。」
足白癬(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%99%AB
posted by 水虫博士 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

爪でわかる健康状態

爪といえば爪水虫となるのが当ブログなのですが、その爪で健康状態がわかるそうです。

爪でわかる健康状態
「あなたの爪の色や形は?
爪は皮膚の表面の角質層が変化したもので、髪の毛と同じケラチンというたんぱく質でできています。
爪の色から、栄養や代謝の状態がある程度わかります。
「三日月状の白い部分(爪半月)が小さいと不健康」といわれますが、医学的な根拠はありません。
ところが爪や指先が盛り上がってくると肺疾患、肺繊維症 心疾患など、
反り返ってくると鉄欠乏症 
爪の下から皮膚がはがれると甲状腺 バセドウ病 多汗症 カンジタ感染、
爪に点状のくぼみがあると 円形脱毛症 白く濁ると爪水虫 肝疾患腎疾患など
の病気がかくされていることがあります。
爪の色や形から何らかの病気が疑われるようなら医療機関で受診してください。
それ以外で体が冷えて白くなっているのでしたら足つぼ体操を続けてください。
お手入れしているうちにピンク色になってきます。
足つぼ体操をして2年
2年前は白くてつま先を棒で刺激すると痛がっていたシニアの方々が、みなさんとても綺麗なピンク色になってきました。
うれしいことです(*^.^*)」
http://blogs.yahoo.co.jp/smile_4me_4u/8783420.html

爪が白濁したり、あるいは分厚くなったりしていると爪水虫の可能性があることはよく知られています。
一方、爪の根元部分の皮膚がはがれて爪と密着していない状態になると、可能性があるものの一つはカンジダ症ですが、これはほとんど知られていないでしょうね。
私は、自分の右手中指の爪がこのように爪と皮膚とが密着していない状態になったことがありますので、このことを理解できるわけです。
その場合には、原因となっているカンジダ症を治してしまえば、爪周囲の皮膚が正常化して爪と密着するようになります。

爪と健康状態に関して、解説がありましたので挙げておきます。
爪の状態が気になる方は、ご参考にしてください。
爪のおはなしhttp://www.geocities.jp/hairheart1/newpage190.html
posted by 水虫博士 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

水虫がうつるから

ある老人介護施設でヘルパー採用のための面接がありました。
その場で、水虫にかかわる小さな出来事がありました。

「水虫が移るから」
「先日、ヘルパー取り立ての女性を面接しました。
年齢は私よりも少々年下。
きちんとした身なりで面接時間よりも随分前に来所。
「はじめまして。」と軽く挨拶をしてから「さぁ、どうぞ、上がって下さい。」って、来客者用のスリッパを差し出すと「靴下を履いてもいいですか?」と、その女性は言いました。
(はぁ?ストッキング履いて無いのかな?)と、一瞬思いましたが・・・・・
「どうぞ。」と言うと、おもむろに白いソックスを履き、スリッパを履いてあがってきました。
見ればストッキングは履いている。
(潔癖かぁ・・・・・?)なんか嫌な感じがした私。
「潔癖症ですか?」とストレートに問うと・・・・・・・・・・・・
「いいえ、水虫が移るって聞いたから・・・・」と答えた。
(はぁ?うちのスリッパには水虫菌がいるって言いたい訳?)
かなりカチーンとしましたが、まぁ、抑えて抑えて面接開始。
ウンコだ小便は全然平気と言う彼女。
「入居者様は全員水虫ですよ。」と伝えても「平気です。」と答える。
そして理想を述べ、ここで勤務したいと言う。
そして面接終了。
帰り際、その方は靴下を脱いでから靴を履き、脱いだ靴下の足首の辺りを手に持ち、バックにしまう事無く帰って行った。
世の中、色んな人がいますね。価値観や視点、生き方、育ち、常識、etc
本当に様々ですね。
色々な方を面接しましたが、「水虫が移るから。」ってはっきり言いきった人には初めてお会いしました。
みなさんは、この話を読んで、どう思いますか?」
http://blogs.yahoo.co.jp/sundaymama0121/49287848.html#49287848

スリッパの表面はプラスティック素材でできています。
このため、足(の裏)に水虫がある人がスリッパをはくと、水虫菌を含む体液が水虫患部からスリッパの表面へと付着し、そのままスリッパの表面に残ります。
そして、次の人がそのスリッパをはくと水虫菌を含む体液がそのまま足の裏へと付着して、新しく水虫感染が起きるのです。
もしスリッパの表面が布でできていれば患者の体液は布の内部へと浸透していきますので、スリッパ経由の水虫感染は大きく減るでしょうね。

この記事を書いた方は、スリッパが大きな水虫感染源であるという事実をご存じなかったようです。
一般の家庭でも、スリッパを共用にするとそれが原因で家族内の水虫感染が起きてしまいます。
スリッパが大きな水虫感染源であることが、もっと広く知られるようになることが望ましいですね。
posted by 水虫博士 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

水虫の唄

先日、加藤和彦さんが亡くなられたことが報道されました。
加藤さんは、「水虫の唄」を作られています。
誰からも嫌われる水虫が歌になるなんてちょっと信じられないのですが、それを実行したところが凄いですね。
水虫の唄は曲調も明るく、聞いていても悪い感じはしません。
若き日の加藤さんが歌っている動画を挙げておきます。
水虫の唄:http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=EC2m_ZCaC4o
水虫の唄(ウィキペディア):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E8%99%AB%E3%81%AE%E5%94%84

加藤さんは、「イムジン河」も発表されています。
この曲が発表された当時、ラジオから流れてくる曲を聴いて気に入ったことを覚えていますが、残念なことにこのイムジン河は発売直前に発禁になってしまったのです。
もしイムジン河がそのまま発売されていたら、日本の音楽史に残る記録を作ったのではないか、と思います。
このことは、加藤さんにとってとても不運なことでしたね。
2002年のフォーククルセダーズ解散記念コンサートの動画も挙げておきます、削除されないうちにどうぞ。
イムジン河:http://www.youtube.com/watch?v=Q7jlo8-ZTq8

加藤さんのご冥福をお祈りいたします。
posted by 水虫博士 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

水虫の薬

薬局で水虫の薬を買ったのですが、そこにはある仕組みがあったというお話が紹介されています。

水虫の薬
「仕事帰りに新宿のドラッグストアで水虫の薬を買って帰りました。
お店で店舗責任者と肩書きの書かれた名札の店員さんに「水虫の薬はありますか?」と尋ねると3つの商品を持ってきて説明してくれました。
ブテナロック(竹中直人がCMに出ているやつです)
ラミシールプラス(須藤元気がCMに出ているやつです)
ナウエールTF(CMは放送されていないと思います)
店員は容量の多いナウエールを勧めるのでそれを買いました。
家に帰って薬の箱を見てみると
製造販売元 新新薬品工業株式会社
販売元 サンドラッググループ
と書いてありました。
買ったお店はサンドラッグ。店員が勧めた理由が分かりました。
なんかまんまとやられましたね。
でも効いてくれたら良しとするか。
さっそく塗ってみます。」
http://blog.goo.ne.jp/tamakyuukou/e/f30b64f8e0c1812e3dc899ff3d4857b8

ナウエールという水虫薬のことは知りませんでしたので、ネットで調べてみました。
その抗菌成分は塩酸テルビナフィンでしたので、つまりこれはラミシールと同一の薬効成分を含んでいるわけです。
このように先発医薬品と同じ成分を含む好発の医薬品は安価なのが特徴であり、ジェネリック医薬品と呼ばれています。
ただ、ナウエールとラミシールとは全く同一の製剤ではなく、ナウエールにはかゆみ止めなどの他の成分が入っています。

ナウエールの抗菌成分はテルビナフィンですので、水虫にはそこそこ効くと思われます。
安くてしかも効くのであれば、これはもう大歓迎ですね(笑)。
posted by 水虫博士 at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

爪水虫の話

爪水虫を治すためには、内服用抗真菌剤を飲むことが必要です。
このことに関して、多少の問題点があります。

爪水虫の話
「旦那が爪水虫になりました。
CMで、爪水虫はお医者さんで…
というのを覚えていたので、すぐにお医者に行かせました。
CMでは、
爪水虫は、家族にもうつる。
爪水虫は、飲み薬じゃないと治らない。
と言っていたと思うのですが、
お医者から帰ってきた旦那が持っていたのは、塗り薬でした。
なんで?飲み薬じゃないの? と聞いたら、
お医者さんが言うには、
飲み薬で治る人は70%。
費用が月に7000円かかる。
毎月血液検査が必要。
治療には半年かかる。
1割の人が肝臓が悪くなる。
という内容だったらしく、とりあえず塗り薬で様子をみましょう
ということになったそうです。
70%治るんなら…と思う半面、肝臓が悪くなったらどうしようと思う。
テレビで見ることを100%信じてはいないけれど、危険だなぁと思いました。」
http://blogs.yahoo.co.jp/sasa0102ai/21291778.html

薬を使うための判断基準としては、薬を飲むことによって得られる利益と、薬を飲むことによる不利益とを比較検討することになります。
爪水虫の場合には、爪水虫が治ることがその利益になります。

多くの人にとっては、爪水虫があることはさほど重要な苦痛にはなりません。
爪水虫があっても自覚症状は何もありませんので、見た目を気にしなければ何の問題もないわけです。
そうなると、1割の人に肝障害が出るとか、薬代が高いとかいうことは大きなマイナス要因になります。
特に、内臓に何らかの問題のある人は、内服療法はできないでしょう。

爪水虫の内服療法を行うかどうかは、その人の気持ちの問題になります。
爪水虫をぜひとも治したいと思う方は内服療法を選択する、ということでしょう。
posted by 水虫博士 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

カビ人間

全身に広く水虫(皮疹)が広がっている人がいたそうです。
題して、恐怖カビ人間・・・

『恐怖!黴人間現る!!』
「 それは忘れもしない9月3日の話。9月2日の23:45頃、SCUへ急患が搬送されてくる連絡がありました。私はその日の仕事は全体フォローという名のフリー業務だったので、患者を受けいれる係でなく受け入れのバックアップを担当しておりました。9月3日0時過ぎに患者が搬送されてきました。患者は痙攣の重責発作で家で1回、救急車の中でも1回痙攣を起こしています。着いた時は全く意識がない状態(意識レベルJCS300)でした。バックアップ担当の私は一緒に来た家族を控室へ誘導し、連絡先などの記載方法を簡単に説明し患者のところへ。脳卒中疑いの患者は何はともかく頭部のMRIを取るので金属が全身についてないか見るためにも服を脱がせます。その患者の服を脱がしていくと、直径5〜6cmの皮疹が全身に点在していました。そして、両鼠径部から陰部を経て臀部全体から腰までの皮疹が広範囲に渡っており、発赤というよりも皮が一枚向けたような状態でかなり酷く、
「何コレ?疥癬(皮膚病の一種)?」
「でもなんか酷過ぎるし、怪しいよなぁ?」
とのスタッフ間の意見で私はすぐさま家族に聞きに行きました。しかし家族は「何か皮膚の病気があるらしく薬を本人が通院中の病院からもらってたが、ちゃんと医者には見てもらってない」とのことでした。私が家族から他にもいろいろ既往歴を聞いて再び処置中の病室へ帰ってくると患者が再度痙攣発作を起こしており、抗痙攣剤を投薬したり、ジャクソンリースで換気したりなど処置していました。暫くして痙攣発作が治まり、状態も安定したためMRIへ私が搬送しました。MRIの結果、脳卒中は否定されましたが未だ意識がない状態。とりあえず一晩はSCUで管理することとなりました。そして、深夜勤担当者に申し送る頃には患者のレベルもやや上昇(JCS200程度)していました。
 9月3日の日勤でのその患者の担当は私でした。患者は2時過ぎから覚醒し、ずっと同じことを叫び続けていたそうです。元々アルコール依存症の既往があったので、医者共に今回の痙攣重責発作は「やっぱその影響じゃないの?」という意見でまとまりかかったのですが、相変わらず謎の皮疹があるし、痙攣発作の原因の診断をつけなければ治療ができない、そしてさまざまな都合で病棟が受け入れてくれなかった、ので脳卒中じゃないのにSCUへ1日居残りになりました。皮疹については皮膚科に紹介していましたので、皮膚科の判断待ち。それまで患者はずっと精神科領域の病気的な感じでずっと同じことを繰り返し叫び続けていました。
12:40過ぎに皮膚科Drが往診に来てくれました。とりあえず一番酷い臀部を見せると一言、
「あ〜こりゃすごいな」
そして昨日も私と一緒にこの患者を受け入れした看護師さんが、これは何か聞くと
「ん?いわゆるインキンタムシ」
と。インキンタムシとは、白癬菌の感染、つまり水虫と同様の病気です。白癬菌とは菌と書きますが、乳酸菌や大腸菌などの細菌と違って真菌という分類。真菌とは言い方変えますと所謂、カビなのです。あの有名な菌漫画「もや/しも/ん」でも「人体に王国を築く菌」として有名です。
皮膚科Drが指示出して去った後・・・うぎゃあああぁぁぁぁぁぁ!!!!と、私と一緒に昨夜から勤務してた看護師さんは叫びました。つまり、この患者さんは全身水虫って事なのです。緊急の患者を受け入れる時は失神して失禁などしていることが多いし、転倒してどこか怪我して流血している可能性もあるので、必ず手袋対応ですし、皮膚がずっと気になってたので私もその患者さんに対応する時は必ず手袋とマスクを着用して行ましたが・・・いぃぃぃやぁぁぁ〜〜!!!み、み、み、水虫触っちゃった〜!!
 そのことが判明してから、処方されたラミシールクリーム(抗真菌剤軟膏)を1日で1本使い切る勢いで全身に塗りたくりました。そして今回の痙攣の原因がこの真菌による髄膜炎ではないかということで、腰椎穿刺の処置がありその時は医者、看護師全員でアイソレーションガウン(感染性の高い菌保持者に使用する医療用ディスポガウン)及びディスポエプロン着用で対応していましたが、着用しつつも私は「自分は絶対、手遅れや…すでに全身が水虫に侵されてる・・・」とかなりテンションが下がっておりました。
業務終了後、病棟会議があったのですがどうしても気持ち悪くて「5分遅れます!!」とスタッフに告げ、更衣室のお風呂で全身を洗ってから出席しました。仕事終わって即お風呂って初めてです。
翌日、その患者さんは無事(?)病棟に転棟していったので水虫菌の恐怖からは逃れました。
 想像できない方は意味分からなかったでしょうが。想像できた方、背筋が寒くなったでしょう?ある意味、私にとってはこの夏どんなホラーよりもホラーな出来事でした・・・。
 あ、ちなみに私は無事でしたよ、白癬菌に王国は築かれませんでした。」
http://blogs.yahoo.co.jp/aaa36362002/49048700.html

全身に直径5−6cmの皮疹(水虫)がある、というのは凄くて怖いですね。
陰股部は全体が一皮むけたように赤くなっている、ということですが、陰股部についてはカンジダ症と水虫との混合感染が起きていると思われます。
看護婦さんはこのような患者の処置もせねばならず、職業柄とは言えお気の毒ですね。

それにしても、患者の痙攣の原因として真菌(水虫菌)による髄膜炎を疑って腰椎穿刺を行った、というのはいかがなものでしょうか。
水虫菌が体内へと入るというのは、余程のことがない限り(たとえばエイズ発症など)考えにくいのではないかと思うのですが・・・
まぁ、水虫持ちの人は、できることなら水虫を治療しておいて、過度の心配や誤解をされないようにしておくのが賢明なようです。
posted by 水虫博士 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

ジェネリック医薬品

皆さんは、ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがおありでしょうか。
爪水虫を治す際には内服用抗真菌剤が高価であることが問題になりますが、ジェネリック医薬品を使えば価格が安いのです。

ジェネリック医薬品希望カード
「 全国健康保険協会から「ジェネリック医薬品希望カード」が送られてきました。
 名刺の大きさで、「医師・薬剤師の皆様へ」と書かれ、「ジェネリック医薬品を希望します」と書かれています。
 私が議員になった15年前から「後発(ジェネリック)医薬品」を使って、医療費の抑制に乗り出すべきだと市議会や国保審議会で主張してきました。
 当時は、健康保険協会も国保連合会も、医師に気兼ねして、高価な「先発医薬品」を使うことを黙認してきました。しかし、医療会計が逼迫するなかで、医薬効果が同じで価格が3〜6割も安い医薬品を使うことは、患者にとっても、医療協会にとっても、医師会にとっても、「皆保険制度」を維持するためには有効な方法の一つだと思います。
 以前、尿酸を下げる薬と飲む水虫の薬を1ヶ月分で6千円を超えていたのが、3千円ちょっとで済むようになりました。
 みなさんも、積極的に「ジェネリック医薬品」を使って、医療制度を守りましょう。」
http://blog.goo.ne.jp/kmjcp/e/abc061134c0dda3b6c9ca477c231a198

この不況の折から、医療費を安く抑えたい方は医師に対してジェネリックを使います、と希望すれば、ジェネリック医薬品が処方されます。
記事の中で紹介されている、「ジェネリック医薬品希望カード」が使われるわけですね。
ジェネリック医薬品の効果は先発品とほぼ同一ですので、安心して使えますよ。
ジェネリック医薬品の定義を下記に引用しておきます。

ジェネリック医薬品
「後発医薬品」と訳される。欧米では一般名(ジェネリックネーム=成分名)で処方されることからこの名前がついた。先発して発売された医薬品の特許期間が過ぎてから発売されるが、その有効性や安全性にはまったく問題がない医薬品である。新しい医薬品の開発には150億〜200億円といった巨額の開発費と、安全性や有効性を確認するための長い治験期間が必要とされる。そのため一旦、開発されると特許法で出願から20〜25年間は独占販売権を獲得できる。その独占的販売期間を過ぎれば、他の薬品会社も同じ有効成分を使った医薬品の製造販売ができるようになる。ジェネリック医薬品の有効成分は先発医薬品と同じ。新薬開発から特許消滅までの間には、その新薬についてのさまざまなデータが蓄積され、有効性や安全性については十分に確認されているので、後発医薬品の製造・発売の承認に必要な試験の種類が少ない。また開発期間も新薬開発より短い3〜5年程度ですむことから、先発医薬品に比べて安い価格で販売できる。欧米の医療先進国では、医療費を抑えるためにジェネリック医薬品が積極的に使われるようになっている。
http://dic.yahoo.co.jp/newword?ref=1&p=%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E5%8C%BB%E8%96%AC%E5%93%81&index=2006000433
posted by 水虫博士 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

水虫川柳!?

皆さんは、水虫川柳なるものをご存知でしたか?
私は迂闊にも知りませんでした。

「親父から家族に支給 給付菌」
「第3回水虫川柳、大賞は「親父から家族に支給 給付菌」
(ORICON STYLE)
『第3回水虫川柳大賞』 大賞作
 水虫患者に対する疾患啓発の一環としてヤンセンファーマ株式会社が実施した『第3回水虫川柳大賞』の選考結果が9日に発表された。大賞には東京都在住34歳の男性の「親父から家族に支給 給付菌」が選ばれたほか、9作の各賞が決定した。
 同賞は、例年、水虫の原因である白癬菌(カビの一種)の活動が活発になる夏場に、“水虫”への注意を喚起するために企画されたもので、テーマ
を「ほったらかし編」「只今、治療中編」「治ってすっきり編」の3つに分けて作品を募った。3度目となる今回は5月11日から8月3日までに全国から13,385作品もの応募が殺到した。
 「2009 年の話題に沿った内容で時勢・時流を見事に反映しており、思わず「うまい」と手を打った作品である」との評価で大賞作は評価されている。なお、審査員には漫画家で2008年の「爪水虫疾患啓発」CMに出演していたやくみつる氏らが参加。大賞のほか、準大賞に44歳女性の「水虫に 名をつけ呼ぶほど永い仲」、佳作には34歳男性の「完治して一番風呂の 許可おりる」などが選ばれた。」
http://blogs.yahoo.co.jp/weekendsunday7/49358535.html

第3回水虫川柳大賞の選考結果は、「水虫チャンネル」サイトに発表されています。
優秀作品が紹介されていますので、ご覧ください。
第3回水虫川柳大賞:http://www.japan-foot-week.gr.jp/senryu/index.html

水虫には誰もが痛めつけられていますので、選考作品全般に水虫をしゃれのめすという遊び心が少ない感じがします。
川柳に自信のある方は、来年度に応募してみませんか。
posted by 水虫博士 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

水虫から大惨事になる

水虫という皮膚炎そのものは表皮だけの疾患ですから、それ自体が健康に重大な障害を及ぼすということはありません。
でも、水虫が原因となって起きる蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、対応を間違えるととんでもないことになりかねません。

水虫から→大惨事になるらしいョ・・・

          060827.jpg

「私の施設生活の時からの友人が、「先日入院したらしい」との情報が入り病院を見舞って来た。
施設の生活には共同風呂の利用があるが、そこで最初に≪水虫≫に感染して以来皮膚の病気が多発して、ウイルス性の感染症に悩んでいるらしい。
我々は全身的に感覚が鈍い為、痛い・痒い・熱い・冷たい等の症状が分からないので、気付いた時には菌の感染度も深くなっている場合が少なく有りません。
アイシングで患部を冷やし、抗生物質での抗菌が必定らしいのですが、冷やし過ぎると体温まで下がってしまうのが難点です。
ウイルス性という怖い病気なので、共同の浴場・同一のタオルや生活用具は清潔に保ってほしいですね!

細菌性皮膚感染症  ー 蜂窩織炎(ほうかしきえん) ー
蜂窩織炎(ほうかしきえん)とは、皮膚と皮膚直下の組織に生じる細菌
感染症で、症状が広がりやすい病気です。
蜂窩織炎を引き起こす細菌は多くありますが、最も多いのは連鎖球菌属
の細菌です。連鎖球菌は細菌の感染範囲を抑えようとする皮膚の働きを
阻害する酵素をつくり出すため、非常に速く広がります。ブドウ球菌属
の細菌も蜂窩織炎の原因となる菌で、特に人間や動物にかまれたり、水
や泥の中でけがをした場合に発症します。
【ほうかしき炎の原因】
ほうかしき炎は、ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が、湿疹などの皮膚
炎や、ひっかき傷、刺し傷、やけどによって表皮にできた小さい傷口か
ら侵入して発症します。しかし、特に傷のない正常な皮膚に起こる場合
もあります。
【ほうかしき炎の症状】
ほうかしき炎は、体のどこにでも発症しますが、特に発症しやすいの足
です。
最初は、皮膚の赤らみ、皮膚の痛み、感染部を押すと痛むなどの症状が
でます。感染した部分の皮膚は熱をもってわずかに腫れ、オレンジの皮
のようなあばたができたように見えます。また、大小の水疱ができるこ
ともあります。
ほうかしき炎にかかった人の多くは軽い異常を感じるだけですが、中に
は発熱、悪寒、心拍数の上昇、頭痛、低血圧、錯乱状態といった症状が
出る人もいます。
感染症が広がると、感染部位に近いリンパ節が腫れて大きくなり、押す
と痛みがあります(リンパ節炎)。他にも、リンパ管炎、皮膚の膿瘍(細
菌による皮膚感染症) 敗血症などを発症することがあります。
また、蜂窩織炎が同じ部位、特に脚に繰り返し生じた場合、リンパ管が
損傷を受けてその部分の組織がずっと腫れたままになってしまうことも
あります。
連鎖球菌性蜂窩織炎の1つに丹毒(たんどく)があります。症状として
は皮膚が鮮やかに赤くなり、感染部位の皮膚が腫れて盛り上がり正常な
部分との境界がわかります。腫れが起こるのは、感染症が皮膚内部のリ
ンパ管の流れをさえぎるためです。
【ほうかしき炎の治療】
ほうかしき炎は、抗生物質を用いた迅速な治療を行えば、血液や内臓へ
の感染の拡大を防ぐことができます。治療には、レンサ球菌にもブドウ
球菌にも効き目のある抗生物質を用います。症状が軽い場合は抗生物質
を内服します。
ほうかしき炎が急激に広がった場合や、高熱などの症状が出ている場合
は、抗生物質を静脈注射します。感染した部分は、できるだけ動かさな
いようにして高い位置に保ち、腫れを軽減するようにします。
冷たくぬらした包帯などを患部にあてがうと不快感を和らげることがで
きます。抗生物質での治療を数日間行うと、ほうかしき炎の症状はたい
てい治まります。」
http://blogs.yahoo.co.jp/hide_tenshin_japan_7000/20884160.html

添付の写真では、足が赤くはれ上がっている様子がよくわかります。
蜂窩織炎は急激に症状が悪化するといわれており、場合によっては太ももまではれ上がり、足を切断することもあるそうです。
水虫のある方は、この恐ろしい病気のことを頭の片隅にでも置いておくのが良いでしょう。

実は私自身も左足第3指の爪水虫から第3指の関節が赤くはれたことがありました。
その時にははれた範囲が小規模だったこともあり、それは水虫の皮膚症状か虫さされであると誤解していました。
ところがその赤いはれはいつまでも収まらず、水虫薬も効果がないことから、ようやくそれが蜂窩織炎であると理解できました。
この赤いはれは、爪水虫を治してしまうと自然に消えました。
おそらく、私の身体の防衛力が強く、蜂窩織炎の拡大を防ぐことができていたので大事には至らなかったのでしょう。

このように、長年水虫のある方はいつ蜂窩織炎になっても不思議はありませんので、ご注意ください。
posted by 水虫博士 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

蜂窩織炎ってなに?

蜂窩織炎という言葉は、ほうかしきえんと読みます。
水虫が原因で足が腫れあがる、という恐ろしい病気です。

蜂窩織炎ってなに?
「家族が「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」になりました。
ある日、足の親指の爪の近くが赤く腫れて痛くなりました。
最初は、年齢と体重(肥満)と生活習慣(ビール)からいって、誰がどうみても&本人も痛風(つうふう)だろうと思って内科に行ったら、案の定、痛風と診断されて尿酸値を下げるお薬が処方されました。
数日たっても直る気配がなかったので、整形外科を受診したら、痛風ではなく「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」と診断されました。
前のクリニックで処方された尿酸値を下げるお薬のおかげで、尿酸値が基準値以下になっていて、整形外科のお医者さんが驚いていたそうです。
今の時代、こんな病気でも1つだけでなく複数の医院にかかって、セカンド・オピニオンを聞いた方がいいみたいですね。
初めて聞く病名だったので、一体何の病気か?と思ったら、ネット情報では「何らかの理由で皮下組織に細菌が入りこみ、皮膚が炎症を起こす病」だそうです。
その原因の9割は、水虫による傷だそうです。
そういえば、ちょっと前から水虫の薬塗っていたし…。
「本当は怖い家庭の医学」を見ていたら、新型の水虫があるそうな。
新型の水虫は上半身でもはびこって、頭に感染したときには、髪の毛まで抜けてしまうそうです。
こんなのうつされたら大変!
皮膚科のスリッパは、水虫が移るから履かない方がいいっていうし。
早く水虫が一発で治る薬ができればなぁ。
PS.
「蜂窩織炎」の足の指は、抗生物質のおかげで
 だんだん良くなってきています。」
http://blogs.yahoo.co.jp/kira39_39/3669914.html

蜂窩織炎を痛風と間違えるとは、ちょっと信じられない話ですね。
確かに足の親指は痛風の好発部位であるとされていますが、それでもこんな間違いは困りますね。

今はネットで検索すればどんな情報でも簡単に手に入るようになりました。
情報はタダだ、ということですが、それでもある程度加工された情報は役に立つはずです。
水虫のことなら「水虫専科で」というところでしょうか(笑)。
posted by 水虫博士 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

ネイルサロンと水虫

ネイルサロンでは、どうしても水虫のことが問題になります。
その実情はどうなのでしょうか。

水虫・・・・
「この時期、サンダルに向けてペディキュアを注文されるお客様も沢山います。
 ・・・・が、
 言いづらいのですが、水虫のお客さまが沢山いらっしゃいます。
 う〜〜〜ん・・・わかってないのか、わかっていてもきにならないのか・・疑問なのですが・・・・
 指と指の間がグチュグチュしている・・・
 足の水泡・・・
 爪が変色して爪が厚くなりボロボロしている(爪白癬)
 かかとの角質も水虫の場合もあります。
 水虫は、角質が大好物ですから住み易いらしいです。
 でも、痛くないし、白癬菌の場合は痒さもないので放置している方が殆どかもしれません。
 実は、私も7年前にマネキュアを付けっぱなしにしていて、除光液でおとした時に、足の親指の爪の先が白くなってました。 
 すぐ、皮膚科に行きました。
 すると、「爪白癬!」と、いわれ治療開始しました。
 爪白癬の場合、飲み薬を飲まないと殆ど完治しません。
 更に、半年から10ヶ月飲み薬と塗り薬を塗らないとだめ。
 治ったと思って辞めてしまうと又繰り返しです。
 更に、かかとのカチカチもただの角質と思っていたのですが、これも水虫の仲間とのことでした。
 ビックリ!!
 長い月日がかかりましたが、飲み薬と塗り薬で治りました。 
 角質の水虫の場合は、角質が生まれ変わるのが1ヶ月なので1ヶ月薬をお風呂上りに塗れば治ります。(しかし、市販の水虫の薬は更に悪化させる可能があります。)
 なので、処方されたお薬のほうが良いと思います。  
 今回、色んな方の足を見て 水虫じゃない方の方が珍しい位かもしれません。
 爪が厚くなってボロボロしている方。
 水虫とは言いませんでしたが・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・っていうか、医者ではないので・・・
 「病院に行けば、爪が綺麗になるよ!」とは、助言しておきました。
 痛くも痒くもないので、放置しがちですが皮膚科にいけばよいお薬を出してもらえるので、是非!!恥ずかしがらずに病院へ行ってください!
 ちなみに、ペディキュアのお客様のファイルは、全て捨てさせてもらってます。
 器具は、もちろんフット用にしか使いませんが、無水エタノ−ルに付けて消毒しているので、他のお客様にうつる事は無いと思います。
 ・・・が、今までゴム手をしないで施術していたので、自分の手が危険!
 これからは、フットの時はゴム手でやらせていただきます。<(_ _)>」
http://blogs.yahoo.co.jp/tukinomeganetkas/30073036.html

水虫持ちの人は、自身の水虫に対して不感症になっていますので、あるいは自身の皮膚症状が水虫だとは認識していないために、平気でネイルサロンへ行くのでしょう。
水虫が簡単に治るのなら、このような状況にはならないのですが・・・
サロンの担当者の方は、記事にもあるように、それとなく水虫であることを教えてあげるのが良いでしょう。

水虫は、接触感染することもあります。
つまり、水虫患部から漏れ出てきた体液は水虫菌を含んでいることがありますので、これが手につくと一発で水虫に感染してしまいます。
特に、水虫増殖期である今の季節は感染の危険性が大きい時期ですね。
スリッパや靴なども体液を介する接触感染の原因になりますので、他人のものは使わないようにしましょう。
posted by 水虫博士 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

マイスリッパ

外出して病院などへ行くと、スリッパにはきかえることがあります。
そのスリッパが汚いと、これは気が重いですね。

マイスリッパを持参しよう!
「スリッパって不潔。
履いたスリッパを片方のスリッパに重ねる。
スリッパを履いた意味が無い。
大部分のスリッパはビニール製。
スリッパを持つとべとつく。
前の人の汗がしみこんでいるみたいで嫌だ。
中には臭うものすら有る。
何故か濡れている事もある。
水虫も移りそうだ。
靴下を履いても水虫は防げない。
この頃私はマイスリッパを持参している。
病院にも持って行く。
みんな変な目で見るけど気にしない。
この頃は殺菌してあるスリッパがある病院もある。
やはり殺菌はしないと気持ちが悪い。
でも1番良いのはマイスリッパ。
マスクを買い込むよりもスリッパを買おう。
何十年前に買ったか分からないスリッパ。
誰が履いたか分からないスリッパを止めよう!
どこから病気が移るか分からない。
マイ箸は地球を救うと言うけれどマイスリッパは自分を救う。
マイスリッパを持参しよう!」
http://blogs.yahoo.co.jp/asisai2003/59870799.html

マイスリッパ持参、という意見には私は大賛成です。
外出の際にスリッパをはくようなことが予想されるのであれば、皆さん、マイスリッパを持っていきましょう。
この記事は、とても役に立ちますね(笑)。

スリッパについては、一つ不快な思いをしたことがあります。
家族を見舞うためにある病院の玄関についたとき、ハッとしました。
そのとき私は素足だったのです。
そして言うまでもなく、玄関にはスリッパが並んでいました。
一度引き返して靴下をはいてこようか、とも思ったのですが、「まぁいいや、すぐに足を洗えばいいんだ」と思って素足でスリッパをはきました。
足が気になるので手短に用件を済ませて、急いで帰宅して足を念入りに洗いました。
せいぜい30分ほどしか経っていませんでした。
ところが、です、何日か経った後に急に足裏がかゆくなりました。
見てみると、1円玉の半分くらいの大きさの発赤が出来ていました。
水虫に感染してしまっていたのです。

うかつにもはいてしまったスリッパには、水虫患者の体液がついていたのですね。
この例のように、水虫菌を含む体液が皮膚につくと、瞬時に水虫感染が成立します。
水洗いしても取れないのです。

暑い今の時期には、皮膚科へ行くと素足でスリッパをはいている人が多くいます。
あれは危険ですね。
皮膚科へ行って水虫菌をもらったのでは、あまりにも悲惨な話です。
皆さん、マイスリッパを持参しましょう(笑)。
posted by 水虫博士 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

水虫薬と選択毒性

水虫菌と人は、いずれも細胞内に核を持つ真核細胞で構成されている点では共通しています。
しかし、人は細胞膜を持つのに対して、水虫菌は細胞壁を持っている点では異なります。

薬の選択毒性
「ガンに効き、且つ副作用が少ない薬を創るのは、とても難しいんです!!
薬には、「選択毒性」という専門用語があります。
例えば、抗菌剤の「ペニシリン」という薬があります。
人にダメージを与えず、菌のみ殺すのが、良薬なのです。
菌には細胞壁があり、細胞膜はありません。
対して、人などの動物細胞には、細胞膜があり、細胞壁はありません。
選択的に、菌の細胞壁だけ壊し、人の細胞にはダメージを与えない。
これが、最良の抗菌剤です。
抗生物質や水虫の薬なんかも、これに該当します。
こういうのを、「選択毒性」と呼びます。」
http://blogs.yahoo.co.jp/mathmathtrue2008/1991944.html

人には細胞膜はありません。
ですから、水虫菌の細胞膜だけに働く薬剤があれば、それを人に投与しても人には何の作用も及ぼさずに水虫菌だけを殺すことができます。
これが、「選択毒性」ですね。

現在使われている水虫薬は、水虫菌の細胞壁を構成しているエルゴステロールの生合成を抑制し、水虫菌を殺す、という作用機序を持つものが主流になっています。
  作用機序とは:医薬品が作用する原理のこと。
主要な水虫薬の一覧表を挙げておきますので、興味のある方は表中の作用機序の項目をご覧ください。
抗真菌外用剤http://medicine.cug.net/drug/12/12_03.htm#lanoconazole
posted by 水虫博士 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

爪水虫のCM

今年はどうやら空梅雨のようで、その分気温も上昇し、水虫もますます猛威をふるう、ということになります。
水虫薬を販売する製薬会社も稼ぎ時で、水虫薬のCMも出番です。

爪水虫のCM(大笑)
「先週の話だけど、思い出したので書きます。
いつも使う都内の電車内には、音の出ない広告TVがあります。
普段はただのCMが流れている位なのでどうでもいい感じなのですが
珍しく同僚と一緒に電車に乗った時に限って面白いものが・・・
ふと、その画面に目をやっていた私たち。しばし無言になりました。
「ヤンセンファーマの爪水虫の薬のCM」が面白すぎて
同僚と一緒に車内で笑ってしまった・・・!傑作だと思う。
↓これこれ!
http://www.youtube.com/watch?v=8_vISeT0dCQ
(略)」
http://blog.goo.ne.jp/choutingoke_fgk/e/d66c071aa974472fff8a9bfd96cec202

どこまでも追ってくるしつこい爪水虫が、皮膚科医院の中までは入れなかった、という設定ですが、製薬会社としては爪水虫患者を皮膚科へと誘導して自社の内服薬を使ってもらおうという意図がそのまま映像になっています。
このCMを見た人が、皮膚科へ行く気になれば万事うまくおさまるのですが・・・

まぁ、CMを見る側としてはその映像を楽しめたらよいわけで、この記事の作者は傑作だと言っています(笑)。
posted by 水虫博士 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

水虫の豆知識

皮膚科へ行くと、水虫について解説した小冊子を見かけます。
その中身を読むと、参考になることが書かれています。

水虫についてもう1つ
「水虫に関する小冊子の最後のほうにちょっと面白い?ページがあったので紹介。
おしえて!「爪と水虫Q&A」
Q なぜ”水虫”っていうのですか?
水虫は俗称で正式には足白癬(はくせん)といいます。
”水虫”という名前が初めて文献に登場したのは江戸時代のことです。
田んぼ仕事をする季節になると足にポツポツとした水疱ができ、これがムズムズして非常に痒い。
当時は白癬菌に対する認識は皆無です。
カビが悪さをしているとは思いもせず、水の中にいる正体不明の虫に指されたと思い込んでいたようです。
これが”水虫”という名の由来です。

Q 他の人が使ってよく効くといわれた水虫薬を使っていいですか?
薬の効果には個人差があります。
また症状によっても使い分けが必要です。
他の人がよく効いたといって、その薬を安易に使うことは、思わぬ副作用が出たり、効かないといったこともあります。
医師または薬剤師に相談して最も合った薬を使うようにしましょう。

Q 夏に砂浜を裸足で歩くと水虫が治るって本当ですか?
白癬菌は高温になると発育が阻害されるので、しばらくこれを繰り返せば、白癬菌の増殖の抑制効果が出ると考えられますが、完治はしません。
砂浜を歩く程度では、角質の厚い足の一番奥にいる白癬菌が死滅するほど高温にはならないからです。

Q 爪はどれくらいの期間で生え変わるのですか?
個人差もありますが、手の爪で1ヶ月に3ミリ、足の爪で1ミリ程度伸びるといわれていますので、新しい爪に完全に生え変わるのに手の爪で半年、足の爪で1年ほどかかります。
そのため、爪水虫の治療には時間がかかるのです。

Q 海外でも水虫に悩んでいる女性は多いのですか?
日本で行われた足の疫学調査(Japan Foot Week研究会)と同様の調査がヨーロッパとアジアで実施されました。
その結果をみると、アジアでもヨーロッパでも日本と同じような水虫の率で、約20%の人が悩んでいます。
これは靴をはく生活環境の変化も一因と考えます。
ヤンセン ファーマ株式会社「爪水虫”早わかり”読本」
監修 帝京大学医学部 皮膚科 教授 渡辺晋一  より抜粋」
http://blogs.yahoo.co.jp/u_ya0429/59904291.html

皮膚科で見かける水虫解説小冊子は、製薬会社が自社製品の販売促進をかねて無料で提供しているものです。
中の記事の執筆は、医学部皮膚科の教官が担当しています。
ですから、小冊子の中身は参考になる情報が多くあります。

それでも、医学関係者が書いたこの種の記事を読む際には、少し注意が必要です。
というのは、医者は人間という巨大で複雑な身体(細胞の塊)を相手にしていますので、病気の詳しい実態や原因などはなにも把握できないままに診察・治療を行わないといけません。
そのために、医者の思考というのは論理の組み立てができておらず、論理的ではないのです。
上の記事の内容も、一つの参考としてお読みになると良いでしょう。
posted by 水虫博士 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 水虫の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする