2008年05月30日

治すぞ、爪水虫 写真付き

長年爪水虫であった方が、抗真菌剤の内服療法を始めました。
右足親指の爪が半分くらい水虫になっています。

「長年の爪水虫治療開始
 いのうクリニック(皮膚科)
 行って来ました。
 問診
 検査(顕微鏡で調べられた)
 結果はやはり爪水虫
 足の裏もまだまだとのこと
 副作用検査の為の採血
 薬貼付・紫外線照射
 計3,080円也
 処方箋もらって
 近くの
 ワタナベ薬局久留米店で
 ラミシール錠125mg
 ゼフナートクリーム
 ベギン軟膏20
 アスタット液1%
 計1,310円也
 一年かけて治療開始!」
爪水虫http://blogs.yahoo.co.jp/mrisg/55205777.html
(原文には写真が載っています)

単語が並んでいるだけの簡潔な文章ですが、必要な情報は書かれていますので、良くわかりますね。
水虫、特に爪水虫を治したいと思っている方は、皮膚科へ行けば記事どおりの手順でで物事が進みますので、ご参考になるでしょう。

皮膚科では、紫外線照射を行っているところがあります。
ある程度の治療時間をかけて水虫患部に紫外線を当てますので、患者も治療を受けたという気分になるのでしょう。
しかし、この治療には大きな問題があります。
紫外線照射で水虫が治るのか、という問題です。
答えは簡単で、紫外線照射では皮膚に住みついている水虫菌は全く死にません、つまり全く効果がありません。

紫外線照射や日光浴が水虫に対して効果がある、と思い込んでいる方がいますが、それは全くの間違いです。
ネット上では、紫外線照射器なるものが売られていますが、それらは水虫に対する治療効果はありません。
この商品は、水虫が治るというのは全くの詐欺に当たると私は思います。
参考資料をあげておきます。
紫外線ランプと水虫http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/53367172.html
posted by 水虫博士 at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

中国流・爪水虫の治し方 続編

以前に、「中国流・爪水虫の治し方」をご紹介しました。
その治療法は、水虫の爪を薬漬けにして、爪を一度取ってしまい新しくつめを生やす、という方法でした。
前回の記事では、この治療を受けて3週間後までの様子が紹介されていました。
中国流・爪水虫の治し方http://mizumushidoujyou.seesaa.net/article/94400303.html
今回の記事では、さらにその後日談が紹介されています。
果たして爪はきれいな状態に戻ったのでしょうか。

「薬を貼ってテーピングをしてもらい一週間
 痛い痛いと我慢して・・・・テーピングを取ってボロボロになった爪をはがされた。
 薄い新しい爪が後から出てくるってことで。
 その後、どうなったか・・・というと。
 父ちゃん「水虫の奴、すごい生命力だから周りに逃げおった!!!」
 というのです。ここで逃げたやつを撃沈させねば!
 と言いながら必死に周りに水虫薬を塗って撃沈に勤めておりました。(略)
 で、父ちゃんの水虫君はといえば・・・爪は本当にきれいになって生え変わってきた。
 小指は生えてこない・・・がそれは靴を履くので時間がかかり、きれいに生えないこともありうるとか。
 皮は今もめくれつつあり脱皮の真っ最中!だがめくれたところは確かにきれいに復活!
 証書を書いてくれただけあってたぶん成功でしたが
 まだ信用できないのか水虫薬を毎日せっせと塗って撃沈に余念がありません。。。」
父ちゃんのペット  その後の話http://blogs.yahoo.co.jp/cc0o0ss/37952441.html

さて、肝心の爪水虫ですが、これはきれいな爪が生えてきつつある、ということで、爪水虫の治療には成功したようです。
内服薬(抗真菌剤)は臓器をいためるので、そんなものは使わずに外用剤療法で爪水虫を治すのだ、というのが中国流だそうです。

爪水虫の治療に関しては、私も外用剤で治すべきだ、と思います。
というよりも、爪水虫は外用剤で治るはずなんですね。
なぜ外用療法では爪水虫が治らないのか、という問題点を詳しく解析すれば、爪水虫を治すための外用剤を開発できるでしょう。
私もいま爪水虫を治せる外用剤を得たいと思って、検討中です。
近い将来に、内服用抗真菌剤に頼らなくても爪水虫を治せる時代が来るでしょう。
posted by 水虫博士 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

中国流・爪水虫の治し方

中国在住の方から、中国流の爪水虫の治し方が紹介されています。
本当に治るのでしょうか。

「近くの足裏マッサージの前に、「中国脚病学会 上海支部」、なる看板を見つけ、話を聞いてみると一週間で治るという。
 それも、効果抜群!と。
 早速父ちゃんに言って見ると父ちゃんは行く気になった。
 その方法はよくわからないけれど、要は「水虫の爪を薬漬けにして、爪を一度取ってしまい新しくつめを生やす」、という方法。(略)
 そして指にテーピングを巻いて帰ってきた。お風呂もOKらしい。
 翌日から「足が痛い!」「これ、爪がどうなっているんかな??」と言う。
 すごく痛そうで、いらんものを見つけてきて「ごめん!」って思ってしまった。
 一週間して、また行くと、テーピングをはずして、ボロボロになった爪をはがしたらしい。
 今日で約2週間経つ。
 すっかり、きれいになった再生爪が出来つつあり、治療は成功したみたい。足の痛みも治まった。
 成功したら日本で広めたらいいな〜〜〜
 と父ちゃんはうれしそうですが、こんな荒療法ってあり??????」
ペットとお別れhttp://blogs.yahoo.co.jp/cc0o0ss/37232070.html

これはまた、恐ろしい治療法ですね。
おそらくはサリチル酸などの皮膚剥離剤を使って爪を侵襲し、1週間後に爪をはがしたのでしょう。
日本ではとても受け入れられないでしょうね。

足の爪は、新しく生え変わるまでに半年以上もかかります。
治療した?爪水虫がめでたく治ったかどうかは、まだ当分の間は不明のままでしょう。
爪水虫とひとくちに言っても、主に爪だけが水虫になっている場合と、爪床(爪と皮膚との接合部分)に水虫菌が入っている場合とがあります。
爪床に水虫が入っている場合には、皮膚部分にも水虫菌が侵入していますので、この中国流では治らない可能性もあると思います。

どんな方法でもいいから爪水虫を治したい、という方は、中国まで行けばこの方法を試せるでしょう!
但し、自己責任でお願いします(笑)。
posted by 水虫博士 at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

夫婦で水虫

ご主人の水虫がうつってしまったので、医者へ行った、という体験談が紹介されています。

「恥ずかしながら 「爪水虫」 です。
 旦那のがうつったんだ・・・・・・
 (略)
 ・・・・・・で、インターネットとかで調べて、遅くまで受付けしてて、仕事帰りにも行けるところへ。
 もっと、早く行けば良かった。
 電話で旦那に報告したら 「その薬、オレにもくれ」 だって・・・
 そんな〜ぁ・・・・・・ 夫婦で通わなきゃ治りませんよ。」:
勇気を出して医者へ行くhttp://meiandsatuki.naganoblog.jp/e81401.html

水虫は、とても治りにくいものです。
医者へ行く労力さえも惜しむようであれば、とても水虫には勝てないですね。
ご主人を説得して皮膚科へ行かせることが、先ず必要でしょう。
posted by 水虫博士 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

頑固な水虫は飲み薬で

爪水虫の治療体験記が紹介されています。

「最近“パルス療法”といって、通常の倍の量の薬を集中的に飲む方法があるのでその方法を選びまた。
 一日二回半年続けて飲むのではなく、一日二回倍増を一週間飲み三週間休みそれを三サイクル行います。
 一サイクル行うごとに肝臓の機能をチェックするため血液検査をします。
 強い薬なので肝臓が弱い人には出来ないそうです。
 三サイクルを終え二か月が過ぎ濁った爪の半分が新しい奇麗な爪に変わりました。
 足の爪は伸びるのが遅く全部生え変るのに半年以上かかるらしいので、完治するのはもう少しかかりそうです。」
頑固な水虫は飲み薬でなおしましょう http://blogs.yahoo.co.jp/studionakano/1247273.html

内服療法により、爪水虫の80%程度が治るといわれています。
爪水虫が気になる方は、内服療法を試みるのも良いかもしれません。
内服療法に伴う副作用としては、肝障害、胃障害などが5%程度発生するようです。
血液検査も並行して行われますので、内服療法によって重度の障害が生じる恐れはないでしょう。

水虫薬を塗るだけで爪水虫が治ればよいのですが、今のところは爪水虫を治す外用剤は皮膚科では入手できません。
posted by 水虫博士 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

爪水虫体験記

水虫は、足の指の間や足裏にできて、それから爪に水虫がうつっていく、というのが一般的です。
ところが、いきなり爪水虫になってしまう、というケースもあるようです。

「爪水虫だろう。とは思ってましたが、医師から
 「水虫です」
 と言われた時はショックだった。
 しかも爪水虫は完治するのに1年くらいかかるそうで「頑張ってください」と言われた。
 爪を剥がしたり・・・なんていう荒治療はなく、飲み薬と塗り薬を出された。
 時々、血液検査をして飲み薬の副作用を調べるそうだ。
 たかが水虫、されど水虫・・・・。」
爪水虫http://blogs.yahoo.co.jp/initial_d_101levin/51627582.html

この水虫は、スポーツクラブのお風呂でうつったらしい、ということです。
公共の施設で多くの人が共用して使うもの、例えばバスマットやスリッパなど、は水虫菌で汚染されていることが多いのです。
それらの物は使わない、という注意が必要ですね。
posted by 水虫博士 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

爪水虫の塗り薬

爪水虫は、内服療法を行わないと治らない、とされています。
でも、これに納得できない方もいます。

爪水虫の塗り薬」:記事全文
恥ずかしながら長年いわゆる爪水虫に悩んでいた。
もともとは巻き爪がひどくて、その治療をしている内に、知らない間に爪水虫になっていた。
だから足つぼマッサージを受けるのも、ためらう。
というか、やめておく。
元々の巻き爪とあいまって、ひどい変形もしている。

3年ほど前に巻き爪がもうどうにもこうにもならなくなり、まずは爪水虫の方を治さないとダメということになったんだけど、それがなんと3ヶ月から半年、毎日薬を飲まないといけないという。
たかだか爪のために、肝臓の検査も続けながら、半年間も薬を飲むというのは、さすがに抵抗があって、ずっと決心がつかないまま、ちょっと油断すると、変形で巻き爪が食い込んで化膿する両足の親指と、騙し騙し付き合ってきた。

ところがである。
ひょんなことから「塗り薬」があるらしいということをネットで発見。
商品名はあえて出さないけれど、「ちょっと試してみるか」
ぐらいの気持ちで購入してみた。
その後、先日の北米出張で、空き時間にドラッグストアに行ってみたら、「ネイルヘルスケア」のコーナーがあるのを発見。
爪専用の塗り薬を何種類か買ってきて、今、いろいろテスト中である。

最初の購入からかれこれ4ヶ月ぐらい経つのだが、結果は、新しく生えてくる爪は普通の爪なのである。
変形した爪が治るわけではないのだが、明らかに根元近くの爪は普通の爪だ。
このまま変形した部分が伸びていって、根元部分に感染しなければ、ひょっとしたら治るのかもしれない、と期待を持って、せっせと朝晩塗りこんでいる。

まだ完治という結果は出ていない。
だけど、一応「効果」は感じ始めている。
で、もしそうだとしたなら、何故に日本は飲み薬しか認めてないのかが不思議になってきた。
米国ではドラッグストアに普通に売っている薬である。
何か日本では使ってはいけない成分でも入っているのだろうか?
効果の程は半年ぐらい経たないとわからないけど、というか、今のスピードでいくと1年ぐらいかかるのかもしれないけど、もし、この変形爪がその薬で治ったら、ぜひご報告したいと思います。
同じ半年、1年なら、肝臓の検査しながら飲む飲み薬より、安心して使えるんじゃないだろうか?
http://oozora-0606.blog.drecom.jp/archive/865

アメリカ産の爪水虫用塗り薬、というと、どうもうさんくさい感じがして私は信用していませんでした。
というのも、ネット上に出されている広告がいい加減で、だましてやろうという意図が歴然としていたからです。
でもこの方は、ご自身の爪水虫で試されて効果がある、ということですから、実際に爪水虫を治している、と思われます。
記事の中では、この塗り薬に関する情報は記載されていませんので、興味のある方は直接著者に問い合わせると教えてくれるでしょう。

重度の爪水虫の場合でも、爪の奥深くの水虫患部にまで水虫薬を到達させることができれば、水虫を治すことは可能です。
例えば、ラミシールを爪の中へと押し込んで、爪水虫を治した、という例もあります。
症例研究 爪水虫を克服したBIRDLIVES氏のケース :http://blogs.yahoo.co.jp/y20113jp/20134471.html

爪水虫は、水虫菌が爪の奥深くにまで入り込んでいますので、なかなか外用剤では治しにくいのですが、人類の英知を持ってすれば解決できない壁ではないでしょう。
近い将来に、この壁を打破したいものです(私自身の願望)。
posted by 水虫博士 at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

爪水虫だって・・・

爪が変形していると、それが水虫だということもあります。

衝撃的事実」:記事全文

          f932a69c3947bd4f872e8cc49d6e22ca.jpg

ずーと気になっていたので皮膚科に行ってきたよ。
なんと水虫だって…
こんなの始めてだ。どこから菌をもらってきたんじゃ。どうせなら菌は菌でも金の方がいいぞ。
・・・なんてことも言っていられんか

飲み薬の方が効くらしいけど、授乳中ということもあって塗り薬のみ。
子供2人連れての病院はホント大変
最優先で診てもらいたいぐらいだったわ。1時間以上待たされると大人でも嫌になるもんね。
よくがんばった、お姉ちゃん!妹ちゃん!
http://blog.goo.ne.jp/pon96/e/bec7e9856a4384f742064cb0b3665c36

授乳中は、水虫内服薬を使えないのですね。
離乳までは塗り薬を使う、ということで、塗り薬で爪水虫が治るまでには至りませんが、お子さんへの水虫伝染を防ぐという意味では役立つでしょう。

また、手指の爪水虫があるのですから、足などにも水虫がある可能性が高いですね。
足の裏や足指の間などに水虫がないかどうか、あるいは、隠れ水虫があるのではないか、と慎重に調べてみましょう。
あるいは、ご主人に水虫があるかもしれませんね。
posted by 水虫博士 at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

不治の病 水虫

水虫用の内服薬が開発されるまでは、爪水虫は不治の病といわれていました。
その爪水虫の治療に挑戦している体験記です。

不治の病「水虫」」:記事全文

        img_287561_26738169_0.gif

 20歳から仕事に就いた測量業界で来る日も来る日も長靴の生活をしていたら水虫になってしまいました。その後にこの土建業界、またまた長靴生活・・・水虫は治ることなく住み着いてしまいました。何度となく完治させようと挑戦し続けて敗北の歴史だけが刻まれていきました。
 3年前に家族で話し合い、完治する事を誓い、病院へ行く事にしました。命をかけるかのようなこの決断には、次は敗北はない、勝利あるのみと心に固く誓ったからです。

 さて、水虫とは何ぞや?ワテのは爪水虫で、いわばカビのようなものです。正式には「爪白癬」といいます。しかし、これはとんでもない厄介なものです。日本人の四人に一人はなっているものです。夏に勢力を強めて、冬に潜伏する、治ったかと思っていてもすぐに発症してきます。変な女にまとわり付かれたようなものです。おっと例えが悪いね。

 家族と話し合ったというのは、知らないうちに家族内で感染していることが多いからです。ワテのことを犯罪者のように悪人呼ばわりです。ワテも男や、絶対に治してやる!!と公言してしまいました。

 その戦いが始まりました。爪水虫は、塗り薬だけでは治りにくいことをご存知ですか?薬屋さんが儲かるだけで、飲み薬を服用しないと絶対に治らないそうです。もちろん家族にも協力してもらい、履物を共有しない、常に清潔に、汗を良くふき取り乾燥させる、通気性のよい履物や吸湿性の良い靴下を履くなど皆で心掛け、一度は足を顔にするするしても大丈夫なだけになったのですが、完治していなくて再発症・・・負ける訳にはいかないとただ今挑戦中です。もう、かなり完治しています。完全に治すまでこの挑戦は続きます。
http://blogs.yahoo.co.jp/jg8mpypm8gj/26738169.html

水虫患者がいる家庭では、家族で協力して水虫対策をすることが大切です。
この家庭では、その水虫対策が次のように実行されています。
1、水虫患者本人は、水虫を治すべく皮膚科で治療を受けている
2、家族は、水虫に感染しないように工夫する
3、履き物を共有しない
4、通気性の良い履き物、靴下を使う
5、足を清潔にして乾燥させる
これだけの水虫対策ができているのですから、これはまさに模範的な家族ですね。

あとは問題の水虫を治すだけですが、これはなかなか厄介な課題です。
内服薬を使っても、爪水虫の完治率は80%程度だといわれています。
このケースでは、水虫が治りつつある、とのことですから、順調に水虫完治まで到達することを待ちましょう。
posted by 水虫博士 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

爪水虫! 治療のブログ

「爪水虫!治療のブログ」というタイトルのブログを見つけました。
ネット検索で、爪水虫治療用の塗り薬を購入し、その治療経過を紹介する、とのことです。

そもそも爪水虫になったのは。」:記事全文
爪水虫に罹患。
それは3年以上前になる。
運動選手でひどい水虫の人がいて、仲間からも「こいつの水虫は強烈だ。伝染する力が強い」と恐れられていた。
みんなで遠征先の露天風呂に入ることになったのだが、その遠征から帰ってきて程なく、僕は水虫になった。
絶対にヤツから感染した・・・。

しばらくして、水虫は治ったが、その後しばらくしたら、爪に白い線が入った。その時は、栄養不足かなにかで爪に線が入ったのだろう程度にしか思っていなかった。
その後、爪水虫のことをテレビでも取り上げるようになって、情報が入ってくるようになると、僕のはどうも爪水虫ではないか?と思うようになった。
それから、ネットなどで調べたが、爪水虫は飲み薬で治さないと治らない、ということが分かり、内服だけはどうしても嫌だったから、皮膚科にも行かず、爪をこまめに切ったり、普通の水虫薬を塗ったりしていた。

しかし、それらは全く効果なく、そうこうしている内にどんどん爪が浮いてきて(白くなってきて)、今では半分以上も爪が浮いてしまった。
そこまではまた良しとしよう。
しかし!
先日、ふと爪を切ろうとして、何気なく見たら・・・
いつのまにか爪が変な形に変形していた!
ちょうど折り紙でも折るかのように、真ん中を山として、脇にかけて、爪が平らになっているのだ!
(原典には詳細な写真が掲載されています)

これはさすがにマズイと判断した僕は、早速ネットで新たな情報を探した。
そして、分かったことは、
1.やはり飲み薬は良くない。特に肝臓に非常に負担をかけるので、血液検査をしながら服用していく、という、あまりにも恐ろしい治療であること。
2.欧米では、塗り薬があって、効果があるらしい。
と、いうワケで、早速塗り薬を注文した。
届いたら治療開始だ。
さぁ、3年以上野放しの状態だった僕の爪水虫。
治療から何日で完治するのでしょうか。
みなさんも一緒になって、治療の経過を見守ってください。
http://blogs.yahoo.co.jp/forsythe/877645.html

水虫や爪水虫になったとき、誰でもその水虫を治したいと思い悩みます。
そのような苦悩と工夫の様子が、この記事にはとてもよく現われています。

さて、問題の爪水虫用塗り薬ですが、この記事では実名が公開されていません。
該当するものとしては、「Dr.・・・・」というものがありますが、特定はできません。
はたして、購入した塗り薬は、期待した効果があるのでしょうか?
記事の更新を期待しましょう。
posted by 水虫博士 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

水虫退治

jyeronimo_2005さんは、内服水虫薬のパルス療法で爪水虫を治しました。
その治療体験記です。

水虫退治!!」:記事全文

          70b72fb858e848e9580a977a16466770.jpg

先日テレビを観ていたら・・・なんと全国の4人に一人が水虫だそうです。
じ・・実は・・・ジェロもその一人で、つい最近まで爪水虫で悩んでいました。
水虫を放っておくと、昔は菌が脳にいき死にいたる・・・という事例もあるくらい
深刻な問題なんですよ。[壁]ロ゚)ハッ

自分が皮膚科に行ったのがちょうど1年前で、右の親指の爪半分が黒くなる程ひどくて、爪が腐ってしまうのでは?? との思いで通いました。
治療方法は、「パルス療法」を勧められ実行しました。
パルス療法とは、1週間薬を飲んだら3週間休む・・これを3サイクル(約3ヶ月)続けることです。
私の場合は、爪の状態が悪く4サイクル続けました。
爪が生えかわるのが約6ヶ月といわれているので、この療法はうなずけると思いませんか。
今では、すっかり水虫もいなくなり(多分?)、爪もキレイになりましたね。
あと、妻からの勧めで・・・5本指の靴下を履いてみましたが、
最初は抵抗があったけど、今は暖かくムレ防止対策でとてもいい感じです。

そこで、水虫撃退3か条は・・・・・
 @毎日指の間まで足を洗い清潔に保つ
 A靴は3足くらいで取替えて履き、敷革を使用する
 Bバスマットは毎日取り替える
以上、水虫や爪水虫で悩んでいる方は是非参考にしてみてくださ〜い。
http://blog.goo.ne.jp/jyeronimo_2005/e/dd83d16dfd08ada701654887b683e49d

爪水虫の内服療法では、薬が効けばきれいな爪が生えてくるので、爪水虫が完治したことが良くわかります。
jyeronimo_2005さんの場合、1年できれいな爪を回復した、とのことで、努力の甲斐がありました。

jyeronimo_2005さんの水虫撃退3か条は、水虫持ちの方は実行されると良いでしょう。
この3か条を実行すれば、家族への水虫感染の危険性がかなり低くなると思われます。
posted by 水虫博士 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

爪水虫に再挑戦

水虫薬の内服療法で爪水虫の治療を行っていても、それが必ずしも成功するとは限りません。
いろいろなケースがあるようです。

取り組んでいること」:記事抜粋
爪水虫
飲み薬が切れ、つけ薬が2〜3ヶ月分残っているので、もう医者には行かない!
と思ったら、足の裏が・・・かゆい。
検査の為の採血をし、飲み薬ももらってきた。
なかなか治らんぞヨ。
軍足をやめることにしました。
これからは足にマメができるかも??用心しよう。
大会だけは軍足を履きます。
(以下、略)
http://takehiko-blog.at.webry.info/200611/article_5.html

水虫はなかなかしぶといですので、治ったと思ってちょっと手を抜くとすぐに勢いを盛り返してくることは、誰しも経験しているところです。
人の油断を誘うことも、水虫の生き残り戦略の一つなのでしょう。

また、水虫が完治したかどうか、という重大な事柄を、簡単に検知できる方法がないことも問題です。
そういえば、水虫があるかどうか、を検知する方法もないのですね。
医療関係者の方々には、より一層がんばってもらいたいですね。
posted by 水虫博士 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

水虫完治宣言

pa-yan2005さんは、水虫薬の内服療法を1年間続けました。
そして、遂にお医者さんから水虫完治宣言をもらったそうです。

苦節1年 〜爪白癬完治〜」:記事全文

        kazari1.jpg

2000年ごろから、足の爪に異変が起きていた。
左半分が白くなり、分厚かった。最初、スクーターで転倒した後遺症と思い気にしていなかったが、これが「爪の水虫」といわれる爪白癬であることが判明したのは、ちょうど1年前。
肩の後ろがかぶれ始め、薬局の薬を試しても改善しない。
病院で診察の結果、「白癬菌が見つかった」とのこと。

錠剤の内服による治療を続けること1年。
早期に変化し始めていたが、この春には爪から「白い模様」は消えていた。
また、治療開始以前からあった「足の裏のかゆみ」は、完全に無くなった。
実は、爪白癬以前から水虫だったかもしれない。

そして今朝の診察で「完治宣言」が出され、1年に渡る治療が終了した。
今も肩の後ろに、時折かぶれが出ることがあるが、それについては以前処方してもらったステロイド軟膏で対処可能との事。

今朝は久々に「早い目覚め」だったし、この調子でストレスも解消できれば幸いだ。
その「ストレス解消」だが、車中で「愚痴をこぼす」ことが、案外効果を出しそうだ。
誰かが聞いているわけでもなく、他人にダメージを与えることなく、できれば「聞いてくれる人がいて欲しい」ものの、だんまりを決め込んで抱え込むよりマシだ。
http://blog.goo.ne.jp/pa-yan2005/e/ce018191d1904d7e268c27c6d6ce4dac

1年間に及ぶ内服療法で水虫完治とのこと、良かったですね。
やはり、水虫を完治させるためには長期の治療が必要です。
思い切って水虫治療を始めて、そして最後まで完遂した者だけが水虫完治を達成することができます。
志あるところに道あり、というところでしょうか。

私の個人的な意見なのですが、水虫薬の内服療法で爪水虫が8割程度治ることは明らかなのですが(爪が生え変わるので判別できる)、しかし皮膚の水虫は本当に治るのでしょうか?
皮膚の入れ替わり(ターンオーバー)が起きているかどうかは、見ただけでは判別できません。
足裏などの皮膚が分厚い部位では、内服薬はあまり効かない可能性がある、と私は思うのですが・・・
ご意見をお持ちの方は、コメントをお寄せください。
posted by 水虫博士 at 07:22| Comment(2) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

水虫内服薬と休肝日

吉野廣直さんは、晩酌を欠かしたことがありません。
でも、水虫治療のために水虫内服薬を飲むことになり、大いに悩みました。

休肝日をつくりましょう」:記事全文
先週、水虫を直すため、かなり強い薬を飲むことにしたと書きましたが、家に帰ってきて真剣に悩んだのが翌日からの晩酌をどうするか?でした。
この30年間、奥歯を抜いて出血しても休むことなく、粘り?と根性?で飲酒を続けてきた私ですから一時期であっても当然酒は休みたくない、だから病院の先生を説得し、缶ビール350一本ならいいよと言わせたものの「肝臓と腎臓に少し負担がかかるかもしれない」との回答…。さあどうする。
酒を休む?休まない?
どっちなの?と色々と悩んだ結果、最近健康に自信が無くなっているせいもあって「内臓が悪くなったら大変だよな」との結論に達し、結局、9日間(ハンパな期間ですが・・私なりの計算では『薬を飲む間の1週間』プラス『2日間のおまけ』)は酒をやめようと決心いたしました。

そして、敢然と禁酒を決行した結果、心配していた不眠等の禁断症状も無く、体内に元気の素が蓄積されていくような感じで、「これは調子がいいやGOOD!」と喜んでいたのですが、困った?ことに、この間の食事が大変おいしくてびっくりしてしまいました。
昨日と同じ米でご飯を焚いたのにおいしくておいしくてたまらい。
用意されたおかずを食べては「これはうまい」と言って次々に平らげてしまうので、体重は着実に増え、おなかも一段と膨れてしまいました。

これまで何回も血液検査をして、「肝臓、腎臓、すい臓すべてOK」と言われていたのですが、長年の飲酒によって内蔵にも疲れがたまっていたようなので、これからは程々にしようかなと少し反省しているところです。
結論!!!?週に3日は酒を飲まない?酒の量は2合程度とする。
以上の2点を実行し、何とかあと30年、笑顔で百薬の長を楽しみたいと思います。
どうぞ皆さんも休肝日を作り飲みすぎには十分ご注意ください。

* 追伸
 ?女房が仕事(2時間勤務)を始めてから2週間になりました。元気にがんばっております。
 ?今日は実家の稲刈りです。これから4人で出かけ、女房は炊事当番、長男と長女と私は田んぼ仕事で汗を流してきまーす。
http://blog.goo.ne.jp/ubian/e/c4b7614e35acccec9c4a7e544ebd7e97

吉野さんは30年間も晩酌を続けましたので、完全なアルコール依存症で、重度の脂肪肝になっていたと思われます。
このままの生活を続けていたら、肝硬変から肝ガンへの道を間違いなくたどっていたことでしょう。
水虫内服薬を飲むために節酒を実行されたのは、とても良い判断でした。
これは水虫のおかげ?ですね。

でも、食事がおいしくてつい食べ過ぎて体重が増えた、ということで、新しい健康上の課題もできました。
肥満は重大な病気で、人の寿命を短くします。
今話題のメタボリック症候群の仲間入りになりかねません。
散歩とか運動を心がけて健康な身体を作れば、晩酌を末永く楽しむことができるでしょう。
メタボリック症候群 診断基準 予防方法:http://meta-shokogun.sblo.jp/
posted by 水虫博士 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

爪水虫の治療に挑戦

over100kg_aseaseさんは、爪水虫との長い戦いに敗れて、遂に皮膚科へ行きました。

戦いに敗れて・・ 」:記事全文
長い長い水虫との戦いに敗れて、ついに皮膚科に行ったのが一週間前(¨;)
とりあえず塗り薬だけもらってかえって、爪白癬を治療する飲み薬は血液検査の結果次第ということだった。
検査の結果がわかるのが水曜日なので、木曜日に電話をしたら異常ないので薬をとりにきてくださいというお返事。
なので、皮膚科に行って飲み薬をもらってきた。

最初に行った時に飲み薬が次の2種類あってどちらを選ぶかと言われたので・・
 (1) 6ヶ月間毎日飲み続ける。
 (2) 1日2回1週間飲んで3週間休むのを1サイクルとして、3サイクル繰返す。
どっちも高価だけど(2)のほうがさらに少し高い・・
でも、飲むのが楽な(2)のお薬にしたの。

でもでも、実際に支払うとなると1週間分で1万円弱は高かった(^◇^;)
高価なだけに効果もあると思うのぉ(爆)
http://blog.goo.ne.jp/over100kg_asease/e/ec0fb53350ab94c1a6bb991b970866e5

これからの寒い季節には、水虫(白癬菌というカビ)は冬眠状態になりますので、水虫を治す絶好の機会です。
内服の水虫薬は高価ですが、きちんと水虫を治して成果を挙げましょう。

ところで、over100kg_aseaseさんは水虫との長い戦いに敗れた、と書かれていますが、具体的にはどのような戦い方(水虫治療法)をしたのでしょうか。
爪水虫に対して有効だ、といわれる治療法は内服薬以外には皆無ですので、気になりますね。
posted by 水虫博士 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

爪水虫の治療再開

けんつーんさんは、爪水虫の治療を中断していたのですが、治療を再開することにしました。

皮膚科」:記事全文
朝一に、皮膚科に行く、
つめの水虫が又、勢力を伸ばし始め、爪が白さが多くなりそう
飲み薬でないと効果がないと3ヶ月呑んでいたが途中でやめていたためだ、
飲み薬と塗り薬で治療することになった。

セルフのガソリン・スタンドで注油して、タンクキャップを忘れ其の侭帰る、
何か音がすると思いつつ走り教室に行き着いてやっと解る具合、ぼけた物だ。
http://iroha-48.seesaa.net/article/26387854.html

爪水虫の内服療法を行っている、というブログ記事はときどき見かけます。
しかし、その内服療法を途中で止めるとどうなるのか、ということについては、この記事で初めて具体例を見ました。
内服療法を途中で止めると、当然のことながらやはり、爪水虫が悪化してしまうのですね。
水虫とは厄介なものです。
今度こそ、水虫完治へとゴールしましょう。
posted by 水虫博士 at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

爪水虫の治療体験記

杉蔵さんは、爪水虫の内服療法を行っています。
その進行中の治療体験記です。

そしてオヤツはケーキ」:記事全文
昨日は子供とオレ、二人とも皮膚科で診察。
オレは水虫で、子供はアレルギーっぽいので肌荒れかな。
長いコト病院通いはしてる。もう、病院も薬局も馴れちゃって、馴れちゃって…。
子供はいつものようなコトで同じ薬をもらってきた。
顔と足と、カラダは又別なのを塗ってるし、股にも塗ってる。
やっぱり見えるトコなので、顔はカサカサして痒そうにみえるなあ。
そんなにヒドくはないんだけど、薬なので続けないと効果が…ね。

オレの方は水虫、いわゆる白癬菌。マツケンさんが爪にも水虫って、CMしてたソレ。
足の裏とか、皮膚が少し剥けるのと、右足の小指の爪がそうなったみたい。
カユミとか感じる症状はないんだけど、爪のカタチが変だったので見てもらったんだよね。

昨日で四ヶ月目。先月の診断で菌がでなかったので、昨日もでなかったら診察終了の予定だった。
…だけど、まだいたみたい。来月もまた来て下さいと、一ヶ月分の薬を処方された。

爪水虫の診察、知らない人の為に(知りたくもないと思うけど)一応書きますね。
ちょっとしたドリルのようなもので、爪を削ってプレパラートにカスを取る。
それを顕微鏡で先生が診て、ん〜いますねとか、いませんねとか。

二ヶ月に一回くらいかな、薬の関係で血液検査も行う。
肝機能に障害がでてないか調べるんだよね。でてれは薬は中止。
そう、薬は塗り薬じゃなく、飲み薬なの。
しかも、二つから選べて、一つは毎朝飲むもの(オレはコレにした)で、もう一つは
一ヶ月分として最初の一週間に飲む薬。不思議なんだけど、これで効くみたい。

診察で一番イヤなのが採決なんだよね。オレは血管が細くて、でにくいタイプ。
前に会社の健康診断とかで、朝食抜きで採決したら貧血で倒れた事があったの、しかも二回。
それから何となしにイヤで…。今はやる前にアピールして、うまくやってもらうようにしてるけど。

とりあえず、来月も行く事になったので、足の写真はのせない事にしました。(誰も希望してないね)
そんで、この前、割引券があったのでケーキを買ったんだけど、そのとき又割引券くれて、
それで昨日も又ケーキを買っちゃった。(ケーキ屋の思惑通り)
でも、今回は割引券くれないので、もう買わないな、きっと。
いつも通り、全てを味見する子供でした。チャンチャン。
http://blogs.yahoo.co.jp/daisan_1968/4197606.html

爪水虫の診断法として、患部の爪を削って爪の標本を作り、そこに水虫菌がいるかどうかを調べるのですね。
この作業には専用の器具が必要でしょうから、やはり皮膚科で確認してもらうのが良さそうです。

杉蔵さんは、足の写真は載せないことにした、とのことですが、水虫の記事では写真が見られると患部の状況がよくわかります。
次回の記事では、完治前の爪水虫の写真を載せてくれることを期待しています。
posted by 水虫博士 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

水虫治療への挑戦

tengoro7406さんは喜寿を迎えられ、伊豆高原でお元気に過ごされています。
そして、爪水虫の治療に挑戦されるそうです・・・

水虫治療への挑戦」:記事全文
8/11S曇り、Z先生の治験例を信じて長年の痼疾だった水虫退治に取り組むことにした。
  注、痼疾:こしつ、長引いて、いつまでもなおらない病気のこと。
なにしろ私の水虫は親爪に入り込んでおり、厄介なものだから即効は期待できないかもしれないが、試してみたい。
現状は親爪の先端が白くなっており、左足の方は右側が黄ばんでいる。
右足の方は中央部分に白い線が縦に入りこんでいる。

     279693613b0a6bee1cdd4beee0c018fb.jpg
http://blog.goo.ne.jp/tengoro7406/e/4b0559e245cf50b5b67f9c93e840a3ce

写真を拝見すると、左親指の爪向かって右側に水虫の病巣があります。
右親指の爪の中央部に縦に入っている白い筋は、水虫ではなさそうです。
爪水虫としては、軽度の症例に分類されるものでしょう。

Z先生の治療例、というものがどのようなものであるのか、わかりませんが、難治といわれる爪水虫の治療に取り組まれる心意気は若々しくて良いですね。
爪水虫の完治を勝ち取るまで、頑張ってください。
posted by 水虫博士 at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

水虫・・・内服薬は出しません!

personaswitchさんは、足裏や爪に水虫ができたのですが、長年放置していました。
そして、ようやく皮膚科へ行ったのですが・・・
皮膚科初体験の記事です。

水虫専門病院」:記事全文
水虫専門病院があったらいいのにとほんとにつよく思う今日この頃。
結局。
病院にいくのをためらいにためらった結果
三日前に行ってきました。
あれから二週間過ぎてんじゃん!!!
(病状が病状なだけに病院に行くのが嫌だった・・・)

そんなわけでやっとこ皮膚科に行ってきました。
足の甲のぶつぶつはやはりToricho様でした・・・
・・・・・・ ・・・ぎゃふん。

ちゃんと皮膚とって検査してもらったのでまちがいなし。
しかもなんかもう硬いのにかわってしまっているとのこと。
放置しすぎで先生に怒られてきました。
怒られついでに靴下剥ぎ取って足裏も爪も見せて
十数年ほったらかしにしてることも告げてさらに怒られてきました。えぐえぐ。

ちゃんと治療しなさい。
そうですね。すいませんでした。んな怒らんでも。えぐえぐ
そして一番気になってることを聞いてきました。

先生、マツケン様がお医者さんへ行きましょおって歌ってるやつなんですが・・・!!!
(本音=飲み薬があるならのみたい)←毎日塗り薬はめんどい。

飲み薬はきついからだしませんよ?
(目つきの変わる先生、怖くて何もきけなくなった)

というわけで塗り薬をもらって帰ってきました。
薬がなくなったらまた来いとのこと。
もらったのはニゾラールっていう爪用のお薬とメンタックスっていう足用のお薬。
診察料検査代薬代合わせて3千円ちょい。
とりあえずこれを毎日塗るしかないようです・・・。ぎゃふん。
http://blogs.yahoo.co.jp/personaswitch/folder/1336244.html

皮膚科へ行けば、すぐに内服薬をすすめられるのかな、と思っていたのですが、そんな安易なことをしない皮膚科医もいるんですね。
感心しました。
内服薬を患者に飲ませておいて、「はい、爪水虫が治りましたね」 という安易なやり方をすれば、皮膚科医として水虫を理解することができないでしょう。

爪水虫では、水虫菌とともにカンジダ菌にも感染しています。
ニゾラールは、白癬菌とカンジダ菌の両方に効果があるので、爪水虫治療に適した薬です。
メンタックスは良く効く水虫薬ですが、こちらはカンジダには効きません。
personaswitchさんの水虫は、長年放置していただけに慢性化・難治化していると思われますが、気長に治療していってください。
posted by 水虫博士 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

水虫退治・・・ある薬剤師の挑戦

哲さんは薬局で働く薬剤師さんですが、水虫とは30年来のお友達だそうです。
しかし、ようやく水虫を治そう、と思い立ちました。
内服の水虫薬は肝臓に負担がかかるので、自己流で水虫退治に挑戦されるそうです。

水虫退治に挑戦」:記事全文
実は言いにくいことですが、私は水虫なんです。
成ってから30年くらいのナガ〜イお友達。
靴を履き続ける仕事をしているので、仕方がないのかもしれません。
ブログ仲間で知っている人はほとんどいません。
只一人の人を除いては・・・
告白したので、もうみんなに知られてしまいましたね
別に水虫で死ぬことはないので放置しています。
店でも水虫で悩んでいる人は結構多いです。
水虫の私が水虫の薬を売るのは気がとがめますが、コレも商売です。
これが効くと思いますよ。実に無責任なんですが、コレも商売です。
どうぞご勘弁を・・・m(__)m
水虫の人って以外と邪魔臭がりです(私も含めて・・・)ひどくなると薬を付けるが良くなるとすぐに止めてしまいます。
水虫役は薬局の稼ぎ頭なんです。

注意して頂きたいのは40歳以降の人で、最近水虫がひどくなってきた人。
もしかすると糖尿病の可能性があります。
一度お医者さんで検査をしてもらったらよいと思います。

それと爪水虫で薬を飲もうとする人は少し考えて下さい。
肝臓に負担がかかる飲み薬
この薬は肝臓にかなりの負担をかけるので、まず血液検査が必要なのです。そして定期的に血液検査をしながら続けていき、爪水虫を治すのです。
水虫のために、大切な肝臓に負担をかけたくはありません。
爪水虫は治ったけど、肝硬変になっちゃったでは洒落にもなりません。
特に私のようにお酒が好きな人は要注意。水虫の人ってお酒のみが結構多いですね。

だから私は病院の飲み薬はお奨めできません。
水虫を持っている人は本当に治るのか?
爪水虫を持っている人は本当に治るのか?
水虫退治に挑戦したいと思います。
自己中水虫退治に挑戦してみます。
水虫で死ぬことはないと思いますが、家族からのクレームが多いので・・・
私の足です。汚くて申し訳ありません。

     imgc915f1a2qfkckw.jpg

塗り薬は、タムシチンキ。
飲み薬は、野菜カルシウム酢。
そして 5本指の靴下。
出来ることから挑戦です。
ライトも水虫退治のために情報探しに協力してくれています。

水虫退治の結果は随時ブログで報告する予定です。
続けられればいいのですが・・・どうなる事やら
http://plaza.rakuten.co.jp/ikiikikennkou/diary/200608060000

哲さんの働く薬局にも水虫の人が多い、という哲さんの赤裸々な告白・・・
水虫とは・・・治らないものなんですねぇ!
しかし、哲さんの水虫退治への挑戦に期待しましょう。
posted by 水虫博士 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) |   爪水虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする